• ベストアンサー
  • 困ってます

起業するための資金について

IT系で主にWEBコンテンツ企画、WEB広告業などで起業しようと考えています。IT系の場合、他の業種と違って商品の仕入れ等などにコストがかからないため、起業資金は少なくて済むとは思いますが、自分と他に2~3人を雇う予定の場合、どの程度の資金で立ち上げているものなのでしょうか? …というのも、私としては「いくらIT系でも1000万円はないと軌道に乗せるまでに大変かな?」と考えていたのですが、企業の資本金を見ると200~300万程度のIT企業が結構あります。資本金の定義もなんとなくしか把握していないのですが、これは「資本金以外にも別個に運転資金がある」ということなのでしょうか?それとも資本金とは運転資金込みの資産なのでしょうか?(つまり軌道に乗るまでは資本金も減っていく) 私は最初はかなり小さい事務所でいいので、大体次の費用で考えています。 ・最初だけかかる費用 不動産の事務所契約費 80万 PCなどの機材費 60万 ・毎月かかる費用 光熱費 10万 人件費 25万×2~3人=50~75万 これで半年間の運転資金を考えると、800万程度必要かなと思っています。(実際には諸経費でもっとかかるかもしれませんが) まとめると聞きたいことは次の3点です。 1.通常、起業する際は資本金以外にも資金があるのでしょうか? 2.規模にもよるでしょうが、上記程度の規模の場合、どの程度の資金を持って起業されているのでしょうか?(大体でも構いません) 3.運転資金は「最低でも3ヶ月必要」といいますが、現実的に3ヶ月で足りるものでしょうか? 大雑把な数字でも構いませんので、回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数8765
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

資本金とは、自己資本といいます。個人であれば事業主が起業時に司法として入れた資産の評価額や金銭の合計額となり、毎年の黒字・赤字で増減する元入金となります。 資本金が自己資本というように、借入金などが他人資本と呼ばれます。 資本金の金銭と収入支出の増減を超える資金が必要な場合、自己資本か他人資本を用意すれば良いのです。 資本金が減るという考え方自体が間違っています。 複式簿記では、  起業時   現金など 100   資本100  という表裏の残高になります。  資産の購入や経費の支払   資産の残高や経費の金額が発生すると同時に現金残高が減ります。   資本金は変動しません。  運転資金不足の対応   現金などを増加させることにより、資本金が増えたり、借入金などの債務が増加します。 1.資本金はあくまでも起業当初の事業資金です。不足があれば経営者個人の資金を投入したり、借り入れをしたり、するでしょう。 2.私の会社(IT:法人)の最初は、自己資金はほとんどありませんでした。ですので資本金は3万円ではじめましたね。不足分は経営者からの借り入れでした。設立手続きを自分で行いましたが、実費だけで債務超過となりますが、資金はあるので経営は可能です。売り上げが経つまでは自宅で一人で営業し、売り上げが立ったら、そのお金で事務所を用意し、その後の売り上げで維持費と経営者の給料(最低限の生活費)を確保しました。その後の売り上げなどにより備品などの調達や人材の確保などを行いましたね。 3.最低3ヶ月用意せず起業する人もいると思います。自宅などで開業したりすることで負担を減らすことも可能でしょう。最初から格好をつけて形から入ると維持する事が苦労になってしまいます。ですので、ご自身の生活費3か月分などと最低限必要な備品があれば起業できるでしょう。私は兄弟での起業でしたが、親と同居で親の持ち家でしたので、生活費も小遣い程度でしたね。 個人事業・法人事業によっても起業資金にずれがありますし、帳簿などの考え方も多少違います。法人は赤字でも税金がかかりますが、個人事業とは違い、法人格が別にあると言うことで税金対策などを考えやすいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 新会社法で起業すべきか?

    現在、副業で運転資金100万円ほどで年間100万円程度の利益を3年続けて出しています。 運転資金を増やしたからといってリニアに利益を増やす自信も無いので資本金300万円を用意して起業しようとは考えないままできました。 最近新会社法なるものを聞きかじり、資本金の制限無しに起業できるよう理解しています。 個人の雑収入のままより起業して株式会社にした方がよいのでしょうか? 毎年の確定申告にも手間取る程度の知識しかありません。 起業のメリットが大きいようでしたら自分の会社の経理を管理できるように会計の勉強を始めようかとも思っています。 やはり税制などお得なのでしょうか?

