• ベストアンサー
  • 困ってます

ダイオードを使った波形整形回路

今、電気の資格の勉強をしているのですが、ベースクリッパ回路の動作原理が分かりません。回路図には、交流電源、電池、ダイオード、抵抗が書いてあるのですが、交流電源と電池(直流)が同じ回路上にあるのは、なぜよいのか分かりません。その他にも、スライサ回路、ピーククリッパ回路などがあるとおもうのですが、動作原理を考えるのに、どういうことに注意すればよいかアドバイスがあれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数22645
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

参考URLの10~11ページのような回路ですか。 >動作原理を考えるのに、どういうことに注意すればよいか ダイオード(▽)がONになっている場合とOFFになっている場合に分けて考えるといいです。    ダイオードはONになるのは、▽の上側(アノード)の電圧 ≧ 下側(カソード)の電圧 + 0.6V のとき    ダイオードはOFFになるのは、▽の上側(アノード)の電圧 < 下側(カソード)の電圧 + 0.6V のとき ONとOFFのときにダイオードは   ONのときは 0.6Vの直流電圧源   OFFのときは抵抗無限大(ダイオードがないのと同じ) になっているものとして考えればいいです。 下のピーククリッパの場合、ダイオードがONになるのは    ある瞬間の交流信号の電圧 ≧ 直流電源の電圧(E) + 0.6V  ┌─ 抵抗 -┬───── 出力 交流      ▽ ダイオード 信号源     ┴  │       ■ 直流電源(E)  └────┴───── のときですが、このときダイオードは 0.6Vの直流電圧源と同じなので、等価回路は下図のようになります。  ┌─ 抵抗 -┬───── 出力 交流      ┴ 信号源     ■ 直流電源( E + 0.6V )  └────┴───── 出力の電圧は直流電源で固定されているので、出力電圧は一定( E + 0.6V )です。 一方、ダイオードがOFFになるのは    ある瞬間の交流信号の電圧 < 直流電源の電圧(E) + 0.6V のときですが、このときダイオードが存在しないのと同じなので、等価回路は下図のようになります。  ┌─ 抵抗 ────── 出力 交流 信号源  └────-───── この場合、信号源と出力とは抵抗で接続されているだけなので    出力電圧 = ある瞬間の交流信号の電圧 になります。つまり、ピーククリッパというのは入力信号の大きさが E + 0.6V 未満なら入力信号がそのまま出力に出てきて、入力信号の大きさが E + 0.6V 以上なら、出力電圧を E + 0.6V に保持する(制限する)という動作になります。他の回路もダイオードがONのときとOFFのときに分けて考えれば動作を理解できると思います。 抵抗は必要ないと思われるかもしれませんが、これがないと、上から2番目の回路で、交流信号源から直流電源の方向に過大な電流が流れてしまいます。その電流を適当な大きさに制限するために抵抗を入れています。

参考URL:
http://www.ehdo.go.jp/niigata/npc/densi/densij1.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

inara1さん回答ありがとうございました。アノード側とカソード側の電圧の大小によって、ダイオードがオンやオフになるということがわかりました。動作原理のイメージがとてもわいてきました。この回答を参考にして、スライサ、リミッタ回路について動作原理について、考えてみます。これで、資格の勉強も前進します。

関連するQ&A

  • ダイオードを含む回路

    10V(実行値)の交流電源と、ダイオード、200オームの抵抗、5Vの直流電源を、直列で接続した回路において、200オームの抵抗に流れる電流とかかる電圧を考えているのですが、混乱してしまっています。 教えてください!お願いします。

  • ダイオードを使った回路の電圧

    工事担任者(DD三種)の試験勉強をしております。 昨年の試験の問題がどうしても理解できません。どなたか考え方をご指導いただけませんでしょうか? リンク先PDFの問2の(2)の問題です。 1:図2の印加は交流の電気を加えているような気がするのですが、電源の記号は直流の電池だと思います。 2:ダイオードは単一方向に電気を流す性質があると思います。この回路図ではマイナスの電池側にアノードが向いているので電気が流れないような気がします 3:V1とV0の矢印は何を表しているのでしょうか?導線と電流の向きでいいのでしょうか? 正解は選択肢4です。 http://www.shiken.dekyo.or.jp/charge/exam/mondai/pdf/h23_2/huy73.pdf

