• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英訳をするとき、勝手に固有名詞の略語を作ってもよいの?

英訳をするとき、勝手に固有名詞の略語を作ってよいのでしょうか? たとえば、学会の固有名詞だと、 日本社会学史学会=the Japan Association for the Study on the History of Sociologyですが、 これを勝手にJASHSと、また 大学史研究会=The Japanese Society for Historical Studies on Higher Educationですが、 これを勝手にJSHSHEなどと略してよいものなのでしょうか。 また、たとえば、団体の固有名詞だと、 「全日本手をつなぐ育成会」=INCLUSION JAPAN (Japanese Association of/for People with Intellectual Disabilities)ですが、 これを勝手にJAPIDなどと略してよいものなのでしょうか。 また、特に団体が英訳を発表していない場合、 自分で適当な英訳を考え、しかもその略語を作ったりしたりしても よいものなのでしょうか? なお、英語の論文を書くことを想定して、質問しております。 どなたか、学術論文翻訳等に詳しい方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数320
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Agee
  • ベストアンサー率42% (414/964)

勝手に固有名詞の略称を作ることは出来ないでしょうが、論文の中で長ったらしい学会名・組織名を何度も繰り返すのは、読む人にとって親切とは云えません。 そこで、「便宜上、この論文の中ではJASHSと略。なお、これは正式略称ではない」とすれば問題は解決します。 例えば、"the Japan Association for the Study on the History of Sociology (I'll abbreviate the name of this organization as JASHS afterward just for convenience' sake. Note: This abbreviation is not an authorized one with the Association.)"などとすればいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 なるほど、「これは正式略称ではない」と書いておく手もあるんですね。 こういう場合、論文作法としては、"Note: This abbreviation is not an authorized one with the Association"は、注釈に落として書くべきなんでしょうか。そうしないと不自然な気がしますが。

関連するQ&A

  • The members of~の後の固有名詞の前

    ボランティアで英訳をしています。 まだまだ未熟なので教えて頂きたいのですが、 The members ofのあとに団体名の固有名詞が来るのですが、その固有名詞の前にtheもしくはaは必要でしょうか。 宜しくお願いします。

  • 固有名詞の訳し方

    固有名詞はどこまで訳せばいいでしょうか? 例えば、 ・University of lllinois (大学名) ・Suzan F . Whiting (人名) ・Environmental Health Perspectives (雑誌名) などなど、こういった固有名詞は意訳においては日本語で書かれてる ものもあれば、そのまま引用して英字体で書かれてたりします。 ジェーン、マイク、ハーバード大学や、コロンビア大学、 サイエンス(雑誌の)とか、 かなり有名な固有名詞なら読めるし、日本語でも書けますが、 聞いたことのないような固有名詞は読み方間を違えて意訳すれば、 なんだか変ですよね。 試験などでも減点の対象となりそうで不安です。 もしくは、 例えば、lllinois大学、スーザン F . ホワイティングという形で、 分かる部分だけ訳すのもアリでしょうか? 最後にもうひとつ、(質問責めですみません。) The Great Lakes は五大湖らしいですが、グレート湖としては いけませんか? 小さなことなんですが、疑問です。 よろしくお願いします。

  • 固有名詞の英訳について

    固有名詞を英訳する際にできるだけAnglicization(英語に合わせた発音)にしているのですが、名前によってはわからないものがあります。その場合はどうすればいいのでしょうか? 今困っているのが、遠藤周作の「沈黙」に登場するフランシス・ガルペを英語でなんて書くのかです。 フランシスはFrancisにしようと思うのですが、ガルペをどうすればいいのかわかりません。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11421)

基本的には#2さんに賛成であると同時に、たいていは文脈上「the Association」などで済むと思うのですが、例えば「日本社会学史学会」や「大学史研究会」に関しては、#1さんのおすすめのように会に確認しちゃったほうが手っ取り早いかもしれませんね。URLがご質問文と同様の略になっていますし、本当にそれを公式に使っているのかもしれません。 一方で、INCLUSION JAPANは「INCLUSION JAPAN」ではダメなのでしょうか。公式サイトの英語版でももっぱらこれを使っていますし、それほど長い名前だとも思えないのですが。どうしても表か何かで字数制限があるのなら、むしろ(#2さん方式を用いたうえで)「INC JPN」にしたほうが「JAPID」よりも現実的だと思うのですが。 ちなみに、根気よく検索すると、公式な略称が見つかったりするものですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 確かに、おっしゃるように、団体が「公式の略称は○○」とか、「公式な略称はないけど○○がよく使われているよ」、とか言ってくれるとよいのですが、たいてい事務局の対応というのは、「ありません」一言なんですよね。 INCLUSION JAPANの場合には、INCLUSION JAPANでもよさそうですが、ほかにもいろいろありまして、困っています。ただ、今回、いろいろお教えいただいたおかげで、どのあたりが無難な対応かがわかり、勉強になりました。

