• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

絵本なんですが・・・。

多分もう23年くらい前のことだと思います。幼稚園から配られていたというか、購入していた月間絵本で、灰色の世界に住んでいた男の子が、誰かからカラー(確か、赤、黄、青だったかなあ・・・・)の風船を貰い、それぞれの色の世界に旅に出て、全部の旅を終えて灰色の世界に戻ったら、カラーのきれいな世界になっていた、って話の絵本なんですが、大好きでずっと取っておいたのですが、母にいつの間にか捨てられていました。 もう一度読みたいんです。 題名分かったら、教えてください。 確か、風船のたび、見たいな感じの題名だったんですが・・・。

noname#4727
noname#4727

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • 389
  • ベストアンサー率33% (68/202)

#1です。 私もその絵本のタイトルが分からなくて、実家にある筈だったので先日行ってきて調べようとしたら、既に捨ててしまったとの事・・確かにその本を読んだのも私が小学生くらいの頃(五年位前)の話ですし、致し方ないのはありますが、本当に残念でした。 ただ、おぼろげな記憶から「風船」は一度も出てこなかったはずなので、ご質問の内容の本とは異なるとは思います。本当にすみませんでした。 またこれもテイストが違う絵本ですが、今回実家でみかけた古い絵本で、「カラスが真っ白だった頃」という絵本も見つけました。やはり色を取り上げた絵本です。 内容はカラスが白い色をしていたときに、絵描きであるフクロウがカラスに色を塗ってあげた・・という出だしで、どの色も気に入らないカラスが怒ってフクロウに飛び掛ったときに全てのペンキ缶がひっくり返り、全ての色が混ざって塗られたカラスの姿は漆黒になってしまうが、カラスはこの色が大変気に入った。 だが、フクロウはカラスに襲われた恐怖からカラスの活動しない夜に活動(夜行性)するようになった・・という内容でした。 同じ色を扱っている絵本ということで紹介しました^^; その絵本のタイトルがわかる事をお祈りしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • 389
  • ベストアンサー率33% (68/202)

少し違うかもしれないのですが、それと似たような話の本ならば分かります。 そっちは灰色の世界に住んでいた人々が、ある絵描きに頼んで世界に色を塗っていってもらうという内容です。赤色に塗ると皆は怒りっぽくなってしまうし、青色だと悲しくなってしまうし、困った絵描きは悩んでいた時に偶然に全てのペンキ缶をひっくり返してしまいます。すると、全ての色が在るべき場所に塗装され、この世界の色ができた・・という内容でした。 ちょっと違いますね。すみませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ちょっと、私の記憶もあいまいなので、良かったらその本の名前、教えていただけませんか。 言われて見れば、そんなお話だったような気もします。 怒りっぽい、そんな感じでした! 今まで、私は勘違いをしていたのかも・・・。 宜しくお願いします!

関連するQ&A

  • 灰色の世界に色づけする絵本のタイトル

    昔、20年くらい前に読んだ絵本を探しています。 内容は 世界にはまだ色が無く灰色で あるおじいさんが黄色をつくって世界中を黄色にしたら みんなイライラちかちかしてしまった。 次に赤を作って世界中を真っ赤にしたら みんな怒りっぽくなってしまった。 次に青を作って世界中を青にしたら みんな落ち込んで暗い世界になってしまった。 最後に赤・青・黄の三色が混ざっていろんないろが出来て今の世界がある。 というストーリーだったんですがタイトルがどうしても思い出せないんです。 どなたかもしご存知なら教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

  • 色についての絵本が知りたい!

    小さい頃(1985年くらい??)、色の始まりの絵本を読んだ記憶があるのですが、ご存知の方教えてください。 絵本の内容は、まだ色が無かった時代に学者の人たちが色を発明して街に色を付けるというようなお話しでした。最初は赤、黄、青のような単色で色付けたのですが、赤→怒りっぽくなる、黄→まぶしくてチカチカする、青→悲しくなる、というように街の人がおかしくなってしまいました。最後に赤、黄、青の入った壺から色が溢れ出して混ざり合ったことで色々な色が生まれ、街がカラフルに彩られていくというような話しだったと思います。 急に思い出してちょっと気になってしまったもので。。

