• 締切済み
  • すぐに回答を!

吸光度から濃度を測定

吸光度から濃度を求める問題が分からなくて 波長が260nmで吸光度が20ODの溶液1ml中には約1mgの溶媒が含まれている 吸光度200nmの時の溶液1ml中には何mgの溶媒が含まれているか? と言う問題なんですけど、 どうすれば解けるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1754
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

まず、 >約1mgの溶媒 これは溶質の間違いではないですか? また、 >吸光度200nm というのもおかしいです。 200nmにおける吸光度と言うことなのでしょうか、それにしてもこれでは分かりません。 どうすれば解けるか、とのことですがまずは正確に問題を書いてください。 その上で、問題が不的確であればそれを指摘、回答可能なら回答することができますが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません抜粋して書いたため文章がおかしくなりました 丁寧に書きます 260nmでの吸光度が20ODのDNA溶液1ml中には約1mgの二本鎖DNAが含まれており 200mlにおけるDNA溶液1ml中には何mgの二本鎖DNAが含まれているか?が問題なのです

関連するQ&A

  • 吸光度から濃度計算

    本当に分からないのです 260nmでの吸光度が20ODのDNA溶液1ml中には約1mgの二本鎖DNAが含まれており 200mlにおけるDNA溶液1ml中には何mgの二本鎖DNAが含まれているか?が問題なのですけど どうやって求めるのですか?

  • 吸光度、OD数について

    ODの概念がいまいち理解できないので質問させてください。 私の知るところでは、 「1ml溶液における1cm光路長あたりのUV260nmの吸光度を意味する」 たとえば1mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0.5だった場合、0,5ODというところまでは分かります。 では、0.2mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0,5だった場合、何ODになるのでしょうか? "1ml溶液における~"という言葉に惑わされているのか、慣れない単位だからかで混乱してしまっています。どなたかご教授お願いします。

  • 吸光度を用いたDNA濃度定量法について

    DNA溶液のAbs=260nm、280nm、320nmの波長を測定し、DNAの濃度定量を行ったですが、Abs260/Abs280の値が1.7より低く、DNAの純度があまり高くありませんでした。この場合、従来の吸光度計算(Abs260の値×50 ug/ml×希釈倍率)で精度の高いDNA濃度計算結果が得られるのでしょうか? DNA純度が低い場合の吸光度でのDNA濃度定量法があれば教えてください!!

  • 吸光度と濃度の関係

    試料Aと試料Bがあり、それぞれの濃度、450nmでの吸光度 750nmでの吸光度が与えられています。 A+Bでは濃度は未知、450nm,750nmでの吸光度は与えられています。A,Bそれぞれの濃度を求めたいのですが、 どのように計算したらいいのかわかりません。 教えてください。

  • 吸光度測定の波長について

    吸光度の測定を実験でしたんですけど、 1000nmから200nmまでの範囲でしたんですけど、 なぜこの波長の範囲なんでしょうか? 吸光度を調べる時に波長が極端に高かったら低かったらいけないのでしょうか? またいろいろな文献を見て思ったんですけど 測定するときに波長が一番多いのは260nmだったんですけど、 何故260nmなんでしょうか?

  • 吸光度から求める濃度について質問です

    しばらく自分で考えてみたのですが問題の意味が理解できないのです。 問(1)ある物質a(μg/ml)を含む溶液2mlと、試薬3mlを混ぜて呈色させた溶液を所定の波長で吸光度を測るとOD=bだったとする。 未知濃度の試料溶液を同様の割合で呈色させて測ってOD=cが得られた時、試料溶液中のその物質の濃度(μg/ml)をあらわす式をつくれ。 式はなるべく簡略化すること。 (2)(1)の未知の濃度試料溶液が、原試料溶液5mlを100mlに希釈し、その10mlをさらに100mlに希釈したものであったとすると、原試料溶液の濃度はどのような式であらわされるか。 式は簡略化すること。 というものです。分子量が分からないから解けないのでしょうか? 化学が苦手でどこから解いたらよいのか全くわかりません。 どなたか教えてください。お願いします。

