• 締切済み
  • すぐに回答を!

基礎医学研究がしたい場合、どのような進路が主流なんでしょうか?

基礎医学研究がしたい場合、どのような進路が主流なんでしょうか? 私の薄い知識では下の3つ程考えております。 1、医学部(6年)→初期研修(2年)→博士課程(4年)→ポスドク→………(ポスドクまで計12年) 2、医学部(6年)→博士課程(4年)→ポスドク→………(計10年) 3、理系学部生物、生命科学系(4年)→医学研究科修士(2年)→博士課程(3年)→ポスドク→………(計9年) 医師免許の研究においての有益性を考えて、1の進路を真剣に考えておりますが、 やはり1のような進路は学位が欲しい、開業医志望のような人のたどる道なのでしょうか? 2、3のような進路も考えていますが事実上、医師免許はなく研究内容も制限されそうで… 何かドバイスを頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.10

No.4の呼吸器内科医です。 基礎医学の教授になるのに医師免許が必要かどうかは教授会次第でしょうが…。気になったのでちょっと調べてみました。 東京大学の基礎医学教室の31教室中21教室がHPを持っていました。 その内、10名が医学部卒でした。(MDと書いてあったり、医学部卒、また医籍登録検索で同姓同名も医師と判断しました。) ちなみに私の母校の地方医大では、11教室(非常に少ない…)中、8人が医学部卒でした。意外に地方医大(特に単科大)の教授会の方が「医師じゃないと…」となるのかもしれませんね…。 東大の結果からすると、別に医師でなくても、と思ったのですが地方医大の例をみるとどうでしょうね…。「医学部教授を目指すのが最終目標」であれば医学部を出ておくのも悪くないのかもしれませんね。 ただし私の経験上、年下の理学部の人に業績で必ず負けます。とくにポスドクのFellowship(奨学金)の審査基準も半分は業績なので…。大学院の4年間でFirst論文が3つは欲しいところです。 医学部へ行くとした場合の裏ワザ?ですが、私は医学部4年生の時にとある基礎教室に数か月出入りして、その時にオートクレーブの使い方や無菌操作、細胞培養、ELISA、Western Blot、PCRを習いました。論文を書くまでは当然至りませんでしたが、その後の大学院での実験はスムーズにできました。 「ちょっとでも知っている」ということは有利ですし、臨床教室の教官の実験は我流だったり微妙だったりもします。そういった意味では基礎の授業がある3、4年生に教室に出入りするのはお勧めです。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

A No7です。かけてますか。私は論文もバンバン書いてますし(但し工学部ですが)、いぜんは医学部にいましたので医学部の現状も知っていて書いているんですけどね。 もちろんrareなケースであるのは承知の上です。 まず、本質問は、基礎医学の研究の進路の主ルートを聞いているんです。最終的には難しかろうがなんだろうが、医学部の教授が主ルートでしょう。他の学部の教授はいようがいまいが傍流だと考えて書いています。 その上で、准教授までは、医師免許なしでも多くいます。要は、医師免許を持った、基礎講座の教授が自分の研究に力のある研究者を雇うからです。しかし、教授選では、医師免許の有無が影響することは結構多いです。 もちろん業績が出しやすいところは学部を問いません。しかし、医師免許を持っていないよりは持っていた方が最終的には決め手になります。 ここで、いくら業績を出せる環境かどうかを云々しても始まりません。質問の3択いずれもケースバイケースです。准教授まではどれでもかまいません。どのコースにもよい研究環境のところもあれば悪いところもあります。しかし最終的には医師免許を持っていることが、医学部教授になるのはかなり利いてきます。それで1といっているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • yokuna
  • ベストアンサー率0% (0/0)

論文を書くのに1,2は不適であると私は思うので、ポスドクになってもそれから先のポストへ就くのは競争に負けると思います。 准教授になってから教授になるときにって、そこまでいくのに業績はどうやって出すのか? その視点がANo7様にはないです。 実際に臨床医のANo4様や基礎医学研究をやっているANo1様のおっしゃる通りだと思います。 そもそも医学部で教授になるのはよほどすごい業績をあげた人であり、 その中で医師免許があるという人ですので。 そんな業績をあげた医師免許をもった人というのは、Natureなどの良いジャーナル系をどんどん出す研究室にいて、それにかかわることができる一握りです、昔はとうあれ今の現実的に。 普通の医学部の研究室ではだめですよ。 別に医師免許がなくて格下のところに行かざるを得ないということでなく、現在のポストの空きがほとんどないので、 そういうところしか行く場がないのは理学部で業績をあげた人も行くことになる可能性が多きいですし、 医師免許を持っていても業績がなくて医学部で教授選に落ちても、そういうところに行くことだってあります。そういう同僚がいます。 あくまで業績を出す環境を一番に考えて、そんな環境であれば医師免許があった方がいいくらいなもんです。 しかし、業績をだすことができる環境というのは医学部であるとほんの一握りのところであり、それは運にもよります。同じところにいてもテーマがってよかったってこともありますから。 理学部でもというか、研究やっている人はみんな競争です。 あくまで業績を出しやすいところ、これがどこかはANo4様やANo1様の回答からもわかると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

