• ベストアンサー
  • 困ってます

大学での化学の計算について

農学部に通う大学3年生です。 今、学校で週3回ほど学生実験をしています。 僕は化学の計算が苦手で、よくわからないことが多くて 少し班の人の足を引っ張っているような気がします。 たとえば、10倍希釈してと言われても どういうふうにするのかわからず、立ち往生してしまいます。 今はなんとか理解できましたが 他の人はすぐにぱぱっとやってしまいます。 今日も、未知試料の測定と各濃度の算出という実験で 吸光度などを使って濃度を算出したんですが 実験中、何をやっているのかさっぱりわからず 情けないなぁと思っていました。 他にも試薬の調製など、わからないことばかりです。 確かに、高校の化学の理論分野はあまり得意ではありませんでした。 やはり、高校の化学をもう一度やるのがいいのでしょうか? このままだと、研究室に所属しても 何もできないんじゃないかと不安です。 何かアドバイスをもらえたらと思います。 何か参考になる本などがありましたら 教えていただけると幸いです。

noname#199357

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数188
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#62864

取りあえずは予習して、わからないところを調べると言う程度のことしかできないでしょうね。 しかし、そもそもの話として、『理論分野が苦手→希釈や濃度がわからない』という発想にいたること自体が問題だと思います。希釈とか濃度とかいったことは理論科学ではなく算数の問題です。たとえば、カルピスや麺つゆを○倍に希釈すると言ったことは、化学とは無縁の人でも普通にやっていることです。食塩水を希釈する問題は小学校の算数です。つまり、試薬の調製に類することは化学以前の問題なのです。要は、疑心暗鬼で無用な苦手意識の方が問題だと思いますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

辛口意見ありがとうございます。でも、確かにその通りかもしれません。もしかしたら簡単なことなのに、勝手に自分の中で複雑にしているだけなのかも・・・。 算数も苦手なので、もしかしたらそこに原因があるのかもしれません。

関連するQ&A

  • 濃度計算

    NiのCuの合金試料溶液から銅イオンだけを溶媒抽出して、吸光度を求めて、そこから濃度を求めるという実験で、以下の濃度計算がわからないので質問させていただきました。 合金(NiとCu)1gを溶かした濃度未知の試料溶液250mLを10mLをメスフラスコに取り、イオン交換水で250倍に希釈したものから3mLとり、吸光度から濃度を求めたら、3.58*10^(-5)でした。ここから合金中に含まれる銅の重量百分率を求めたいのです?

  • 溶血率の計算方法

    ある試薬の希釈系列を調製し、そこへヘパリン血を滴下・遠心した上清を96プレートに分注して、吸光度を測定しました。 生理食塩水に血液を添加したものの吸光度を溶血率0%、蒸留水に血液を添加したものの吸光度を100%とした場合の溶血率の算出方法を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 吸光度から求める濃度について質問です

    しばらく自分で考えてみたのですが問題の意味が理解できないのです。 問(1)ある物質a(μg/ml)を含む溶液2mlと、試薬3mlを混ぜて呈色させた溶液を所定の波長で吸光度を測るとOD=bだったとする。 未知濃度の試料溶液を同様の割合で呈色させて測ってOD=cが得られた時、試料溶液中のその物質の濃度(μg/ml)をあらわす式をつくれ。 式はなるべく簡略化すること。 (2)(1)の未知の濃度試料溶液が、原試料溶液5mlを100mlに希釈し、その10mlをさらに100mlに希釈したものであったとすると、原試料溶液の濃度はどのような式であらわされるか。 式は簡略化すること。 というものです。分子量が分からないから解けないのでしょうか? 化学が苦手でどこから解いたらよいのか全くわかりません。 どなたか教えてください。お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • aji321
  • ベストアンサー率52% (9/17)

自分も農学部の3年生で学生実験をやっています。実験する手順は事前に手に入っているでしょうから予習してみてはいかがでしょう。そうすれば実験前でも教科書を読んでみんなに遅れることはないと思いますし、理屈的なところを知ってるか知らないかでは実験中の理解が格段に違います。あと様々な濃度(モル濃度など)について知ると希釈や試料は簡単に計算できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 これからは実験の前には、予習をしようと思います。 濃度も勉強してみようかなと思います。

  • 回答No.3
  • Chloto
  • ベストアンサー率50% (11/22)

モルの計算とかは得意ですか? モルの計算は見た目は難しいですが、慣れてしまえば単純な比率の計算だけです。A:B=C:Dなんてやつです。 そんな目で見てあげると、視界が開けることがありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

モルは苦手です・・・。 確かに思っているより難しくはないのかもしれません。 モルの勉強をしてみようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#69788

分析化学を勉強してください。実験をあまりやらないでもいい研究室を探したらどうですか。私は、量子化学研究室出身で研究室配属後は一切実験はしていません。(理学部化学科です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分析化学の勉強もします。 ですが、実験をやらない研究室は自分のいる学科では皆無です・・・

