• ベストアンサー
  • 困ってます

国民年金について

国民年金について詳しく勉強したいと思っているのですが、どうも難しい説明のサイトばかりで理解するどころか混乱してきてしまいました。 どこか簡単でわかりやすい説明や図(表)等が載っているサイトはありますか? あと、国民年金は月額「14,410円」納めます。 これを20歳から60歳までの40年間納めたとすると総額「6,916,800円」になりますよね。 これってかなり高額ですが、損にはなりませんか? (もちろん老齢基礎年金だけでなく、障害基礎年金・遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金等あるのは知っていますが、これから納める側としてはちょっと不安です) 損になるなら貯金していた方がマシのような気も・・・。 国民年金を納めたくない等という質問ではありませんので誤解のないようにお願いします。ただちょっと腑に落ちないというか不安なだけなので。 では、どちらの質問の回答でも構いませんので宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数26
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

今年度の年金額を(満額792100円)元にすると、約9年でモトが取れます。女性の平均寿命85歳ですから、平均的にはモトが取れた上で、もっともらえることになります。一生もらえるのは、税金投入があるためです。民間の保険では及びません。 例えば預金したとして、大して増えませんので、取り崩していったら、9年で底を尽きます。 ただし、国民年金だけでは生活できないのは確かなことですから、ある一定の老後資金を作る必要はあります。それにしても、年金を払っておくのが前提です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 そうですか。9年で元が取れるんですか。 これを聞いて安心しました。 どうも国の定めとは言え、損になるような物なら嫌だなぁと思っていた所だったので良かったです。

関連するQ&A

  • 遺族年金と国民年金ついてお聞きしたいです

    遺族年金と国民年金ついてお聞きしたいです 今日TVで65歳越えたら遺族年金+国民年金をもらえる?という話(母が見ていたので詳細なことは分かりません) でも調べたら65になると遺族年金ではなく老齢基礎年金+国民年金?に切り替わるようなのですが 父が(サラリーマン)5年前になくなり 母が(専業主婦)(57歳)遺族厚生年金を月に12万くらいをもらってるようです 遺族年金より、老齢基礎年金の額が少なければ 老齢基礎年金+国民年金の方がさらに減ってしまうのでしょうか?

  • 国民年金

    国民年金についてです。 似たような質問ありましたらすみません。 現在21歳で国民年金に20歳から加入になっているのですが21歳までの1年間滞納になっています。現在は口座引き落としにしているのですが、経済的に余裕がないため未納1年分を払っていく事ができません。 年金の仕組みを理解しておらず年金サイトを見てみたのですが、年金でも給付の種類が3種類あるみたいなのですが、これから先ずっと払い続けるつもりで払う期間が39年間。 1、年金は40年間払わないともらえない、とゆう事ではなく半分以上(期間は詳しく分かりません。)払っていれば払ってない期間の分が減るけど支給されるとゆう考えでいいでしょうか? 2、給付の種類で老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金がありますが、1年でも滞納があったらもらえないのでしょうか?3分の1滞納があるともらえないと書いてあった種類もあったような…。 子供の為にも、ちゃんとした知識を分かっとく為にもお分かりの方どうぞよろしくお願いします!

  • 遺族年金と国民年金任意加入について

    遺族年金(中高齢寡婦加算含)をいただいている状態で 60歳になろうとする場合のケースについてです。 国民年金の加入期間が350か月弱(300か月超)の場合 60歳から65歳に到達するまでの任意加入による 納付期間延長には意味があるのでしょうか? なお老齢厚生年金の加入歴もありますが 65歳になったとき 老齢基礎年金と老齢厚生年金を足した額よりも 現在の遺族年金の額の方が大きいと考えています。 65歳到達時に、いただける総額(老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族年金)は 老齢基礎年金が多少増えても、現在の遺族年金と変りないのでしょうか? 以上、大変具体的な質問で恐縮ですが お詳しい方のご教示願いたくよろしくお願い申し上げます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