  • 昔読んだ絵本を探しています。

    昔読んだ絵本で、作者名も題名もわかりません。 いろんな色の風船を持った風船売りの人が出てきます。 たくさんの風船が見開きページで描かれていたように 思います。

  • 絵本を探しています

    子供の時のことなので記憶が曖昧なんですが、子供の頃…10年以上前に読んでいた 写真絵本(らしきもの)を探しています。ただ、いつ出版された絵本なのかはわからないんです; 「いろ」という題名で、赤・白・黒・黄色 といった風に色ごとに分けられた食べ物や、身近な物の写真の絵本です。作者は外国人の方で、シンプルな絵本でした。 どんな情報でもかまいません。どうしてもこの絵本を見たいんです。 どうかよろしくお願いします。

  • 25年以上前の科学を扱った絵本です。

    私がまだ幼少の頃、両親が買い与えてくれた絵本の中にあった物です。 形状は小型の正方形の形の絵本が4冊入った絵本集のようになっており、これが確か4集あったと記憶しております。 絵本は全部で4冊×4集で16冊だったと思います。 絵本の内容は「科学」を扱っており、「ねつ」「はやさ」「てこ」他のきわめてシンプルな題名が絵本一冊一冊に付いていました。 また絵本の一冊一冊がすべて色が異なり赤・緑・青・群青・深緑等全部で16色。 とてもセンスの良い絵本であった事を覚えております。 出版元はおそらく大手の「福音館書店」ではなかったかと記憶しております。 この絵本をかなり前より探しておりまして、皆様の有力な情報をお待ちしております。

  • 風船屋さんの絵本のタイトル教えてください

    昔読んだ絵本をもう一度読みたいのですが、タイトルがわからず困っています。 ある一色しか存在しない国に風船屋さんが自分の風船を配り歩きその国に彩りを与える、というような話だったと思います。 確か黄色の砂漠の国や赤い国なんかがあったような…。 風船屋さんは淡い緑色の燕尾服のようなスーツを着ていました。 表紙は黒地に風船屋+色とりどりの風船だったような気が…! あやふやな記憶で申し訳ありませんが、ご存知の方がいましたら回答よろしくお願いします。

  • 子供のころ読んだ絵本を探しています。

     25~30年くらい前に移動図書館で借りた絵本を探しています。タイトルはうる覚えで、「はいいろのまち」か「ねずみいろのまち」だと思ったのですが、そのタイトルでは本屋さんや図書館のデータベースでひっかかったことがありません。  内要は、昔世の中には色がなくて街や人々はみんな灰色だったのですが、染物屋(ペンキ屋?)さんがある日赤色を発明して、町中を赤く塗ったら、皆が怒りんぼうになっていしまい、「こりゃいかん」ということで別の色を…と、青色を発明し、町中を青にしたら、皆が暗~くなってしまい…、黄色に塗ったら、人々が狂ってしまい…、結局いろんな色ができて町中を色んな色に染めたら皆がハッピーになりました。というような内要です。御存じの方がいらっしゃったらすごく嬉しいです。教えて下さい。

  • 絵本を探しています

    1970年代の絵本なので、ご存じの方がすくないかもしれません・・・ 真っ黒なネコが3匹、赤・黄・白(だったと思います)のチューリップが印象的な絵本なのです。 病床の母に元気になって欲しいので、タイトルだけでもご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 昔見た絵本のタイトル  4~5年前

    私が小学3年~4年の頃に図書室で読んだ絵本なのですが、戦争の話だったと思います。 絵はふつうのキャラクター【人でも動物でもない。】です。 なんか、谷みたいなところがあって、そこに確か赤?の生物が 村を作ります。みんな幸せに暮らしていました。すると黄色い生物がやってきて、赤い生物の村の隣に村を作りました。 ここからはとても曖昧。確か・・。黄色が赤の村に入ってきたような・・・。逆かも・・・。隣に村をたてたことで怒った赤は村の周りに塀を作りました。黄色も。 そこへ今度は青い生物が来て、また村を作りました。 で、赤の村には水があったのですが黄色と青色の村にはなくて、 取り合いになりました。それで戦争になり生き残った赤い生物が何か言って・・・。うぅーん思いだせない。 明確に覚えてるようで、たぶんデタラメが多いかもしれません。 ただ絶対こうだったとはっきりいえるのは・・・。 赤・黄色・青の動物でも人でもない生物が出てくる。 戦争になる。 ということです。 長年なんだったのか悩んでいます。 教えてください

  • クリスマスの絵本の題名

    もう手元になくなってしまったのですが…。 15年くらい昔に母に読んでもらった記憶のある本で、全ページ、オレンジと黄色の配色で、クリスマスの夜を描いた絵本があるのですが、題名がわかりません。 この本の名前を知っている方はいらっしゃいますか?