• 締切済み
  • 困ってます

ダークエネルギー

こんにちは ダークエネルギーは、観測データ(宇宙の加速膨張等)から必要ということなのですが、 ダークエネルギーを理論に採用することで、問題はないのでしょうか? 例えば、「宇宙論はいま」(丸善)の、「不思議な物質、クィンテセンスとは何か?」p144を見ますと、「ダークエネルギーは銀河による重力をどういうわけか感じない。 小さなゆらぎが、たとえば銀河の中心の密な領域で成長しないのはなぜか? この問いに対する確たる答えがわからない。」と記載されています。 同じページに「今日の宇宙論学者はΛのことを好ましくないものと思っている、、、120桁食い違いが生じる」と記載されております。もし宇宙の加速膨張の観測結果が無ければ、宇宙論学者は、宇宙項Λを、方程式に入れたくなかったのでしょうか?また入れなくても問題はないのでしょうか? ダークエネルギーについて、否定的な考え方をした本やHPがありましたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数227
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#58790
noname#58790

>ダークエネルギーは過去に遡るととても少なかったことになる。 宇宙項の力は、距離に応じて大になる。 宇宙項。 これは「ハッブル定数」「後退速度」V(運動量)と同じ。 ここで100桁に焦点を当てられると非常に困る。 過去、収縮していればV(E)=100桁違うのが当たり前になる。 「こうでなければ計算が合わなくなります。」 こんなの「高校生レベル」で解決してしまう問題なんです。 こう考えると、この本は教程としては薦められません。 著作者は編集部とあります。 2003年です。執筆は2001~2年です。 当時は誤認なされた方が多く、(過半数)回答に苦悩してました。 監修は普通名前を貸します。 明らかな間違いや誤認、主張以外に監修は出来ないでしょう。 桁数と今と昔では数値が違うのは事実ですが、 もう少し、 フリードマン・ルメートル・ロバートソン・ウォーカー計量などの アインシュタイン方程式の厳密解の復習。 まともな教授の論文に目を通して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#58790
noname#58790

>宇宙の「加速膨張」の観測結果(1999年観測以降) (それ以前の解釈はまるで違う) この要因を宇宙項とすると、 ロバートソン・ウォーカーの計量を元に、 M=(4π/3)a^3(ρ/C^2) とすると、 宇宙項の力は、距離に応じて大になる。 宇宙項は、「真空エネルギー密度」と同等である。(H19年) (宇宙加速の方程式による) だと思いましたが?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様、ご回答有難う御座います。 ダークエネルギーすなわち宇宙項についての問題点を以下に纏めます。如何でしょうか? 1、「ダークエネルギーは銀河による重力をどういうわけか感じない。小さな ゆらぎが、たとえば銀河の中心の密な領域で成長しないのはなぜか? この問いに対する確たる答えがわからない。」 2、現在という時刻に物質の密度(観測可能な物質とダークマター)とダークエネルギーがほぼ同じ量(27%と73%)存在している。ダークエネルギーは、過去に遡ると、とても少なかったことになる。小さい宇宙では物質の密度は大きかったのだが、ダークエネルギーのエネルギー密度は変わらないからである。宇宙の最初には物質や放射の100桁以上も小さな値だったと計算されるのだが、それがなぜ、たまたま現在という時刻に、物質の量とほぼ同じになるのか、不明である。 3、宇宙項の源の有力な候補としては真空のエネルギーなどが挙げられ、これを仮定すると宇宙項の大きさは、自然単位系で評価して1の程度になる。しかし、観測的には10 ^(-120)以下であることが分かっており、このギャップを埋めるメカニズムは現代宇宙論の未解決問題のひとつになっている。 等々の問題がありますので、宇宙論学者の中にも「観測が示唆しなければ入れたく無い。かつては継子扱いで、一つの余分なパラメターではあるけれども、考えないで観測が説明できるなら考えないですます。」というふうに思っている専門家もおられるようです。

  • 回答No.2

こんにちは。 たぶん、「月は地球の母だった」(たま出版)あたりの書籍が、ビックバン宇宙論を否定しており、かつまた、宇宙項による調整(インフレーション及びダークエネルギー)を否定しています。 一般相対性理論を下にして計算してみると、確かにΩΛ(ダークエネルギー密度パラメータ)の比は、驚くべきことに観測値と理論値との間に121桁もの違いが生じており、この問題が困難であるという事実を示します。 観測値からすれば、0.73±0.04という値であり、これは約73%が見えないエネルギーによる輻射が存在しているという事実を示しています。 まあ、そんな意味では、否定的仮説を述べているのは、ほかにもありそうな気はします。それは、理論と観測の桁数の違いやΛモデルにおける物理モデルが無いためであると言えばそれまでなのですが・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お返事有難う御座います。 >「月は地球の母だった」(たま出版)あたりの書籍が、ビックバン宇宙論を否定しており、かつまた、宇宙項による調整(インフレーション及びダークエネルギー)を否定しています。 本のHPを見ましたが、アインシュタインが間違っている旨のことを見た瞬間、怪しい本に相違無いことを感じました。この本は参考にはならないです。