計算上は8から9年でもとはとれますが、各人の損得ははっきりいってわかりません。 当たり前ですが、寿命がわからないからです、また、同様に障害、遺族などのリスクもわかりません。 一般に年金は長生きするリスクにかけるものと考えられます。 損得ではなく備えるものという認識です。 また、よく貯金したほうがまし、という人がいますが、貯金は減るが年金は減らない。 また、年金かけられない人に貯金はできないなどの意見もあります。 基本的に貯金と年金では趣旨が違うと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>また、よく貯金したほうがまし、という人がいますが、貯金は減るが年金は減らない。 なるほど、と納得してしまいました。 私も損得の考えを捨て、備えるという意識を持ってこれから納めていこうと思います。

  • 回答No.2

図が多いサイトということであるならば、こちらをおすすめします。 厚生年金も一緒に学べます。 制度自体が難しいわけですから、どうしてもWeb上で説明するには限界があると思いますが。

参考URL:
http://nenkin.news-site.net/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

紹介いただいたサイトを一通り見てみました。 各説明が短文でまとめてあってとても見やすいです。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 65歳になると遺族年金が減額されてしまうのですか?

    こんにちは。義母が受給している遺族年金について教えてください。 15年前から遺族年金を受給しておりますが、 義母本人の国民年金を、遺族年金受給時より支払っていないようです。 今年65歳を迎える義母は老齢基礎年金に切り替えないといけないと思うのですが、 この場合、自身の国民年金が未納のため、 現在受給している遺族年金の額より半額くらいになってしまうのではないかという話を本人から聞きました。 こちらのサイトで調べてみたところ 65歳になると老齢基礎年金を受給しますが、このときには今までの遺族年金の金額は減額されます。 但し老齢基礎年金によりその減収分は補われ、更に経過的寡婦加算が加わり、結局今までと受給額は同程度もらえます。 との回答をみせていただきましたが、 義母のように自身での国民年金未納の場合でも これに当てはまるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 遺族年金について

    家族のことで年金を調べているうちに少し興味を持ちました。 一部のwebサイト(特に葬儀屋さん)では、出鱈目な情報が掲載されていて、頭が混乱しています。 一応、以下の認識でいいのでしょうか? ※夫死亡後の結婚や遺族の死亡など事後のことは考慮していません。 事例1】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:50歳の妻(専業主婦と15歳の子 備考:結婚期間は25年、夫は老齢基礎年金を繰上げ受給 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 夫が老齢基礎年金を受給しているので、寡婦年金の受給資格はない。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例2】 故人:25年間自営業(国民年金)の45歳の夫 家族:40歳の妻と10歳の子 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 妻に寡婦年金の受給資格がある。また、妻が60歳の時点で、すでに遺族基礎年金は支給されて いない状態なので、60歳から65歳になるまで寡婦年金が支給される。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例3】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:62歳の妻と21歳の子 子が18歳に到達する年の3月末を過ぎているので、遺族基礎年金は支給されない。 妻に寡婦年金の受給資格がある。65歳になるまで寡婦年金が支給される。 死亡一時金の受給資格がある。 ※ 寡婦年金か死亡一時金かどちらか一方のみの支給となる。

  • 国民年金三号被保険者について

    いまさらながらお恥ずかしいのですが…20~60まで、国民年金三号被保険者で、60~65まで国民年金一号被保険者の場合、老齢厚生年金を受給することはできるのでしょうか? それとも老齢基礎年金のみでしょうか?