准教授まで医学部で、理学部の教授に移る。理論上可能(絶対無いとは言いません、よほどのすごい業績を上げれば可能)です。しかし、理学部には理学部の競争がありますからね。格下のところ(教育中心で実際研究できないような所)になる可能性は大です。私は、そういう人を多く見てきました。 やはり一番無難のはケース1だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

今の世の中、准教授(助教授)までなるのが大変ですから・・・。 そこまでなってしまうと別に医学部で教授にならなくても理学部とかでもいいと思うでしょうし・・・。 准教授にいくまでの業績=論文をどう出すかってことが、まずは重要かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

一生収入は少なくてよいから研究者でいたいというなら皆さん正解でしょう。でも、基礎医学を研究して、最後、45も過ぎれば教授になりたいと思うんじゃないですか。その時、医師免許が無いことが響くことは結構ありますよ。私が以前いた医学部でも、教授選で負けて、転出していく助教授は殆ど医師免許なしの人でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

基礎研究もしている呼吸器内科医です。 No.1,2,3の方が回答されている通りだと思います。質問者様が基礎医学とくに再生医療などを研究したいと考えているのであれば、理学部などに行くべきです(3ですね)。 基礎研究をする上で、医学部卒(要するに医師免許)であるメリットは全くありません。疾患に特異的な研究で患者さんから検体をとるには医師免許が必要ですが、それは共同研究ですればいいだけですし、そういった研究はどちらかといえば臨床医のやる研究です。また過去の回答で「予備実験のために自分で採血」みたいな回答があったと思いますが、誰からとるんでしょうね? 自分で自分からとるのは、困難ですよ(やろうと思えばできますが…)。それよりは教室に学位をとりに来た臨床医にやってもらえばいいだけです。 1、医学部(6年)→初期研修(2年)→博士課程(4年)→ポスドク この進路はあまり具体的ではないですね。 博士課程はどこの教室にするのでしょうか?臨床系であれば博士課程に入る前に後期研修を勧められると思います。もしくは大学院に所属しつつ大学病院の臨床業務をすることになります。2年間の初期研修はただのお客さんです。臨床医としてのスキルはほとんど上がらないと考えてください。 逆に基礎系の教室に行くのであれば、2年間の初期研修は無意味です。2の進路にすべきでしょう。ちなみに開業するのであれば、ポスドクになる必要はないですよね。学位をもらったら、さっさと一般病院に出て臨床をしないと医師として使い物にならなくなります。 もし質問者様が具体的な医師免許の有用性の例をお考えでしたら、補足で追加してください。分かることであれば返答します。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#96559
noname#96559

基礎医学といってもいろんな分野があるのですよ。 解剖とか生理学、ウイルス学、病理、法医学、あと大学によって名前が違ったりもしますが、健康政策とかこういう方面は1のコースの人が主流です。 ただあなたは再生医療が希望で、分子生物、細胞工学あたりを研究したいのでしょう?こういう方面はガチガチの分子屋さんですよ。理学部工学部出身者が頑張っている分野です。京大の長田重一さんの研究室のメンバーでも見てください。 医師免持ちで、例えば整形の医局に所属して学位をとりに基礎に回してもらって、その後も残る、というパターンもあり得ます。 本気で最先端のサイエンスに取り組みたいのなら、東大京大阪大あたりの理、工、農で生物学ないしは細胞工学を修めて、これはという研究室に進むしかないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tatoo
  • ベストアンサー率53% (38/71)

