• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

父との思い出の絵本

いつもお世話になっています。 先月、父が亡くなりました。そして亡くなる数日前にふと「そういえばあたしが幼稚園に入る前か入った頃に、こんな絵本を父親に読んでもらったなあ」と思いました。 詳しくは覚えていないのですが、内容は 男の子が星を飲んでみたいと思い(だったか、病気の母親に飲ませたいと思い)、水に映った星をヒシャクで飲もうとするが飲めなかった・・・みたいな話でした。 内容のヒントが少なくて申し訳ないのですが、題名のわかる方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7418/18948)

検索でヒットしたものです。可能性の高い順で 神沢利子/山田三郎「ちびっこカムのぼうけん」理論社 http://www.bk1.jp/product/01668446 http://www.bk1.jp/product/01041961 (アニメ絵本) 君島久子/初山滋「たなばた」福音館書店 http://www.bk1.jp/product/00089115 トルストイ原作/岩崎京子/小野孝一「七つの星」女子パウロ会 http://www.bk1.jp/product/01341900

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「七つの星」でした。題名を見て思い出しました!! 本当にありがとうございます。

関連するQ&A

  • 絵本のタイトルが分かりません

    私が幼稚園の時(31から32年前のことです)に幼稚園から配布された薄い絵本(たしか、キンダーブックだったような・・・?)でした。 絵本の内容は、貧しい母と娘がつつましく暮らしていたのですが、ある夜、旅人が母と娘の家を訪ねてきて「一杯、水を下さい」と言います。 お母さんだったか娘だったかが、家にある木のみすぼらしいひしゃくで甕にくんであった水をすくって旅人にあげると、旅人はその水を美味しそうに飲んで・・・・(その後記憶曖昧)。  とにかく、そのみすぼらしいひしゃくは空へと浮かび、北斗七星になったということです。と、いうような内容だったかと思います。 どなたか、この絵本のタイトルがおわかりになる方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。 懐かしい気持ちが一杯で、ひしゃくにくまれた水のおいしそうな絵を記憶しています。もう一度、この絵本に再会できたら、とても幸福です。 よろしく御願い致します。

  • オルゴールを鳴らすと星が庭に下りてくる絵本を探しています

    25年程前に読んだ絵本です 夜、男の子のおばあさんがオルゴールを鳴らすと、空から星たちが庭に降りてきて曲に合わせてダンスをします。星たちは朝になるとまた空に帰っていきます。男の子はそれをこっそりのぞいて楽しみます。ある朝、男の子が起きてみると空へ帰らずに庭で眠ってしまった赤い星を見つけます。・・・結論を覚えていませんが、確かおばあさんと一緒に空へ帰してあげたんだと思います。 星が庭に下りてくるという世界に心躍らされて大好きな絵本でした。「おばあさんのオルゴール」だった気もしましたが検索しても見つかりませんでした。 題名がわかる方がいらしたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 「木」が倒される絵本の題名

     こんにちは。ある絵本の題名が思い出せなくて困っています。  昔、家にあった絵本で、詳しく内容を覚えてないのですが、以下にその絵本の内容を記述しますので、その絵本の題名がわかる方、ぜひお教えください。  幼稚園児(?)ぐらいの男の子が、家の近くにある空き地に立っている大木が好きなんですけど、その空き地が工事されることになって、大好きな木が倒されることになり、その男の子が悲しんで自分の宝物をあげる  たしかこんな内容だったと思います。誰かこの絵本の題名をお教え下さい。

  • こんな絵本知りませんか?

