• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

にゃんこ先生の自作問題、3つの無理数の和と積が無理数か有理数かにおいて、すべての可能性がありうるか?

にゃんこ先生といいます。 2つの有理数a,bがあるとき、その和と積は閉じています。 2つの無理数a,bがあるとき、その和と積は閉じていないですが、次のようにすべての可能性の例があることを調べました。 a+b=有、a*b=有、の例:a=√2、b=-√2 a+b=有、a*b=無、の例:a=√2、b=1-√2 a+b=無、a*b=有、の例:a=√2、b=√2 a+b=無、a*b=無、の例:a=√2、b=√3 では、3つの無理数a,b,cがあるとき、その和a+b+cと、積abcと、ここで仮に積和と呼ぶab+bc+caと、ここで仮に和積と呼ぶ(a+b)(b+c)(c+a)が、有理数か無理数かにおいて、すべての可能性はあるのでしょうか? 和と積と積和と和積がそれぞれ有理数か無理数かにおいては、2^4=16通りの可能性がありますが、すべての可能性の例はあるのでしょうか?それともありえないパターンはあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数251
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

abc ∈ Q のときは解が有理数かどうか簡単にわかることがあります. 特に x^3 + αx^2 + βx + 1 = 0 で α, βの一方が有理数で他方が無理数のときには有理数解は持てませんし, 両方とも整数の場合には x = ±1 以外の有理数解を持ちません. だから, このときには「2次の無理数の和」に限定する必要はありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • にゃんこ先生の自作問題、4実数a,b,c,dとその基本対称式の符号の可能性

    にゃんこ先生といいます。 3実数a,b,cと、基本対称式a+b+c,ab+bc+ca,abcにおいて、その符号の可能性を下のように調べました。 a,b,cの符号が分かると、abcの符号は一通りに決まるので、それは省略します。 a>0,b>0,c>0ならばa+b+c>0,ab+bc+ca>0 a>0,b>0,c<0でa+b+c>0,ab+bc+ca>0の例:a=3,b=3,c=-1 a>0,b>0,c<0でa+b+c>0,ab+bc+ca<0の例:a=1,b=1,c=-1 a>0,b>0,c<0でa+b+c<0,ab+bc+ca<0の例:a=1,b=1,c=-3 a>0,b>0,c<0でa+b+c<0,ab+bc+ca>0はありえない。 a>0,b<0,c<0でa+b+c>0,ab+bc+ca>0はありえない。 a>0,b<0,c<0でa+b+c>0,ab+bc+ca<0の例:a=3,b=-1,c=-1 a>0,b<0,c<0でa+b+c<0,ab+bc+ca>0の例:a=1,b=-3,c=-3 a>0,b<0,c<0でa+b+c<0,ab+bc+ca<0の例:a=1,b=-1,c=-1 a<0,b<0,c<0ならばa+b+c<0,ab+bc+ca>0 では、4実数a,b,c,dと、基本対称式a+b+c+d,abc+abd+acd+bcd,ab+ac+ad+bc+bd+cd,abcd(これは省略する)において、その符号の可能性はどうなるのでしょうか?

  • 3つの無理数(修正版)

    x+y+zとxyzが有理数で xy+yz+zx=0で 任意有理数a,b,cに対してy=a+bx+cx^2とならない 3無理数x,y,zの例を教えてください。 ない場合はその理由を教えてください。

  • にゃんこ先生の自作問題、基本対称式が正なら元の数も正か?

