• 締切済み
  • すぐに回答を!

取締役辞任

現在、とある株式会社の代表取締役についております。 ただ、近々、代表取締役及び取締役を辞任する事となりました。 その上で、臨時株主総会を開催し、株主より取締役辞任の承諾が必要と思うのですが、株主が数十名、居る場合は、全員の承諾を必要とするのでしょうか? それとも、出資比率に応じて何%か獲得すれば辞任できるのでしょうか? 詳しくご教示頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1349
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3

 既に回答があるとおり辞任の意思表示をすれば取締役を辞任することができますので、株主総会の承認を要しません。ただし、取締役を辞任することにより会社法又は定款で定めた取締役の最低員数(取締役会設置会社では三名)を欠く場合は、後任の取締役が就任するまで取締役の権利義務を承継しますから、辞任の登記ができません。したがって、そのような場合は、取締役を選任するため株主総会の開催が必要になります。 会社法 (取締役の資格等) 第三百三十一条  省略 4  取締役会設置会社においては、取締役は、三人以上でなければならない。 (役員等に欠員を生じた場合の措置) 第三百四十六条  役員が欠けた場合又はこの法律若しくは定款で定めた役員の員数が欠けた場合には、任期の満了又は辞任により退任した役員は、新たに選任された役員(次項の一時役員の職務を行うべき者を含む。)が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。 2  前項に規定する場合において、裁判所は、必要があると認めるときは、利害関係人の申立てにより、一時役員の職務を行うべき者を選任することができる。 3  裁判所は、前項の一時役員の職務を行うべき者を選任した場合には、株式会社がその者に対して支払う報酬の額を定めることができる。 4  会計監査人が欠けた場合又は定款で定めた会計監査人の員数が欠けた場合において、遅滞なく会計監査人が選任されないときは、監査役は、一時会計監査人の職務を行うべき者を選任しなければならない。 5  第三百三十七条及び第三百四十条の規定は、前項の一時会計監査人の職務を行うべき者について準用する。 6  監査役会設置会社における第四項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査役会」とする。 7  委員会設置会社における第四項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査委員会」とする。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

辞任には株主総会も取締役会も不要。 辞任届一枚でいいです。 会社に辞任届が到着した日が辞任の日です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

「辞任」ということでしたら、株主総会の承諾は不要です。代表取締役から会社に対する「辞任」の通知によって辞任できます(会社法330条、民法651条1項)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 代表取締役の辞任届の宛名

    非常に稀なケースかもしれませんが、是非教えてください。 現在、当社は取締役が8名(代表取締役を含)在任しておりますが、臨時株主総会終了後、代表取締役を含む7名が辞任することになりました。現行の定款では「取締役の選任は株主から」となっており、また株式は総会終了時までに残った1名の取締役にすべて譲渡されるため、後任予定者はありません。 また、現行定款では「取締役が4名以上」で取締役会設置会社となっておりますが、この辞任の意向を受けて臨時株主総会で定款の変更を議題とし、取締役1名以上、取締役会非設置会社となります。 この場合、残った1名の取締役が次期社長になりますが、この臨時株主総会までの現代表取締役および取締役は誰宛に辞任届けを提出すればよいのでしょうか? 会社規模の縮小のため、たまたまこのような事象になるのですが、お解かりの方がいらっしゃれば是非お願いいたします。

  • 株式会社の取締役の辞任の登記申請の場合の必要書類は?

    株式会社の取締役の辞任の登記申請の場合の必要書類は? 現在、取締役会の無い法人ですが、取締役3名のうち 代表取締役以外の2名が辞任しますので変更登記をしたいのですが 臨時株主総会議事録は必要でしょうか?

