• 締切済み
  • すぐに回答を!

ヴィヴィオ(KK3)オルタネーター近辺からの異音について。

平成8年式のKK3(NA)のオルタネーター近辺から異音がします。最初ベルトが劣化していたのでそこからかと思い交換してみましたが止まりません。この異音ベルトの滑りと言うよりも金属同士がこすれるような音がします。次に疑ったのはパワステポンプ。これはオイル漏れでオイルがほとんど無くなっていたのでオークションで購入した完動品と交換しましたが変化無し。ベルトテンショナーを外してみますとベアリングに多少がたが有ったのでこれも交換しましたが変化無し。最後にオルタネーターを外しばらしてみたところ、ブラシホルダーのプラスチックが割れブラシとシャフトに咬んでいたためこれと取り去りペーパーで研磨し、電装屋さんでテスターしてもらい異常なしとのことなので早速車に取り付けたところ発電していない様子。再度外し各端子をテスターであたり電気が来ていることを確認後再度テスターにかけてもらったところ、今度は発電していないとのこと。それならとまたまたオークションで完動品を購入。交換しテスターで計ったところ14Vでていたのでオルタネーターはいいだろうと試乗したところ、すぐにまた異音がし始まりました。すぐにかえってテスターで計ると今度は12Vしかでていません。もう何がなんだかわかりません。ちなみにベルトを外してエンジンをかけると全く異音はしません。どなたかおわかりになる方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数4747
  • ありがとう数24

みんなの回答

  • 回答No.5

オルタネータの取付け方に問題があるのではないですか。 まず第一に、クランクプーリー、オルタネータプーリーの中心線(プーリーセンター)は合っていますか。 ポリV(多溝)ベルトがきちんと、プーリー溝にはまっていますか。 エンジン回転中にこれらのプーリーにかかるベルトを真上から見て、中心がずれていないことをチェックしてください。 これがずれていると、歪んだ状態でオルタネータが回されるので、ベアリングが傷み、大きな異音が出ます。 次に、オルタネータをエンジンに取付けるときに、ベルトを力いっぱい張りすぎたかも。 そのとき、オルタネータのコア部(鉄の部分)をムリな力でこじると、コアが変形してしまうことがあります。 さらに、ムリな力が加わって、ベアリングがすぐに傷みます。 ベルト張力は適正値であること。 発電しないのは、コネクタの差込不良か、きちんと差し込まれているのならオルタネータ自身の不良でしょう。 キースイッチをオンしたとき、チャージランプは点灯していますか。 点灯していないのなら、ICレギュレータを含むオルタネータ自身の不良か、配線か、また別の面からチェックせねばなりません。 なお、バッテリが満充電になると、発電を中止しますが、その結果テスターの値が12Vを表示することはなく、バッテリ温度で決まる満充電時のバッテリ電圧を表示します。 簡単に言えば14V近辺を表示します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。 結局異音の原因はパワステの方でした。 それとは別にオルタネーターもおかしくなっていたみたいで 余計混乱してしまいました。 試しにオルタネーターとクランクプーリーだけをVベルトでつなぎ エンジンを掛けたところ、異音もしなければ発電もしていない様子。 もう一回オルタネーターをテストしてみます。 ちなみにチャージランプは点灯しています。 いろいろとアドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • オルタネーターからの異音

    以前ご相談をして、パワステポンプが悪いと判断し交換をしてなんとかなっておりました。 ここにきて、音は違いますが、再発しました。 以前からの経過でパワステポンプ交換、ウォーターポンプ交換、ファンベルトテンショナー交換、オルタネーターのスリップリングが磨耗して、発電がわずかしかしていない為、中古品を求めベアリングを交換した上で交換してあります。 前回のSailor様からのご指摘を思い出しオルタネーターの端子を外しエンジンを始動した処、異音は無くなりました。レクチファイヤーかステーターコイルが悪いと、音が出るとの事ですが発電は14V出ております。とのように点検すれば良いのでしょうか?オルタネーターから出た部分の点検は不要なのでしょうか? どなたかご指導をお願い致します。車はH8年のJZS151です。