  • 起業する際の必要資金と相談する機関

    起業を考えています。起業といっても○○屋という感じで、自分が知る限りではおそらく同じ事をしている人はいないと思います。自分の中でただぼんやりと構想があるだけではっきりとしたシステムはこれから詰めていく予定です。起業についてシステムや営業の仕方など全ての事を色々相談する所はどのような機関なのでしょうか?また起業する資金と起業して軌道に乗るまでの運転資金はどのくらいかかるものなのでしょうか?当分は自分ひとりで、かかる費用としては宣伝費用、家賃、電話・電気・ガス代、と起業資金です。

  • 起業に際して。。。

    長年勤めた会社から独立しようと、やっと300万円程貯めました。これを運転資金に当て、別に国民生活金融公庫から300万円借りて設備資金に当て、資本金600万円の株式会社を設立しようと思っています。まだ具体的な行動には移っていませんが、何か気を付ける点とか、注意する点とか、間違っている点とかありますか?また、運転資金から会社設立費用を出しても大丈夫でしょうか?初めての事なので宣しくアドバイスをお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • chubou3
  • ベストアンサー率23% (264/1130)

不動産の事務所契約費 敷金140万~ PCなどの機材費 初期費用60万 ・毎月かかる費用 光熱費 10万 家 賃 13万 機材管理費 5万 営業費 15万 人件費 50万×2~3人=100~150万 こんな所でしょうか。合計では初期費用200万+(経費33万+人件費150万)×6=1298万 約1300万位が半年の経費だと思います。 1.通常、起業する際は資本金以外にも資金があるのでしょうか? 社長借入金にすれば幾らでも会社の運用資金に出来ます。 殆どの会社は資本金300万+社長借入金○○百万~○○千万といった所だと思います。 2.規模にもよるでしょうが、上記程度の規模の場合、どの程度の資金を持って起業されているのでしょうか? 私の場合は自分ひとりだけでやってたので、資本の300万ですね。 3.運転資金は「最低でも3ヶ月必要」といいますが、現実的に3ヶ月で足りるものでしょうか? 難しい問題ですが、受注の波があるので、1年位は給料を払える体制にしておいた方が良いのですが、最初は無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)

ハッキリ言えば資本金などどうでもよく、半年間受注がなくても給料払っていられるぐらいの資金があるかどうかでしょう。 普通の企業なら納品できても月末締めの翌月末払いです。ですから起業した月に早速受注できてその月の内に納品できても、実際にお金になるのは次の月の末です。それで単月で黒字になるまで何ヶ月かかるかですから、3ヶ月でいいのか1年なのかはどういう状態で起業するかによります。一般に、などというのはありません。起業はバクチみたいなものです。 起業後すぐに受注できる案件がいくつもあるのなら3ヶ月でもいいと思いますが。 >人件費 25万×2~3人=50~75万 これはまさか給料だけではないですよね。通常、年金や保険、交通費など、社員1人にかかるお金は給料の2倍とよく言いますが、それらを全部入れて1人25万ですか? それでいい人材が雇えるのかどうか・・・ あとは受注するための営業経費をどのくらい見ているかでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

大家してます >これは「資本金以外にも別個に運転資金がある」ということなのでしょうか? 現預金200万円...資本金200万円(個人ですので元入金) 不動産等で2億円...借入金2億円 こんな感じになります 企業は大なり小なりこんな感じでの経営でしょう >・最初だけかかる費用 >不動産の事務所契約費 80万 >PCなどの機材費 60万 現預金.220万円...資本金300万円 資産...60万円... 保証金..20万円... 最初に必要な経費など 家賃や礼金など60万円...売上0円 ここまででとりあえず60万円の費用が発生 >・毎月かかる費用 >光熱費 10万 >人件費 25万×2~3人=50~75万 光熱費...10万円...売上100万円 人件費...75万円 家賃など..10万円 売上が100万円有れば毎月5万円の儲けで会社は継続できますね 12ヶ月経過して確認 初期経費...60万円...売上1200万円 毎月の経費1140万円 12ヶ月でちょうど損得無し... その時の財布は創業時と同じ... >半年間の運転資金を考えると、800万程度必要かなと思っています 半年間売上(収入)は無いのでしょうか? そこが一番肝心でしょう ただ、「貸借」も「損益」も区別が付かないなら経営者としては早すぎます(勉強不足) 「運転資金」... .....................預金残高100万円 1/15給与支払い.....75万円........25万円 1/20経費支払い.....10万円........15万円 1/30売上入金.....100万円.......115万円 運転資金は100万円でも資金は廻っています 支払いは今月... 売上の回収(入金)は来月末... 来月まで運転資金が必要ですね 運転資金が無いと「儲かっているのに倒産」...「黒字倒産」になります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 起業・開業にあったて、資金(生活費)について

    はじめまして。 私は、まだ業種は決まっていませんが将来、自分で起業したいと思っております。 以前、ネットショップを自分で起業した事がありますが、 (1)その時は、資金(資本金)も少ししかなく、他にアルバイトで生活費を稼ぎながら、アルバイトが終わって本業をするというスタイルでした。 本業が軌道になれば、アルバイトを辞めるという予定でしたが、 一日の大半をアルバイトに費やされ、本業に打ち込めずに、結局、業績不振により閉店致しました。 (2)実際、上記のやり方は本業も中途半端しか時間とれないため、次に起業する際は、ある程度の資金を準備して、本業のみ打ち込むやり方が良いと自分で思いましたが、私の場合は、独身ですが実家もなく、どんなに切りつめても私の生活費に月15万円は必要です。 商売が軌道にのるまでに、1年間の生活費も準備するとなると、それだけで180万円かかります。その他にも開業準備やランニングコストにもお金は必要ですが、例えば資本金が300万円用意できたとしても、ほとんどが、自分にかかる生活費でなくなってしまいます。 私のような場合は、(1)では、本業にかける時間がとれず、 (2)でも資本金の大半が生活費に回され、その他の資金にあてれませんが、私のような環境の方はどのように成功されたのでしょうか? 実際、生活費15万円はこれ以上削れないのが実情です。 実家もありません。どうかお教えください。