    10年以上前、幼稚園の頃に読んだ絵本です。題名を忘れてしまい、お話の内容もうろ覚えなの ですが、下記のような絵本でした。 ・男の子のパンツのお話。 ・トイレに行った男の子の脱いだパンツを猫に持っていかれてしまう(表紙も男の子がトイレに行こう としている絵だったと思います。) ・動物たちにいたずらされてパンツが大きくぶかぶかになっていく。 こんな絵本でした。お話の最後がどうなったのか思い出せず、気になっています。 今までネットや図書館で探してみたものの、見つかりませんでした。 ご存知の方がおりましたら、ご回答よろしくお願いします。

  • 「ぼく ぼくのぼく」という絵本を探しています。

    皆さん、教えてください。 35年ほど前に読んだ本で、うすっらと覚えている本の題名で 「ぼく、ぼくのぼく」という名前の絵本を探しています。 どなたが、書いたかが、わかるとうれしいのですが もしご存知の方が、おられましたら お教え板だけませんでしょうか? 絵本のストーリーは、 少年が、ある天体望遠鏡をのぞいてみると そのはるか、はるか向こうに、ある星が見えて、その星に 同じように、望遠鏡覗いている子がいて、よく見るとその子は、 ぼくだったという話です。 子供のころの覚えですので、もしかすると題名が間違っているかもしれませんが、もし、心当たりの本がございましたら、 教えていただけると何よりです。 もし、わかれば、作者、出版社等が、わかりますと助かります。 もし、ご存知が無い方で、古い絵本を扱ったいる書店をご存じないですか? 手がかりだけでも、 教えていただけるとなによりです。

  • 星の王子様にちなんだ絵本です。捜してます

    以前本屋で目にとまり読んだ絵本がありました。 題名は星の王子様のちょっとひねった感じでした。 挿絵は有名な星の王子さまの絵そのもので、その絵本のコンセプトは 逆さまでも右からでも左からでも全方向からその絵本を楽しめると いうものです。いろんな星に王子さまがいて不思議な感じに なってるものでした。 少し前のものなのですが、この本の題名とか出版社とかお分かりになる方、是非回答をお願いします。

  • 昔読んだ絵本を探しています。

    10年以上前に読んだ絵本を探しております。題名を覚えていないのですが、男の子と猫(男の子のペット)が登場する絵本でした。男の子がトイレに行こうとして脱ぎ捨てたパンツが、何かの拍子で外に出てしまいます。ペットの猫が外に飛び出していき、パンツを追いかけていく というようなかんじのお話でした。途中でカラスか何かがパンツをいたずらして、パンツがぶかぶかになってしまうような場面もあったと思いますが、確かではありません。。この絵本の詳しい内容と結末が思い出せず、ずっと探しております。もし、ご存知の方がおりましたら是非、教えてください。お願いします。

  • 絵本のタイトルを教えて下さい

    又聞きなので、絵本ではなく詩かもしれません。病で亡くなった子が、母親に向かって天国から語りかける内容です。 ・こっちに来たら、すっかり病気が治った ・もう全然苦しくないし、痛くない という内容だったと思います。情報が少なくて申し訳ありませんが、ご存じの方一報お願いいたしますm(__)m

  • 父と娘の為の本

    こんにちは。 友人の娘さんに絵本を贈ろうと思っています。 娘さんはもうすぐ4歳です。 タイトルになぜ父が入っているかというと 彼女はまだ小さいのにもう既に父親が嫌いというか 父親を見下したような行動を取っているらしいのです。 父親である彼のほうは一般的に見ても子供の面倒は よく見ているほうだと思うのですが、なぜか娘さんの ほうは都合のよい時だけ父親に甘え普段はあまり 寄り付かないという感じのようです。 そこで父親というものを大好きになれるような内容が 書かれている絵本がありましたら教えてください。 ついでに1歳くらいの男の子用の絵本もあわせてお勧めを教えてください。 予算は3千円までですのでその範囲で買えるなら 何冊でもかまいません。よろしくお願いします。

  • おばけの列車がでてくる絵本を探しています。。。

    すごく前なので題名とか思い出せないのですが、男の子が地下鉄(?)にいて変なおばけ列車が次々と通っていく…みたいな内容だったと思います。 素朴な絵本で、ストーリーも単純でした。 分かりづらい質問ですが、もし心当たりのある方おられましたら回答お願いします。