  • オルタネーターかな?教えてください。

    平成3のランクル80ディゼルターボに乗っているのですが、今帰り道にパネルの表示がついてしまって、セルを回す前のランプが全部点いてしまったのですが、エンジンはかかっています。発電は計っていないので、まだ分かりませんが、発電量は弱い感じでした。ライトの明かりがふらつく感じしていましたので、どうなんでしょう?オルタネーターでしょうか?又オルタネーターのブラシ交換とかすると直る可能性は、あるものなのでしょうか?ひとつ友達にもらった平成2年のオルタネーターがあったのですが、ブラシ部のアマチュア部のスリップリング〔ほう金真鋳〕部が減っていて使い物にならなくなっていたのですが、今の車も3年ですので、同じ可能性があるのか?どれくらい持つものなのでしょう?15万キロ走っています。又対処としては、ビルド品の方がいいのか悩んでいます。助言お願いします。

  • オルタネーターの修理について教えてください

    今回オルタネーターをオークションで落札しましたが、今日分解して気になるところがありお聞きしたいのですが、解かる方がいましたらお願いします。車はランクル80平成3年ディーゼルです。落札したオルタネーターは平成2のディーゼルのものでしたがプーリー形状が私の車はVベルトなのですが、送られてきた物は、こまい山がある帯ベルトでした。シャフトさえ合えば使えるのでしょうか?又ブラ部を分解して交換しようと思い見たのですが、ブラシのあたっているスリップリング部が減っているのかもともとなのか?くぼみが出来ていました。新品の形状はどのようなのでしょうか?もし交換するとすれば、アマチュア一体でしょうか?旋盤等で加工して発電量は?本体ステーターのニス処理もしたいのですが、何種のニスに〔E種〕を考えていますが、F種の方がいいのでしょうか?あとベアリングなのですが、どのような物を使えば一番ベストなのでしょうか、シール関係はばらしてわかったのですが、クリアランスは、c3クラスとかでしょうか?沢山質問してすいません、よろしくお願いします。

  • 回答No.4

いなかのくるまやです。 オルタネーターの駆動ベルトをはずしてエンジンを かけると異音がしないという点からして、原因は ”はずれのオルタネーターを掴んでしまった”と推定します。 KK3の場合、ウォーターポンプはタイミングベルトが 駆動していたと思います。 ですから、オルタネーターの駆動ベルトをはずしたら 異音が消えるというのであれば、オルタネーター以外に 原因は考えがたいと思います。 完動品というのは中古でしょうか?? この場合、中古より”リビルト品”を選んだほうが 確実だったと思います。 ここは、もう一回オルタネーターの再調達しか道はなさそうな・・。 そんな気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。 結局異音はパワステと特定されましたが、今回パニクッた原因の一つにECVTのDsランプの点滅に有りました。 ネットで調べてみるとダイアグの仕方がでており、試してみるとアクセルスイッチとのことでした。 これはオルタネーターをチェックしたくてボンネットを開けたままスロットルワイヤーを操作して回転を上げたためスイッチが不良と診断され点灯したものだろうと想像しています。 オルタネーターは中古品で、さっきばらしてみたらスリップリングは元のものより摩耗していました。 確かにオルタネーターの再調達しかないと思いますが、リビルト品はどの程度手入れがされているものでしょうか。 今あるオルタネーターで二個一にならないものか思案中です。

  • 回答No.3
  • lan78
  • ベストアンサー率37% (170/454)

No2です。 14V出ていたダイナモが12Vになるのは、BATが満充電となった為、過充電防止でレギュレーターが作動していると思われます。 充電量の計測は、ヘッドライトハイビーム、エアコンをONにして発電量を測ってください。 それで12V~14V出てれば正常です。 音と発電量は関係ないと思いますので、焦らず落ち着いて作業してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。 10万キロの時にタイベルは交換してあります。ウォーポンは壊れたら替えるつもりだったので交換してありませんが、ゴロゴロ音ではありませんでした。 金属同士がこすれるようなキュルキュルといった音でした。 この音を特定しようと思い本日オルタネーターとクランクプーリーだけを繋げるVベルトを買ってきてエンジンを掛けたところ異音はしませんでした。 これで異音の原因はパワステに限定されました。 一度オルタネーターを分解掃除して再度取り付けましたが、エンジン始動前12V、エンジン始動エアコン可動ライト点灯で11,5Vになりました。 どうやら中古のオルタネーターもだめだったようです。 試しに近日中に電装屋さんにテスターしてもらいに行きます。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.2
  • lan78
  • ベストアンサー率37% (170/454)