  • 回答No.3

こんにちは。 1. 論文で引用するのなら、固有名詞の略語を作くるのは全然構わないと思いますよ。正式な略称がないのなら、論文中に最初にその固有名詞が出て来た時に: ・the Japan Association for the Study on the History of Sociology (temporarily abbreviated as "JASHS" for presentation purpose = 本論文中では便宜的に以下 JASHSと略す) 、、、と断っておけば「勝手にした」ことにはなりませんので。日本語論文でも「以下略称 JASHS」とするのと同じです。 読む側にしても、10回その長い名称が出てきて10回フルで書かれるより、最初に一度略称がバシッと定義されていれば、決定的に読み易いですから。これは読み手のことを考慮した立派な理由だと考えます。 ただ絶対にその団体が略称で呼ばれていないかはチェックした方が良いでしょうね。英文名称があって特に長い呼称なら、どこかで略されているかも知れません。 2. 団体・学会が英訳を発表しておらず、更にその略語を作るというのはちょっとヤバイかも知れませんね。作るということ自体がマズイのではなくて、或いは後にその団体なり学会が正式な英文呼称を発表した際に、それが論文に書いた仮の呼称と違うと混乱を招くかも知れません。なので、フルでローマ字で書いておいて、どういうことをする団体なのかを英語で説明しておくに留めておいた方が良いかも知れませんね。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 1.なるほど、"temporarily abbreviated as "JASHS" for presentation purpose"だと、シンプルでいいですね。 団体の事務所に問い合わせたところ、団体名の公式な英訳はあっても、その公式な略称はないとのことでした。ですので、誰かが非公式な略称を作っていないかも探してみます。 2.なるほど、団体が英訳を発表していない場合には、「ローマ字表記+簡単な解説を付す」というのが、無難かもしれませんね。

  • 回答No.1

ちゃんと当該団体に確認して使用の許認可を得る必要がありますし、 既に別組織・団体等で使っている場合は商標登録や著作権の関係で 訴訟沙汰になる危険もあります。 事前にそこまで確認できないのなら、やめた方が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 なるほど、やはり勝手に略語を作るのはまずいのですね。 また、別団体がその略語を使っている場合の問題というのは、思いつきませんでした。 そうすると、やはり長い固有名詞を繰り返し使っていくしかないのでしょうか。あるいは、"this association"などと言い換えて、短くするべきなんでしょうか。しかし、それだと複数の団体が登場してくる場合には、どの団体を指しているのか、わかりづらくなってしまいますよね。

関連するQ&A

  • 固有名詞と一緒に使う定冠詞'the'について

    特定の団体(固有名詞)を表わす時には、定冠詞'the'を次の例のように使うことがあると理解していましたが、どの辞書を見てもはっきりそのように解説してあるものが見つかりませんので、念のため質問します。 例えば、そこら辺どこにでもある 「日曜聖歌隊」(或いは「日曜合唱団」)なら'a Sunday choir'(or a choir in Sunday), 「ママさんバレー団」なら 'a moms' volleyball team' でいいのでしょうが、 そういう名前の固有名詞(つまりその団体の正式名称)だとしたら、 'The Sunday Choir'或いは'The Moms' Volleyball Team'とすべきですよね。 それでは、そこら辺どこにでもある「日曜・・・」とか「ママさん・・・」とかではなく、もっとマニアックな名詞が冠せられた団体の場合はどうでしょうか? そういう場合でも'The'は必要でしょうか?

