• 締切済み
  • 困ってます

従来工法と高気密高断熱

従来工法と高気密高断熱、それぞれのメリット、デメリット教えてください。 ハウスメーカーと工務店のメリット、デメッリトも合わせて教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数646
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

従来工法と高気密高断熱については、No.2同様です。 在来工法で、高気密高断熱にするには、しっかりしたノウハウが必要と感じています。 高気密高断熱の定義がありませんので、高気密高断熱をうたっていても、全く高気密高断熱ではないのが多いので、注意が必要です。 南関東以西のIV地域であっても、北海道I地域のQ値(熱損失係数)が1.6W/m2K以下、C値(隙間相当面積)が0.9cm2/m2以下程度はクリアしていないと、高気密高断熱と呼ぶべきではないでしょう。 http://www.ibec.or.jp/pdf/index.htm http://www.konasapporo.co.jp/NextStandard/Index.htm これでも、仮に、35坪、平均外気温度5℃、室内温度22℃として、全館24時間暖房で一ヶ月に必要な暖房エネルギーは、大まかには次のようになると思います。 1.6(W/m2K)x35坪x3.3(m2)x(22-5)(K)x24(h)x30日=2262(kWh) 仮に、暖房をCOP=4の電気のヒートポンプ熱源(エアコンやエコキュートなどのように空気と熱交換する方式。効率が良い。)でまかなったとすれば、電気エネルギーは、この4分の1の566kWhとなります。 電気料金は、1kWh当たり\20とすれば、一ヶ月に\11320ということになりますね。 私は、IV地域で、2x6(ツーバイフォー工法で壁厚および断熱材が6インチ=約140mm)、Q値1.3W/m2K、C値0.4cm2/m2程度の家に住んでいますが、断熱性能がまだまだ足りないと感じます。出来ることなら、この倍程度の断熱性能が欲しいところです。 高気密高断熱のデメリットは、全く何もありません。 乾燥は高気密高断熱だからするわけではなく、少ない水蒸気量の外気を暖めれば、相対湿度は低くなることによります。 この季節の相対湿度25%程度ですが、乾燥は全く気になりません。 温暖と言われているIV地域でも、一年の内、暖房が必要な期間は、6ヶ月あります。 高気密高断熱を強くお勧めします。 人間の健康のためにも地球環境のためにも、耐震性と並んで、非常に重要な家の基本性能と思います。 ヨーロッパなどと比較して、日本の省エネルギー基準はまだまだ甘いらしいです(徐々に引き上げられてきているようですが)。 無暖房房住宅という超高断熱の家も出てきていますし、将来は、もっと高気密高断熱が当たり前になってくるのではないでしょうか。 高気密高断熱の重要性や本当の高気密高断熱、全館暖房の重要性については、下記を熟読されることをお勧めします。 http://plaza.rakuten.co.jp/kitam/ http://blog.smatch.jp/dannetu/ ハウスメーカーと工務店ですが、第三者検査をやっている建築士の方から聞いた話によれば、工務店は設計・施工の差が非常に大きいとのことです。 平均的にはハウスメーカーの方が安定しているというのが実態のようです。ハウスメーカーであれ、工務店であれ、優れたところを探す必要がありますが、工務店の方がより注意が必要ということでしょう。 費用は余計にかかりますが、選定時から第三者の建築士に入ってもらうというのが良いのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

従来工法と高気密高断熱について 従来工法=木造軸組等の在来工法としてお答えします。 在来工法と高気密高断熱は関係ありません。 在来工法でも高気密断熱はあります。 私は、最近、在来工法の高気密高断熱(外張断熱)で新築しました。 高気密高断熱のメリットは、冬は暖かいこと(以前の家と同じ室温でもなぜか寒気が少ないです)、夏も外気や日差しの熱が入らないので涼しいことです(大げさに言えば地下室に近い)。 デメリットは、冬に乾燥することです。 乾燥は加湿器等で簡単に対応可能ですので、結論としてはメリットの方が大きいと思います。 ハウスメーカーと工務店についてはANo.1の通りだと思います。 私は、地元の工務店で建てました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ha-j
  • ベストアンサー率30% (4/13)

ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリット ハウスメーカーのメリット 1、設計~施工まで全てお任せできる 2、展示場が綺麗 3、こちらがイメージしやすいノウハウがある。(CGを使った図面等) ハウスメーカーのデメリット 1、経費(展示場・パンフレット等の販促品・人件費・CM等)が   全て住宅価格に乗っかるので高い! 2、工法によっては間取りが制限される場合も。 3、少しでも高く売りたい営業マンが多いので、ローンが払えるかどう  かよりも、ギリギリまで借りれるかどうか、が主題になる。 4、昼夜問わずの営業活動・・・こちらが疲れます(〒_〒) 5、うそ臭い営業トークにゲンナリする>< 工務店のメリット 1、経費が少ないので安い! 2、地域密着型のお店なら、親身に話を聞いてくれ一緒に「家作り」   をしてくれる。 3、在来工法なので、間取りの自由度が高い。 4、密着店ならアフタフォローもしてくれる。 工務店のデメリット 1、良心的なお店を探しにくい(分からない(〒_〒) 2、デザインが古いところも? 3、施主自体が勉強をし、情報収集をする必要があるため、体力が必要 4、素敵な営業マンがいないw 5、ぶっきらぼうな面もあるw 私は個人的にアンチハウスメーカーなので、地元工務店をお勧めします。ハウスメーカーにあげてもらった見積もりもって、工務店に行ったら、半額!!なんてことも聞きますよ^^; もちろん、ハウスメーカーがいいって方もいるでしょうけど^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすいご説明ありがとうございます。 今後の参考にさせてもらいます。

関連するQ&A

  • 高気密高断熱の家

    新築を検討中です。外装内装等いろいろな面でこだわりがあるので、 地元の工務店で建ててもらおうと思っています。 耐震等級の心配はいらないようですが、ハウスメーカーが売りにし  ている高断熱や高気密が果たして工務店ではどのくらいしていただ けるのか、気になっています。ハウスメーカーは独自の断熱材を開発 しているのでしょうか? 比較しているのは一条工務店です。 よろしくお願いします。

  • 高断熱・高気密?工務店について

    土地を探している段階ですが、72坪(1680万)の場所(東向きの長方形で景観がよく、風致地区なので静か)に決めようと思っています。 職場の先輩の勧めで工務店に依頼して、土地も一緒に探してもらっているのですが、気になっていることがあります。 1.防蟻加工はしない ひのきの芯を使うので、シロアリは食べない 2.高断熱・高気密ではない 断熱論争はハウスメーカーの策略に乗せられているだけ うちは風も入るようにする 24時間喚起などしない 外断熱や高断熱ではなく施工が問題だ 3.キッチンなど抜きで坪単価60万 4.自然素材を全部ではないものの多く使う 確かにトステム大賞をとるなど、施工はいい工務店だと思っています。ただ、やはり夏はなるべくすずしく、冬は暖かい家がいいと思っています。結露もないほうがいい。そう考えたときに、この工務店の考え方がどうなのかなと疑問に思うようになりました。先輩の家はスーパーウォール工法で建てていたのですが、そうするとつぼ単価75万だといわれました。高断熱・高気密でない家がつぼ60万というのも高いかなという気もします。工務店の言っている工法はどんな特徴があるのでしょうか。教えていただけると幸いです。

  • 高気密高断熱の住宅工法またはハウスメーカー

    高気密高断熱住宅で性能の高い工法はどのようなものでしょうか?またどこのハウスメーカーのどのプランが性能が高いか教えてください。

  • 高気密・高断熱の住宅

    来年にも家を建てようかと研究し始めた初心者です。よろしくお願い致します。 先日、住宅フェアに行ってきたのですが、高気密・高断熱の住宅が気に入ってしまいました(当方北海道の東の寒い地域ですので暖かさに惚れました)。その住宅はスーパーウォール工法でした。そして私の親が家を建てた工務店でもスーパーウォール工法というのをやっていました。その工務店さんから説明のビデオを頂き今見終わったところです。 そこで質問ですが、高気密・高断熱住宅には他にどんなものがあるのでしょうか? そして、ビデオではとにかく優れているといったことを強調していたのですが、欠点は無いのでしょうか?他にお勧めがあれば是非御教授お願いします。とにかく寒い地域です(真冬の-20℃位は普通です)ので暖かくて健康的な住まいにしたいです。アドバイスよろしくお願い致します。

  • 高気密高断熱どの工法にするか?FP、SW、外断熱

    高気密高断熱住宅を建てるべく、住宅メーカー、工務店を検討中です。 FPの家、SW工法、外断熱+セルロースファイバーを施工できるメーカーがあるのですが、迷っています。工法によってC値、Q値はもちろん、住みやすさ、快適性で違いはあるんでしょうか? また、自分が話を進めているメーカーでは、値段は以下のとおり。 FP>外断熱>SW となっております。アドバイスをお願いします。