私は理学部の教員ですが、 どうして医師免許を持っている方が基礎研究に有利と考える人がいるのか逆に疑問です。 医師免許は、人に直接アプローチするときにしか必要ないですよ。 人から血をとったりなど、材料を直接人から取るときとかですっけ? ちなみにES細胞は別に医師免許がなくても扱えます。 直接人からとってくるとかしない限り、人の細胞は培養出来ますし。 あと、人に何かを注射するとかは医師免許が必要ですかね。 でも、人に何かを注射するときってすでに基礎研究を終えて いろいろやって最終段階の話です。 他に医師免許がなければできないことって何だったでしょうか・・・。 質問者さんは、基礎研究における医師免許の有用性とは何であると思っていらっしゃるのでしょうか? そのことがわかれば、 医師免許をとった方がいいと思うから1、2に進む方がいいと思う とかアドバイスできるのですが・・・・。 医学部にいって医師にならずに研究者になりたいという人は何が利点であると思っていらっしゃるかわからないんですよね・・・。 幅が広がるってよく言われますが、人体と病気と薬に知識があっても 実験ができないのであれば、その知識を活かすことができないで終わっちゃいますよね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

医学部でポスドクをやっているものです。理学部出身です。 端的にいえば、1,2,3のどれも基礎医学研究はできます。 ただ研究者になりたい、研究で飯を食いたいということでしょうか? その場合は、まず間違いがないのはどれも茨の道であり、 かつ正解はありません。人によってどれにするかあると思います。 しかし、客観的にどうしようもない事実を書き込みさせていただきます。 まず、医師免許ですが、研究においての有益性はほとんどありません。 医学部の場合に限ってですが、最終的に教授になるときに、 審査する他の教授から「医師免許がないと・・・ねぇ」ということはあるかもしれませんが、准教授以下にはなんのアドバンテージはないです。 そもそも、准教授どころか、任期のないポストに就くのが難しいのですから、こと基礎研究について医師免許の有用性はないと私は断言します。 私の研究室は教授は医者ですが、准教授以下、すべて理学部農学部出身です。 1,2についてですが、医学部の6年間では研究のスキル、実験のスキルは全く身につきません。理学部で言うところの3年生程度です。 つまり卒論を書いた4年生に比べて、実験はできないです。 まず、私が言いたいことの1番目です。 「医師免許は研究に関係ない。また、医学部を卒業した時点での実験スキルは0である」ということです。 また、最近の研究職は任期があるのがほとんどです。ポスドク、助教はもちろんのこと(任期2~5年)、准教授や教授ですらそうである場合があります。 任期があり、もうひとつ重要なことは、「年齢制限がある」ということです。ポスドク、助教はほとんどが35歳までしか雇ってもらえません。 これが私の言いたいことの2番目です。 「年制制限がある」 次に、ポストを渡り歩くためには業績=論文が必要です。通常は博士課程~ポスドク、助教の間に論文を稼ぎます。 そして、次のポストを狙うわけです。もしも、業績=論文が稼げないと次のポストはありません。任期があるポスドクですら、博士課程のうちに2~4本論文を書いておかないとなれないです。 これが私の言いたいこと3番目です。 「業績を上げないとポストは得られない」 さて、この3つの事実を併せて考えてみた場合、どうでしょうか? 年齢を逆算した場合、 1の場合最短で26歳から実験のイロハを学び始め4年で学位取得、この時点で30歳です。 2の場合は、28歳です。 3の場合は学部4年生~修士2年~博士3年(医学研究科は4年であることろもある)、この間実験をして論文を稼ぐことができます。 そして、博士取得時点で27歳です。 わかりやすく書くと 0からのスタート30歳の1番目 0からのスタート28歳の2番目 頑張り次第で業績を稼いだ27歳からのポスドクの3番目 そして35歳までの修行可能期間でさらに高見へ、次のポストを得るために・・・。 どうでしょうか? しかしながら1,2はもしも研究をドロップアウトした場合、 医師としてやっていくという保険があります(実際医師として途中からやっていけるかは私はわかりませんが)。 他にも似たような質問がありましたので、参考までに。 ​http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3907233.html​ ​http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3906249.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 医学部以外から医学研究科博士課程に進む際の進路について

    将来脊髄小脳変性症の治療の研究をしたいと思っている高2です。 医学部にいく学力はいまのところありません。今は医学部以外の進学を考えています。最終的には医学系研究科の博士課程に進む必要があると思うのですがどの学部を選択すればよいか悩んでいます。 今考えているのは次のとおりです。 1.理学部(生物学)→医科学修士課程→医学系研究科博士課程 2.理学部(化学)→医科学修士課程→医学系研究科博士課程 3.農学部(生命系)→医科学修士課程→医学系研究科博士課程 4.工学部(生命工学系)→医科学修士課程→医学系研究科博士課程 5.薬学部(4年制)→医科学修士課程→医学系研究科博士課程 6.薬学部(6年制)→医学系研究科博士課程 7.獣医学部→医学系研究科博士課程 1~7のうちどれが一番希望をかなえやすいでしょうか? 脳や神経にかかわることなので生物学を学ぶべきかと思うのですがネットで調べたところいい話を聞きません。そこで理学部の化学系も考えていますがやはり生物系のが良いでしょうか?また理学部、農学部、工学部(生命工学系)、薬学部ではどれが一番良いでしょうか? 6,7は薬剤師や獣医師の資格が取れるので、この道は厳しいと聞きますし、もし挫折した時や安定した暮らしができなかったときに役立つかと考えました。今からそんなことを考えるのはどうかとも思いますが、どうでしょうか? しかし、あくまでも挫折した時にどうではなく一番研究する際に有利な選択はどれかを教えてください。上記以外の進路のが良い場合はそれを教えてください。 また、高3次の教科選択が迫っています。理科は「物理・化学」か「生物・化学」の2通りあり生物学系に進む場合以外は「物理・化学」が一般的だと言われました。私は生物系の進学も考えているのでそれによりどちらを選択するか決まります。なので、どの学部にするか早く決めなければなりません。 よろしくお願いします。

