• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

調和振動子の基底状態エネルギーの計算について

調和振動子の基底状態エネルギーの計算に、α=(kμ/‘h^2)^(1/2)とcを変分パラメーターとして φ(x)=(1+cαx^2)exp(-αx^2/2)を試行関数に使うと、cはどういう値になると予想されるか。理由を述べよ。 * ‘hはのプランク定数です(=h/2π) という元は英文のマッカーリの演習問題なのですが、答えも英文で The value of c will equal zero because φ(x)=exp(-αx^2/2) is the exact form of the ground-state wave function. とあります。要するに基底状態の波動関数は上式で表されるので、それが成り立つ為にはcはゼロになるということだと思うのですが、もっとこの理由について詳しく教えてもらえないでしょうか。レポート課題の解答としてたったの2行で終わらすわけには…と苦しんでますorz どうかよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1580
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • 101325
  • ベストアンサー率80% (495/617)

「cはゼロになると予想される。なぜならcをゼロにすると、試行関数φ(x)が基底状態の波動関数 exp(-αx^2/2) に等しくなるから」です。 「基底状態の波動関数はexp(-αx^2/2)で表されるので、それが成り立つ為にはcはゼロになる」だと、「それが成り立つ為には」のところが少しおかしいです。というのは、一般には、というか変分法を使う大抵の問題では、変分パラメーターを調節してエネルギーを極小にする試行関数が得られたとしても、  試行関数=基底状態の波動関数 にはなるとは限らないからです。 今の場合は、調和振動子の基底状態の波動関数がすでに分かっている、という特殊な事情があって、しかも、変分パラメータが適当な値をとれば試行関数が基底状態の波動関数に等しくなることが試行関数の式を見ればすぐに分かるので、長たらしい変分計算をしなくてもcがゼロになると予想できます。実際に長たらしい変分計算を実行すればcがゼロになることを確認できますし、レポートの枚数も稼げますけど、「計算しなくても答えが分かるよ」というのがポイントなので、2行で答えられるのなら2行で答えればいいんじゃないかなと私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます>< とても参考になりました。 英文の答えだけで 「基底状態の波動関数はexp(-αx^2/2)で表されるので、それが成り立つ為にはcはゼロになる」 のだと思い込んでいました。変分パラメーターを調節してエネルギーを極小にしても、試行関数=基底状態の波動関数になるとは限らないのですね。ただ今回の場合はcがゼロのとき試行関数が極小になり、それが波動関数と等しくなる ということですね。 レポートはcの計算はせずに、ご丁寧に回答していただいたものと手元にある資料を参考に、少し説明を加えつつ書こうと思います。 本当に助かりました><ありがとうございましたm(_ _)m

関連するQ&A

  • 三次元の調和振動子と軌道角運動量

    三次元の調和振動子の波動関数はエルミート多項式を使った一次元のと同じようなものになると思います。(違ったらいってください。) この基底状態と第一励起状態と第二励起状態の波動関数を組み合わせて、軌道角運動量の固有関数を作ることはできますか? できるならどのようにすればいいですか? お願いします。

  • 一次元調和振動子の波動関数

     <一次元調和振動子の基底状態、第一励起状態、第二励起状態の波動関数を求めよ。> という問題で、最終的にどのような形で表せばよいのでしょうか。 まだ勉強したてでよくわかりません。 最終的な形だけで良いので、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 調和振動子の波動関数

    調和振動子のポテンシャル中にある相互作用していない2つの電子において量子数nのエネルギー固有状態を記述する波動関数ψn(x),スピン波動関数をφ^{±}とする。 I基底状態Etot=2*E1を記述する2電子波動関数を全てもとめよ II第一励起状態Etot=E1+E2を記述する2電子波動関数を全てもとめよ 上記の問題を考えているのですが,スレーター行列式に代入するとどちらも波動関数が0になって解が求まりません。 どのようにとけば2電子波動関数を求められますか?