  • 国民年金について

    国民年金(老齢基礎年金)をもらっておりますが、祖父が 80歳で亡くなりました。その場合祖母は年金をもらえなくなるので しょうか。祖母は77歳で、ずっと専業主婦をしておりました。 ご存知の方がおられましたら教えて頂けないでしょうか。 何卒、宜しくお願いいたします。

  • 国民年金の寡婦年金について教えてください

    こんばんは。2点お尋ねします。 1)寡婦年金の夫の要件として、 ●障害基礎年金の受給権者であったことがない ●老齢基礎年金の支給を受けたことがない というものがあるかと思います。 なぜ、障害の方は受給権者であっただけで要件外になり、老齢の方は支給を受けていなければ要件内なのでしょうか? 両者の規定が異なる理由を教えてください。 2)一方、死亡一時金では同様の要件として、 ●死亡者が老齢基礎年金・障害基礎年金の支給を受けたことがない となっており、今度は障害も受給権者になっただけでは要件外にはなりません。 寡婦年金とはなぜ異なるのかご解説いただきたく存じます。 お手数ですが宜しくお願い致します。

  • 国民年金の任意加入について

    私の妻は昭和52年大学卒業後5年正職員(厚生年金)で働き、結婚、育児のため57年に退職。 61年4月から同職場に再就職して今日に至ります。 質問ですが… ねんきん定期便によると、国民年金(老齢基礎年金)に4年ほど空きがあります。 定期便によれば65歳からの老齢基礎年金部分は受取り額が確か667.000円ほどだったかな? 第3号被保険者制度は61年1月からだったため、3ヶ月間は納付済み。 当時は単独で国民年金は納めていませんでした。 気にも留めていなかった。 よってこの先、老齢基礎年金を少しでも満額に近づけるために60歳で退職した後に任意加入をして納めてはどうかと考えていますが… 仮に(概算) 15.100円×12ヶ月×4年=724.800円 を納入することなりますが、これだけ納めるとしたら65歳から受取り金額はいくらくらいの上乗せになるものなのでしょうか? 損得も含めてアドバイス頂ければ幸いです。

  • 国民年金ですが

    《寡婦年金》 (第1号被保険者の期間のみが対象) [支給条件]  国民年金の保険料を納めた期間(免除も含む)が25年以上ある夫が、年金を受けずに死亡したときに、婚姻関係が10年以上継続していた妻に60歳から65歳になるまでの間支給 [年金額]  夫が受けられたであろう第1号被保険者期間に係る老齢基礎年金額の4分の3 と書いてありましたが 25年以上ある夫が年金を受けずに死亡・・・と言うのは 1回でも受けたら妻は何ももらえない?と言う意味ですか?

  • 国民年金について

    公的年金について教えて下さい。私は35歳、主人は41歳で2人とも国民年金を支払っています。最近TV番組で年金について取り上げていますが厚生年金についてが多くて私達の場合どうなるのかよくわかりません。 生命保険の見直しもしたいので下記について回答願います。 1.主人が死亡した場合、遺族年金はもらえるの?私が基礎年金の需給資格を得ると遺族年金は打ち切られる? 2.主人が死亡した場合、子供(現在1人)が18歳までとそれ以降の養育に関する補助はあるの? 3.障害者年金と上記以外で国民年金で受給できる補助は何があるの? 国民年金だけでは心細いのでその他の年金型保険や年金基金の加入も検討中ですが・・・勉強不足の為困っています。あと上記にあげた国民年金に関する疑問とかわかりやすく解説しているサイトがあれば教えて頂きたいです、宜しくお願い致します。

  • 年金の表現について。

    良く、「厚生年金には国民年金が含まれている」って言われますが、私は初めて見た際に誤って 国民年金 = 老齢基礎年金 厚生年金 = 老齢基礎年金 + 厚生基礎年金 + 国民年金(老齢基礎年金) であると解釈した訳なんですね。「国民年金しか払ってない方が、何で、老齢基礎年金が一つで、厚生年金を払っている者が老齢基礎年金を二つ分も払うのだろう」と疑問しか湧かなかったです。 表現が悪いと思います。

  • 35ヶ月の国民年金未納

    現在33歳で、20歳から35ヶ月間の間、国民年金が未納でした。 この場合(今後も納め続けるとして)、 満額貰えないのは老齢基礎年金だけでしょうか? また、繰り下げ受給などせず、普通に65歳から受給した場合 年額いくら貰えるのでしょうか?

専門家に質問してみよう