• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ダークエネルギーとダークマター

ダークエネルギー73%、ダークマター23%、バリオン(一般の物質)4%、宇宙年齢は137億歳と判明し、宇宙は永遠に膨張するようですが。 1.ダークエネルギーの正体は、何だとお考えでしょうか?一説にはかつてアインシュタインが撤回した「宇宙定数」とか「真空のエネルギー」と言われていますが、具体的にはなんでしょうか? 2.ダークマターの正体は何でしょうか?ニュートリノは軽くて候補から外れたようですね?最近ダークマターが発見されたとか?どうもよく分かりません。 3.永遠の宇宙膨張は、今後否定されることはありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数673
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

全て説明するのは文字数の関係上不可能なので、取っ掛かりだけ。 あとは気になれば自分で勉強してください。 >具体的に矛盾する結果とは、なんでしょうか? ダークエネルギーは(に限らず全てのエネルギーに対して)その性質を状態方程式w(すなわち圧力/密度)でパラメトライズできます。 真空のエネルギーの場合w=-1(これの意味を考えると面白い)となりますが、宇宙マイクロ波背景放射、超新星爆発、弱重力レンズ、銀河分布、などの宇宙論的観測事実はw=-1とは若干ずれた値を示唆しています。 >スカラー場とは何ですか?調べたのですが良く分かりませんでした。まだ実際には発見されていないのでは? 何でもいいです。スカラー量を持つものの場です。 この辺の話はあくまで数学的な記述であることを覚えておいて下さい。仰る通り、このような反重力的な作用をする”実際のスカラー場”というものが何なのかはわかっていません。 >重力法則の変更とは、どういう意味でしょう。 逆二乗則の破綻のことです。 >非常に質量の大きい天体とは、例えばどういう天体ですか? MACHOという天体があります。これは直接観測されたわけではなく、背景にある天体のマイクロレンズ効果により質量源がそこにあることがわかったのです。 中心にはブラックホールがあるのではないかといわれています。 >アインシュタイン方程式と宇宙原理は、宇宙進化の源泉なのですか?宇宙膨張が進化に関連してると感じますが。また宇宙膨張はエントロピー増大の法則と矛盾はしませんか?進化=複雑化=階層化と考えていいでしょうか? 一言で進化と言ってしまいましたが、ここでは3の質問に答える意味で、(時空としての)宇宙そのものの進化という意味です。 ”源泉”の意味がわかりませんが、宇宙膨張という物理をアインシュタイン方程式と宇宙原理という数学により記述しているのです。 また、第ゼロ近似では共動座標系(宇宙膨張とともに伸びる物差しと思えばよい)においてエントロピーは保存しています。 第ゼロ近似以上の複雑な物理過程を考えれば当然エントロピーは増大していると言えるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>状態方程式w(すなわち圧力/密度)でパラメトライズできます。 真空のエネルギーの場合w=-1(これの意味を考えると面白い)となりますが、宇宙マイクロ波背景放射、超新星爆発、弱重力レンズ、銀河分布、などの宇宙論的観測事実はw=-1とは若干ずれた値を示唆しています。 状態方程式が宇宙項では、p=-ρc^2かどうかは分かっていない。(ローが表示できないようです) 加速する条件はp<-ρc^2/3だと、 「アインシュタインと21世紀の物理学」日本物理学会編 日本評論社に書かれていました。 また、「宇宙を見る新しい目」同学会編 の「超新星で測る宇宙膨張とダークエネルギー」で、 「さまざまな観測事実が「宇宙項モデル」あるいは「ダークエネルギー・モデル」を支持している」と、 「また我々の適用している物理法則のどこかが、実際からわずかにずれている、という考え方もある」 この後者の考え方が、最近は主流を占めてきたのでしょうか? >仰る通り、このような反重力的な作用をする”実際のスカラー場”というものが何なのかはわかっていません。 リッチ・テンソル。ガウス曲率の2倍に等しい程度しか分かりませんでした。 >逆二乗則の破綻のことです。 非常に近い距離の場合、逆3乗則が働くのではないかというのを「日経サイエンス」の記事で読んだ事がありますが、それが宇宙論とどう関わるのでしょうか? >MACHOという天体があります。これは直接観測されたわけではなく、背景にある天体のマイクロレンズ効果により質量源がそこにあることがわかったのです。 中心にはブラックホールがあるのではないかといわれています。 かつて言われたグレートアトラクターなどのようなものの背景にですか? 宇宙はブラックホールだらけなんでしょうか? ダークマターの正体として今一番有力なのは、冷た い暗黒物質の「ニュートラリーノ」だともいわれているようですが、これは具体的にはどのようなものでしょう?