こんにちは。 ゴロゴロという感じの音ですか? 多分ウォーターポンプではないですか? 年式から10万キロ近く走行していると思われますがタイミングベルト等は交換されましたか? してなければ一緒に交換してもらいましょう。 交換していれば残念ですがもう一度同じような作業が必要ですね^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

オルタネーターが発電不良を起こすと異音がする場合がある事は良くある事です。 交換しても前と同じ症状が出る場合には、端子やカプラーの接触不良が考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々に回答いただきありがとうございました。オルタネーター交換直後は14Vでていたので、端子やカプラーの接触不良は無いと思います。

関連するQ&A

  • オルタネータ故障の予兆

    オルタネータ故障の予兆 10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。 オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか? あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です) 発電不足とオーバーチャージ それそれで。 現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷) またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか? (この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、) よろしくお願いします。

  • オルタネータ ブラシ 交換 

    バッテリーを1月前に変えたがバッテリーランプが点くようになって、次第にガソリンメーター等液晶画面が薄れたりしたのでイエローハットに持っていくと発電機の故障とのことで、ディーラーにもっていってくださいと言われました。後日ディーラーにきてもらい、見積もりしてもらうということで車をもっていってもらいました。(その時には、すでに車もキーかけてもエンジンがかからなかったとのこと。バッテリー充電してもらってから運転していったようです。) 翌日TELにてディーラーより「オルタネータのブラシが大分摩耗しています。オルタネータを交換する必要があります」と言われ、じゃぁブラシだけの交換(数千円で済む安いやり方)をお願いしますというと、「いや、他の部分も劣化してまして。オルタネータ全部を取り変えた方が良い」なんとなく、うさん臭い感じがしました。とはいえ、モノを見てもオルタがどう劣化しているか見分けられるか自信はなく、「じゃぁ結構なので車を返して下さいという(この時、地元の電装屋に頼もうかと考えていた)」と、「では点検費を8千円頂きます(見積もりとお願いしたのに)」と言われて、仕方なくオルタネータを交換し、6万円弱かかりました。 みなさんは、このような故障の際 電装屋に持って行ってますか?発電機の故障時は、ブラシの交換なら安く済むという話を小耳にはさんでいたので、悔しかったです。

  • オルタネーターの寿命

    新車で購入し6年3ヶ月経過、走行距離は32,000キロです。 エンジンがかかったと思ったら停止。 2~3度エンジンをかけ直してみると、ビニールの焦げたような臭いがしました。 すぐに定期点検と車検を依頼しているディーラーに診てもらったところ 「オルタネーターが故障していて、発電電圧が14Vのところ11Vしかなく、バッテリーに上手く充電ができていない」と言われました。 バッテリーは1年半ぐらい前に新品に交換済みです。 オルタネーターの寿命が早すぎる気がします。 車に詳しい方、ご意見お聞かせください。

  • オルタネーター交換すべきか

    先日、バッテリーがあがり(電気のつっけぱなし等はしてません)ディーラーに持込み バッテリーの交換をしました。 ディーラーの整備士曰く、異音があるので、 オルタネーターの交換を勧めてきました。(額は7万円ちょい) 高額のため、その日は持ち帰り、自分なりに調べたところ電装専門店の様な所が安いことが分かり (4万円)持込み、ディーラーで言われた事を伝えて見てもらったところ 充電もされてるし、発電もしてるし、異音も対したことないから様子見たらとの返答でした。 ディーラー側が大げさに言っているのか、又は電装店の方がめんどくさがって様子見にしたのか (ワゴンRは取替がやりづらいらしいです。)判断つきにくいのですが 皆様でしたら、安心のためすぐに直しますか?それとも様子見で、通常より早くバッテリーが    ヘタったらオルタネーターに問題ありと考えその時に直すか どうしますか?