  • <固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのか>

    固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのかと生徒に質問されることがあります。(話を簡単にするために、デフォルト用法(固有名詞用法)でかつ人名の場合に限定して話を進めます)  不定冠詞の使用に関しては簡単に答えられます。固有名詞は一つしかないものなので数えることに意味がない。だから、数えられるものであることを示す不定冠詞はつかないと言えば十分です。  ところが、定冠詞の場合はそう簡単ではありません。ここで、例えばJohn Smithという固有名詞について考えてみます。John Smithは叙述の際には内包として働きますが、I saw John Smith a minute ago. においては、外延すなわち実物を表します。実物が一つしかないのであれば定冠詞がついてもよさそうですが、実際はtheはつきません。 では、なぜデフォルト用法の固有名詞にtheがつかないのかについてご意見を頂きたいのですが、この質問は現場での実際の指導と関わるものなので、難しすぎる議論は避けたいと思います。 まず、私のやり方を示しますから、それでよいかどうか、またもっと有益かつ簡便な方法があればそれをご教示頂けるとありがたいです。 以前私が採用していたのは、定冠詞が使用されるパターンをすべて示して、固有名詞の場合どのパターンにも当てはまらないことを示すというやり方でした。この消去法的なやり方だとたしかに、固有名詞にtheはつかないと示すことができますが、なぜそうなのかは示されていません。背理法が正しい指導方法として認められるのは数学(高校では論理学は習得対象ではありません)くらいなものです。 ではどうすればいいのかということですが、おそらく、定冠詞の使用パターンをうんぬんする以前の段階を考察すること、すなわち、定冠詞使用の際の根本原則と固有名詞の有り様との関係に焦点を当てることが必要なのではないかと思います。 この問題はおそらく次の問題とも関係があると思います。 A: "I saw John Smith at the station before noon." B: "Really, I saw him / John Smith at the crossroad a few minutes ago." AにおいてJohn Smithが初出のものだったとしても、一つしかないものであるにもかかわらずtheはつきません。なぜなのでしょうか。 おそらく、John Smithは言語共同体の中で、この場合は特にAとBの対話空間において、一人しか存在しないものだと互いに了解ずみなのだと思います。John Smithという名を聞いたBにはその名の人物を思い浮かべることが可能なので、そのため、Aの側があえて定冠詞をつける必要がないということだろうと思います。 また、Bにおいて、John SmithはAにおけるJohn Smithと同一人物なのにhimは使えても、the John Smithとは言いません。なぜなのでしょうか。 一般に、固有名詞を作る時(誰かに名づけを行う時)、名づけ人を含む言語共同体によってその名とその名を授かる人との結びつきを承認します。その時点で、固有名詞は言語共同体内ですでに了解ずみのものとして扱われます。その後、固有名詞が大文字で表記されるようになり、どの共同体においても固有名が実際の使用前にすでに了解ずみのものと見なされることになったものと推測されます。 一方、定冠詞は、(私の見解では)対話空間内で未知のものを既知のものとして、および、言語共同体の言語知識集合内で未了解のものを了解ずみのものとして扱うためのに存在するものだと思います。実際の使用前にすでに了解ずみのものである固有名詞に定冠詞がつくことはないと考えられます。よって、the John Smithとは言えないということになります。 この考えでよいでしょうか。 もう一つの考え方を提示します。 C: A John Smith came to see you. ---普通名詞用法 D: John Smith came to see you. Cにおけるa John Smith は限定詞(ここでは不定冠詞)がついているので客体的なもの(時間と空間を持ち、言語使用者からは隔たりを持つものです)としてとらえられています。DのJohn Smith には冠詞がついていないので、客体的なものではありません。 ということは、John Smith が言語使用者からは隔たりを持たないものであることを示せばよいはずです。  そもそも固有名は誰かによって名づけられるものです。名づけは対象物に対して特別の関心を抱くことによります。名づけは関心ある対象物を記憶にとどめるためでもあります。関心を深く持つとき、対象物に期待や希望を込めることもあります。  (このことは特に人名について言えることですが、地名はどうなのでしょうか。地名はその土地の地形や性質や歴史を解釈し、それを抽象化したものだと思いますが、ただの山やただの木に対して名前をつけることはありません。名をつけることでそのものに対する関わりの深さを表すのではないかと思います。五郎谷、イノシシ山、二本松峠とか---)    あるものに名づけをなそうと思うくらいに関心を持つ時、そのものに対して客体的な(傍観者的な)あり方を取ることはありえません。よって、名づけられた固有名には、それがデフォルトの用法である限り、限定詞(冠詞)はつかないということになります。この考えでいいのでしょうか。 ついでにこの問題と関連して、取り上げておきたいことがあります。 E: "Father has just come home, Mother." において、Motherは呼びかけ語なので話者におって特別の関心を持たれています。よって、無冠詞です。同様に、Waiter. Bring me wine please. おいても無冠詞のwaiterが使われています。 呼びかけの際には、呼びかけ者は相手に特別の関心を払うので、呼びかけ語は固有名詞と同じ働きのものだと思います。 EのFatherもおそらく元は呼びかけ語として使われたものが、こうした形で転用されるに至ったものだと思われますが、この場合もFatherは話者にとって特別な存在です。固有名詞と同じ働きのものだと思います。 F: Santa Caus is coming to town. G: Santa Caus is in flight on his sleigh. Fにおいてtownは話者にとってなじみ深いあるいは親密な場だと思います。Gにおいて flightは主語が現在携わっている行為のまっさいちゅうであることを表しています。これらは固有名詞ではありませんが。固有名詞にtheがつかないのと同じ理由(これらの名詞が客体的な対象物ではない)で定冠詞がついていないと思われます。いかかがでしょうか。

