• ベストアンサー
  • 困ってます

純文学の対義語は?

よく「この本は純文学だ」という表現がありますが、 その対義語はなにになるのでしょうか?大衆文学でしょうか? 芥川賞=純文学、直木賞=大衆文学という概念抜きで気になっています。 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1195
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

確かに難しい。 対義語は決められんでしょう >芥川賞=純文学、直木賞=大衆文学という概念抜きで… 感覚的には対義語は通俗小説と云う事になるのでしょう。 分かりやすいのは、週刊誌などで純粋(?)にSEXを主眼に置いた ものでしょう。 アニメの本(例えばガンダム)なんかも純文学とは言えない。 対義語は色々あるのでしょうが、実際に読んだ本をこの意味で分けようとすると、 いざどの読物がどちらの範疇に入るのか よく解りません。 藤沢周平とか、今、大ベストセラーの水滸伝は純文学なのですか? 純文学という規定自体が宙に浮いた、似非芸術家の自己満足だと思われてなりません。 音楽でも、絵画でも、芸術かそうでないかがあると感じます。 歴史が解決してきました。 100年後に分かるのかも。 独り言:テレビでは歌手を全て、アーティストなんて言っているアナウンサーがいますが、彼らは日本語を理解していません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき感謝申し上げます。 通俗小説という言い方はしっくりきますね。 >>音楽でも、絵画でも、芸術かそうでないかがあると感じます。 >>歴史が解決してきました。 この部分に共感いたしました。たしかにそうだと思います。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#79085
noname#79085

英語ではこうなるのでしょうか? 純文学 serious literature 大衆文学 popular literature 実は先日このカテで古典純文学の対義語として「エンターテイメント小説」なんて軽々しく書いてしまったもので、ちょっと気になり調べてみたのです。 ちなみに藤沢周平さんについて書いたのですが存命中藤沢さんが「エンターテイメント小説家」なんて面と向かって言われたら気分悪かったでしょうね、この下手な表現は今後使わぬこととします。 ああ、質問から遠く反れておりますね、御免なさい。 1の方の回答で間違いないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき感謝申し上げます。 そうですね、エンターテイメント小説という言い方がしっくり来るのですが、 なかなか純文学との対義語としては使いにくいですよね・・・。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

こんばんは。 infoseekの辞書機能で調べてみましたところ、 大衆文学・通俗文学に対して とありましたので、正しいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき感謝申し上げます。 >>大衆文学・通俗文学に対してとありましたので、正しいと思いますよ。 やはりそうなるんですよね。なかなか難しいところですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • おすすめの短篇集を教えて下さい!

    芥川賞のような純文学というよりも、直木賞のような大衆文学で、ジャンル問わずおもしろい短篇集を探しています。 ぜひ教えて頂けると嬉しいです!

  • 純文学とは何なのですか?

    文藝といえば、綿矢りささんや青山七恵さんなどの芥川賞作家を 輩出した純文学系の雑誌です(直木賞作家・角田光代さんの作品を よく掲載しているのが解せませんが)し、また、柳美里さんといえ ば『家族シネマ』で芥川賞を受賞された純文学の作家さんだと認識 しています。 ですが、文藝2007年夏号に収録されている柳美里さんの作品『JR 五反田駅東口』にはラストに(T_T)という絵文字がでかでかと 書かれています。 以前、『野ブタ。をプロデュース』が芥川賞候補になったとき 選者は『(笑)』という表現をあげつらって、まだこういう表現は 純文学では許容できない、とおっしゃっていました。(笑)という 表現は許容できないのに、絵文字は許容できるのでしょうか? それとも柳美里さんはベテランだから、何をやっても許されてい るだけなのでしょうか?

  • 芥川賞と直木賞の受賞作を毎回読んでいる方いますか?

    芥川賞と直木賞の受賞作が定期的に発表されますが、純文学と大衆文学で色合いが違いますよね。 両方の受賞作を毎回読んでいる方いますか?