    にゃんこ先生といいます。 2実数a,bがあるとします。 基本対称式a+b,abがすべて正であれば、a,bはすべて正であることがわかります。 3実数a,b,cがあるとします。 基本対称式a+b+c,ab+bc+ca,abcがすべて正であれば、a,bはすべて正であることもわかります。 ここまでは確かめました。 次に、4実数a,b,c,dがあるとします。 基本対称式a+b+c+d,abc+abd+acd+bcd,ab+ac+ad+bc+bd+cd,abcdがすべて正であれば、a,b,c,dはすべて正なのでしょうか? さらに、そのn変数のときはどうなるのでしょうか? 計算では手に負えなくて、別の考えがいりそうなのですが、わからないです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

3つの基本対称式でいいなら, 解と係数の関係から 3次方程式の解に関する議論に転換でき, 結論としては「全ての可能性がある」となると思います>#2.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

問題をできるだけ一般的に、かつ、できるだけ単純にという方向で考え直してみました。 a,b,c,a+b+c,ab+bc+ca,abcが有理数か無理数かである全パターンで、ありうるものは実例を述べ、ありえないものは証明せよ。 また、有理数は0でないものとしたほうが好ましい。 なぜなら、(無理数)*(0でない有理数)=(無理数)となり、0は特別だから。 また、無理数は2次の無理数の和として表せるもののほうが好ましい。 なぜなら、例えばπ+eは無理数かどうかは証明されていないし、3次方程式の解の公式のように書かれた数が有理数か無理数かを判別するのは困難だから。 とりあえず、 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=無,abc=無の例: a=√2,b=√2,c=√3,a+b+c=2√2+√3,ab+bc+ca=2+√6,abc=2√3 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=無,abc=有の例: a=√2,b=√3,c=√6,a+b+c=√2+√3+√6,ab+bc+ca=3√2+2√3+√6,abc=6 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=有,abc=無の例: a=√2,b=√2,c=√2,a+b+c=3√2,ab+bc+ca=6,abc=2√2 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=有,abc=有の例: a,b,cをx^3+(無)x^2+(有)x+(有)=0の3実数解となるように調整すれば例が見つかる気がしますが、すべてが2次の無理数の和として表せるような例が取れるかどうかは不明です。 a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=無,abc=無の例: a=√2,b=√2,c=1-√2,a+b+c=1,ab+bc+ca=-6+√2,abc=2-√2 a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=無,abc=有の例: a,b,cをx^3+(有)x^2+(無)x+(有)=0の3実数解となるように調整すれば例が見つかる気がしますが、すべてが2次の無理数の和として表せるような例が取れるかどうかは不明です。 a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=有,abc=無の例: a=3+√2,b=2√2,c=1-3√2,a+b+c=4,ab+bc+ca=-11,abc=-32-6√2 (この例を見つけるのが少し時間かかった) a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=有,abc=有の例: a,b,cをx^3+(有)x^2+(有)x+(有)=0の3実数解となるように調整すれば例が見つかりますが、すべてが2次の無理数の和として表せるような例はないことがわかります。

  • 回答No.2

>(a+b)(b+c)(c+a)=(a+b+c)(ab+bc+ca)-abc ていう式があるんだから、 つまり、 a+b+c、ab+bc+ca、abc が3つそれぞれ独立に有理数・無理数になりえるか、っていうんがつまり問題なんだろうけど、考えるのが面倒。 なんとなく、全ての可能性がありえると思うけど。 というか、そもそも2変数→n変数への問題の一般化の時点で、 (無理数の)n変数の基本対称式(n個)は、それぞれ独立に有理数・無理数になりえるか、 ていうふうに拡張するべきだったんじゃないですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