  • 固有名詞の修飾について

    Bob was waiting for Mary reading a newspaper. 「ボブは新聞を読みながらメアリーを待っていた。」 という訳ですが、これを 「ボブは新聞を読んでいるメアリーを待っていた。」 とは読めないでしょうか。 そしてこのように、 固有名詞 ~ing/who(which/that) という修飾は可能でしょうか。 また、 「ボブは新聞を読んでいるメアリーを待っていた。」 という文はどのように作ればいいのでしょうか。

  • 中国の固有名詞

    日本の人名や地名を英文に入れるには ローマ字で書きますよね。 中国の地名も 多分 中国語のローマ字のようなもので書かれると思います。 さて、日本では中国の人名や地名も多くは 漢字を日本語読みしますよね。ですから、これをローマ字にして英文に入れても 通じないと思います。 例えば 次の文です。 “胡錦濤と温家宝は中国の最高指導者です。” これを英訳してみました。 Ko Kinto and On Kaho are the supreme leaders of China. 次に、地名の例です。 “黒竜江省は中国東北部の最先端の省です。第2次大戦前は日本が満州国を作って統治していた場所です。 ・・・・・気温は 1月にはハルビンで-30℃、北端の大興安嶺地区なら-50℃まで下がることがあります。” これも同様に英訳しました。 Kokuryuko privince is the province at the extreme end of the Northeast part of China. It is the place that Japan used to rule, having made Manshukoku. ・・・・・ Sometimes in January the temperature falls down into -30℃ at Harubin, and -50℃ in Daikouanrei region at the north end. そこで質問ですが、中国の固有名詞は 英語ではどのように表記したらいいんでしょうか?

  • パレスチナ問題の固有名詞の英語

    今、高校の総合学習でパレスチナ問題について調べています。自分のクラスは英語コースなので、発表は英語でしなければなりません。日本語の原稿を英訳しているのですが、辞書にのっていない固有名詞がたくさんでてきました。英語のスペルを教えてください 「フセイン・マクマホン書簡」 「サウクス・ピコ協定」 「パレスチナ急進派」 の三つです。英語じゃないやつもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 固有名詞に対する限定・非限定