  • 回答No.1

こういうのはどうですか。(内容の妥当性まで推奨するものでありません) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AB%96

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お返事有難う御座います。 近藤陽次先生著『世界の論争・ビッグバンはあったか 決定的な証拠は見当たらない』(講談社ブルーバックス B1300)に定常宇宙論と共に記載されていましたので、知っております。 ちょっと質問の趣旨とずれています。

関連するQ&A

  • 暗黒エネルギーについて

    こんにちは、 現在、宇宙が加速膨張していることがわかりつつあります。 また、最近の宇宙論の本(暗黒宇宙で銀河が生まれる:谷口義明先生著) を読みますと、 P73に 我々の知っている元素 4% 暗黒物質22% 暗黒エネルギー74% と具体的な数値が記載されています。 質問 1.この数値は、宇宙の加速膨張を記述するフリードマン方程式(宇宙項入り)から 導かれたものなのでしょうか? 2.フリードマン方程式に宇宙項を導入することは、未知のエネルギー源 (=暗黒エネルギー)を必要とすることになるのでしょうか? 3.暗黒エネルギーは個人的に抵抗があります。宇宙論学者の100%の方がこの暗黒エネルギーを、素直に受け入れているのでしょうか

  • 相対性理論が教えるビッグバン宇宙論の間違い

    1.赤方偏移の解釈の間違い ビッグバン宇宙論はハッブル天文台で遠方銀河において赤方偏移が観測されたことから始まったと言われています。 確かに遠方の銀河を望遠鏡で観測すれば赤方偏移しているには違いない。 しかしその観測結果をもって宇宙は膨張しているなどと安易に結論するのは愚かである。 宇宙は膨張などしてはいません。 赤方偏移は全く別の理由で起こっているのである。 それは他でもない重力の影響である。 アインシュタインは一般相対性理論において、巨大質量の周りでは重力によって空間が曲がることを解明しました。 そして重力によって空間が曲がると光の進行方向も曲がることが判明したのである。 望遠鏡で観測される遠方銀河は、当然ながら巨大であり巨大質量の集まりなのである。 このよーな巨大質量の周辺ではその重力により周辺空間は大きく曲がっているのである。 空間が曲がれば銀河が発光する光の進路もまた曲がるのである。 その結果が赤方偏移である。 つまり遠方銀河の赤方偏移とはその重力による赤方偏移なのであって、宇宙が膨張しているなどの理由による赤方偏移ではないのである。 この点においてビッグバン宇宙論は甚だしい現象解釈の間違いをしているのである。 2.宇宙背景放射の解釈の間違い 宇宙空間は無限であり、その広大な宇宙空間の殆どの領域で既に熱的平衡状態に達しており、その温度は2.725°Kである。 これはビッグバン宇宙論が出て来るだいぶ前から既に観測され分かっていたことなのである。 つまり宇宙はその殆どの領域において2.725°Kの温度で安定しているのである。 それは137億年どころか、永遠の昔から既にそーなっていたのである。 宇宙背景放射というのは宇宙空間が2.725°Kの熱的平衡状態にある事実を表しているのである。 決して137億光年先で宇宙は閉じており、そこが宇宙の背景であるなどと愚かなことを考えてはなりませぬ。 これらの点においてビッグバン宇宙論は完全に間違いではありませんか。

  • ダークエネルギーと宇宙膨張

    宇宙膨張は、ダークエネルギーの万有斥力の影響と言われています。 でも、膨張して体積が多くなれば、エネルギー密度は、少なくなる 訳で、宇宙は際限なく加速膨張する事は、無いのではないでしょうか。 いずれバランスが取れて、収縮に向かうと言う事なのでしょうか?

  • 宇宙は加速膨張しているのでは?

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9D%A6%E6%80%A7%E5%95%8F%E9%A1%8C には、 「膨張宇宙では、宇宙内部に含まれる物質やエネルギーによって作られる重力場によって宇宙膨張が減速を受ける傾向にある。」 とあります。 観測によれば、現在の宇宙は加速膨張していると認識していますが、 重力場によって宇宙膨張が減速を受ける「傾向」にあるだけで、 他の要因によって加速膨張しているということなのでしょうか? また、現在加速膨張していても、将来ビッグクランチに向かうということは、現在の宇宙論上で考えられているのことなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 宇宙が膨張するのはダークエネルギーの力によるもので、銀河、銀河団単位で

    宇宙が膨張するのはダークエネルギーの力によるもので、銀河、銀河団単位で膨張しているそうですね。 質問なんですが、地球の周囲にはダークエネルギーは存在しないのですか? それともあるんだけど引力でバラバラにならないんですか。 よろしくお願いします。

  • ダークエネルギーと宇宙定数の関係

    ダークエネルギーの物理的実体として真空のエネルギーが挙げられる,という記述をよく見かけます. 「アインシュタイン方程式において,宇宙項を付加すると空間が加速膨張する」という議論は(純粋な数学なので)曖昧さがないのですが, 1.「数式における宇宙項」と「エネルギーと言う実体」がどのように対応するのでしょうか 2.「真空のエネルギー」というのは,物質が存在している場所にはなく,物質が存在していない場所にあるエネルギー,ということでしょうか. 3.宇宙定数による膨張によって,空間が広がっていくことで,見かけの光速度が遅くなったりはしないのでしょうか.その他の物理定数も変更が加えられないのでしょうか.