問題をできるだけ一般的に、かつ、できるだけ単純にという方向で考え直してみました。 a,b,c,a+b+c,ab+bc+ca,abcが有理数か無理数かである全パターンで、ありうるものは実例を述べ、ありえないものは証明せよ。 また、有理数は0でないものとしたほうが好ましい。 なぜなら、(無理数)*(0でない有理数)=(無理数)となり、0は特別だから。 また、無理数は2次の無理数の和として表せるもののほうが好ましい。 なぜなら、例えばπ+eは無理数かどうかは証明されていないし、3次方程式の解の公式のように書かれた数が有理数か無理数かを判別するのは困難だから。 とりあえず、 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=無,abc=無の例: a=√2,b=√2,c=√3,a+b+c=2√2+√3,ab+bc+ca=2+√6,abc=2√3 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=無,abc=有の例: a=√2,b=√3,c=√6,a+b+c=√2+√3+√6,ab+bc+ca=3√2+2√3+√6,abc=6 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=有,abc=無の例: a=√2,b=√2,c=√2,a+b+c=3√2,ab+bc+ca=6,abc=2√2 a=無,b=無,c=無,a+b+c=無,ab+bc+ca=有,abc=有の例: a,b,cをx^3+(無)x^2+(有)x+(有)=0の3実数解となるように調整すれば例が見つかる気がしますが、すべてが2次の無理数の和として表せるような例が取れるかどうかは不明です。 a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=無,abc=無の例: a=√2,b=√2,c=1-√2,a+b+c=1,ab+bc+ca=-6+√2,abc=2-√2 a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=無,abc=有の例: a,b,cをx^3+(有)x^2+(無)x+(有)=0の3実数解となるように調整すれば例が見つかる気がしますが、すべてが2次の無理数の和として表せるような例が取れるかどうかは不明です。 a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=有,abc=無の例: a=3+√2,b=2√2,c=1-3√2,a+b+c=4,ab+bc+ca=-11,abc=-32-6√2 (この例を見つけるのが少し時間かかった) a=無,b=無,c=無,a+b+c=有,ab+bc+ca=有,abc=有の例: a,b,cをx^3+(有)x^2+(有)x+(有)=0の3実数解となるように調整すれば例が見つかりますが、すべてが2次の無理数の和として表せるような例はないことがわかります。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

和, 積, 「積和」が有理数なら「和積」は必ず有理数.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 対称式の性質により、 (a+b)(b+c)(c+a)=x(a+b+c)^3+y(a+b+c)(ab+bc+ca)+zabc により、x,y,zを求めると、 (a+b)(b+c)(c+a)=(a+b+c)(ab+bc+ca)-abc 和, 積, 「積和」が有理数なら「和積」は必ず有理数 つまり、3つの無理数a,b,cがあるとき、 a+b+c=有、abc=有、ab+bc+ca=有、(a+b)(b+c)(c+a)=無、の例はない 同様に、 和, 「積和」, 「和積」が有理数なら積は必ず有理数 つまり、3つの無理数a,b,cがあるとき、 a+b+c=有、abc=無、ab+bc+ca=有、(a+b)(b+c)(c+a)=有、の例はない でも、 和, 積, 「和積」が有理数なら「積和」は必ず有理数 というのはいえなそうです。なぜなら、 (a+b)(b+c)(c+a)=(a+b+c)(ab+bc+ca)-abc において、和が0であれば、和積が有理数か無理数かについてはなにもいえないからです。 それ以外のパターンについてはどうなのでしょうか?