  • 【97年カマロZ-28】プーリー周りからの異音

    97年式カマロZ-28(LT-1)に乗っています。 先々月あたりからベルトの駆動に合わせて「ギュルギュル」という 異音が発生しました。 自分でベルト&テンショナーを交換しても異音が消えなかったのでショップで診てもらったところ、オルタネーターからの異音だということでオルタを交換したのですが、後に同じような異音が発生したため今度はエアコンコンプレッサーが怪しいとの事でそのパーツも交換しました。 そして修理から戻ってきて間もなくしてからまた同じ異音が再発しています。 具体的な症状としては ・エンジンを掛けた直後のアイドリング時にプーリーの駆動に合わせ「ギュルッギュルッ」という大きな異音がする。 ・回転数を上げると吊られて異音も連続的に「キュキュキュキュ」という音に変化する。 ・異音がしつつ30分以上乗っていると異音は小さくなるが、アクセルを 瞬時に強く踏み込むと「ギュルッ」っという大きな異音がする。 以上が具体的な症状です。 テンショナー・エアコンコンプレッサー・オルタネーターの他に どこかプーリーで駆動している部分が怪しいと思うのですが分かりません。アドバイスをお願いします。

  • 走行中に異音がします

    平成6年式の三菱シャリオに乗ってます。1度水害にあってます。そのせいでオルタネーターの異常で過充電の状態でしたので修理に出しました。修理前は15V以上だったものが現在は14V前後なので直ったと思ってました。しかし、走行中に異音が発生するのです。キーという高い音です。初めはブレーキ、足廻りかと思い修理を依頼したのですが、ディーラーを含め2店に出しましたが、結局原因不明です。機械的なトラブルでなければ、やはり電装系ではと疑い以前のオルタネータではと思い始めてます。しかしもうすでに何回も修理にだし、その度に疑いのある部品を交換してるので、もうこれ以上余分な費用をかかるのを防ぎたいのです。  音は常に鳴っているわけではないのですが、アイドリング状態では絶対に鳴りません。どうもエンジンをかけてしばらくたったくらいが鳴りやすいようです。ブレーキパッドが減ってきたような大きな音ではなく、ベルト鳴きとも違う音です。  もうお手上げ状態ですので知恵を貸してください。よろしくお願いします。

  • オルタネーターの電圧について

    オルタネーターの電圧について 2002年製のジャガー(走行距離90000km)についてです。 先日あまり乗らない車両をオーディオを鳴らしながら洗車をしているとバッテリーがあがってしまったらしく、カーナビやオーディオが消えてしまいました。 別の車でブーストしたらエンジンが掛かったので、カー用品大手量販店にバッテリーの交換を依頼したら、『エンジン稼働時のオルタの発電量が13.2Vしかないからオルタを交換しないと、また直ぐにバッテリーがあがりますょ』と言われたので悩んだのですが、修理見積もりが10万円以上だったのでとりあえずその日は少しドライブして帰りました。 翌日エンジンは問題なくかかりましたので、ちょっとは発電してるのかな?と思い、バッテリーを新調し、テスターを購入しエンジン稼働時の電圧を図ってみると負荷なしで14.5V~14.8Vあります。 ところが5分もしないうちに13V前後に落ち込みます。 ライトやエアコンを入れるとアイドリングで12.6V~13V(これ以上は下がらないようです) 負荷なしで13V前後、走行中は13.1V前後をキープしています。 色々な方のページを拝見したのですが、このような状態の記載はなく、また12V後半、13V前半程度ではオルタが故障していると仰る方もいれば、大丈夫と仰る方もいます。 一般的に14V付近が正常という意見が多かったのですが、私のこの状態は異常なのでしょうか? 夜にオーディオ、エアコン、メインライト、フォグライトを点け2時間ほど山道を走ってみましたが電装品に全く異常はなく、室内の後付電圧計で13.1V前後を表示し、出発前12.8Vだったバッテリーが、帰宅時は13.2Vになっておりました。(因みにバッテリーを新調してから200km以上走行していますが電装品の異常は特に見られません。) 長文で申し訳ないので要点を書かせて頂くと (1)エンジン始動直後は14V後半なのに数分で13V前半、若しくは12V後半に下がるのは正常なのでしょうか? (13V台に落ち込んで直ぐにエンジンを掛け直すと14V台に戻り、また数分で13Vに下がります。) (2)12V台の発電ではオルタは交換した方が良いのでしょうか? (3)アクセルを踏み込んでも電圧が殆ど変化しないのは何故なのでしょうか? (こちらもレギュレーターで制御されているから変わらないと仰る方もいれば、エンジン回転数に応じて15V付近まで上がると仰る方もいらっしゃいます) 以上の3点です。 教えを請いてる身でありながら大変恐縮なのですが、エンジン稼働中にバッテリーを外してオルタの発電を確かめるという事は怖くてできません。また、オルタの端子に直接テスターをあてるというのも、オルタがエンジンルームの奥にあり手が入らないため確かめる事ができませんので、それ以外の方法でわかる方、アドバイスを下さる方の御回答を頂けたら幸いです。 宜しくお願い致します。