  • ダイオードの特性

    ダイオード特性を勉強した際、 「最大値選択回路」というのが出てきました。 交流電源----⇒---     -----------Vout 直流電源----⇒---   |            抵抗             |             アース というような回路でした。 では最小値選択回路はどのようなのか教えてください。またいいサイトを教えていただきたいです。 じぶんの考えでは・・・ 交流電源----⇒---     -----------抵抗---Vout 直流電源----⇒---   |             |             |             アース ではだめなの??と思ったりです。 おねがいします><。。

  • ダイオード回路の問題

    添付した画像のような、ダイオードを等価回路を用いて表した回路についての、 直流電圧Vdcと電流Iの関係、Vdcとダイオード両端の電圧Voutの関係をそれぞれ式とグラフで示せ。 という問題です。 特に後半があまりわからなく、困っています。 また、直流電源をVsin(2πft)で表される交流電源で置き換えた場合の、電流I、並びにVoutを表す式と 時間波形の概略を示せ。 こちらの問題もできればよろしくお願いします。

  • ダイオードについて

    こんにちは。ダイオードについて質問なのですが、ダイオードには交流を直流にする性質がありますよね。それで、それについてはどんなダイオードでも何か特殊なものでない限り交流の電源の両端子に半田付けするだけで交流を直流にすることができるのでしょうか(耐電圧や抵抗などいろいろあり一概には言えないかもしれませんが)。素人なのでおかしな質問だと思う人がいるかもしれませんが、回答よろしくお願いします。

  • スイッチダイオード回路

    画像が見にくくてすみません。 画像のような回路図を作ってみたのですが、 ダイオードをつけなくてやるとうまく動作しませんでした。 この回路図の場合ダイオードはどういった役割を果たしているのでしょうか? このスイッチ回路の利点もよかったら教えていただけませんか。 お願いします。

  • ダイオード回路の問題

    次のような問題があったのですが、わからず困っています。 ダイオードの内部抵抗と内部起電力を考慮したダイオードの等価回路を用いて、下の図のような回路があったとする。 直流電圧Vdcと電流I、Vdcとダイオードの両端の電圧Voutの関係を式とグラフで示せ。 よろしくお願いします。

  • ダイオードの等価回路について

    「PN接合ダイオードの直流特性をダイオードの等価回路を用いて説明せよ」という課題が出ました。 ネットで調べたところ以下の画像が見つかったのですが、これがなぜダイオード直流特性を表しているのかがわかりません。 以下の画像はなぜダイオードの等価回路となるのでしょうか? またダイオード直流特性というのはどのようなものがあるのでしょうか? 電気回路の知識は高校物理で止まっているため、PN接合のダイオードについては順方向なら電流が流れ、逆方向なら電流はほとんど流れないという程度しか知りません。(PN接合のダイオードの電流が流れる仕組みは理解しています) よろしくお願いします。

  • ダイオードの整流について

    こんにちは。 ダイオードは単純にいうと、交流を直流にする働きがありますよね。その場合例えば100Vの交流を直流にしたいとき、ダイオードをプラス側に1個つけて直流にしても、そのダイオードの抵抗値のせいでもともと100Vの交流を直流にすると電圧が100V以下に下がってしまいますよね。その場合はどうしたらいいのでしょうか。

  • ダイオードの等価回路

    電子工学の基礎から勉強を始めている者です。 今は、ダイオードやトランジスタの等価回路を勉強しているのですが、ある書籍にはダイオードの等価回路は「抵抗とコンデンサを直列につなぎ、かつその直列回路と並列に抵抗を接続する」事により成り立つ、と書いてありました。 しかし、なぜ「コンデンサと抵抗の直列回路」と「抵抗」を並列にするとダイオードと等価になるのか、並列にする意図がわかりません。 わかる方、ご教授ください。お願いいたします。