  • 医学研究者になるには医学部か生物系か。

    私は今、国公立の生物系学部を志望している高校2年です。 将来は医学研究者になりたいのですが、 やはり生物系の学部より医学部の方がいいのでしょうか? 生物系は就職が厳しいと聞きました。 医学部ならば卒業と同時に医師免許の受験資格が得られますよね。 それにやはり医師免許を持っていたほうが研究者としても有利だと聞きました。 そういう意味では医学部のほうがいいかなと考えてしまいます。 ただ、医学部へ進学するとなると学費が高く、 これ以上親に負担はかけられません。 薬学部や生物系の学部卒業後に医科学修士課程か医学博士課程に進学する手もあると聞きました。 そちらの方がやはり学費は安いのでしょうか? どちらに進学すべきか迷っています。 詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスよろしくい願いします。

  • 医学系の博士課程について

    医学系の博士課程には、 「医学部出身者(医師免許取得者)しか進学できないコース」 がありますか? No.545040(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545040) にも参考になる回答がありますが、ここでは 「医学部の大学院博士課程でも、他学部の修士から進学できます。 (ただし、臨床系でなく、基礎医学に限られると思いますが。)」 というふうに書かれています。 つまり、臨床系の博士課程の全部あるいは一部は、 医学部出身者にのみ開かれたコースとなっていて、 他学部出身者では進学できないようになっているのでしょうか? 東京大学大学院医学系研究科・医学部のホームページ (http://www.m.u-tokyo.ac.jp/) で大学院入試案内の項から募集要項を見ると、 「博士後期課程学生募集要項」では 出身学部を問わず、修士課程修了者を募集しているのに対して、 「医学博士課程学生募集要項」では 医学部卒業者に準ずる者を募集しているようです。 こちらには、他学部卒で修士課程を修了していても 進学できませんよね? いろいろ見てもよくわからなかったので、教えてください。 どうぞよろしくお願いします。

  • 学部→大学院への進学について

    普通は学部4年→修士2年→博士3年ですね。 医学部、歯学部、獣医学部は学部6年→博士4年ですね。 では普通学部4年から医学系大学院への進学はどうでしょうか? 学部4年→医学研究科博士4年でいいですか? 学部4年→医科学修士2年→医学研究科博士4年ですか? というのは、最近医学部大学院には学部4年卒のひとのための医科学研究科というのがあるみたいで・・。しかし医学研究科博士の募集要項をみると「医学部など6年生の課程を修了したもの、医科学修士、もしくはその他の修士の学位があるもの」さらに「学部4年を卒業して進学する同等の学力のあるもの」とありました。つまりこれって学部4年でも院試を通ればOKということですか?

  • 医学研究科修士課程

     今年、医学研究科修士課程を受験しようと思っているのですが、2chの掲示板などを見ると入学者の悲惨な運命ばかりが書いてあります。  私は医学研究者になりたいのですが、実際に医学部修士課程を取っている方はどのくらい研究職についているんでしょうか?  ご存知の方や、実際に進学した方教えてください。

  • 国公立大学の医学部を卒業して、医学部の基礎の研究者として大学教員になるには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか?

