• 締切済み
  • すぐに回答を!

川の側の土地

新興住宅地の川の側の土地を検討しています。 土地と川の間には道路があります。川の側の土地の考慮すべき点は過去の質問を読みました。 問題はその土地の前歴です。購入予定土地のところは、宅地造成工事の直前は畑だったらしいのですが、約15年前の地図を探し出して調べたところ、畑の以前には現在の川に流れ込む小さな川があったようです。その小さな川は今はどこにもありません。大きな宅地造成の工事を行った地区なので、土の入れ替えや盛土もしているかもしれません。 その場合、前々歴が川、前歴が畑の土地の地盤は一般的にどうなのでしょうか? 契約前に地盤調査をしていただこうと思いますが、調査の結果が良好であれば、安心していいのでしょうか? また、軟弱地盤の際、地盤改良工事を行えば、地震にも耐えうる問題のない土地になるのでしょうか? 神経質になっているのかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数299
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

畑ということなので、国営土地改良が行われたと仮定して いつ頃かわかりませんが、手持ちの資料と同じとして 工事は、へこんでいるところに切り株などを放り込んで、埋めたてて、場合によると暗渠排水管を埋めるときがありますが、砂地・瓦礫のばあにいは省略される(砂や石が排水管の代用となる)ときがあります。 この上に、土を持ち込んでブルでならして、その上に、30cmほど作つけよう土(表土)を持ってきます。 問題は、工事用の重機が入ると暗渠排水が壊れます。推移が上がって、土が水の流れに乗ってどこかに流れて行きます。 陥没が起こり(見てもわからないでしょう、地盤沈下と同じように見えますので)ます。 地震で陥没が発生しますが、対した子とはないです。それよりも怖いのが、ご近所の工事によって地下水の流れが変わって、湿地になったりすることがあります。これはすくにはわかりません。3年から5年ぐらい立って敷けている場所が次第に広がってきて木が靴場合が多いです。 それと、ぎゃくりゅぅしてくるときがあります。下流側で工事があって流れが止まって水が噴出してくるとか。 警戒水位(でしたか)よりも低いところは堤防決壊のときに水没するということも覚えておく必要があります。河川の設計が500年に1回ですから、50年連続で水害に遭わない確率は、1/10ですから、毎年日本国内のどこかで堤防が決壊していてもおかしくない確率ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 どのような造成工事を行ったのか知りたかったのですが、残念ながら見つけられませんでした。

関連するQ&A

  • 畑に新築予定・・・

    秋ぐらいに畑を1メートルほど盛土して新築予定。地盤調査もする予定ですが、昔からずっと畑で井戸もあり軟弱地盤か心配です。どうですかね?

  • 畑として登記されている甲土地から、宅地造成工事中となっている部分を

    畑として登記されている甲土地から、宅地造成工事中となっている部分を 分筆して乙土地とする場合の地目は畑である。 ということについてなのですが、造成工事中の土地は宅地として 認定できないみたいですが、建物は壁と屋根が出来たら一つの建物として登記できるのでしたよね? もし、工事中でも登記ができたら地目は宅地になるんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 川の近くの軟弱地盤の地盤調査

    この度建売(今は更地です)の家を購入することになりました。 地形により家の半分は盛土により構成されている(昔からある周りの家も同じ状態です)上、近くに小さな川があり軟弱地盤なのできちんと補強されているかが心配です。 事業主からは「盛土部分には21本の杭を打ち、今後再度ボーリング調査をします。」と杭の長さ、打ち込んだ場所などが示してある図面を見せてもらい、「盛土部分以外の場所は薬によりパンパンに地盤を固めています」との説明を受けました。 素人なのでそれ以上どのように突っ込んで良いのか分からずその話はそこで終わったのですが、やはり先方の話を聞くだけでは心配です。 地盤がきっちりしている旨の証明を役所などからもらう事はできるのでしょうか? また、地盤補強をした後にスウェーデン式サウンディング試験で再度地盤が強固になったかを調べる事は意味があるのでしょうか? どのような方法でも良いので事業主が地盤に合った補強工事をしているかどうかを知りたいのです。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 回答No.2
noname#57492
noname#57492

 業者さんは金のかかることはしません。 他の場所より地震の被害が多く出る場合は地盤に問題があります。  粘土層や砂利・砂層にそのまま盛土しているのは結構ありますね。 >軟弱地盤の際、地盤改良工事を行えば、地震にも耐えうる問題のない土地になるのでしょうか?   地震に耐える地盤改良にする必要があります。 コンクリートパイルを打ち込みます。  回答にはなっていませんが地震も怖いですがその前に台風や長雨により水害のことを考えたほうがよろしいですよ。 河川敷は先に水害にやられますよ。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 水害のことも調べました。役場のハザードマップでは浸水地域には入っていません。対岸の堤防の方が低いので、対岸に流れ込む計算のようです。追加のアドバイスもありがとうございます。

  • 回答No.1

その川は現在どこに流れているのですか。 たぶん、その造成地を造るときに川の流れを変えたのでしょうけど、そのときにどのような工事をしたのかがわかればよいと思います。 流れを変えてどこかで大きな川に合流しているとした場合、心配する必要はあまりないかと思います。 そうでなくて、その川を埋め立ててしまった場合、現在も地中でその川が流れている可能性があります。そうすると軟弱地盤になっている可能性もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 造成工事の内容は役場等で調べましたが、分かりませんでした。 小さな川はもうありません。埋め立てたのだと思います。 地中を流れている可能性は考えていませんでした。そういうこともあるのですね。