関連するQ&A

  • にゃんこ先生の自作問題、四角形の対角線の交点をベクトルで表したときに見つけた等式

    にゃんこ先生といいます。 平面上に四角形ABCDがあるとします。4点は順に左回りとします。 また、同じ平面上に原点Oがあって、ベクトルOA=aなどと、矢印を省いて書くことにします。 直線ACと直線BDの交点Pを書き表したいと思います。 AP:PC=△ABD:△BCDから、 p=(△BCD/□ABCD)a+(△ABD/□ABCD)c と書けます。 ここで、2次元ベクトルの第三成分を0として、3次元ベクトルとみなします。すると、外積を用いて、 △BCD=|(c-b)×(d-b)|/2=|b×c+c×d+d×b|/2 などとなります。三角形の面積を符号付面積と考えて、 △BCD=△OBC+△OCD+△ODB=|b×c+c×d+d×b|/2 と考えることも出来ます。したがって、整理して、 (|a×b+b×c+c×d+d×a|)p=|b×c+c×d+d×b|a+|a×b+b×d+d×a|c となります。また、図から、 (|a×b+b×c+c×d+d×a|)p=|a×c+c×d+d×a|b+|a×b+b×c+c×a|d となります。したがって、 |b×c+c×d+d×b|a+|a×b+b×d+d×a|c=|a×c+c×d+d×a|b+|a×b+b×c+c×a|d という等式を見つけたのですが、これだけ見て、代数的に等しいことを示すにはどうやったらよいのでしょうか? また、3次元空間で、平面ABCD外に原点Oがあって、ベクトルOA=aなどと、矢印を省いて書くことにします。 AP:PC=△ABD:△BCD=四面体OABD:四面体OBCD で、 四面体OBCD=det(b,c,d)/6=(b×c)・d/6 となることから、 det(b,c,d)a+det(a,b,d)c=det(a,c,d)b+det(a,b,c)d や {(b×c)・d}a+{(a×b)・d}c={(a×c)・d}b+{(a×b)・c}d という等式を見つけたのですが、これだけ見て、代数的に等しいことを示すにはどうやったらよいのでしょうか? いいアイデアがありましたら教えてください。 △ABCなどの面積を、平面ベクトルa,b,cと内積,根号を用いて、 (2△ABC)^2=|a-c|^2*|b-c|^2-{(a-c)・(b-c)}^2 =(a^2)(b^2)+(b^2)(c^2)+(c^2)(a^2)-2(a^2)(bc)-2(b^2)(ca)-2(c^2)(ab)-(ab)^2-(bc)^2-(ca)^2+2(ab)(ca)+2(bc)(ab)+2(ca)(bc) ただし、a・a=a^2、bc=b・cなどと略記 と表されることからも等式が見つかります。 複雑すぎて等式を書くことはしませんが、その等式だけ見て、代数的に等しいことを示すにはどうやったらよいのでしょうか?

  • ab(b+c)+bc(b+c)+ca...3abc

    高校一年の数学の因数分解について質問させていただきます。 ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc という式についてなのですが、 ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+2abcならば普通に解くことができます。 しかし2abcが3abcになってしまうと 計算が途中で行き詰ってしまいます。 自力で解いてみますと↓ ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc =(b+c)a^2+(b^2+c^2)a+bc(b+c)+3abc =(b+c)a^2+(b^2+2bc+c^2)a+bc(b+c)+abc =(b+c){a^2+(b+bc+c)a+bc} =...... =(a+b+c)(b+c)(a+bc) となってしまい気持ち悪い感じに終わってしまいます。 答えでは(a+b+c)(ab+bc+ca)となるはずなんです。 よければ、どこで間違ったのか(本当はこうするべきところ)と 答えまでの途中計算を残していただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 高校数学(因数分解)

    以下宜しくお願い致します。 (1) ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+2abc (2) ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc 以上ご教示いただけますと幸いです。

  • 証明です

    「a,bを正の有理数とする。√a+√bが有理数ならば、√a,√bはともに有理数であることを示せ」 という問題です。 「√a,√bの少なくとも一方は無理数と仮定する。 a,bが正の有理数なので、  √a,√bがともに無理数のとき、無理数と無理数の和なので無理数  √a,√bどちらかが無理数のとき有理数と無理数の和なので無理数」 としてもよいでしょうか。無理数と無理数の和が無理数となるとは限 らないのですが、「a,bが正の有理数」なので無理数としました。よ ろしくお願いします。

  • a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)

    a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca) が成立するとき、a,b,cのいずれかは1に等しいことを証明する問題です。 上記の式から、abc=1, a+b+c=ab+bc+caがいえると思うので (x-a)(x-b)(x-c)=0を考えて、 x^3-(a+b+c)x^2+(ab+bc+ca)x-abc=0 すなわち x^3-(a+b+c)x^2+( a+b+c)x-1=0 この式はx=1で成立するので、(x-a)(x-b)(x-c)=0に x=1を代入して (1-a)(1-b)(1-c)=0 この式が成立するためには、a,b,cのいずれかが1に等しくなければならない、と解きました。この解きかたでよろしいでしょうか。