質問者からの補足

>宇宙膨張という物理をアインシュタイン方程式と宇宙原理という数学により記述しているのです。 宇宙膨張は直接的には、フリードマン宇宙とハッブルの法則ですよね。 >第ゼロ近似以上の複雑な物理過程を考えれば当然エントロピーは増大していると言えるでしょう。 宇宙はダーウィンの進化論的に複雑化しているというスモーリンやカウフマンの説は、どう思われますか? *質問項目が長すぎました。いくつかに分けて回答いただけると助かります。

関連するQ&A

  • ダークエネルギーと宇宙定数の関係

    ダークエネルギーの物理的実体として真空のエネルギーが挙げられる,という記述をよく見かけます. 「アインシュタイン方程式において,宇宙項を付加すると空間が加速膨張する」という議論は(純粋な数学なので)曖昧さがないのですが, 1.「数式における宇宙項」と「エネルギーと言う実体」がどのように対応するのでしょうか 2.「真空のエネルギー」というのは,物質が存在している場所にはなく,物質が存在していない場所にあるエネルギー,ということでしょうか. 3.宇宙定数による膨張によって,空間が広がっていくことで,見かけの光速度が遅くなったりはしないのでしょうか.その他の物理定数も変更が加えられないのでしょうか.

  • ダークマターとダークエネルギーについての初歩的な質

    ダークマターとダークエネルギーについての初歩的な質問です。 ダークマターとダークエネルギーは全宇宙の95パーセントを占めていて、実は我々の知っている物質やエネルギーは5パーセントに過ぎないと聞きました。 それでは、僕たち地球の環境もこの比率(95:5)で構成されているという事なのですか? もしそうなら、この世(地球上)の出来事や現象も現代科学では5パーセントしか解明できず、残りの95パーセントは科学で説明できない事が起きている、という事なのですか?

  • ダークエネルギーの膨張速度に対する効果

    宇宙にダークエネルギーが存在するなら宇宙の膨張速度は時間と共にどのように変化するのでしょうか?また、ダークエネルギーの量と、現在の宇宙の膨張速度から見積もる宇宙年齢の間にはどんな関係があるのでしょうか? ダークエネルギーをポテンシャルエネルギーとして考えられるならば、宇宙全体のエネルギーの保存を考えるところから膨張速度の運動方程式が求められそうななのですが、よくわかりません。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

すいません、二重で間違ってました。 式を見誤ってp>ρc^2/3は p>-1/3 (ρc^2)ですね。 それであってます。 なので、w<-1/3が加速膨張の条件になります。 因みにこの条件はフリードマン方程式のエネルギー保存の式より導出することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>式を見誤ってp>ρc^2/3は p>-1/3 (ρc^2)ですね 。それであってます。 なので、w<-1/3が加速膨張の条件になります。 加速膨張は数十億年前から転じたんですよね。 この理由は分かっているのでしょうか? 第二のインフレーションとも、言われているものですね。 膨張すればするほど、ダークエネルギーが有利になり、今後さらに加速が進むのでしょうか? 第三、第四のインフレーションもあるのでしょうか?