  • 代表取締役辞任の登記について

    代表取締役辞任の登記についてお尋ねしたいことが2点あります。 (1)代表取締役の辞任が予定されているので、登記の準備をしているのですが、 「別紙OCR用申請用紙」の書き方がわかりません。 おわかりになられる方がいらっしゃいましたら、ご教授お願い致します。 (2)現在、取締役は4名おり、うち1名が辞任することになっても定款には 「3名以上」と定めているため、今回は後任者を選出しません。 この場合の臨時株主総会議事録の文面をどのように書けばよいかアドバイスをお願い致します。 臨時株主総会議事録 (中略 第1号議案 代表取締役1名辞任の件 【この内容をどのように書けばよいかわかりません】 宜しくお願い致します。

  • 取締役の辞任と解任の登記について

    当社は、取締役会非設置会社です。 定款にて、役員の員数が5名と定められています。 ■経緯↓ 1)A辞任 平成19年9月、取締役Aより、辞任の申し出があり、臨時株主総会にて承認されました。 定款に定められた員数を欠くことになりますが、後任者が定まらず、登記しておりませんでした。 2)B解任 平成20年4月の臨時株主総会において、取締役Bの解任が決議されました。 解任はすぐに登記できますので、(期日過ぎておりますが)これから登記する予定です。 3)C解任及び役員数変更 平成20年5月の定時株主総会において、取締役Cの解任が決議されました。 また、A,B,Cの後任者を選定せず、役員の員数を減らす(5名→2名に変更)旨決議されました。 4)代表取締役変更 平成20年6月より、代表取締役が変更になりました。(取締役の互選) ●質問1 B解任の登記に必要な4月の臨時株主総会議事録に、元取締役Aの記名、押印は必要でしょうか? A辞任承認可決の後、後任者が定まっていなかったので、この時点でAは取締役としての権利義務を有していますが、Bの解任が決議された臨時株主総会には出席しておりません。 ●質問2 結局欠員補充せず、役員員数を変更することになったので、やっとAの辞任登記ができると思うのですが、A辞任の日は、 1)辞任届の日(平成19年9月)でしょうか? それとも、 3)役員の員数変更が決議された日(平成20年5月)でしょうか? ●質問3 Aの辞任と、Cの解任を下記のようにいっしょに登記申請できますか? 「登記すべき事由」 平成19年9月○日 取締役 A 辞任 平成20年5月○日 取締役 C 解任 「添付書類」 臨時株主総会議事録(H19,9)・・・1通 定時株主総会議事録(H20,5)・・・1通 辞任届・・・1通 (Aの分) ●質問4 上記質問3に加えて、B解任と代表取締役変更もいっしょに登記申請できますか? 「登記すべき事由」 平成19年9月○日 取締役 A 辞任 平成20年4月○日 取締役 B 解任 平成20年5月○日 取締役 C 解任 平成20年6月○日 代表取締役 ○○辞任 平成20年6月○日 代表取締役 △△就任 「添付書類」 臨時株主総会議事録(H19,9)・・・1通 臨時株主総会議事録(H20,4)・・・1通 定時株主総会議事録(H20,5)・・・1通 辞任届・・・1通 (Aの分) 互選書・・・1通 定款・・・1通 経費削減のため、司法書士さんに依頼せずに書類作成、登記申請まで行いたいのですが、 不慣れな上に複雑なので四苦八苦しております。 申し訳ありませんが、どなたかご回答くださいませ。 お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。

  • 取締役の辞任方法について

    現在、株式会社の取締役をしていますが、辞任しようと考えています。 辞任する場合の手続きを教えて頂けますか? ・株主総会決議が必要か? ・取締役会決議は必要か? ・取締役辞任届を代表取締役に提出するだけでよいか? 会社は、1人が100%株主であり、かつ代表取締役です。 取締役会は設置しており、私を含め計4人います。 以上

  • 増資をしたいのですが、取締役が辞任して・・・

    株式会社ですが、小生は代表取締役です。他2名の取締役が最近辞任しました。増資をしたいのですが、取締役会で発行株数と発行方法の決定が必要です。取締役会を1名で開いて、決議をしても問題ないのでしょうか。又は、辞任した2名に出席してもらう必要があるのでしょうか。  また、臨時株主総会を開いて、新株発行の承認が必要ですが、小生が75%の株を保有しています。この場合、他2名の出席は必要なのでしょうか。 なお、決算月は3月で、5月には、決算の承認と欠員の2名の取締役は就任の手続きをします。  増資は、なるべく早くしたいと思っています。後任の取締役も既に決まっています。

