• 締切済み

さらさらと読める短編の推理小説はありませんか

これまで本格物の推理小説が好きで長編を中心に読んでいましたが、最近忙しくて、読書が断続的になって、読んだところのストーリーを忘れたりしています。なので今度は短編で何か面白い推理小説はないかと探しています。分野的には本格物が好きなんで、そういった系統のものがいいのですが、特には拘りません。仕事の合間に、気分転換に読みたいので、重厚な文体ではなく、会話文が比較的多くて、さらさらっと読みやすいものがよいです。 お勧めの適当なものがあれば教えて下さい。

みんなの回答

回答No.9

ちょっと文学的な香りがするけど、すらすら読めて、とても短いです。 黒いハンカチ (創元推理文庫) 小沼 丹 (著) (←おぬま たん とよみます) こちら本格派で、鉄道ミステリ有です。傑作選1は読んでないので紹介できませんが。たくさんの短編が詰まっています。 下り“はつかり”―鮎川哲也短編傑作選〈2〉 (創元推理文庫)

52114
質問者

お礼

鮎川哲也は、黒いトランクを読んで好きになった作家です。面白そうですが、大きな本屋に行かないと見つからないかもですね。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • v-c-bcn
  • ベストアンサー率54% (25/46)
回答No.8

No.6です。のなみあさ と読みます。 結構、色々な作品が映画化やドラマ化されてる作家さんです。 東野さんほどじゃないですが。

52114
質問者

お礼

そういえば、なんかどこかで見たことのあるような活字です。でも読み方がわからないし、無意識的に敬遠していたように思います。立ち読みでもして雰囲気をまずちょっと味わってみます。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • xxxunxxx
  • ベストアンサー率0% (0/0)
回答No.7

赤川次郎さんの「神隠し三人娘」がオススメです 1冊の本の中に5つの話が入ってる短編集です 同じシリーズで「その女の名は魔女」もでています

52114
質問者

お礼

ありがとうございます。早速本屋で探してみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • v-c-bcn
  • ベストアンサー率54% (25/46)
回答No.6

東野圭吾の短編集なら、“嘘をもうひとつだけ”をお勧めします。加賀刑事シリーズの短編です。 あとは、乃南アサの“嗤う闇(わらうやみ)”と“夜離れ(よがれ)”。でも、乃南アサさんの作品は、好き嫌いが分かれるので、強くお勧めはしません。乃南作品らしさが出ているのは、夜離れのほうですので、それを読んでみて好きだったら、他の作品を読んでも良いかと思います。

52114
質問者

お礼

乃南アサさん?なんて読むんですか。変った名前ですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • k16399638
  • ベストアンサー率33% (342/1035)
回答No.5

新潮文庫のシャーロック・ホームズ物は、短編集なのでサラサラ読めることうけあいであります。

52114
質問者

お礼

ホームズは小学生の頃、よく読んでいました。以来ミステリーが大好きになりました。懐かしさもあり、この際もう一度読んでみようかなと思っています。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • aton
  • ベストアンサー率47% (160/334)
回答No.4

定番は, ・「黒後家蜘蛛の会」シリーズ(アシモフ) ・「ブラウン神父」シリーズ(チェスタトン) ・『火曜クラブ』(クリスティー) あたりではないかという気がします(3つとも厳密には本格とは言えないかもしれませんが)。 あとは,アンソロジーもいいのではないかと思います。例えば,古典中の古典ですが, ・世界短編傑作集(江戸川乱歩編/創元推理文庫)全5巻 他にも色々あると思います。 日本のものだと,No.3の方も挙げておられる ・『僕のミステリな日常』(若竹七海) はお勧めです。北村薫の初期作品 ・『空飛ぶ馬』『夜の蝉』 ・「覆面作家」シリーズ なども,短編連作の秀作だと思います。

52114
質問者

お礼

色々と候補を出して頂きありがとうございました。海外作品はまだほとんど読んでないので、「黒後家蜘蛛の会」シリーズ(アシモフ)、「ブラウン神父」シリーズ(チェスタトン)、『火曜クラブ』(クリスティー)あたりから選んでみようと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.3

