解決済み

看病役は妻が当たり前?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.4173490
  • 閲覧数438
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

夫婦どちらかが怪我・病気(精神的なものを含む)
になったら、少なくとも日本では看病する側が大抵
妻?みたいです。大正末生まれの女流小説家の古いエッ
セイを読んでいたら(彼女は離婚していた)、あたし
が倒れても誰も看病してくれる人がいないの…というと、
同世代の女友達が、【あたしらかて、倒れたいうても夫
が看病とかしないわ】。TVで妻がガンになった夫婦の例
があってましたが、夫が彼女に滅茶苦茶文句を言った。
妻は【幾ら夫婦でも、言っていい事と悪い事がある…!】
と泣いていました。
専業主婦の母親が寝込んでも、子供らは【お母さん、いつ
迄寝てるの?】(子供は家事をまるでしない。夫は自分と
子供らのものだけ、コンビニ弁当を買ってきていた~新聞
記事から)
妻が精神的な病気で倒れて、トイレの世話をしに姑が来た
ものの、間もなくネを上げて、【なんであたしが、ヨメの
下の世話をやなきゃいけないの!】
日本的光景って、妻が看病役、夫が看病される役っていう
のが色濃いのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

>日本的光景って、妻が看病役、夫が看病される役っていう
>のが色濃いのでしょうか?

そう思います。

夫が妻を看病する姿は美談として伝えられますよね。
逆に健康な時に虐げられていた妻が夫の看病を放棄したら、
事情の知らない方は鬼嫁と噂をするんでしょうね、きっと。

誰が看病するか、お互いになすりつけ合わない様に
夫婦のあり方を考え、子供にはどこまで期待し、負担をかけない様に
妻として親としてしっかり考えなければいけないと思いました。

現時点では 子供達に好きなところで好きな仕事に打ち込みなさいと言ってます。
そして私たち夫婦は子供たちの負担にならない様にと考えています。
でも現在、健康面で不安を抱えてないからそう思えるのかも知れません。
お礼コメント
noname#171433

ご回答有難うございます。
回答者さんの、【子供らの負担にならない様に】、
とのお考え、ご立派だと思います。
が、日本社会では、まだまだ、女が仕える…式の
図式なんですよねぇ…。
投稿日時 - 2008-07-16 00:45:57
感謝経済

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 23% (5/21)

少なからず、今の時代も色濃いとおもいます。

わたしも高熱が出て寝込んでいた時に夫に電話をして「寝込んでいるので夕飯を作れない」と電話をしたら、「気にしないで。買って帰るから。」と言って、自分の分だけ夕飯やデザートを買ってきて食べていて唖然としたことがあります。
看病するなんていう考えは微塵もないのだとそのとき悟り、それ以来看病や家事の手伝いなんて期待しないことにしました。
至って悪気はなく、むしろ「文句も言わず、自分でごはん食べてえらい夫だろ!」ぐらいなものです。
病気で食器が洗えずにそのままになっていても、代わりに洗おうなんてことは絶対にしません。「食器が洗ってなくても文句も言わない夫で偉いでしょう?」って威張っています。

女房が病気になると「妻が可哀想」というよりも、「病気の妻を持った自分が可哀想」と思うんだと思います。

男の人ってそういう生き物なのだと思う様にしています。


姑も同じです。
先日怪我をした姑の看病に行きました。
近くには娘も兄弟もいますが、遠く離れたところに住んでいても長男の嫁が看病するのは当たり前というかんじです。
仕事を調整し、飛行機に乗り、更に新幹線に載って看病に行き、身の回りの世話を全てしました。

日本ではそれが当たり前とおもっているひとたち、意外と多いとおもいます。
お礼コメント
noname#171433

チョ~ナン信仰、イエの図式…。
そういう旦那さんを育てた姑だけありますねぇ。
00年頃?でしたか、TVでタレントのさんまが
【男子・厨房に入るべからず】とか言ってまして。
この人、明治に育った人?って思ってしまいました
よ!(元・夫人の大竹しのぶが、かなり彼には怒っ
ていたそうで、相当古臭い考えの持ち主との結婚
生活だったんでしょう)
ご回答、有難うございました。
☆思い出しましたが、昭和40年初頭で、理想の
 結婚というのが当時のOL達に、カー付き・カラー
 TV付き・エアコン付き、【婆抜き】とかだったそう
 です。
投稿日時 - 2008-07-16 00:52:45
  • 回答No.1

>日本的光景って、妻が看病役、夫が看病される役っていう
のが色濃いのでしょうか?

濃いですね。
最近は、家事をする男性も増えてきたので、
あくまでもステレオタイプとしての。家事=主婦なんでしょうけど。
もちろん、まだまだ多いということです。
お礼コメント
noname#171433

回答有難うございました。
昭和30年代前半迄、結核が多かったですが、
あの病気は長くかかる。療養所に妻が入った
場合、夫はその期間が2年以上に及ぶともう、
大抵がその妻を見捨てて再婚…ってパターン
だったのだそうです。
今でも妻は夫に仕える…。日本の光景ですね。
投稿日時 - 2008-07-13 19:16:48
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