• 締切済み
  • 困ってます

吸光度を用いたDNA濃度定量法について

DNA溶液のAbs=260nm、280nm、320nmの波長を測定し、DNAの濃度定量を行ったですが、Abs260/Abs280の値が1.7より低く、DNAの純度があまり高くありませんでした。この場合、従来の吸光度計算(Abs260の値×50 ug/ml×希釈倍率)で精度の高いDNA濃度計算結果が得られるのでしょうか? DNA純度が低い場合の吸光度でのDNA濃度定量法があれば教えてください!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数8823
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3
  • MIYD
  • ベストアンサー率44% (405/905)

>PCRによって増幅した約700bpのDNA断片 PCR産物であれば、残ったdNTPやプライマーなどがあるので、吸光度では全く定量性がありません。 カラム精製すれば、大分ましになるでしょうけれども、目的外のバンドがあった場合にはそれも測定してしまいます。 (アガロースゲルではシングルバンドでも、PAGEで見ると非特異なバンドが多数見えることがあります) 濃度の簡単な定量法は、濃度が既知の適当なマーカー(λ/HindIIIなど)をいっしょに流し、そのバンドの濃さから見る方法です。 もし、バンドの濃さがマーカーの濃さの範囲から外れるようであれは、希釈系列を作って見ます。 コダックのソフトというのがバンドのintensityを測ることが出来るのか分かりません。 例えば、画像として保存して,NIH Imageで定量することが出来ます。 ただ、今回のような目的であれば、目で見てどのバンドと同じ濃さなのかを見たほうが早いし、その精度で十分なはずです。 >僕の研究室のプロトコール 実験の目的は、そのDNA断片がライゲーションされたベクターを作ることですか? それとも、研究室のプロトコール通りの操作をすること自体が目的なのですか? 役に立たないプロトコルに従っていると、無駄な実験をすることになりますよ。 100ng分位をアガロースゲルで流して切り出し(収率50%で50ng) ↓ 制限酵素処理してもう一度切り出し(収率50%で25ng) ↓ ライゲーション で、例えば1ng分のインサートがライゲーションされて5ng分位のベクターが出来れば、普通にトランスフォーメーション(10^8cfu/ug)すれば理論上は10万個以上のコロニーが取れます。 ライゲーションされたのが1pg分であっても、100個以上のコロニーが取れます。 5ugを用意するのであれば、PCRを50ul分もすれば増やせるでしょうけれども、 こんなたくさんのDNAをきれいに電気泳動するためには幅の広いコームのゲルを用意しないといけませんし、回収の手間も試薬代もかかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

吸光度で測定する場合に、プライマーやdNTPの存在は無視していました。吸光度でPCR後のDNA断片を定量することは相当DNAの純度が高くないと難しいということですね。あと、ライゲーションに関してはPCRで増幅したDNA断片がライゲーションされたプラスミドを作ろうとしています。ライゲーション方法に関してのアドバイスも参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 濃度と吸光度の関係の問題です。

    次の問題の解き方を教えてください。答えは(a)3mL(b)4.4ppmです。 銅メッキ廃液中の銅濃度を原子吸光法により定量するために、高純度の金属銅0.1000gをできるだけ少量の硝酸に溶解し、蒸留水で希釈して正確に1Lとして保存用標準溶液を調整した。その溶液を用いて銅の検量線作成用1.00、3.00、5.00、7.00ppm標準溶液を調整し、それぞれの吸光度およびメッキ廃液の吸光度を測定した結果を表1にまとめた。 a)3.00ppm検量線用標準溶液100 mLを調整するためには何 mLの保存用標準溶液を必要とするか計算してください。 b)銅濃度と吸光度の関係から、検量線を作成してください。 c)銅電気メッキ廃液の吸光度が0.113であった。廃液中の銅濃度を求めてください。

  • 吸光度から濃度を測定

    吸光度から濃度を求める問題が分からなくて 波長が260nmで吸光度が20ODの溶液1ml中には約1mgの溶媒が含まれている 吸光度200nmの時の溶液1ml中には何mgの溶媒が含まれているか? と言う問題なんですけど、 どうすれば解けるのでしょうか?