  • 断熱充填工法の通気止め

    一級建築士で自邸(木造2階+小屋裏収納)の設計を進めています。 RC以外の設計は初めてですが、高気密高断熱を目指しつつ、スペース及びコスト上の判断で、在来工法、断熱は充填工法選択しようとしております。通気止めと気密シートをしっかりと施工すれば、高気密は実現できると思われますが、本当に実現できるのでしょうか?ご意見ください。○○工法等の完成されたマニュアルを使用すると大仰でコスト高のイメージがあり、躊躇しています。 また、これら仕様を見積図に記入に合い見積で工務店を決めるつもりですが、矩計などに記載し、工務店に指示して普通に監理をすれば普通に実現するものなのでしょうか?それとも何らかの新工法などのマニュアルのようなものを用意して指示しなければ実現し難いものなのでしょうか? 工務店指定の方法も含め、ご指導いただきたくお願いします。

  • 高気密 高断熱

    高松市内で木造一戸建てを検討中です。今は大阪にいますがどのHMも高気密、高断熱で換気を言います。寒い地域ならともかく、九州や四国でもそのような家が本当に必要で造られているのかとても疑問です。暖かい地方の工務店さんもほとんどその建て方なのでしょうか?

  • FP工法の家の良い所と悪い所を教えてください!

    新築するにあたりFP工法という高気密、高断熱。を前面に出している、工務店にお願いしようかどうか考え中です。 お恥ずかしいですが、FP工法という言葉も初めて聞いたのですが、実際住んでいる方や、お知り合いで住んでいる方がいらしゃったら住み心地や金額的にどうだったかを教えて頂きたいのです。 工務店の方はとても親切で感じが良いです。

  • 断熱性・気密性の向上について

    もうすぐ上棟を目前にした、関西地方の一施主です。 ●断熱は、透湿性や防音性という利点も含め、初期よりセルロースファイバーで断熱することを考えていますが、 構造用合板とビニールクロスでは、透湿性といったSF断熱の意味が半減するのではと考え、現在高性能GWを使うことも 含め、建築家の先生に検討頂いているところです。 ●一つの選択肢としては、デコスドライ工法で、防湿層なしで構造材はダイライト・・・と透湿性を高めた案を考えていますが、 そうすると、「冬は過乾燥する室内をせっかく加湿しても外へ逃げる水蒸気量が増える、夏は冷房などでせっかく除湿しても流入する水蒸気量が増える」ということ、断熱性能自体が落ちるわけではないものの、その加湿の気化熱に必要な冷暖房費がかかることになることを教えていただきました。 ●サッシについては、いろいろ御助言をいただき、当初トステムのデユオPGだったのをシンフォニーマイルドに、 ガラスは、遮熱断熱ガラス (ただしコスト減のために伊藤忠の輸入するアメリカ製というのが少し心配) に変えました。 ●24時間換気についても集中排気型などを教えて頂きましたが、今から変更が可能なものか、時間やコストがかかるのではないか、 これから調べる段階です。 ●どちらにしましても、気密性と断熱性を向上させて、次世代省エネ基準の改正にも対応できるくらいの家にしてもらいたいと 考えています。 ●しかし、関東以西のIV地域の工務店では、きっちりとした気密性を確保したレベルの高い施工が出来るところは1割程度という話も聞きました。 ●一方、西方さんのHPには、 『簡易に気密を得るには、断熱材にセルロースファイバーを使い防湿シートをなくし、外回りのタイベックで気密をとる。 関連する工務店は実際にこうした方法で簡易に隙間相当面積1cm2/m2を切っている。』との記述があります。 http://nisi93.exblog.jp/9258399/ 現在は、この西方さんの、ボード(合板)気密工法 http://www.nisikata.co.jp/n2002/sink/002/sink002.html で気密性が確保できるのではないかという話になっていますが、実際西方さんの仰るように簡易に気密性を向上させることは可能でしょうか? そのためには、工務店にはどのようにお願いしていけば良いでしょうか? もともと、住宅性能評価を受けることも考えていましたが、最終的には話し合いで受けないことになりましたので、 どうやってチェックしていけば良いかなど、悩むところです。 ● またセルロースファイバーの外壁内壁の透湿比が1:2は必要とのことですが、 このボード気密工法で行く場合内装材等に何を使えばこの比率になるのか、あるいは1:1で行くのか、 また、コストの点も含め、全てを転換し、従来の防湿層を設けたGWによる断熱に変更するのか・・・など迷うところです。 その他、断熱・気密の向上に関することで、色々御示唆・御助言頂ければ幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 高気密高断熱の家を建てるべきか?(夏)

    今年中に住宅メーカー、工務店等と契約し家を建てるつもりです。 高気密、高断熱住宅に興味を持っていますが、勉強すれば勉強するほど分からなくなってきました。冬の恩恵は目を見張るものがあるようですが... 静岡県に住んでいます。普通の家やアパートでは真夏、クーラーなしでは厳しいです。高気密高断熱住宅にすれば、クーラーの涼しさが長く保持されランニングコストが軽減されるのでしょうか? 夏の高気密高断熱住宅のメリット、デメリットを教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。