  • 回答No.1

高校の範囲内で分からない所は立ち返って勉強すればよいと思います。 (どのように所定の濃度に調整するかなど。) その他は、学生実験で出てきた内容を図書館などで復習すればいいんじゃないですか。(吸光度ならランバートベールの法則など)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね、濃度のところを復習してみたいと思います。 実験の復習も頑張ってみようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • o-フェナントロリンを用いる鉄(II)イオンの定量

    o-フェナントロリンを用いて未知試料中の鉄(II)イオンの定量について質問させていただきます。 実験手順 (1)未知試料5mLをメスピペットで分取し、50mLのメスフラスコにいれ、純粋で50mLとし10倍希釈溶液を作る。 (2)希釈溶液10mLを50mLのメスフラスコにいれ10%塩酸ヒドロキシルアルミン溶液2mL、0.01mol/L o-フェナントロリン溶液6mL、緩衝溶液20mLの順にメスピペットで加え、標線までまで純粋を加えた。 (3)分光光度計を用いて吸光度を測定すると0.273nm、検量線より未知試料の吸光度に相当する鉄(II)の濃度を読み取ると、2.450*10-5mol/Lでした。 鉄の分子量は55.845です。 【質問】 未知試料液中の鉄(II)のモル濃度を求める計算式を教えてください。 また、その求めたmol濃度をppmに換算してください。 あわせて式も教えてください。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

  • 吸光度と濃度の関係

    試料Aと試料Bがあり、それぞれの濃度、450nmでの吸光度 750nmでの吸光度が与えられています。 A+Bでは濃度は未知、450nm,750nmでの吸光度は与えられています。A,Bそれぞれの濃度を求めたいのですが、 どのように計算したらいいのかわかりません。 教えてください。

  • 化学の計算問題

    未知試料の液体があって、その濃度は32倍です。 これに純水を何ml加えれば、未知試料1倍のものが作れますか?? 私の考えでは32倍希釈すれば良いのだから、 32×純水(A)=1 純水(A)=1÷32=0.0315より これが加える純水? 少ないような気がするのですが、合っていますか??

  • タンパク質の定量 Bradford法

    タンパク質(BSA)の濃度を0,20,40、60,80,100μg/mlに希釈して吸光度を測定しました。 それでグラフ用紙にプロットしていたら濃度が濃くなるにつれて吸光度は上昇しているのですが、曲線になってしまいました。 これは試薬の希釈ミスなのでしょうか?それとも試薬とBradoford試薬を撹拌した後放置しすぎたのでしょうか?どうか教えてください。

  • エクセルに詳しい方、至急お願いいたします

    画像の検量線から未知試料の濃度を求めたいのですが、紙のグラフでしたら、未知試料の吸光度は測定によって分かっているので、吸光度から線を引いて濃度を求められるのですが、エクセルだとそのやり方がよくわかりません。濃度さえわかればいいのですが、欲を言えば線も引きたいです。よろしくお願いいたします。

  • 希釈倍率の計算方法

    抽出時、3.0gの試料を希釈や分取により1/10にしたものを、濃縮乾固後、2mlにメスアップした時、元の値の濃度を算出するには、何倍希釈すればいいのでしょうか? 最終的には、この試料は、0.15g/mlになっているわけですから、この実験で得られた濃度を10倍にすればいいのかと思っていたのですが、6.66666…倍なるのだそうです。説明としては、最終濃度が、1g/1mlで等倍になるとすると、最後に希釈倍率をかけなくてもいい(もうここでお手上げです)のだから、1÷0.15で6.66666…倍すればいいのだと、教えられました。もう、すっかり???です。 となると、最初に採取した量というのは、カンケイないということなのでしょうか?

  • 肝臓グリコーゲンの測定の計算方法

    実験でラットの肝臓を0.5g採取し、抽出液を100倍に希釈して吸光度を求めました。 吸光度から検量線を作成し、肝臓サンプル1gあたりでグリコーゲンを算出したいんですが 吸光度×100÷0.5の式であっていますか?

  • 分子量と吸光度⇒濃度、比吸光度、モル吸光係数を計算

    化合物A(分子量200)を20mg測定し、水を加えて1Lとした。この液につき、光路長1cmのセルを用いて吸収極大波長λmaxでの、吸光度Aを測定したところA=0.280を示した。 このとき、水溶液の濃度は【(1)】w/v%、化合物Aのλmaxにおける比吸光度は【(2)】、モル吸光係数は【(3)】である。 次に、別に調製してあった化合物Aの水溶液(濃度未知)のλmaxにおける吸光度Asを測定したところ、As=0.420であった。このとき本試料の濃度は【(4)】w/v%である。 なお、測定濃度付近において、化合物Aの水溶液の吸光度はLambert‐Beerの法則に従うものとする。 【(1) 】の選択肢 0.10・・0.20・・1.0×10^-3・・2.0×10^-3・・1.0×10^-4・・2.0×10^-4 【(2) 】の選択肢14・・28・・140・・280・・1400・・2800 【(3) 】の選択肢14・・28・・140・・280・・1400・・2800 【(4) 】の選択肢0.15・・1.5×10^-3・・3.0×10^-3・・3.0×10^-4・・6.7×10^-4・・6.7×10^-5 上記の計算問題の答えを選択肢の中から選んでください。 また、計算の途中過程と解説も教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 簡易比色計からの鉄濃度の計算

    簡易比色計で未知濃度サンプルの鉄イオンの濃度を求めるという実験をしたのですが、いまいちランベルトベールの法則への当てはめ方がわかりません。サンプルの濃度が4.00mg/l、吸光度が0.109、光路長が0.6cmで未知濃度サンプルの光路長が4.3cmという条件からまず吸光係数を求めてそれから濃度を計算する・・・ということをわからないなりにも調べてやってみたのですが変な数字が出てくるばかりで。。もしよろしければできるだけ詳しい回答をお願いしたいです。よろしくお願いします!m(_ _)m

  • 未知試料の溶液の濃度の求め方

    濃度が分からない試料をボンと出されて、「さぁ、これの濃度を知らべてね」といわれたとき、どうしたらいいですか!? メチレンブルを実験に使うようです。あと、吸光光度法を使うそうです。