    固有名詞に対する限定・非限定というテーマで質問させて頂きます。 例文を挙げておきます。たぶん許容されると思います。 When I saw a poster saying, "Welcome to beautiful Paris", I heard a man close to me screaming, "Beautiful Paris? Damn it. We have had a lot of snow mingled with rain all week. I just see a wet, cold and miserable Paris instead of a beautiful Paris". a wet, cold and miserable Paris instead of a beautiful Parisにおいては形容詞によってParisが種類分けされています。ということはParisは普通名詞として使われていることになります。ところが、"Beautiful Paris?ではParisに不定冠詞がついていないのでそうした種類分けがなされていないと考えるしかありません。ということは、ではその場合のParisは本来の固有名詞として使われていることになります。  では、その場合のbeautifulという性質は、もともとParisが持っているはずだと話し手が考えている内包(特質)の一つであって、ここでは話し手がその特質を焦点化していると考えてよいのでしょうか? 普通名詞の場合は、内包がどういうものであるかは言語共同体による広範な同意が伴うと思いますが、固有名詞の場合は厳密に言うと、ものの数だけ作ることができるので、必ずしもそうした同意がなされるとは限らないと思います。ということは、ある固有名詞の内包の核になる部分は固定したものであっても(例えば、Parisの場合はa city named Paris )、内包の周縁部は話者によって個別かつ主観的にとらえられたものなのではないかと思います。ということは、Parisの内包は話者の数だけ存在するとも言えますが、いかがでしょうか。もしそうであるなら、例えば次のような文が書けると思うのですがいかがでしょうか。 A poster at the entrance of Paris's City Hall: "Welcome to beautiful Paris. May you have a good day today."  Arthur Rimbaud: "Beautiful Paris? No kidding! Don't you see lots of unemployed workers, lots of homeless children and lots of dishonest merchants? Damn it. The poster should say, "Welcome to miserable and hell-like Paris". ネイティブチェックは受けていませんが、たぶん大丈夫だと思います。 あるいは、核になる部分は言語使用者の間でなるべく共通のものであるべきであるけど、内包を構成する周縁部分は個別の色彩を持つものであってもよいのでしょうか。そして、それを言語使用者が自分の都合で焦点化してもいいのでしょうか。

  • CGIなどは固有名詞でしょうか普通名詞でしょうか

    次の言葉は通常( )内のように省略された略語の形で用いられます。この省略前の言葉(( )の左側の言葉)は、通常、各単語の先頭の文字が大文字で書かれているのですが、それが固有名詞であることを示すために大文字で書かれているのか、そうではなく単にどの単語のどの文字を取って並べて略語を作ったのかを示すために大文字で書かれているのかが分かりません。 これらの言葉の先頭の文字は、常に大文字で書かなければならないのでしょうか、それとも常に小文字で書かなければならないのでしょうか。つまり、これらの言葉は固有名詞なのでしょうか普通名詞なのでしょうか。 (1) common gateway interface(CGI) (2) dynamic host configuration protocol(DHCP) (3) domain name sever(DNS) (4) Internet protocol version 6(IPv6) (5) media access control address(MACアドレス) (6) multipurpose Internet mail extentions(MIME) (7) MPEG audio player 3(MP3) (8) portable network graphics(PNG) (9) point to point protocol over ethernet(PPPoE) (10) transmission control protocol/Internet protocol(TCP/IP) (11) top level domain(TLD) (12) uniform resource locator(URL) (13) unversal serial bus(USB)

  • Outright Totalityなどは固有名詞でしょうか

    お世話になります。 以下の文章にでてくる単語"Outright Totality""Habitat""Subconscious"は、固有名詞でしょうか。"Habitat"だけは、イギリスの家具、インテリア用品チェーン店の名前らしいとわかったのですが、あとの2つがわかりません。ご教示いただければ助かります。よろしくお願いいたします。 My favorite color is a soft shade of "Outright Totality", but often I am lured by hues of "Habitat" or a stunning tone of "Subconscious".

  • 道路の名前・固有名詞「○○通り」の英訳を教えてください?

    外国の人の観光のために案内地図を書こうと思っているのですが、私は外国語が苦手。以下の4つの道路の名前を英語に訳すとどうなるか教えてもらえないでしょうか。 ●「青山通り」や「明治通り」(交通量がとても多い都心の基幹道路です)の英訳 http://miyashita-park.jp/album/a/246.jpg http://e_gucci.typepad.com/photos/uncategorized/p1060370_1.JPG ●「神楽坂通り」(交通量はあまり多くなく、歩いて横断できるような道路、一方通行で片道1車線) http://shinjukuku-kushouren.net/102-1.jpg ●「竹下通り」(事実上の歩行者用道路、それほど道幅は広くない)の英訳 http://www.sight-seeing-japan.com/4-kanto/tokyo/harajuku2.jpg ひとくちに道路といっても種類がいろいろあるので、もしかしたら日本語訳も異なるのかなと思い、上記の3種類に分けてみました。(道路の画像も探してアドレスをのせておきました。) (もし、これらは固有名詞のため、国名のように「英訳も固定している」のでしたら、なにかリストを掲載しているようなホームページがあれば教えてください。) すみませんが、よろしくお願いします。

  • 英訳について質問です

    【雑多な●●(固有名詞)】と英訳したいのです。 教えていただけませんでしょうか?