• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

流体解析(ナビエ・ストークスでベナール対流の非定常解析)について

連続の式,Navier-Storksとエネルギー方程式をHSMAC法にてベナール対流の非定常解析をしていますが、困っています。二次元、縦横比8:1の長方形領域にて、左の加熱面付近が”振動”しているようなのです。これが原因で非対称となり、時間が発展すると渦が奇数個になってしまいます。離散化はEular陽解法、移流項は一次風上差分、拡散項は中心差分を行っています。2次元の移流拡散方程式(移流項は中心差分)の安定条件は満たすようにDTを決めています。どうればよいでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1394
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • bob
  • ベストアンサー率50% (52/103)

私自身は流体やったこと無いんでHSMAC法とかベナール対流とか細かいことは分かりませんが、こういうケースは理論式、計算アルゴリズム、プログラミング、計算条件(初期値、境界条件など)など、いろいろな段階での原因が考えられるので当事者以外がそう簡単に答えられるものでもないでしょう。 とりあえずできるだけ単純な問題でのテストをしてコードの正当性を調べるとか、差分格子を細かくしてみるとか、初期値を変えてみるとか、いろいろ試した結果とともに研究室の人と相談するのがいいと思います。普通 DTは安定条件より1~2桁厳しくしていたような気がしますが、それは大丈夫ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答が遅れて大変申し訳ございません。安定条件を計算して、それよりも小さくしたら、結果としてはうまくいきました。一桁厳しくするだけで、計算時間は10倍ほど増えました。経験が必要なようです。

関連するQ&A

  • 反応拡散方程式の定常解について

    反応拡散方程式 dU/dt = f(U,V)+ΔU dV/dt = g(U,V)+ΔV (fとgは非線形な関数でΔは空間1次元のラプラシアン) には、条件が整えば空間的に非一様な定常解(時間変化しない解) が存在します。 このような空間非一様性を満たす定常解 0 = f(U,V)+ΔU 0 = g(U,V)+ΔV をノイマン境界条件のもとで数値的に求めようとして、 ラプラシアン(Δ)を離散化した次の連立方程式 0 = f( U<i>, V<i> ) + [U<i+1>-2U<i>+U<i-1>]/h^2 0 = g( U<i>, V<i> ) + [V<i+1>-2V<i>+V<i-1>]/h^2 (i=0~N) をニュートン法で解いてみました。 結果、 初期値(u(x)とv(x)の形)によってはまぐれで空間非一様な定常解らしき状態に収束することがあるのですが、ほとんどの場合発散してしまうか、一様な解(u(x)=0,v(x)=0)に収束してしまいます。1000回ほどランダムに初期値を変えて試行したところ空間非一様<らしき>解に収束したのはたった数回でした。また、離散格子点を多くとった場合(例えばN=200)には、まったく収束しなくなりました。直感では、初期値さえうまくとれば収束しそうな気がしたのですが、、 質問:  上の反応拡散方程式のような非線形連立偏微分方程式の定常解を、数値的に求める手段というのはあるのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 移流拡散方程式の微分が含まれていない解を教えて下さい。

    移流拡散方程式の微分が含まれていない解を教えて下さい。 土壌中の化学物質量が、時間tが経過するとともに土壌深度xにむかって拡散、移流するのを考えています。 エクセルでどんな風に変化するのかをみたくて、 まずは拡散方程式の基本解p(x,t)=(1/√4πDt)*EXP(-x^2/4Dt)をt=0-0.1(0.01間隔),x=0.1-1(0.1間隔)で計算してみたところ、時間経過とともに拡散するグラフがかけました。 次に移流を追加してみようと、移流方程式の基本解を調べてみたもののよくわからず、 移流の式?p(x,t)=x+tをp(x,t)=(1/√4πDt)*EXP(-x^2/4Dt)に加えてみましたが、全然うまく行きません。 そして、差分法の近似解で二つを足して求めてみましたがこれもうまくいきません。 移流によってピークがどんどん深い方向に現れるはずなのですが、ピークの深度が変わりません。 直接足せばいいというわけではないのですか? (p(x,t)=(1/√4πDt)*EXP(-x^2/4Dt)+x+t とか) どなたかエクセルで移流拡散方程式を計算できる方法を教えていただけないでしょうか。 知りたいのはp(x,t)(ある時間、ある深度における化学量)です。 また、私はtを年単位(1年、2年・・・)で計算したいのですが、tを1間隔でやるとすごい数になってしまいます。 tはどうやって設定すればよいのでしょうか。 大変恐縮ですが、お力をお貸しいただければ幸いです。

  • ノイマン境界条件の球の拡散方程式の解析解について

    こんばんは。ノイマン境界条件の球の拡散方程式の解析解が必要なのですが、 WEBではなかなか見つかりません。 ∂c/∂t=D/r^2*∂/∂r(r^2*∂c/∂r) に対して、初期値c=c0、r=Rのとき∂c/∂r=a(定数)での 非定常のものなのです。 ヒントを含めましてよろしくお願いいたします。

  • 拡散方程式について

    拡散方程式について、問題を解いているのですが、理解できないところがあります。 A地点からB地点まで物質を流したとき(水中に)B地点での濃度はいくらになるか、という問題です。 U,E,S,W,xの値はわかっていますが、tの値が与えられていません。tはどのようにして求めればいいのでしょうか。移流と拡散なのでAからBまでの距離を速度で割るという考え方は違いますよね? 拡散方程式は C=W/S√4πEt×exp[-(x-Ut)^2/4Et] どなたかわかる方教えてください。よろしくお願いします。

  • 対流をエクセルで差分方程式で解くには?

