• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ダークエネルギーと宇宙定数の関係

ダークエネルギーの物理的実体として真空のエネルギーが挙げられる,という記述をよく見かけます. 「アインシュタイン方程式において,宇宙項を付加すると空間が加速膨張する」という議論は(純粋な数学なので)曖昧さがないのですが, 1.「数式における宇宙項」と「エネルギーと言う実体」がどのように対応するのでしょうか 2.「真空のエネルギー」というのは,物質が存在している場所にはなく,物質が存在していない場所にあるエネルギー,ということでしょうか. 3.宇宙定数による膨張によって,空間が広がっていくことで,見かけの光速度が遅くなったりはしないのでしょうか.その他の物理定数も変更が加えられないのでしょうか.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数364
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

>1.「数式における宇宙項」と「エネルギーと言う実体」がどのように対応するのか ビアンキの恒等式を満たすような時空という意味で、宇宙項を加えた方程式は一般的で、幾何学的には何ら問題はありません。ただ、この宇宙項をエネルギーと解釈するためには、アインシュタイン方程式の左辺にある宇宙項を右辺に移項したとき、これが右辺にある運動量エネルギーテンソルの一部と見なせるかどうかです。 運動量エネルギーテンソルの一部と見なせるための条件は質問者さんご自身で考えて下さい。 >2.「真空のエネルギー」というのは,物質が存在している場所にはなく,物質が存在していない場所にあるエネルギー,ということでしょうか そうです。「真空のエネルギー」イコール「宇宙項」であるとした場合、「宇宙項」は幾何学的な量であり、物質的な量ではありません。 >3.宇宙定数による膨張によって,空間が広がっていくことで,見かけの光速度が遅くなったりはしないのでしょうか 宇宙定数による膨張で物理定数に変更を加える必要はありません。変更が余儀なくされるような場面は生じません。ただ、見かけの光速度が速くなることは考えられますが、光速度は一定です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答ありがとうございます. 一般相対論を勉強したのが2年以上前なので,全く自身がないのですが・・・ 1.の「運動量エネルギーテンソルの一部と見なせるための条件」というのは,右辺の第0項(E)の絶対値が,第1~3項の2乗和よりも大きい ( |E| > |p| ) でしょうか? ところで,宇宙項の導入は, 「真空の本性としてエネルギーを持っているものだ」 と言う解釈でよろしいのでしょうか? それとも,現在は未検出の,エネルギーを持った存在が,真空を満たしている(←将来的に存在が実験で確認される可能性もある),と考えられているのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

>右辺の第0項(E)の絶対値が,第1~3項の2乗和よりも大きい アインシュタイン方程式の右辺はエネルギー運動量テンソルですよね。これはテンソルであって、4元ベクトルではありません。 宇宙項がエネルギーと見なせるためには、いろいろな解釈が可能ですが、抽象的な、エネルギー運動量テンソルで考えても何も得るところはありません。現実の宇宙がどうなっているかを知るには、より、具体的なFriedmann方程式で考えるべきでしょう。このとき、状態方程式、P=wρの係数がw=-1となる場合をダークエネルギーと言います。w=-1であれば、宇宙項をエネルギー(の一種)であると見なすことができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • ダークエネルギーとダークマター

    ダークエネルギー73%、ダークマター23%、バリオン(一般の物質)4%、宇宙年齢は137億歳と判明し、宇宙は永遠に膨張するようですが。 1.ダークエネルギーの正体は、何だとお考えでしょうか?一説にはかつてアインシュタインが撤回した「宇宙定数」とか「真空のエネルギー」と言われていますが、具体的にはなんでしょうか? 2.ダークマターの正体は何でしょうか?ニュートリノは軽くて候補から外れたようですね?最近ダークマターが発見されたとか?どうもよく分かりません。 3.永遠の宇宙膨張は、今後否定されることはありますか?

  • 物質密度と宇宙定数との関係

     宇宙が閉じているか開いているかという問題は、宇宙の大局構造として一様等方性を前提とし、宇宙定数(宇宙項)を考慮しない場合、次のような関係になるのだと思います。  a 曲率が正 = 閉じた宇宙 = 最終的には収縮する宇宙  b 曲率が負 = 開いた宇宙 = 膨張を続ける宇宙  c 曲率が0  = 開いた宇宙 = 膨張を続ける宇宙  そのどれであるかは、物質密度が臨界密度よりも大きいか、等しいか、小さいか、ということによって決まる。そして、普通に観測される物質は、臨界密度にはとても足りない(物質:約4%)。ダークマターを足しても、まだ臨界密度には到底届かない(暗黒物質:約23%、計27%)。  そうすると、答えはbになるのではないかと思うのですが、一方で、「曲率:3%以下」ということで、答えはほとんどcに近いと言われているようにみえます。この関係が、私にはよく分かりません。物質と暗黒物質の合計が100%から程遠いのに、曲率が0に近いというのは、どういうことでしょうか。どのように整合しているのでしょうか。この比率は、臨界密度(に対応する質量)に対する、物質や暗黒物質の質量の比率ということではないのでしょうか。  さらに、宇宙定数:約73%というのはどういう意味なのかが分かりません。以上を合計すると100%になりますが、この比率は何の比率なのでしょうか。物質や暗黒物質については、臨界密度との関係で、その何%の質量が宇宙にあるのかという意味ではないかと思っていたのですが、宇宙定数は質量とは反対方向に働く力ですから、質量と同じ平面に並べて、その比率を求めるようなものではないように思うのですが、いかがでしょうか。もし並べるなら、マイナスの符号をつけるべきもののようにも思えてしまいますが、私がしている勘違いはどこなのでしょうか。

  • 宇宙創成時になぜ重力エネルギーがあったのか?