  • DNA,RNAの吸光度(濃度)測定について

    よく核酸の濃度測定をするのですが,測定の際いつも240nm~320nmの吸光度のグラフを確認しています. そこでお聞きしたいのですが, (1)普段は260nmで核酸の吸光度がピークに達し,きれいな山型が描かれますが,時折,240nmの値が高めで右肩下がりのグラフになってしまうことがあります.280nmの吸光度が高いのは蛋白が混入しているものと認識しているのですが,260nm以下の領域が高くなる時はどういったことが考えられるのでしょうか. (2)それともう一点,吸光度の比『A260/A280値』で,純度が高ければDNAは1.8,RNAは2.0で,当然蛋白が混入すれば比は1.8未満になるのは理解できるのですが,特にRNA濃度の測定の際,比が2.2近くになる事があり,それがどういう意味を持っているのか知りたいと思っています. どちらか一方でも構いませんので,ご存知の方がおりましたら分かりやすく教えていただきたいと思っています.よろしくお願いいたします.

  • 吸光度

    分子量536.9のβーカロテンは220nm(ε=20000)、 450nm(ε=12000)での吸収をもつ。分子量290.3のカテキンは220nm(ε=15000)での吸収はもつが450nmの光はまったく吸収しない。βーカロテンを1.0mg、カテキンを2.0mgはかりとり、エタノール100.0mlに溶解させた。次に、ここから2.00mlをホールピペットで測りとり、長さ1.00cmのキュベットにいれた。 1.βーカロテン及びカテキンの溶液中の濃度をそれぞれ求めよ。 という問題なのですが、解答がないのであっているか見ていただけますか? βーカロテン 1(mol):536.9(g)=x(mol):0.001(g) x=0.00000186254・・・mol 0.00000186254/0.1=0.0000186254≒1.86*10^-5 mol/l この数字が答えの場合、有効数字は小さいものに合わせるので3桁でいいのですよね? 2.この混合溶液の220nmおよび450nmでの吸光度はいくらになる   と考えられるか?  OD=ε*c(mol/l)*l(キュベットの厚さ、cm)  に代入して求めたいのですが、βーカロテンのεとカテキンのεを  足して考えてよいのですか?  つまり、OD=(20000+15000)*1.00*(βーカロテンの濃度+カテキンの 濃度)という式をたてていいのですか?

  • 先日、タンパク質濃度(mg/ml)の決定を行った際、

    先日、タンパク質濃度(mg/ml)の決定を行った際、 タンパク質濃度(mg/ml)=1.45OD(280nm)-0.74OD(260nm) という式を与えられました。 ただし、OD(280nm)とは波長280nmでの吸光度で、OD(260nm)での吸光度です この式において、1.45と0.74が何を意味するのか分かりません。 どなたか分かるかた教えてください。

  • 吸光度によるプロテアーゼ活性測定について

    プロテアーゼ活性についていまいち理解できないので教えて頂きたいです。 今回、ヘモグロビン溶液に、5μg/ml、10μg/ml、15μg/mlに希釈したペプシン溶液を加え、TCA溶液で反応を止めて、遠心分離してできた上澄み液の吸光度を測定する実験でした。 また、それぞれの濃度には1本のブランクを用意し、ヘモグロビン溶液にあらかじめTCA溶液を加えておき、そこに各濃度のペプシン溶液を加えて吸光度を測定しました。 教本に「反応液の吸光度からブランクの吸光度を差し引いた値がプロテアーゼによって遊離してきたアミノ酸量に相当する。 反応液中のTCA可溶性物質(遊離したアミノ酸)の280nmでの吸光度0.001の1分間あたりの変化が1単位に相当する。 1単位=280nmでの0.001の吸光度変化/1分間」と書かれており、 プロテアーゼ活性を計算しなくてはならないのですが… そもそもプロテアーゼ活性とは何なんでしょうか…。調べはしましたが、文献に載っておらず、いまいち理解できませんでした。 それから、例えば、吸光度が 反応液:0.830 ブランク:0.339 の場合、単位は何単位になるのでしょうか? 回答下さると助かります。宜しくお願いします。