短編で本格というと、有栖川有栖さんはいかがでしょう? 『ロシア紅茶の謎』 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062635488.html などの「国名シリーズ」。 あとは本格ではないのですが、 宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』 若竹七海『ぼくのミステリな日常』 田中啓文『落下する緑』 加藤実秋『インディゴの夜』

52114
質問者

お礼

有栖川有栖さんの作品はちょこちょこ読んでます。若竹七海や田中啓文、加藤実秋は初耳の作家でした。お勧めの作品を早速本屋でチェックしてみます。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#225303
noname#225303
回答No.2

赤川次郎さんの作品は、会話文も多く読みやすいと思います! 本格物かは、読む人によると思いますが… シリーズものから前編・後編もの、短編集・長編ものまで色々あります。 いかがでしょうか?

52114
質問者

お礼

赤川次郎の作品はたくさんありすぎてなかなかどれが面白いのかわからなくて結局パスしてしまっていました。お勧めの作品があれば教えて下さい。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#175583
noname#175583
回答No.1

本格的…かは分かりませんが、東野圭吾の「ガリレオの苦悩」は短編集でしたよ。 結構トリック系が多かったです。 私は楽しめましたが…良ければ目を通してみてください。

52114
質問者

お礼

東野圭吾の作品は好きで、結構たくさん読みましたが、「ガリレオの苦悩」は本屋で目に留まっていたのですが、まだ買って読んでませんでした。短編でトリックもあるのなら面白そうですね。早速本屋で見てみます。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • おすすめ小説。短編で・・・

    さいきんまとまった時間がなかなか確保出来ないこともあり、短編小説を集中的に読もうかなーと、考えています。 これまでミステリ長編ばかりを読んできたので、短編となると誰を買ってよいのか見当がつかないのです。 ジャンルは何でもいいのですが、 赤川次郎のサラリーマンもの(古)のような、サイコロが転がるようにストーリーが展開していく話をもう一度読んでみたいです。

  • 面白い短編小説教えてください

    最近、久しぶりに読書をしようと思って。好きなジャンルの推理小説を購入して読んでいたのですが、400ページくらいあり、70ページくらいで読まなくなってしまいました。 世界観の説明や登場人物の関係などの説明で読んでいても飽きてしまうんです。 そこで短編小説を読んでみたいと思いました。 理想としては、ひとつの話が20~30ページで終わるものです。 過去に読んだことのある短編小説の作者は、 ・サリンジャー ・太宰治 ・江戸川乱歩 なんかは読んでいます。 他に面白い短編小説がありましたら、教えて頂きたいのです。 作者、題名、あとはどういう風に面白いのかを教えて頂けると助かります。 皆様の知識をお貸しください。 よろしくお願い致します。

  • 大きなどんでん返しのある名作推理小説を教えて下さい

    タイトルのような、ラストに衝撃的などんでん返しのある推理小説を探しています。 短編・長編どちらでも結構ですが、出来れば短篇集が望ましいです。 細かなトリックを積み重ねるタイプではなく、思わず「アッ!」と驚けるような、 誰にでもわかりやすく、衝撃的な謎解きのある作品が読みたいのです。 皆さんの知る「これぞ!」という最高傑作を教えて下さい。

  • 短編小説を探しています

    お世話になります。 読書をする際、長編と短編を交互に選んでいます。 本屋に出向いて次の長編は目星を付けたのですが、面白そうな短編が見つかりませんでした。 「これは面白い」 と思われた短編小説を紹介していただけたら嬉しく思います。 ちなみに、今手元にある短編は ・O・ヘンリ ・サキ ・ヴォネガット ・内田百間 ・ヘミングウェイ ・村上春樹 ・吉本ばなな ・ジェラルド・カーシュ ・カポーティ ・重松清 ・平山夢明 ・朱川湊人 ・東野圭吾 ・山本周五郎 ・横山秀夫 ・アシモフ… とかなり雑食です。 面白そうなら何でも読みます。 お勧めの短編がありましたら是非教えていただけると、今後の糧になり嬉しく思います。 よろしくお願いいたします。