    私は、国公立大学の医学部の基礎の研究者(常勤)になりたいと思っています。それは、医学の基礎研究に興味があることはもちろんですが、研究者は身分が不安定な職業という実感があり、臨床もできる医師は生計を立てながら研究できる可能性もあると思っているからです。そのためには、医学部を卒業したら、研修医を経て、大学院で博士課程を修了することになると思います。その後なのですが、出身大学(あるいは別の国公立大学)の医学部の基礎の教官(常勤)には、医学部出身ということで確実に(または、どれくらいの割合で)なれるのでしょうか?また、希望する専門の研究室にも行くことが可能なんでしょうか?あるいは、基礎の医学部の研究室では、他学部出身の教官も多いようなので、他学部の研究室と同じように、ポスドクとしてどこかの研究室で研究する期間を経た後、業績によってなれるかどうかが決定されるのでしょうか?医学部の基礎の教官(常勤)になる条件が、他学部の教官(常勤)になる場合と同じ条件になってしまうのであれば、医学部は難関なので、他の学部も検討しようと思っています。

  • 物理学が大好きな文系学生の進路について

    次のどちらの進路がいいと思われますか? (I)医学→物理学よくばりコース 2019年 27歳 北海道大学医学部医学科入学 2025年 33歳 同大学同学科卒業→学士₍医学₎、医師国家資格 2025年 35歳 京都大学大学院医学研究科医学専攻博士課程入学 2029年 39歳 同大学院同専攻卒業→博士₍医学₎ 2029年 39歳 東北大学理学部物理学科入学 2033年 43歳 同大学同学科卒業→学士₍理学₎ 2033年 43歳 東京大学大学院理学研究科物理専攻修士課程入学 2035年 45歳 同大学院同専攻卒業→修士₍理学₎ 2035年 45歳 東京大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程入学 2038年 48歳 同大学院同専攻卒業→博士₍理学₎ 2038年 48歳 医師として働きながら最先端の物理学を趣味で学んで生きて行く (II)物理(素粒子実験)一撃コース 2018年 26歳 東北大学理学部物理学科入学 2023年 30歳 同大学同学科卒業→学士₍理学₎ 2023年 30歳 東京大学大学院理学研究科物理専攻修士課程入学 2025年 32歳 同大学院同専攻卒業→修士₍理学₎ 2025年 32歳 東京大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程入学 2028年 35歳 同大学院同専攻卒業→博士₍理学₎ 2028年 35歳 アカデミックか民間の異業種に滑り込んで研究者または開発者の末席を汚して生きて行く

  • がん細胞・免疫学の研究

    将来、がん細胞や免疫学の研究をしたいと考えています このような質問は以前もあったと思いますが、 自分で質問するのが一番だと思ったので質問させていただきます。 (1)まずがん細胞や免疫学の研究をするなら 医学部・薬学部・理学部(生物系)ならどこでもいいのでしょうか? がん研究センターや大学の医学研究所などに入りたいなら 上記のどの学部でも研究できる というのを目にしました(調べました) それは本当なのでしょうか? ちなみに臨床医になるつもりはありません (2)そしてセンターに勤めたりする研究者になるには 大学院の博士課程でなければいけないのでしょうか? 修士課程ではいけないのでしょうか? (3)研究するなら留学も考えています。留学する際も修士課程ではなく、博士課程までとらなければいけないのでしょうか? 博士課程まで取った方が修士より良いことは承知の上で質問させていただいています。 しかし修士から留学したり、修士から研究センターなどに行くことは可能か不可能か知りたいのです。 (1)(2)(3)の質問にご回答願います 一つの質問にしか答えられない方の回答もお待ちしております この質問が多くの方の目に触れ、詳しい回答、的確な回答が多くいただけることを願います。 よろしくおねがいします。

  • 大学の研究者というのは魅力的ですか?

    理系は修士課程までいくのがお決まりみたいになっています。そこから大学の教員になりたい人は博士課程に進学するという流れだと思います。学部生の僕が言うのもなんですが、博士課程に進学するのはいばらの道だと思います。実力がないと生きていけない世界に足を踏み込むのはかなりの賭けだと思います。僕の研究室にも博士課程の先輩だけでも15人はいるのですが、みんながみんな助教になれるとはかぎりません。ポスドクのままで歳をとっていく人も多くいます。教授は、才能がない学生には博士課程進学は諦めさせて修士卒で就職させれば幸せな人生が送れると思うのに、自分の手伝いをさせるために博士課程に進学させているように思えます。  大学の研究者というのは魅力的なのでしょうか?

  • 医学科・獣医学科卒業者の大学院進学について。

    めったにいないかもしれませんが、医学科や獣医学科の卒業者が医学・獣医学以外を専攻するために大学院に進学するとき(例えば文学研究科や工学研究科)、やはり修士(もしくは博士前期)課程からの入学になるのでしょうか? 医学科・獣医学科の卒業者は医学士・獣医学士でも、一般の修士に準じた扱いをされると聞いた事がありますが、そうすると医学科・獣医学科などは学部卒業者でも博士後期課程から入学できるのでしょうか? 教えて頂ければ有難いです、宜しくお願いします。