関連するQ&A

  • 造成工事うるさい

    自宅の前の畑を宅地にする造成工事が始まってます。 うちのポストに1枚造成工事をするお知らせがはいって いるだけ。家の前で2台の重機がうなりをあげてます。 工事は来年3月まで続くそうです。とにかくうるさい。 経験のある方どのように思われますか。

  • 宅地造成工事について

    宅地造成工事費の概算を行いたいのですが、 手元には盛土をした場合の資料しかありません。 (国税庁の財産評価書等)。 一般に道路に高く面している土地では、切土が行なわれると思うのですが、 その際の費用は盛土の場合と同額ぐらいが必要なのでしょうか? それとも、整地費用レベルで済んでしまうものなのでしょうか? 一般的に考えるとどうなのか、ご存知の方ありましたらご教授ください。

  • 盛り土の土地に建築

    現在造成中の土地に完成後すぐに家をたてることはやはりリスクがありますか?造成している土地は元は畑で、地盤改良しながら六メートルくらい盛り土いています。造成完了後の地盤調査でOKが出れば問題ないのでしょうか?

  • 造成工事があるときの地鎮祭

    家を新築するにあたり、造成工事(盛土工事)が入りますが、この場合、地鎮祭は造成工事の前にするものなのでしょうか。それとも、後にするものなのでしょうか。詳しい方教えてください。

  • 土地の瑕疵について

    土地購入し、先日地盤調査をしたのですが 一部常時水溜りのようになっている場所があり、 地盤自体が水分を吸収できない状況に陥っていると 言われました。素人判断ながら、高額な地盤改良が 必要になるのではないかと思っております。 ・土地購入を決めた辺りから、この水溜りのようなものがあり 気になっていたが近くに水道管があり、その漏れではないかと 思っていた。 ・この土地購入を検討している際、不動産屋に 「事前に地盤調査はしていますか?」とたずねた所 「やっていません」と返されたのですが、 土地購入を決定してから「お宅に決まらなかったらこちらで 建築物を建てるつもりだった」とJIOの地盤調査結果を出してきて 「地盤改良は必要でしょうね」と言われた。 軟弱地盤については、「土地の見えない瑕疵」に当らないと いう事例も見てきたのですが、上記の様な場合も 瑕疵に当らないものでしょうか?

  • 田んぼ横の土地

    宅地用の土地の購入を検討しています。今検討している土地はまだ造成前です。元々田んぼだったのか、何だったかはわからないのですが、すぐ横に現役の田んぼがあります。もちろん、造成時に地盤調査は行うのでしょうけれども、今後ずっと田んぼのままだった場合、田んぼから水がしみこむとか、地盤的な悪影響はないのでしょうか?

  • HMで土地と家を同時に購入するのは、どうなのか?

     土地から探して家を建てようとしている者ですが、分からないことがありますので質問させていただきます。  土地を探している旨をHMの営業さんに伝えていたころ、何件か紹介され、現状は畑なのですが、立地も広さも気にいった土地を紹介されました。    その土地はHMと関係の有る不動産屋の仲介している物件で、土地の受け渡しとしては宅地にしてから販売するとのことでしたが、受け渡しと同時に家の建築を進めるという形で、家と土地をセットで見積もりされました。営業さんいわく、ローンの手間も1回で済むからそちらの方が良いといったことを言われました。  私としては、前が畑だったため、造成してから数年置いて土地が落ち着くのを待ちたいのですが、最近の造成は凝固材を混ぜ、地質調査に基づいた基礎工事の対応を決めるので問題ないとのことした。  本当にそうなのでしょうか?また造成につきまして詳しい方は、造成の費用や期間につきましてお答え頂けると助かります。  土地の現状といたしましては、85坪で10年以上畑として使用されています。真横に大きなハイツや別のHMの家も建築されており、地盤的には問題無いとは思うのですが・・・。

  • 擁壁が高くて軟弱地盤の土地について

    南側約3m、東側約5mの高さの擁壁がある土地(約70坪)についてご相談があります。 この擁壁はL型擁壁と呼ばれるかなり強度のあるものらしいのですが、盛土なので、地盤がかなり弱いらしく隣地では、7~8mの鋼管杭での改良を行ったそうです。 このような軟弱地盤でかつ擁壁が高い土地に家を建てるのは危険でしょうか? また、安全面で、東側の擁壁のどれぐらい近くまで寄せて、家を建てることが可能なのでしょうか? 不同沈下などで、東側に倒れたりなんかしたら、しゃれになりませんよね…。

  • 土地の地盤について

    土地の購入を考えています。 昭和初期に、畑と田を宅地に造成た土地ですが、調べてみると それ以前は、周囲三辺が用水路に囲まれていたようです。 昭和初期の造成後は住宅地になり、現在も水路があったことすら 分かりません。 ただ、近隣の住宅には枯れているか否かはわかりませんが、 井戸がいくつかあるようです。 やはり、このような土地の地盤はやはり良くないのでしょうか? 土地改良も、考えていますが、予算には限りがありますので…。 ご存知の方、教えていただければと思います。

  • 地盤改良工事費は、誰が負担するのでしょう?

    もともと田んぼであった場所に造成工事をし、住宅を建築します。 瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか? そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?業者が別にいるということでしょうか?

専門家に質問してみよう