  • 吸光度計を用いたDNAの純度

     吸光度計を用いたDNAの純度は、A260/A280が1.8~2.0で高純度となり、<1.8だとタンパクなどの不純物の存在が考えられると色々な文献で目にします。  それでは、>2.0の場合はどのように考えればよろしいのでしょうか?  260nmは核酸の測定波長で、280nmはタンパクの測定波長だということはわかります。>2.0ということは、核酸の値がタンパクの値より高いということになりますが、これは高純度と評価しても良いのでしょうか?1.8~2.0という範囲なので、高すぎても高純度とは言えない理由があるのではないかと思いますがわかりません。  ちなみに測定値は ・260nm:0.061 ・280nm:0.027 でA260/A280は約2.2となりました。 回答よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#246619

No.1の方のおっしゃる通りで何を測ろうとしているのか不明なので回答はできませんがその他アドバイスを書きます。 不明なものが混入しているサンプルで精度の高い定量ができるわけがない。 →再度、精製して再測定すればよい。 塩基組成の偏りでAbs260/Abs280の値がそう見えているだけのこともある。 →3点測定しただけでは何が起きているか判別できない。220-320nmのスペクトルを測定するとその形状から判断できることがある。 そもそも精度の高い定量が必要な実験なのか? →実験の内容によって気にする必要がないかもしれない。むしろ純度が低いことが問題になるかもしれないが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答が遅れてすいません。実際に吸光度を測定したサンプルはPCRによって増幅した約700bpのDNA断片です。このDNA断片は今後制限酵素処理し、その後インサートとしてベクターとのライゲーションに用います。なのでDNA量が多い方がいいです。僕の研究室のプロトコールではDNA量は具体的には5μg分ないと制限酵素処理に使えません。

  • 回答No.1
  • MIYD
  • ベストアンサー率44% (405/905)

プラスミドやゲノムDNAを測定しようとしているのでしょうか? そもそも吸光度はモノマーのDNAでも検出していますので、精度は低いです。 目的のDNAを測定したいのであれば、電気泳動をして見るのが一番簡単です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答が遅れてすいません。実際に吸光度を測定したサンプルはPCRによって増幅した約700bpのDNA断片です。電気泳動で目的のDNA断片が得られたことを確認できるのですが、その場合定量はどういうふうに行いますか?僕はMacのコダックというソフトを使用しています。

関連するQ&A

  • DNA,RNAの吸光度(濃度)測定について

    よく核酸の濃度測定をするのですが,測定の際いつも240nm~320nmの吸光度のグラフを確認しています. そこでお聞きしたいのですが, (1)普段は260nmで核酸の吸光度がピークに達し,きれいな山型が描かれますが,時折,240nmの値が高めで右肩下がりのグラフになってしまうことがあります.280nmの吸光度が高いのは蛋白が混入しているものと認識しているのですが,260nm以下の領域が高くなる時はどういったことが考えられるのでしょうか. (2)それともう一点,吸光度の比『A260/A280値』で,純度が高ければDNAは1.8,RNAは2.0で,当然蛋白が混入すれば比は1.8未満になるのは理解できるのですが,特にRNA濃度の測定の際,比が2.2近くになる事があり,それがどういう意味を持っているのか知りたいと思っています. どちらか一方でも構いませんので,ご存知の方がおりましたら分かりやすく教えていただきたいと思っています.よろしくお願いいたします.

  • 吸光度から・・・

    今回実験でラクトアルブミンの吸光度を測定しました。 測定条件は以下の通りです。 ・200mlの牛乳から中和上清164mlを得た。その中和上清のうち30mlを用いてラクトアルブミン(0.18g)を塩析させて取り出した。 ・実験により得られたラクトアルブミン(0.18g・湿重量)を蒸留水で2mlにメスアップ。 ・その2mlのなかから0.2mlとり、5mlに希釈した。(25倍希釈) ・その5mlをA280で吸光度を測定した。 ・測定結果は ピーク時の吸光度 280.8nm = 0.279  でした。 ※実験書によると、280nm付近でピーク吸光度が1の時のタンパク質の濃度を1mg/mlであると仮定して、タンパク質の定量をせよ。 とあります。 このような条件で、中和上清30mlあたりのラクトアルブミンをどのように計算したらよいのかいまいち解りません。 ただ単に、吸光度より、タンパク質濃度0.279mg/mlだから・・・・×30??? でも何かおかしいですし・・・ それとも希釈したから、0.279mg×25 で、さらに吸光度に使用したのは溶液2mlの中の0.2mlだから ×10・・・ 0.279mg×25×10で中和上清30mlあたりのラクトアルブミン量??? 考えていると余計に訳解らなくなってしまって・・・ どなたか教えてください。 ヨロシクお願いします。

  • 吸光度とDNAの純度

    260nmの吸光度/280nmの吸光度の比で、なぜDNAの純度が分かるのですか? 誰か教えてください。

  • DNA 吸光度測定について

    先週DNA抽出を行い、純度と濃度を測るため,吸光度測定を行いました。ブランク等の設定は先生がやっていたのでそこは正確だと思います。自分の抽出したDNAの吸光度を測定してみると、a320が負の値になっていました。何故でしょうか。因みに値は-0.001です。