質問者からの補足

加速膨張は、なぜ数十億年前から転じたのか? これも大いに疑問なのですが、 どなたからも回答がないようです。

  • 回答No.4

非常にお詳しいですね。 一部専門外の事項もありますので、その項目については責任を持てないので発言は控えたいと思います。 >宇宙膨張は直接的には、フリードマン宇宙とハッブルの法則ですよね。 フリードマン方程式で膨張宇宙が記述できます。言葉の問題ですが、フリードマン宇宙というのは 宇宙定数がない場合(曲率≠0)の宇宙モデルのことを指します。 ハッブルの法則は遠くの銀河ほど後退速度が大きいという観測事実を説明するもので 膨張宇宙を直接記述するものではありません。(必要条件ではあるが十分条件ではないというノリですね) >状態方程式が宇宙項では、p=-ρc^2かどうかは分かっていない。(ローが表示できないようです) 加速する条件はp<-ρc^2/3だと、 「アインシュタインと21世紀の物理学」日本物理学会編 日本評論社に書かれていました。 その式はちょっとおかしいですねぇ p/(ρc^2)<-2/3の間違いではないですか? >「さまざまな観測事実が「宇宙項モデル」あるいは「ダークエネルギー・モデル」を支持している」と、 「また我々の適用している物理法則のどこかが、実際からわずかにずれている、という考え方もある」 >この後者の考え方が、最近は主流を占めてきたのでしょうか? むしろ前者が主流です。 >非常に近い距離の場合、逆3乗則が働くのではないかというのを「日経サイエンス」の記事で読んだ事がありますが、それが宇宙論とどう関わるのでしょうか? ブレーンワールドのことでしょうか。 私も詳しくありませんが、この宇宙は3次元空間+1ですが、それプラス余剰次元というのがあるという理論です。 そのような理論では近距離では0.1mm程度以下では重力が逆3乗則になるというものです。 これはそういう宇宙(物理法則の世界)の可能性を示唆したものであって、そうでなければならない自然な理由はありません。 >かつて言われたグレートアトラクターなどのようなものの背景にですか? 私には場所まではわかりません。 >宇宙はブラックホールだらけなんでしょうか? 定量的なことはわかっていません。 >ダークマターの正体として今一番有力なのは、冷た い暗黒物質の「ニュートラリーノ」だともいわれているようですが、これは具体的にはどのようなものでしょう? 自分自身が反粒子となっている超対称性粒子と呼ばれるもので、 現在ニュートラリーノ対消滅時に放出されるスペクトルの観測も考えられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい、フリードマン方程式でした。 >宇宙マイクロ波背景放射、超新星爆発、弱重力レンズ、銀河分布、などの宇宙論的観測事実はw=-1とは若干ずれた値を示唆しています。 とあったので、 「また我々の適用している物理法則のどこかが、実際からわずかにずれている、という考え方もある」 のことかと思ったのですが、違うんですね。 ブレーンワールドやカシミヤ効果は 直接宇宙論とは関係ないということですね。 >逆二乗則の破綻のことです。 とあったので、逆3乗則の例を出したのですが、 宇宙論で逆二乗則の破綻とは何ですか? 宇宙膨張の初期の頃の話でしょうか? >自分自身が反粒子となっている超対称性粒子と呼ばれるもので、現在ニュートラリーノ対消滅時に放出されるスペクトルの観測も考えられています。 ニュートラリーノもまだ理論だけの段階で、まったく発見されていないんですよね。

質問者からの補足

>逆二乗則の破綻のことです。 これはぜひお聞きしたかったんですが、 返信がないようですので、そろそろ締め切ります。

  • 回答No.2

1、これは正直に現在の科学ではわかりません。有力候補は仰る通り真空のエネルギーか?と言われていますが これに矛盾する観測結果も最近では出てきています。 宇宙定数というのは現在の宇宙を数式で記述した場合に数式内に現れるもので物理的実態ではありません。 他の候補としてNo1さんは別宇宙からの重力と仰っていますが、これは結構マイナー派ですね。 (必ずしもマイナー=間違いではないですよ) インフレーションを起こしたスカラー場によるものという説もありますし、 ダークエネルギーの存在理由はそもそも観測結果がそうであるからということに過ぎませんので、 重力法則の変更により(ダークエネルギーなしで)加速膨張を説明しようとする説もあります。 2、素粒子論的な立場からはWIMP(弱い相互作用をする粒子:これは必ずしも4つの力のうちの弱い相互作用を指すものではない)や 自分自身が反粒子となる超対称性粒子などが考えられています。 天文的立場からは、MACHO(非常に質量の大きい天体)やブラックホールなどが有力候補です。 3、まずないと思って良いでしょう。ダークマターやダークエネルギーの正体すらわからないものの その存在量は非常に精度良く観測から決定されています。 過去の宇宙進化の様子をたどればアインシュタイン方程式、宇宙原理が誤っているとは考えにくいので これからの宇宙もこれらの理論に則って進化していくものと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>有力候補は仰る通り真空のエネルギーか?と言われていますが、これに矛盾する観測結果も最近では出てきています。 具体的に矛盾する結果とは、なんでしょうか? >インフレーションを起こしたスカラー場によるものという説もありますし、 スカラー場とは何ですか?調べたのですが良く分かりませんでした。まだ実際には発見されていないのでは? >重力法則の変更により(ダークエネルギーなしで)加速膨張を説明しようとする説もあります。 重力法則の変更とは、どういう意味でしょう。 >天文的立場からは、MACHO(非常に質量の大きい天体) 非常に質量の大きい天体とは、例えばどういう天体ですか? >過去の宇宙進化の様子をたどればアインシュタイン方程式、宇宙原理が誤っているとは考えにくいので これからの宇宙もこれらの理論に則って進化していくものと思われます。 アインシュタイン方程式と宇宙原理は、宇宙進化の源泉なのですか?宇宙膨張が進化に関連してると感じますが。また宇宙膨張はエントロピー増大の法則と矛盾はしませんか?進化=複雑化=階層化と考えていいでしょうか?