  • H9年ヴィヴィオ(KK3)が異音の後停止しました。

    H9年ヴィヴィオ(型式E-KK3 エンジンEN07)走行距離 130000kmのタイミングベルトを交換後カラカラ・カタカタという異音がする。 今回自分で交換したのですが、交換後異音がしています。ベルトの位置が間違っていたのかと再度バラして確認したのですがちゃんとあっていました。アイドラーも少し張りすぎたかなと思ったので少し緩めましたが変わりません。症状は以下のとおりです。(1)低速時やアイドリングの時は音はしない。(2)回転計がないのでわかりませんが大体5速で60キロくらいから音が出始めます。(3)アクセルを開いているときに音が出てアクセルを離すと消えます。(4)音はカラカラ・カタカタといった叩く感じの音です。 *タイミングベルトの位置もクランク軸を2回まわして再確認しています。アイドラーも問題ないです。 ・・・・ここまでは知恵袋の方で質問したのですが、補足が1回だけしかできないのでこちらのGooのほうで質問しています。 この後事態の展開が変わりました。・・・ 音に気がつき始めて始めの頃はエンジンが冷えている状態ではあまり音がしないのですがまもなく温まってきたら音が出始めます。先にも書いていますように(1)はじめは60キロくらいからカタカタ音がする。(2)しばらく乗っているとギアチェンジの時一瞬クラッチが切れている状態で少し回転が上がりますがその時にカラカラと叩く音が激しくなってきます。(3)約1週間300kmくらい走ったところの昨日帰宅時に今度は低速でも音が激しくなり、最後には力がなくなりエンジン停止してしまいました。昨夜牽引して自宅まで持ち帰りました。 本日タペットカバーを外してみましたが特に異常は見当たらずクランク軸を手回ししてもカムシャフトが回りアームはスムーズに動いているように見えます。 試しにエンジンをかけてみたらかろうじてかかりますがアイドリングでも不規則な音が出ています。それになんだか力のない圧縮抜けた感じの音がしている感じです。 (1)今後どこを見ていけばいいでしょうか?(2)できればエンジンを下ろさずに修理したいです。(3)今カムシャフトやバルブのスプリングが見えている状態ですが、次のバルブやピストンを見たいのですがエンジンを下ろさなくても可能ですか?(4)それともオイルパンを外して下からアプローチしたらどうなりますか? 私は全くの素人でしかも周りに専門の知り合いもいないのですが最悪壊れてもいいので色々とチャレンジし自分で勉強してみたいので教えていただけたらと思います。最後はオークションでエンジンを買って乗せ換えもしてみたいです。

  • ミニカトッポのオルタネーターの外し方を教えてください

    H6年H31Aミニカトッポです。 10万キロ超えたので、オルタネーターの故障に備えて、中古品をオークションで手に入れてブラシ交換でリビルドを作ってサブとして携行し、いざというときに自分で交換できるようにしようと思っています。ところが、エンジンルームをのぞいたらどうもオルタネーターはエンジンの下のかなり入り組んだ場所にあるようです。まさか、エンジンをまるごと外したり、ジャッキアップして下からもぐりこまないと着脱できないのでしょうか?ご存知のかた教えてください。エンジンは4A30でエレクトリカルキャブレーターのタイプです。

  • オルタネーターB端子からバッテリーの+端子間の配線について

    先日、オルタネーターのブラシを交換修理して、元通り組み付けていろいろと点検してみたのですが、オルタネーターB端子からバッテリーの+端子間に何らかの異常があり、バッテリーに充電されません。 テスターで検査してみたところ、オルタネーターに関しては、異常はありません。(ブラシを交換したおかげで、以前よりもパワーアップした事を確認済み)複雑に絡み合っているコードを丁寧に解いて確認しようとも考えましたが、とても手間がかかる作業なので、ためらっています。 そこで、素人なりに考えたのですが、B端子からバッテリー+端子間を5.5sq程度のケーブルで直結してはまずいでしょうか? そもそも、B端子からバッテリー+端子間には、50Aのメインヒューズの他にどんな回路を経由しているのでしょうか? また、直結する際の注意点などを教えて下さい。