  • 宇宙

     ダークマター ダークエネルギー という我々人類が 観測に用いてきた 電磁波では その姿が観測できないものが 宇宙を動かしているという  たとえば 銀河は その大きさからすると かなりな高速回転をしているという しかも 内側と外側が 同じ速度で回転しているとのこと  銀河の中心の巨大ブラックホールの引力でも それだけの遠心力が働けば 銀河の外側の星々は遠心力で 銀河から 飛んでいってしまうはず ところが 銀河はまとまって回転を続けている それは ダークマターが 銀河を被って居るからだという説があります  またダークエネルギーは 真空のエネルギーという名前もありますが この宇宙の加速度的 膨張がダークエネルギーだとすると 銀河を纏めている ダークマターと膨張を促進してる ダークエネルギーとんは バランスの取り合いをしていることにはなりませんか ダークエネルギーの巨大な力で 銀河もバラバラに崩れていくはずです  素人考えです

  • 論文を検索して見つける方法

    こんにちは。 論文検索の仕方がわからなくて困っています。 無料サイトでも有料サイトでもいいので、論文を見つけたいと思います。 具体的には 『宇宙のダークエネルギー』(光文社新書)という本の中に、 「ダークエネルギーの観測的証拠」がいくつか書かれています。 (1)超新星:遠方のIa型超新星はダークエネルギーのない場合と比べ暗くみえる (2)宇宙背景放射ゆらぎ:バリオン音響振動のピークの見かけの大きさが、平坦な宇宙モデルとよく合うように未知のエネルギーが空間を埋めている (3)銀河分布:バリオン音響振動のピークがダークエネルギーのない場合に比べ広がって見える (4)銀河団の数:遠方の銀河・銀河団の数が、ダークエネルギーがない場合と比べ多い。 (5)重力レンズ:ゆがむ確率や複数に見える割合が、ダークエネルギーがない場合と比べ多い。 これらのダークエネルギーの観測的証拠が書かれた論文を探しています。 どうやって検索したらうまく見つけることができるのか? 検索の方法だけでも良いので、教えていただけたら嬉しく思います。 よろしくお願いします。

  • 観測可能な宇宙と全宇宙

      ビッグバン宇宙論が意味する宇宙とはどんな宇宙か。 ビッグバン宇宙論における宇宙とは観測可能な宇宙のことであって、決して全宇宙のことではあるまい。 何故なら人間が宇宙の全てを観測することは不可能だからである。 観測可能な宇宙が有限であることは明らかである。 どれ程の最新機器を用いようと無限の先まで観測することは出来ないからである。 しかし観測可能な宇宙が全宇宙であるとは言えない。 そして観測可能な宇宙が有限であっても全宇宙が有限であるとは言えない。 何故なら我々の目の届かないところに宇宙は延々と無限に広がっているかも知れないからである。 観測可能な宇宙はいろいろある。 我々がいる太陽系宇宙は観測可能だし、天の川銀河も観測可能である。 天の川銀河以外にも観測可能な銀河は数多くある。 しかしながら我々が観測できる銀河以外に銀河は存在しないとは断言できまい。 何故なら我々の目の届かないところに無数の銀河が拡がっているかもしれないからである。 観測可能な宇宙であれば、それらはいずれも有限であり、形状と大きさをもち、誕生の時期とその生成プロセスを示すことは出来よう。 しかしそれは観測可能な宇宙のことであって、全宇宙ではない。 要するにビッグバン宇宙論における宇宙とは天の川銀河のような観測可能な宇宙を意味しているのではないか。 そしてそのような観測可能な宇宙を宇宙とみなして、宇宙は有限であるとか宇宙は膨張しているなどと主張しているのではないだろうか。    

  • ダークエネルギー、宇宙項、インフレーション、ビックバン、ビッグクランチ

    色々コレ等について教えて下さい。 私は、 「斥力」とは 全てフェルミオンが 「パウリの排他律原理」に従うことによって発生する力だと考えています。 (宇宙項、ダークエネルギーも含めるかどうかは今考え中です。) 引力、コレについてはまだ分かっていません。 その上で、 「宇宙項」ダークエネルギーや、 反重力とは、どういったもので、 現実的な可能性としては今どういった状態か、色々教えてくださいます様お願いします。 それと、 O殻、P殻に入る電子の数は 18、8でしょうか? それとも、 50、72でしょうか? コレについて、詳しく教えて下さい。 私は、 「重力」球が一つになる時の法則は、 この「原子の”整数倍ごとの軌道の収容電子数”」の法則と何らかの関与を持ってくると思ってます。 又、2、8、18、32、32と来て 18と減る前に、「ウラン」で自然界の元素が終わっている事についても教えて下さい。 よろしくお願いします。