  • 回答No.1

どなたも書き込み無いようですので。 1.ダークエネルギーは宇宙定数(宇宙項、定数ではないかもしれない)とか、 真空のエネルギーと言われていますね。斥力、重力に対する反発力でしょう。我々の宇宙が膜宇宙の一つなら、膜宇宙と膜宇宙の接近で重力が強く働くかもしれない。それが我々の宇宙の膨張原因かも知れないですね。 21世紀、宇宙論最大の謎とも言われていますよね。 量子重力理論が完成されれば、解決するのではないでしょうか? 2.ダークマターは最近発見されたとか。 以下をご覧ください。 http://www.astroarts.co.jp/news/2006/08/29dark_matter/index-j.shtml 3.宇宙膨張は、ダークエネルギーが70%以上あるからと言われていますね。これを覆す観測成果は今のところないし、むしろ「加速膨張」が観測されている。 膜宇宙の「ブレーン宇宙論」の解釈だと、宇宙同士の接近いかんによっては収縮もあるかもしれませんが、ブレーン宇宙論自体がまだ未完成なので、否定されるにしてもまだ先のことでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼の返信が遅くなりました。 1.>膜宇宙と膜宇宙の接近で重力が強く働くかもしれない。それが我々の宇宙の膨張原因かも知れないですね。 別の宇宙からの重力が原因で膨張していると? だとすると、我々の宇宙も別宇宙に影響を与えていることになりますね。別宇宙同士の接近や離散も重力が原因ですか?だとすると、斥力は必要なさそうですが? 2. http://www.astroarts.co.jp/news/2006/08/29dark_matter/index-j.shtml 読みましたが、良く分かりません。結局さまざまな原因を考えて、消去法でいくとダークマターしか考えられないということでしょうか? 3.>宇宙膨張は、ダークエネルギーが70%以上あるからと言われていますね。これを覆す観測成果は今のところないし、むしろ「加速膨張」が観測されている。 加速膨張は数十億年前からのようですよね。何が原因でしょう?それ以前は減速膨張だったとか。やはり別宇宙の接近により、重力で加速されたんでしょうか? そもそも、別宇宙がみつかるんでしょうかね? リサ・ランドールなどが言っている、第5次元の世界なら、我々は認識できないのではないですか?

関連するQ&A

  • 宇宙

     ダークマター ダークエネルギー という我々人類が 観測に用いてきた 電磁波では その姿が観測できないものが 宇宙を動かしているという  たとえば 銀河は その大きさからすると かなりな高速回転をしているという しかも 内側と外側が 同じ速度で回転しているとのこと  銀河の中心の巨大ブラックホールの引力でも それだけの遠心力が働けば 銀河の外側の星々は遠心力で 銀河から 飛んでいってしまうはず ところが 銀河はまとまって回転を続けている それは ダークマターが 銀河を被って居るからだという説があります  またダークエネルギーは 真空のエネルギーという名前もありますが この宇宙の加速度的 膨張がダークエネルギーだとすると 銀河を纏めている ダークマターと膨張を促進してる ダークエネルギーとんは バランスの取り合いをしていることにはなりませんか ダークエネルギーの巨大な力で 銀河もバラバラに崩れていくはずです  素人考えです