  • 笹沢佐保の傑作推理小説について、

    笹沢佐保さんの「人喰い」、「招かれざる客」を読んで大変感銘をうけた覚えがあるのですが、それに匹敵する笹沢佐保さんの傑作推理小説を教えてほしいと思いました。どなたか、短編でも長編でもかまいません。笹沢佐保さんの作品の中で私があげた作品いがいで、傑作の推理小説をおしえてください。

  • ブレイブストーリーのような小説はないでしょうか

    小説を探しております。 わたしは推理小説とか恋愛小説とかはあまり興味なく、ファンタジーとかSF(同じか?)とかが好きです。 宮部みゆきのブレイブストーリーを読んだのですがとても面白かったです。作者は誰でも良いので他に面白くオススメはファンタジー系の小説はありますでしょうか。 短編、長編問いまえん!

  • 読みやすい推理小説

    以前から推理小説を読んでいるのですが、 最近は新しい作家さんがどんどん出てくるので、 どの作品を読んでいいかわからず、 たいてい話題になっている作品を中心に読んでいます。 しかし、私にとって最近のヒット作品は面白いのですが、 長すぎて読みにくい作品が多いです(一晩で徹夜して読んだりするタイプではないので)。 できたら短い、もしくは読みやすい作品(短編集以外)があれば教えていただきたいのですが・・・ どうぞよろしくお願いします。

  • ボクシングを題材にしたミステリー小説

     こんにちは。  ボクシングを中心の題材に据えたミステリー小説を読みたいと思っています。  岡嶋二人さんの「ダブルダウン」「タイトルマッチ」くらいしか分かりません。  他にどんなものがあるんでしょうか?   普通のボクシング小説ではなく、推理仕立てになっているものを教えていただけるとうれしいです(国内、海外、長編、短編の別を問わず)。

  • 短篇から長篇に書き改められた推理小説作品 (年代不問)

    皆様、こんにちは。 標記の件お訊きしたく投稿します。 古典、現代、国内外を問わず、短篇から長篇にリライトされた推理小説作品をご存知でしたら、ご紹介ください。 私の知る限りでは、 アントニー・バークリー『偶然の審判』 → 『毒入りチョコレート事件』 カーター・ディクスン『軽率だった夜盗』 → 『仮面荘の怪事件』      〃     『第三の銃弾』 → 同題作品 というところですが、この他にもありますか? 可能であれば、簡単な書誌情報 (出版年代等) も添えて頂けると幸いです。

  • 推理小説の書き方をお尋ねします。

    カテゴリ違いでしたら、申し訳ございません。 昨日急に「見た目はギャルだけど、けっこうできる刑事が事件を解決していく」という、とんでもない設定の小説を作ってみたいなとひらめいてしまいました。 突然すぎるひらめきで、自分自身が非常に驚いております。 ですが、当方は小説を作ったことはありませんし、小学生の頃から作文は大の苦手。 ブログをやっておりますが、とてつもなく支離滅裂です。 しかも、設定がある意味シュールで、推理小説というハードルの高い(?)ジャンルをひらめいてしまったわけですから、何をどうすれば良いのか、八方ふさがりです。 たとえば「どういうストーリーか?」とか。 (短めのものを作りたいとは思っていますが) あるいは「登場人物は?」とか。 (パートナーに、ギャルとはアンバランスな性格の「オタク刑事」をつけようかな(?)とか、上司や同僚は…とか) 「刑事もの」だから、人殺しが多くなるかもしれないが、すぐに犯人が捕まっては面白くない。 「今時の若者たちの言葉って、どんな感じ?」 「それを書き言葉にすると、読みにくくてわずらわしいのでは…」とか。 「そもそも読書なんて、これっぽっちもしない自分が、こういうことをしたいなんて、とんでもない話か…」 …などなど。 あれこれ考えるときりがありません。 なお当方は、本格的に小説家になりたいわけでは無く、趣味・自己満足程度にこういうことをしたいと思っております。 積極的に発表をするつもりはありません。 もし、しいて発表するとしても、ネット上の世界(小説投稿サイト(?))ぐらいだろうと思います。 大変恐縮ですが、初心者のための(推理)小説の書き方、ストーリー展開、登場人物の構成など、ごくごく基礎的なことをお教えいただけませんか? よろしくお願いいたします。