  • 吸光度のついて

    Lowry法により、BSA溶液を用いて、タンパク質の定量の実験を行いました。そこで、吸光度を測る際、750nmの吸光度を水を対照として分光光度計で測定したのですが、「750nm」という値は、実験により、青色に呈することに関係するのでしょうか?吸光度についてよくわからないのでよろしくおねがいします。

  • 吸光度 溶液 希釈

    50mlの溶液Aは、吸光度(650nm)が100μlを10倍希釈して計測したところ1.32でした。溶液Aを1000mlの溶液Bに希釈したいと思いますが、溶液Bの吸光度(650nm)が0.01から0.05の間となるようにしたいです。計算方法を教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 吸光度によるプロテアーゼ活性測定について

    プロテアーゼ活性についていまいち理解できないので教えて頂きたいです。 今回、ヘモグロビン溶液に、5μg/ml、10μg/ml、15μg/mlに希釈したペプシン溶液を加え、TCA溶液で反応を止めて、遠心分離してできた上澄み液の吸光度を測定する実験でした。 また、それぞれの濃度には1本のブランクを用意し、ヘモグロビン溶液にあらかじめTCA溶液を加えておき、そこに各濃度のペプシン溶液を加えて吸光度を測定しました。 教本に「反応液の吸光度からブランクの吸光度を差し引いた値がプロテアーゼによって遊離してきたアミノ酸量に相当する。 反応液中のTCA可溶性物質(遊離したアミノ酸)の280nmでの吸光度0.001の1分間あたりの変化が1単位に相当する。 1単位=280nmでの0.001の吸光度変化/1分間」と書かれており、 プロテアーゼ活性を計算しなくてはならないのですが… そもそもプロテアーゼ活性とは何なんでしょうか…。調べはしましたが、文献に載っておらず、いまいち理解できませんでした。 それから、例えば、吸光度が 反応液:0.830 ブランク:0.339 の場合、単位は何単位になるのでしょうか? 回答下さると助かります。宜しくお願いします。

  • 吸光度と濃度の関係

    試料Aと試料Bがあり、それぞれの濃度、450nmでの吸光度 750nmでの吸光度が与えられています。 A+Bでは濃度は未知、450nm,750nmでの吸光度は与えられています。A,Bそれぞれの濃度を求めたいのですが、 どのように計算したらいいのかわかりません。 教えてください。

  • 吸光度から求める濃度について質問です

    しばらく自分で考えてみたのですが問題の意味が理解できないのです。 問(1)ある物質a(μg/ml)を含む溶液2mlと、試薬3mlを混ぜて呈色させた溶液を所定の波長で吸光度を測るとOD=bだったとする。 未知濃度の試料溶液を同様の割合で呈色させて測ってOD=cが得られた時、試料溶液中のその物質の濃度(μg/ml)をあらわす式をつくれ。 式はなるべく簡略化すること。 (2)(1)の未知の濃度試料溶液が、原試料溶液5mlを100mlに希釈し、その10mlをさらに100mlに希釈したものであったとすると、原試料溶液の濃度はどのような式であらわされるか。 式は簡略化すること。 というものです。分子量が分からないから解けないのでしょうか? 化学が苦手でどこから解いたらよいのか全くわかりません。 どなたか教えてください。お願いします。

  • プラスミドDNAを電気泳動する時と吸光度測定した時との濃度差について。

    土壌に含まれる微生物を特定する研究をしており、PCRを行うために細菌よりプラスミドDNAを取り出し、取れたか確認のために電気泳動を行いました。 ゲルは、1%のアガロースゲルを用い、ゲル作成時に使用した溶液と電気泳動の際のバッファー溶液は1×TAEを使用しました。 1ヶ月ほど前にプラスミドDNAを抽出し、電気泳動を行い、エチジウムブロマイドで染色、紫外線を当て観察すると、23000bp付近にバンドが確認出来ました。 このときの濃度を吸光光度測定で計測すると、DNAの量は650μg/mlでした。 ところが最近、前回と同じ操作でDNA抽出をしたのですが、今回の場合、電気泳動を行い、エチジウムブロマイド染色をし、紫外線を当て観察すると、前回よりもバンドの蛍光は強くなっていました。 しかし、このときの濃度を吸光光度測定で計測すると、DNAの濃度は200μg/mlまで低くなっていました。 なぜ、このように電気泳動をした時の蛍光が強くなったにもかかわらず、DNAの濃度は下がってしまったのでしょうか? マーカーの蛍光は、前回と同じように見えました。 また、このサンプルを用いてPCR操作を行う事は出来るのでしょうか? 本を調べ、アルカリや酸で加水分解されると核酸はモノヌクレオチドになり、260nmの吸光度は高分子核酸に比べて10~15%増加するという事は分かったのですが、これが決定的な原因では無いと思います。 原因の予想がつく方がいらっしゃるなら、教えていただけると幸いです。