-PR-
解決済み

江戸時代の銀五百枚とはいかほどのものでしょうか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.4088971
  • 閲覧数472
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 10% (1414/13346)

文化年間の江戸日本橋の高札に、
 切したん宗門は累年御制禁たり。 自然不審成者これあらば申出べし。 御ほうびとして、
   ばてれんの訴人 銀五百枚
   いるまんの訴人 銀三百枚
   立かへり者の訴人 同断
   同宿并宗門の訴人 銀百枚
 右之通下さるべし。
とあります。
銀1枚とは何でしょうか?
一分銀のことでしょうか?
銀五百枚の価値はどれくらいになりますか。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 43% (83/193)

銀1枚=43匁というのをたまに見かけるのですが、ある種の基準値だったようですね。
1匁=3.75gなので、銀1枚=43匁=約161gとなります。
価値については、もともと相場物ですし、金との交換比率が現在とも同時代の諸外国とも江戸・大阪でも異なっていたようですので、私はコメントする能力を持ち合わせておりません。
補足コメント
yoshinobu_09

お礼率 10% (1414/13346)

ありがとうございます。
金一両=銀60匁なので、だいたいの価値がわかりました。
銀五百枚は庶民にとってはとてつもない大金です。
投稿日時 - 2008-06-11 22:53:30
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