  • 芥川賞と直木賞の候補作

    通例では、芥川賞の候補作は文芸誌に掲載されていることが多いのに対し、直木賞の候補作は既に単行本化されていることが多いように思います。 この違いはどのような理由・事情に起因しているのでしょうか。 個人的には、 (1)大衆文学を対象とする直木賞の候補作の方が、商業ベースに乗りやすい  (2)どちらかといえば純文学作品の方が文字数が少なくなる、換言すれば短編・中編が多くなるため、候補作1編のみでは単行本化しづらい の2点が主な理由と考えていますが、異なる点あればお教え頂きたいと思います。

  • 文学賞の格について

    お恥ずかしながら、社会人4年目にして初めて「野間文学賞」なるものを知りました。 しかも中々に権威のある文学賞のようで…… 文学賞と言えば国内では直木賞・芥川賞が認知度はツートップだと思いますが。 三島由紀夫賞、山本周五郎賞、他にもいろいろありますよね。 ノーベル文学賞は日本は勿論、世界的にも格の高い賞だと思います。 そこで皆さんに教えて頂きたいのですが、 文学賞を権威や品格が高い順に挙げて欲しいです。 ひとえに文学賞といってもいろいろジャンルがあると思うので 純文学・大衆文学・ミステリーなど分けて頂いても構いません。 また、海外の文学賞なども教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 純文学?

    純文学ってなんですか?漠然としたことしか分かりません。芥川龍之介は純文学作家なんですよね?「鼻」とか「羅生門」とか。あと、今年の芥川賞候補の小説を読んだんですけど、純文学って目的がないって言うんでしょうか?何をいいたいのか良く分からないところがあります。めでたしめでたしとか解決もあまりないし。 一体純文学ってなんなんですか?

  • 純文学と小説の違い

    こんにちは。 最近の純文学と小説・大衆文学との違いが少ない気がするのですが、 それは、私にその違いをわかる能力がないからでしょうか? 例えば、芥川賞は純文学の新人作者に与えられる賞ですが、 (最近のノミネートされた作品も含め)それぞれ違いはありますが、 芸術的な文学か?と考えながら読んでいくと、 たまに違うような気がしています。 何となく芸術作品と言うよりは、大衆的な作品にも近いような・・・ (多くの人に読まれている(=売れた)大衆小説との大きな違いが見えない) 上の様に思うのは、私の芸術をわかる能力がないからでしょうか? 純文学と小説・大衆文学の 大きな違いはどのようなことでしょうか? 芸術ある文学は、どう言った点が優れ、どの様に芸術が表現されているものなのでしょうか? それとも、最近は純文学も大衆文学もそれ程差がないのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 芥川賞と直木賞

    こんにちは。 最近本を読むようになったんですが、よく本の帯などにナントカ賞受賞!とか書かれているのを目にします。 そんな文学賞の中でも芥川賞と直木賞って特に話題性だったりが高い気がするんですけど、文学賞の中で最も権威がある賞って何ですか? 私は勉強不足なもので芥川賞、直木賞ぐらいしか知らないのですが、その他にも権威がある賞などもわかりましたら是非教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 「直木賞」の直木さんとは・・・・

    こんばんは。 つい先日、芥川賞・直木賞の発表がありましたね。 芥川賞といえば「芥川龍之介」、国語の教科書にもその作品は載っています。 で、直木さんと言うと「直木三十五」だと知ってはいるのですが、読んだ事がありません。 私の不注意でしょうか、本屋でも見た事がなく、彼の作品に対しての話も聞いた事がありません。 大衆作家だったらしいのですが、「直木賞」ほど有名でないようですね。 現在「直木」だけ一人歩きし、彼の作品が見当たらないのはどうしてでしょうか。 またこの機会になにか読んでみたいので、お薦めがあれば教えてください。

  • 芥川賞と直木賞どちらが上?

    これまで芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞だと思っていましたが、「20ほど前から直木賞が上になっている」という意見もあります。 本当なのでしょうか?直木賞どまりである作家も最終的には芥川を狙っている(というよりか、それも欲しい)と思いますが…。 もし違っていたらご指摘ください。