  • 数学論理と集合

    a,bが有理数のとき、a+b√2=0ならばa=b=0であることを証明せよ。ただし、√2は無理数である。 b≠0と仮定すると、a+b√2=0から、√2=-a/b・・・・・(1) a,bは有理数であるから、(1)の右辺は有理数である。 ところが、(1)の左辺は無理数であるから、これは矛盾する。 したがって、b=0 このとき、a+b√2=0からa=0 すなわち、a,bが有理数のとき a+b√2=0ならばa=b=0である。という証明なのですが、少し証明が甘いような気がします。 背理法というのはそうでないから必然的にこれしかないよね。という証明法です。 例えば、√5が無理数であることを証明する場合は無理数でなければ、数字は無理数か有理数しかないのだから有理数です。 しかし、今回はa=b=0でないとは≠0かつb=0またはa=0かつb≠0またはa≠0かつb≠0という3通りが存在するので、 これらを3つ証明すべきではないのですか??

  • 不等式の証明

    問題 a^3+b^3+c^3≧3abc (ただし、a,b,cはすべて正の数とする) 右辺ー左辺 より a^3+b^3+c^3-3abc =(a+b+c)(a^2+b^2+c^2-ab-bc-ca) ここで、 a>0,b>0,c>0より a+b+c>0 よって、a^2+b^2+c^2-ab-bc-ca≧0をどのように示せばよいのかがわかりません。 お願いします

  • a≧1、b≧1、c≧1のとき次の不等式が成り立つことを示せ。

    (a^3-1/a^3)+(b^3-1/b^3)+(c^3-1/c^3)≧3(abc-1/abc) (左辺)-(右辺)=Pとおく。 P=(a+b+c)(a^2+b^2+c^2-ab-bc-ca) -(1/a+1/b+1/c)(1/a^2+1/b^2+1/c^2-1/ab-1/bc-1/ca) a≧1、b≧1、c≧1であるから、 a+b+c≧3≧1/a+1/b+1/c>0・・・(1) (1)により(a^2-1/a^2)+(b^2-1/b^2)≧2(ab-1/ab) (b^2-1/b^2)+(c^2-1/c^2)≧2(bc-1/bc) (c^2-1/c^2)+(a^2-1/a^2)≧2(ca-1/ca) 辺々を加えて、両辺を2で割ると a^2+b^2+c^2-ab-bc-ca≧1/a^2+1/b^2+1/c^2-1/ab-1/bc-1/ca =1/2{(1/a-1/b)^2+(1/b-1/c)^2+(1/c-1/a)^2}            ≧0・・・(2) (1)、(2)によりP≧0 したがって、与えられた不等式は成り立つ。 等号はa=b=cのとき成り立つ。 >(1)、(2)によりP≧0 自分にはこれでは分かりづらいです。 具体的に数字決めて確かめては見たのですが、何かスッキリしません。 もう少し分かりやすく説明して頂けると幸いです。 >等号はa=b=cのとき成り立つ。 これはどこから導けばいいのでしょうか?

  • 因数分解

    (a+b+c)(ab+bc+ca)&#65293;abc =(a+b+c){(b+c)a+bc}-abc =(b+c)a^2+{(b+c)^2+bc}a+bc(b+c)-abc ←aの2乗、(b+c)の2乗 =(b+c)a^2+a(b+c)^2+bc(b+c)        の意味がわからない =(b+c){a^2+(b+c)a+bc} =(b+c)(a+b)(a+c) =(a+b)(b+c)(c+a)

  • 数学 展開

    (a+b+c)^3=a^3+b^3+c^3+3a^2b+3b^2c+3c^2a+3ab^2+3bc^2+3ca^2+6abc (a-b-c)^3=a^3-b^3-c^3-3a^2b-3b^2c+3c^2a+3ab^2-3bc^2-3ca^2+6abc ですか?