    インフレーション理論によれば、当時の空間を満たしていた真空のエネルギー密度は一定に保たれたまま空間は急膨張をしたということになっています。これは、真空の膨張に合わせて重力エネルギーが真空のエネルギーを補填していったことによってもたらされたものらしい。 ところで、宇宙の創成時には物質は存在せず、したがって重力も存在しなかったはずではなかろうか。あったのは無尽蔵ともいえる輻射エネルギーだけ・・・そうではないでしょうか。このへんのところがよくわからいのですが・・・。

  • ダークエネルギー

    こんにちは ダークエネルギーは、観測データ(宇宙の加速膨張等)から必要ということなのですが、 ダークエネルギーを理論に採用することで、問題はないのでしょうか? 例えば、「宇宙論はいま」(丸善)の、「不思議な物質、クィンテセンスとは何か?」p144を見ますと、「ダークエネルギーは銀河による重力をどういうわけか感じない。 小さなゆらぎが、たとえば銀河の中心の密な領域で成長しないのはなぜか? この問いに対する確たる答えがわからない。」と記載されています。 同じページに「今日の宇宙論学者はΛのことを好ましくないものと思っている、、、120桁食い違いが生じる」と記載されております。もし宇宙の加速膨張の観測結果が無ければ、宇宙論学者は、宇宙項Λを、方程式に入れたくなかったのでしょうか?また入れなくても問題はないのでしょうか? ダークエネルギーについて、否定的な考え方をした本やHPがありましたら教えてください。

  • ダークエネルギーの膨張速度に対する効果

    宇宙にダークエネルギーが存在するなら宇宙の膨張速度は時間と共にどのように変化するのでしょうか?また、ダークエネルギーの量と、現在の宇宙の膨張速度から見積もる宇宙年齢の間にはどんな関係があるのでしょうか? ダークエネルギーをポテンシャルエネルギーとして考えられるならば、宇宙全体のエネルギーの保存を考えるところから膨張速度の運動方程式が求められそうななのですが、よくわかりません。

  • 宇宙空間の膨張と物質の運動の区別

    宇宙空間は超光速で膨張しているとあります。それでは、A星雲を観測しているとき、その動きが空間の膨張に因るものか、物質の運動に因るものなのかは、どの様に判断するのでしょうか、あるいは、どの様に分配するのでしょうか。また、これに関連してダークエネルギーの話も出されますが、エネルギーに相対的エネルギーとそうではないエネルギーが有るのでしょうか。超光速で膨張する空間のエネルギーはどの様に計算するのでしょうか、空間の膨張にはエネルギーは不要なのでしょうか。

  • 宇宙項について

    こんにちは、 宇宙は加速膨張しているとのことです。アインシュタイン方程式に宇宙項 をプラスの値を採用しますと、宇宙は、指数関数的に膨張することを見出す事 が出来ます。この点につきまして、下記について教えて下さい。 質問 1. 宇宙の加速膨張は、上記により簡単に導く事が可能ですが、 この方法に問題点はないのでしょうか? 2. この宇宙項を導入する方法以外に加速膨張を導く方法は無いのでしょうか? 3.宇宙項を導入することは、未知のエネルギー源を必要とすることに  なるのでしょうか?

  • 宇宙項を「失敗」だと思った理由

     本件について、 いろいろと考えましたが、やはりわかりません。  アインシュタインは、 宇宙は静的であると考えていましたが、 アインシュタイン方程式を解くと (1) 万有引力によって「収縮」するという解しかでてきこない ため、 (2) 「万有斥力」を意味する 宇宙項を導入した。  しかし、 (3) 静的宇宙を観測によって否定された(膨張宇宙)ため、 アインシュタインはこの宇宙定数の導入を生涯で「最大の過ち」(biggest blunder)として後悔したhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%AE%9A%E6%95%B0 (このエピソードは、様々なところで目にします。)  ここでわからないのが、 たしかに、アインシュタインの予想に反して、静止宇宙ではなかったわけですが、 宇宙項は斥力を表しているため、宇宙項を導入しなければ収縮宇宙は表現できても、膨張宇宙は表現できないということです。 とすると、 (1)と(2)が間違っているのかもしれないと思いました。  ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 宇宙が膨張するのはダークエネルギーの力によるもので、銀河、銀河団単位で

    宇宙が膨張するのはダークエネルギーの力によるもので、銀河、銀河団単位で膨張しているそうですね。 質問なんですが、地球の周囲にはダークエネルギーは存在しないのですか? それともあるんだけど引力でバラバラにならないんですか。 よろしくお願いします。

  • 膨張する宇宙のなぞ?

    想像の話なので、まじめに難しすぎる話だと理解できないと思いますが、 ブラックホールは素粒子レベルでエネルギーが相転移して別空間を 産んでて(時間の概念も別軸) それがビッグバンと言われ、いまだその空間が生まれた場所から 相転移してきたエネルギーが放出され続けるから宇宙は加速膨張してると 勝手に想像しました。 宇宙はその連続帯みたいな… あくまで想像で理論で説明できないんですけど加速膨張する宇宙論の 一意見としていかがでしょうか? ダークエネルギーは宇宙空間の外から引っ張ってるのではないと いうような気がしています。 みなさんは加速膨張する宇宙空間のエネルギーはなんだとおもいますか?