• 締切済み

錯体

テトラアンミン銅IIイオンに一度した後、 日にちを置くと深青色の色が薄くなってきました。 これはアンモニアが蒸発したということでしょうか? どのような原因で起こるのでしょうか? イメージでは錯体になったらそう簡単には銅イオンと分かれないように考えていたので...

noname#70342
noname#70342
  • 化学
  • 回答数2
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • pinkii
  • ベストアンサー率0% (0/0)
回答No.2

溶液中のアンモニア濃度の減少により配位しているアンモニアが水と置き換わったのだと思います。 [Cu(NH3)4]^2+ + H2O → [Cu(H2O)(NH3)3]^2+ + NH3 錯体の結合は配位結合なので簡単に着脱するのが、錯体の特徴だそうです。 どのくらい置き換わりやすいかは、錯体の安定度定数(生成定数)を調べることでわかります。

  • E-gis_hc
  • ベストアンサー率29% (42/141)
回答No.1

Cu2+ + 4NH3 →[Cu(NH3)4]2+ を化学平衡で考えてみてはどうでしょう。 溶液中のアンモニアが蒸発すると、 平衡が左に移動して、錯体が分解していく、 と考えることはできないでしょうか。

関連するQ&A

  • 銅について

    水酸化銅(II)の沈殿に過剰のアンモニア水を加えると沈殿が溶けて深青色の水溶液(テトラアンミン銅(II)イオン)にとなる。 とありますが、 沈殿が溶けて とはどういうことなのでしょうか? なぜ溶けたんですか? そして、なぜ水酸化ナトリウムを過剰に加えたのでは沈殿は溶けないのでしょうか? 教えてください。。

  • 銅の性質

    銅とアンモニアが錯体を形成したら深い青色になると思うのですが、例えば他の配因子(シュウ酸、酒石酸)と銅が錯体を形成したら、同じように深い青色になるのでしょうか??

  • 金属錯体の色の原理についての疑問です。

    金属錯体は色を持つものがある理由を調べてみました。 中心金属原子のd軌道(通常は5重に縮退)が、配位子の静電場の影響で、エネルギーの高いeg軌道とエネルギーの低いt2g軌道に分かれ、t2g軌道の電子が特定の波長の光を吸収してeg軌道に遷移することで色が見えるということで間違いはないですか? ここで、疑問が生まれました。 たとえば、テトラアンミン銅(II)イオンは濃青色を示しますが、銅原子の最外殻のd軌道は空で、遷移する電子がないのでは?という疑問です。 にもかかわらず、なぜ色が見えるのか、教えていただけないでしょうか? ちなみに高校レベルまでは理解できます。電子軌道も、基本的なことはわかります。わからない用語等はできるだけ調べます。

  • 錯イオンの配位数

    金属イオンが錯体をつくる時、配位数はその金属イオンの酸化数の倍(例えば銅ならCu2+でテトラアンミン銅(2)イオン、NH3の配位が4)ってゆ~話きいたことあるけどこれなんで?

  • 錯体、錯イオンについて

    錯体、錯イオンについて 硫酸アンモニアと硫酸第一鉄を混ぜると硫酸アンモニウム鉄(II)6水和物ができますが、なぜこのような複雑な構造をとる(とることができる)のでしょうか? また、硫酸アンモニウム鉄(II)6水和物は、硫酸アンモニウムと硫酸第一鉄の別々で存在するよりも構造的に安定というのはエネルギー的に安定なのでしょうか? お願いします

  • アンミン錯体の生成について

    初めて質問させていただきます。 大学で少しだけ化学(錯体)を学習した者です。 私が高校生の時は主に銀、銅、亜鉛、ニッケルがアンミン錯体を形成すると学習しましたが、大学では白金やクロム、コバルトなども錯形成をすると教わりました。結局のところ、アンモニア水溶液中でアンミン錯体を形成する金属にはどのようなものがあるのでしょうか。また、金属イオンに求められるアンミン錯体形成の条件とはどのようなものでしょうか。 ご存じの方がいらしたらご教授願えますよう、よろしくお願い致します。

  • 金属錯体の特有の色について

    二価の銅イオンを含む水溶液は、青色を呈するのに、どうして一価の銅イオンを含む水溶液は無色なのですか?ナトリウムイオン、カリウムイオンも水溶液中では無色である理由も気になります。イオンの電子配置と何か関係があるのでしょうか?

  • テトラアンミン銅錯イオンについて

    [Cu2+]+[4NH3]→[Cu(NH3)4 2+]で生成係数はK=1.8*10 12乗 を使い計算するのですが、1molCu2+の90%をテトラアンミン銅錯イオンにするにはどのくらいのアンモニアが必要なのでしょうか? 実験でちょうど90%のテトラアンミン銅錯イオンが必要なのですが、計算方法がわからず困っています。 計算は自分でやりますので、計算方法は教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 比色分析の実験

    実験のレポートで、「銅(II)イオンの比色分析を行うとき、アンミン錯体にする利点を銅(II)アンミン錯体と銅(II)のアクア錯体の吸収スペクトルから説明せよ。」という問題があるのですが、自分ではさっぱり解りません。どなたかご存知の方よろしくお願いします。

  • 化学I

    御世話になっております。化学Iからの練習問題についての質問です。 問 「硫酸銅水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加える場合と、アンモニア水を少しずつ加えていく場合について、両者を比較して違いを説明せよ」次のように考えてみました。 水酸化ナトリウム水溶液は強塩基でアンモニア水は弱塩基であるから、双方の水溶液中で電離している水酸化物イオンの数は水酸化ナトリウムの方が多く、その分だけ銅(II)イオンと結合し、水酸化銅(II)が生成しやすい。銅イオン水溶液は比較的濃いめの青色で、これが水酸化物イオンと結合すると淡くなる。ということは、より多く水酸化銅(II)を生成する水酸化ナトリウム水溶液の方が淡い青色を呈する みたいな感じですが、間違いや不足している点などありましたら、アドバイスいただけると幸いです。宜しくお願い致します。