• 締切済み
  • すぐに回答を!

この絵本を探しています!

私が幼稚園の頃(20年前)に読んでいた絵本を買いたいのですが絵本のタイトルが思い出せずに困っています。 20年以上前の絵本です。 子どものくじらのお話で私のイメージの中では、深い青、夜、金色(黄色?)のくじらの絵、母子の話、星になる(?)…というのはなんとなく覚えているのですがタイトルが全然思い出せません。少し悲しいお話だった気がします。 大人になった今、もう一度読み直してみたいと思っています。 どなたかご存知の方いませんでしょうか? よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

かこさとしさんの「かわいいきいろのくじらちゃん」ではないでしょうか。下記URLのあらすじに思い当たるところはありますか?

参考URL:
http://www.felissimo.co.jp/bp/v1/cfm/story100.cfm?REQNO=2962

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早い回答ありがとうございます! あらすじ、読みました。私の記憶していた部分とかなり一致しています!さっそく取り寄せてみたいと思っています。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 色についての絵本が知りたい!

    小さい頃(1985年くらい??)、色の始まりの絵本を読んだ記憶があるのですが、ご存知の方教えてください。 絵本の内容は、まだ色が無かった時代に学者の人たちが色を発明して街に色を付けるというようなお話しでした。最初は赤、黄、青のような単色で色付けたのですが、赤→怒りっぽくなる、黄→まぶしくてチカチカする、青→悲しくなる、というように街の人がおかしくなってしまいました。最後に赤、黄、青の入った壺から色が溢れ出して混ざり合ったことで色々な色が生まれ、街がカラフルに彩られていくというような話しだったと思います。 急に思い出してちょっと気になってしまったもので。。

  • 絵本を探しています

    30年くらい前に読んだ絵本をずっとネットで探していますが見つからず質問させていただきます。 内容は人間が夜の山を歩いていると手のひらサイズの五角形?の星が道に落ちています。その星には顔があります。 人間がその星を踏んでしまい星の頭の部分(五角形の1角)が折れてしまいます。人間がその星を持ち帰って折れた部分をくっつけるように包帯を巻いてあげます。星の頭に包帯、のイメージ。 その後のストーリーはほとんど覚えておらずリハビリ中に星が夜の街を飛び回っていた気がします。 どなたかタイトルその他、ご存知の方がおられましたら情報お願いいたします。

  • 絵本なんですが・・・。

    多分もう23年くらい前のことだと思います。幼稚園から配られていたというか、購入していた月間絵本で、灰色の世界に住んでいた男の子が、誰かからカラー(確か、赤、黄、青だったかなあ・・・・)の風船を貰い、それぞれの色の世界に旅に出て、全部の旅を終えて灰色の世界に戻ったら、カラーのきれいな世界になっていた、って話の絵本なんですが、大好きでずっと取っておいたのですが、母にいつの間にか捨てられていました。 もう一度読みたいんです。 題名分かったら、教えてください。 確か、風船のたび、見たいな感じの題名だったんですが・・・。

  • 絵本探してます。15年前くらいに読んでた絵本です。

    絵本探してます。15年前くらいに読んでた絵本です。 もらいものの絵本だったので15年よりももっと昔の絵本かもしれないです。 縦横10センチの大きさで、青・赤とあとなにかひとつ色(たぶん緑)の3冊がセット になってピッタリの白いケースに入ってました。 絵はほんわかしてました。線がハッキリしたやつではないです。水彩とか色鉛筆使った雰囲気(詳細覚えてませんorz)です。 色遣いが綺麗な感じでした。 青の本の内容だけ覚えてます。 ・サンタさんのあとを追いかけるパジャマ少年のお話なのですが、 サンタさんの袋に穴があいていて、なかに入っているプレゼントがひとつひとつ落ちていきます。 サンタさんは気づかず歩きます。少年はそれを拾いながらサンタさんを追いかけますが、サンタさんは歩くのが早くて追いつけません。 やがてサンタさんは袋が軽くなっているのに気づきあわてて後ろを向くと、少年が手にどっさりプレゼントを持って立っていた。 最終的にひとつプレゼントもらえたよーみたいなお話だったと思います。 どなたか心当たりないでしょうか?