  • 起業後の運転資金

    現在起業を考えておりますが、起業後の資金繰りについて教えてください。例えば、設備資金と運転資金で約1000万必要だと仮定します。 設備投資(初期投資)に必要な500万は自己資金でまかない、運転資金500万を金融公庫等の融資でと考えた場合、その融資500万は事前審査などで受給の可能性がわかるものなのでしょうか。 融資申し込みには会社の登記を済ませる必要がありますし、会社の登記には事務所の所在地が必要です。 融資が可能かどうか分からずに、会社を登記してしまうのはギャンブル的なものを感じるのですが、私の考え方やアプローチの仕方が間違っているのでしょか。 最初から自己資金で大丈夫なら問題ないのですが、融資金をあてにして商売をされた方も多いと思います。 起業の際どのように考え行動されたのか、経験談などをお聞かせ下さい。

  • 運転資金の借り入れについて

    私は個人事業主です。 今度、仲間数名(みんな個人事業主)と一緒に個人では請け負えない規模 の仕事ができるように会社設立を計画しているいる最中です。 会社設立後の仕事はすでに決まっているのですが、仕入れなどをするため の運転資金が資本金では足りません。 そこで質問です。 1、起業してすぐに運転資金を借り入れることは可能なのでしょうか。 (決まっている仕事の内容や金額、支払いサイトに関して具体的に説明できます)    2、借り入れの相談は会社設立前にした方がいいのでしょうか。 (確約を取れれば会社設立も今すぐにしたいので、ある程度の相談は事前にしておきたい) 何かよいアドバイスをいただけたらと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 事務所の移転資金って借りれますか?

    はじめまして。 事業規模の拡大に伴い、事務所に移転を考えています。 ただ、都内のため初期費用が莫大にかかってきます。 なんとか捻出できなくはないのですが、運転資金等々に余裕ができないため、できれば借入をしたいと考えています。 書き方ひとつだとは思うのですが、運転資金や狭義の設備資金ではなく、移転資金として借りることはできますでしょうか? ちなみに借入先は日本政策金融公庫を考えています。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 不動産屋の開業資金について

    似たような質問を読みましたが、 これというのがなかったので質問させていただきます。 不動産の買取の会社を作りたいと思っております。 まず当分は一人で。 買取ですので対銀行や対仲介の信用を考えて 株式会社の方がいいと思っております。 しかし今現在はほとんど資金がありません。 保証協会に入る費用等や当分の運転資金。 買い取った物件の利息。内装費用。 が当分かかると思うのですが、 これらは、融資等でまかなうことができるのでしょうか? また、資本金は融資ではもちろんダメですよね・・・!? 自信はあるのですが、もう少し資金を貯めてからの方がいいような気もするのですが、今は凄くタイミングがいい時と思っております。 よろしくお願い致します。

  • 運転資金について

    運転資金とは、「資本金」として計上するんでしょうか!? 回答よろしくお願いします。

  • 起業の際の経理処理について

    この度、会社を興そうと考えております。 そこで質問なのですが、起業の際のB/Sで初期資金は資本金以外どんな科目があるのでしょうか? 例えば、資本金100万円という会社を良く見かけます。どう考えても、100万円ではこの事業は足りていないはず、という事業の場合、自分で資金を会社につっこんでいると思うのですが、その資金はどのような勘定科目でB/Sに乗っているのでしょうか?それても、起業の際、B/Sの右側は一般的に(負債がなければ)資本金のみなのでしょうか? 教えてください、お願いします。

  • 創業者向け融資を受けるときの自己資金について。

    創業者向け融資を受けるときの自己資金について。 既に株式会社で起業済み(決算はまだです)。 国民政策金融公庫等の創業者向け融資を受ける場合、資本金額を自己資金として申請することができますか? 資本金自体は、運転資金などに使ってだいぶ減っています。現金として残っている額が自己資金でしょうか?それとも、資本金額全額を自己資金とすることができるでしょうか?

  • 助成金と中小企業支援について

    会社を設立するのに資本金が全くありません。資本金1円で起業もできますが、助成金や中小企業支援センターなどから支援を受けて、それを資本金と運転資金に回したいと思います。 支援は起業後でなければ受け取れないのでしょうか。それとも、具体的な事業計画があれば起業前に支援を受けられますか? 支援を受けてから、物件取得、卸業者の選別などの行動をとっても問題ないでしょうか。また、事業開始が遅れて支援金の返済が滞るとどうなりますか?

  • 0円起業の運転資金

    よく0円起業/1円起業、なんて耳にしますが、 本当に、運転資金も用意せずに「0円」で株式会社を作った場合、、、 SOHOなど、自宅で一人で起業したとしても、利益が出ず自身の給料を払えないと、 会社は「倒産」ということになるのでしょうか。 ご回答をお願いいたします。