  • 代表取締役の退任について

    こんばんは。株式会社のことで質問させてください。 平成元年に設立された株式会社で、現在、取締役が1人(株主でもある)、代表取締役が1人(株主ではない)がおります。この代表取締役は今年の6月で2年の任期が満了します(取締役兼株主も含めて株主は10人います。)。株主としましては、代表取締役の再任はしない予定です。来月くらいに臨時株主総会を開いた上で、「代表取締役については、取締役の再任はしない。」ということを決議しようと考えております。 お聞きしたいのは、株主総会の招集手続と株主総会の議事録の件です。 この会社は特に取締役会の設置などの取り決めはしておりません。そうすると、代表取締役以外のもう1人の取締役でも株主総会の招集を決定できることになるのでしょうか? できるとしたら、その取締役単独の名前で、株主に対して招集通知を送付すれば良いのでしょうか? また、株主総会には、任期満了に伴う退任を決議される代表取締役の同席させなければならないのでしょうか? 同席の必要があるのであれば、株主総会の開催を当該代表取締役に伝える必要があるのでしょうか? 株主総会の議事録には、代表取締役の署名・押印が必要なのでしょうか? 以上、貴重なお時間を割いて申し訳ありませんが、どなたかご教授ください。よろしくお願いします。

  • 代表取締役の辞任と新役員の就任→代表への必要書類

    取締役会非設置会社で現在株主が3人、そのうちの二人が代表と取締役に就任しています。 そこで今度現在の代表取締役を代表だけではなく取締役からも辞任させて現在の株主の一人を 取締役に選定、そのまま代表取締役に就任させる流れを予定しています。 この場合必要な書類は何が必要なのでしょうか?ちなみに定款では取締役を複数置く場合は取締役の互選により定めるとあるので互選書も必要なのでしょうか? こちらで調べた限りでは ・株式会社変更登記申請書 ・辞任届 ・就任届 ・臨時株主総会議事録 ・印鑑届出書 ・印鑑登録証明書(現在の代表、役員、新規就任する役員の計3人分) となったのですがこれで問題ないでしょうか?

  • 取締役辞任から新任任命までの流れ

    先日、取締役の役員が辞任したため、 新しく取締役の役員を任命しようと思います。 そこで司法書士の先生にお願いすると、 たぶん法外な値段を請求されそうでしたので、 自分ですべての書類作りをやってみたいと思っているのですが、 下記の流れで問題ないのでしょうか? ちなみに株主は1名です。 1.臨時株主総会の開催 2.臨時株主総会での議題で取締役辞任を認め、新任を任命する 3.辞任と新任の連絡を登記所に行って商業登記する ちなみに最後に詳しい方がいらっしゃいましたら、 こういった作業を司法書士の先生にお願いする際の相場のようなものも教えてください。 以上よろしくお願い致します。

  • 代表取締役を辞任。辞任届けと議事録?

    有限会社です。 代表取締役が二人います。(父と息子) 父が高齢になったため、代表を辞任し取締役になります。 また、辞任する父の役員報酬を今月23日支給分から半分以下にし、 同じく23日に退職金も支払う予定です。 また、父がこのような形になる話合いは先月末です。 先月末に辞任になりますか? それとも辞任は今月23日でしょうか? (下にも同じ質問をしていますが・・・) 法務局へ届ける書類は辞任届けと議事録でよろしいでしょうか? その様式がわからないので、詳しくわかるホームページがありましたら 教えていただけないでしょうか? ※辞任届け  私は、このたび一身上の都合により、貴社の代表取締役を  辞任いたしたく、お届けいたします。  (上記内容でよいでしょうか?)(日付は先月末になりますか?) ※臨時株主総会議事録  (議事録の日付も先月末でしょうか?) (中略 第1号議案 代表取締役1名辞任の件  (この内容をどのように書けばよいかわかりません   後任者の選任の必要がないと思うのですが・・・?) わかりやすく説明できず、申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いします。