  • 「古いインフレーション」の流れについて

    佐藤勝彦さんの本を読んでいて、理解出来ないことがあったので質問させていただきます 初期のインフレーション理論で、宇宙には 「真空のエネルギー」と「光のエネルギー」 の2つがあったという記述があるのですが、このエネルギーと宇宙の状態の変化について、本を読んでも理解できなかったので「わかりやすい」解説をお願いしたいのです 本の内容を箇条書きにします ・まず、真空のエネルギーはいつも同じ密度で、宇宙を膨張させる ・光のエネルギーは温度と関係があって、宇宙が始まったときは超高密度だった ・宇宙が膨張すると過冷却が起き、真空のエネルギーがある程度保たれて一気に無くなる ・至る所で相転移が起きる ・インフレーションで宇宙が指数関数的に膨張する ・潜熱が開放されて宇宙が火の玉になり、バリオン数を作る 疑問点はこちらです ・一番初めの膨張で、なぜ宇宙は時間の平方根に比例するような膨張をするのでしょうか。平方根になる理由が知りたいです... 同様に、インフレーションの時になぜ「指数関数」の膨張をするとわかるのかを教えてください。 ・二次の相転移後、過冷却の時になぜ膨張が加速したのでしょうか。「真空のエネルギーがある状態だから」と解説されてましたが、真空のエネルギーは常に存在していたのではないでしょうか。 ・真空のエネルギーが無くなってしまうのは、宇宙の状態が変化して火の玉になり、「無」ではなくなったからだという解釈で正しいでしょうか。 ・子供宇宙などが出来る仕組みが理解できません。 「空間的に別々に相転移が起き、そこ(バブル)だけ真空のエネルギーが0になり、光速で膨張する」 「泡がいくら頑張って膨張しても、『真空のエネルギー』があるところがそれ以上に急激に膨張するため、宇宙全体を泡が覆うことができない」 この2つから、真空のエネルギーがある場所とない場所で別々の速さの膨張が起きると分かりますが、なぜ真空のエネルギーが無い場所で膨張が起きるのでしょうか。 ・ワームホールについて、ブラックホールの中で無限に膨張する空間が子供宇宙だという解釈で正しいでしょうか。また、その場合ワームホールはブラックホールのどこにあるのでしょうか。 どなたか詳しい方、ご回答をよろしくお願いいたします。

  • 宇宙の形は 平らであるゥ~!? エーッ??

    最近のニュースによりますと   http;//www.asahi.com/science/news/K2003021200504.html 宇宙の形は曲がっていたり反っていたりするのでなく平らであることがはっきりした とありますが 平らであるとはどう言うことでしょうか? 宇宙のエネルギーのうち物質が4% ダークマターが23% ダークエネルギーが73%だった とありますが 96%ものダーク・・・の概念が必要な訳はなんなのでしょうか?  ダークマターとダークエネルギーとの違いはなんでしょうか? いつもご丁寧な回答ありがとうございます またよろしくお願いします。

  • 宇宙の平坦性(曲率とは?)

    ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9D%A6%E6%80%A7%E5%95%8F%E9%A1%8C には、 「宇宙に十分多くの質量が存在すれば、膨張は最終的に止まって宇宙は収縮に向かい、ビッグクランチと呼ばれる特異点に達する。このような宇宙の時空は正の曲率を持ち、「閉じた宇宙」と呼ばれる。  それほど多くの質量がなければ、宇宙は単純に永遠に膨張を続けることになる。このような宇宙の時空は負の曲率を持ち、「開いた宇宙」と呼ばれる。」 とあります。 ここでいう時空の曲率という意味がわかりません。  一般相対性理論の時空の曲率が正→引力が優勢、と考えるのでしょうか? いずれにしても、ここでいう曲率とは、 ダークエネルギー(真空エネルギー)を含むものなのかどうか、という定義も気になります。  リーマン幾何学を知らないのですが、 それでも理解できるのであれば、知りたいと思っています。 よろしくお願いします。

  • 真空のエネルギーはエネルギー保存則を破るの?