    エクセルのマクロ機能を利用して差分方程式を解いています。 次のようなものの傾向をざっくり調べたいと思っていますが、モデルがよくわかりません。 原子Aが金属液相B中に適当な分布で存在しています。 (1)AのB中への拡散が非常に遅い (2)主に対流によってAがB中を移動する の2点をモデルとして一定時間後のAの分布を調べたいです。 どんな方程式を解けばよいのでしょうか? ざっくりとした傾向把握ができれば十分です。 よろしくお願いします。

  • 拡散方程式の数値計算(有限差分法)による解き方

    下記の拡散方程式を数値計算(有限差分法)で解き方について教えてください。 拡散方程式 D∂^2C(x,y,t)/∂x^2+u∂C(x,y,t)/∂x=∂C(x,y,t)/∂t 境界条件 D∂C(x,y,t)/∂x=(K/β-u)×C(x,y,t)-KC'(y,t) at x=0 初期条件 C(x,y,0)=Co at t=0 質量保存則 ∂C'(y,t)/∂y=4/vd(K/β×C(0,y,t)-KC'(y,t) ) ---------------------------------------------------------- また、可能であれば、有限差分法以外にも数値解法(有限要素法、有限体積法など)があると思いますが、拡散方程式を解く場合、どの解法が一般的に適しているのか教えてください! よろしくお願い申し上げます。

  • 反応拡散方程式の拡散項について

    反応拡散方程式の拡散項D∇^2u の意味が分かりません。 拡散係数Dとは何ですか? なぜ空間2階微分なんですか? 何を意味する項なのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 差分法

    過去にも同様な質問があったようですが、それでも理解できないのでご教授お願いします。 拡散方程式などで 境界条件が:∂u/∂x=0 となる場合、 前進差分で表すと:(u[n][j+1]-u[n][j])/δx=0 後退差分で表すと:(u[n][j]-u[n][j-1])/δx=0 中心差分で表すと:(u[n][j+1]-u[n][j-1])/2*δx=0 となります。(n,jは時間、位置の格子点) それぞれ整頓すると、j=0(左の境界点)では 前進差分:u[n][1]=u[n][0] 後退差分:u[n][0]=u[n][-1] 中心差分:u[n][1]=u[n][-1] となるのですがぁ、 本などではよく中心差分を使っているのですがこの理由がよく分かりません。 上の3つの式から:u[n][-1]=u[n][0]=u[n][1]としてしまってもよいのでしょうか? 以上2点と何かアドバイスお願いします。

  • 拡散方程式のプログラミング

    拡散方程式を種々の初期条件、境界条件の下にプログラミング化(できればfortranがいいですが、その他でも大歓迎です) まず、前回の質問たくさんの方に返事していただきました。 本当にありがとうございます!!!前回の質問を整理しました。 厚さがq(μm)、底面が気体が透過しないように設定されたペイントの表面の酸素濃度C(t)を時間幅0<=t<=t0(最大時間t0まで)周期的に変えます。 ここで、拡散方程式 σC/σt=Dm*(σC^2)/(σZ^2) C:気体濃度、Z:厚さ方向、t:時間、Dm(μm2/s):拡散係数 というのがあり、これを中心差分近似したものが、 (C(i,t+1)-C(i,t))/Δt=(C(i+1,t)-2C(i,t)+C(i-1,t))/(ΔZ^2) となります。この拡散方程式に加えて、初期条件、境界条件を以下のように加えます。 ・初期条件 (初期状態は厚さ方向に一様の真空状態) →t=0;C=0(この式は正しいかわかりません↓↓) ・境界条件 ペイントの底面では厚さ方向にて濃度が同じ。 →Z=h;σC/σZ=0 この条件を離散化したものが、 →(C(1,t)-C(0,t))/ΔZとなります。 また、境界条件といたしまして、ペイント表面の濃度変化を正弦関数C(t)=Ksin2πft (K:定数、f:周波数、t:時間) として与えます。 ここで、補足をいたしますと、 ペイント表面の気体濃度を変化させると、その表面の気体はペイントの拡散係数に応じてペイント内部に拡散します(ペイント底面は気体は透過しない)。 ここで求めたい問題は、ペイント内のある時間での気体の厚さ方向での濃度分布、かつ、その厚さ方向の濃度を合計したペイント全体の気体濃度、さらに、一番求めたいのはペイント全体の気体濃度の時間変化(0<=t<=t0まで)プログラミング化するのですが。。。 様々な方のアドバイスを聞きたくてたくさん質問しています。。。申し訳ありません。

  • 球体への拡散

    球体の内部から外部への拡散方程式はよく見ますが、球体への外部から内部への拡散の計算を見たことがありません。 外部から何かが浸透すると、内部に拡散していくに従い中心部では濃度が濃くなり拡散が終わってしまうと思うのですが、こういった計算例はあるでしょうか。 よろしくお願いします。