  • 絵本探してます。15年前くらいに読んでた絵本です。

    絵本探してます。15年前くらいに読んでた絵本です。 もらいものの絵本だったので15年よりももっと昔の絵本かもしれないです。 縦横10センチの大きさで、青・赤とあとなにかひとつ色(たぶん緑)の3冊がセット になってピッタリの白いケースに入ってました。 絵はほんわかしてました。線がハッキリしたやつではないです。水彩とか色鉛筆使った雰囲気(詳細覚えてませんorz)です。 色遣いが綺麗な感じでした。 青の本の内容だけ覚えてます。 ・サンタさんのあとを追いかけるパジャマ少年のお話なのですが、 サンタさんの袋に穴があいていて、なかに入っているプレゼントがひとつひとつ落ちていきます。 サンタさんは気づかず歩きます。少年はそれを拾いながらサンタさんを追いかけますが、サンタさんは歩くのが早くて追いつけません。 やがてサンタさんは袋が軽くなっているのに気づきあわてて後ろを向くと、少年が手にどっさりプレゼントを持って立っていた。 最終的にひとつプレゼントもらえたよーみたいなお話だったと思います。 どなたか心当たりないでしょうか?

  • 灰色の世界に色づけする絵本のタイトル

    昔、20年くらい前に読んだ絵本を探しています。 内容は 世界にはまだ色が無く灰色で あるおじいさんが黄色をつくって世界中を黄色にしたら みんなイライラちかちかしてしまった。 次に赤を作って世界中を真っ赤にしたら みんな怒りっぽくなってしまった。 次に青を作って世界中を青にしたら みんな落ち込んで暗い世界になってしまった。 最後に赤・青・黄の三色が混ざっていろんないろが出来て今の世界がある。 というストーリーだったんですがタイトルがどうしても思い出せないんです。 どなたかもしご存知なら教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

  • 昔読んだ絵本のタイトルが知りたい

    1970年頃に家にあった絵本で今はもうないのですが、どうしてもタイトルが思い出されないので、教えてください。ストーリーは断片的なのですが、たしか主人公は男の子(確かではない)で、お話の場面が次々に変わります。確か白い馬が出てきて、大きな鯨が出てきて、鯨の背中を島だと勘違いしていたような話です。とても少ない情報ですが、思い当たる絵本をご存知の方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 昔に読んだ絵本について

    6年以上前に読んだ絵本を探してます。 核戦争の話で、老夫婦が出てきます。 老夫婦は爆弾が落ちる前に防空壕を作って避難するんですけど結局、被爆して二人とも死んでしまうというお話しです。(多分……) 絵は『星の王子さま』や、『スノーマン』のような、優しい絵でした。ビデオにもなっているそうです。 今のところこの話を知ってる人が私と私の彼氏しかいません。みんな知らないそうです。 その絵本について少しでも知っている人がいましたら、なんでもいいので教えて下さい。 よろしくおねがいします。

  • 絵本のタイトルを教えて下さい

    おじさんが、ハンドルをくるくる回してしゃぼんだまを 作るお話なのです。 思い出せるのフレーズは 『ぷわ、ぷわ、ぷわん』 『しゃぼんだまおじさん またね またね』 位でしょうか。 20~24年程前の絵本だと思います。 やわらかいタッチの絵、きれいな色のしゃぼんだまが印象的です。 確か、『しゃぼんだまとんだ』というようなタイトルだったと思うのですが・・・定かではありません。 小さい頃ずっと大事にしていた絵本だったので、 ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • 絵本のタイトルがわかりません

    五年前くらいに読んだ絵本のタイトルがわからなくて困っています。 あらすじは、主人公がロッテルダムに旅行に行って、 その旅行先で出会った野良犬との触れ合いを描いたものでした。 表紙はおそらく黄色だったと思います。 お心当たりのある方は、是非ともタイトル教えてください。