  • 片調和振動子の問題

    ポテンシャルがV(x)=∞(x<0), v(x)=(1/2)Cx^2(x>0)で与えられるとき、 (a)この系の定常状態のときに許される波動関数と、同じ質量m,定数Cを持った普通の調和振動子と比較するとどうなるか。 (b)片調和振動子の許される量子化されたエネルギーはいくらか。 (c)この量子化された系のマクロな古典的モデルは何か。 どなたか考え方を教えてください。お願いします。

  • 調和振動子の素朴な疑問

    あたりまえ過ぎてか、本で調べても載ってないのですが、 1次元調和振動子シュレディンガー方程式の 波動関数はなぜガウス関数みたいな形なのですか? これは推測と実験による仮定なのですか? あとこの振動子の生成消滅演算子の関数は どうやって求めたものなのでしょうか? どなたか答えて頂ければありがたいです。 どうかよろしくおねがいします。

  • 調和振動子の波動関数。

    調和振動子の波動関数のグラフを教科書(ベムラパリの物理化学)に載っていた次式と値で書こうと思ったのですが、きれいに書けません。値が変なのですか?(mが大きいような…。) Ψv(ξ)=(β/π)^(1/4)*Hv(ξ)*EXP(-ξ^2/2)*(2^v*v!)^(-1) ξ=q*√β β=(2π/h)*√β*k (k:力の定数)    H0(ξ)=1 H1(ξ)=2ξ H2(ξ)=4ξ^2-2 m=10^(-20) k=5*10^5 dyn cm-1 が式です。

  • ヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(

    ヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(2)[α(1)β(2)ーα(2)β(1)]と表す。ここで、φ_1s(1)は1s軌道を電子1が占めていることを示し、α(1)、β(1)は、電子1のスピンが上向き、または下向きであることを示す。同様にして、第一励起状態と第二励起状態の規格化された波動関数を表せ。(複数ある場合にはそれも示すこと)また、その波動関数を使って第二励起状態と第一励起状態についてハミルトニアンの期待値を書き表し、エネルギー差を示せ。また、エネルギー差が生じる理由を述べよ。 という問題で、前半は、第一励起状態1/√2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)]α(1)α(2),1/√2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)]β(1)β(2)],1/2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)][α(1)β(2)+α(2)β(1)],第二励起状態1/2[φ_1s(1)φ_2s(2)+φ_1s(2)φ_2s(1)][α(1)β(2)ーα(2)β(1)]だと思うのですかあってますか?後半で、αやβを含めた波動関数の∫ΦHΦをどうやって求めればいいのかがわかりません。どなたかご教授お願いします。

  • 量子論について

    調和振動子のシュレディンガー方程式の基底状態と第一励起状態のエネルギー準位と波動関数を求めなさい。 この問題の趣旨と答えがわかりません。 教えてください。

  • 1. 水素原子の基底状態(1s 軌道) の波動関数は,

    1. 水素原子の基底状態(1s 軌道) の波動関数は, ψ100(r, θ, ?) :=(1/√4π)・(2/{(aB)^(3/2)}・e^(-r/aB) と与えられる. ただし,(r, θ, ?) は3 次元の極座標(球座標)であり,aB はボーア半径である. 基底状態におけるr^k (k は正の整数) の期待値?r^k? を計算してください.ただし,量子力学において,「演算子O の期待値」とは(規格化された)波動関数ψ(x) を用いて, ?O? =∫d^3・x・ψ^?(x)Oψ(x) と定義される物理量である.

  • 熱物理学で調和振動子の平均エネルギーU=<ε>について。

    熱物理学で調和振動子の平均エネルギーU=<ε>について。 U=hω/(exp(hω/τ)-1)はどうやって求めるのでしょうか? 解りません。調和振動子なので、縮退度は1、エネルギーE=(0,1,2,・・∞)分配関数Z=1/(1-exp(-hω/τ))ですよね?