    暗黒エネルギーの候補として (1)宇宙定数(w=-1) (2)クイントエッセンス(-1<w<-1/3) (3)ファントム(w<-1) がありますが、一般に完全流体の状態方程式パラメータwを持ったエネルギー密度ρは、宇宙のスケール因子a(t)と ρ∝a^{-3(1+w)} …(☆) の関係で結ばれています。例えば、宇宙定数(w=-1)だったら、ρは時間変化せず一定です。ということは、宇宙空間の膨張と共に真空のエネルギーも増大しているということですよね? もっと酷いのは、ファントム(w<-1)の場合で、空間の膨張と共にエネルギー密度も増大しています。 これらのことを考えると、エネルギー保存則が破れているように思うのですが、(☆)の式を導く際にエネルギー運動量保存則(∇_{μ}T^{μν}=0)を使ったのだから、エネルギー保存則は成立していると思うのですが。 どのような解釈をすれば良いのでしょうか?

  • お答えいただけると幸いです

    https://www.sankei.com/life/news/180926/lif1809260017-n1.html 上の記事の中に「現在の宇宙は速度を上げながら膨張している。このまま膨張が続くのか、収縮に転じるのかは、よく分かっていない。鍵を握るのは、光や電波では観測できない暗黒物質と、宇宙に満ちている「ダークエネルギー」と呼ばれる謎のエネルギーだ。 ダークエネルギーは宇宙を膨張させる力がある。一方の暗黒物質は、強い重力によって宇宙を収縮させる力を持つ。宇宙の将来は、この2つの力のせめぎ合いによって決まるとされる。 ダークエネルギーの力が強ければ宇宙は膨張し続け、全ての物質が崩壊する。一方、暗黒物質が強ければ、ある時点で宇宙は収縮に転じて消滅すると考えられている。」 と書いていますが、もしこのことが人類がまだ生存している間に起こり得ることはありますか?

  • 宇宙空間の膨張と物質の運動の区別

    宇宙空間は超光速で膨張しているとあります。それでは、A星雲を観測しているとき、その動きが空間の膨張に因るものか、物質の運動に因るものなのかは、どの様に判断するのでしょうか、あるいは、どの様に分配するのでしょうか。また、これに関連してダークエネルギーの話も出されますが、エネルギーに相対的エネルギーとそうではないエネルギーが有るのでしょうか。超光速で膨張する空間のエネルギーはどの様に計算するのでしょうか、空間の膨張にはエネルギーは不要なのでしょうか。

  • 宇宙の質量はどうやって測ったの?

    タイトル そのまんまの質問です。 ニュートリノに質量が(多分)ある事がわかったけれど、全宇宙の質量 の不足分を埋めるには、全然足りないくらい小さいので、ダークマターには なり得ない、、、等の記述を読んだのですが、 そもそも宇宙の質量って、どうやって測ったのでしょうか? また、宇宙は(多分)膨張を続けているそうですが、どの時点で 測った質量なのでしょうか? 自分なりに検索してみたのですが、あまりに素朴すぎる疑問らしく、 これは、という解答が見つけられませんでした。 ご存知のかた、素人にもわかるように教えてくださったら幸いです。

  • &#65504;真空のエネルギー&#65505;は宇宙の空間が膨張するにつれて増加するというような

    &#65504;真空のエネルギー&#65505;は宇宙の空間が膨張するにつれて増加するというようなことを本で読んだのですが、&#65504;真空のエネルギー&#65505;が最初にできたのはどういうことがあったのですか?

  • 膨張する宇宙のなぞ?

    想像の話なので、まじめに難しすぎる話だと理解できないと思いますが、 ブラックホールは素粒子レベルでエネルギーが相転移して別空間を 産んでて(時間の概念も別軸) それがビッグバンと言われ、いまだその空間が生まれた場所から 相転移してきたエネルギーが放出され続けるから宇宙は加速膨張してると 勝手に想像しました。 宇宙はその連続帯みたいな… あくまで想像で理論で説明できないんですけど加速膨張する宇宙論の 一意見としていかがでしょうか? ダークエネルギーは宇宙空間の外から引っ張ってるのではないと いうような気がしています。 みなさんは加速膨張する宇宙空間のエネルギーはなんだとおもいますか?