• 締切済み
  • 困ってます

タイトルをご存知ですか?

だいぶ古い映画なのですが、管制官の物語でした。 主人公は白人男性で、管制官の時に判断ミスで乗客を死なせてしまいその事が原因で仕事を続けられなくなる。空港に侵入してきた人達に占領されてしまう事件が起き、飛行機を空港に着陸させられなくなってしまう。着陸予定の飛行機はどんどん増え、他の空港に行く燃料の余裕は無く、上空で旋回し燃料が無くなるまでの間にどうにか事件を解決しなくてはいけないという内容でした。主人公の男性は優秀な管制官だったらしく、乗客を死なせてしまった判断もやむをえない判断だったと思います。悪いやつらを退治した後に待機中の飛行機を着陸させる方法で複雑な計算を主人公が解いた時、仲たがいしていた男性が計算の間違いを修正してくれるシーンが印象的でした。 どなたかタイトルご存知ですか?ずっと探しているんです・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数1
  • 閲覧数65
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • jugger
  • ベストアンサー率58% (3249/5586)

「乱気流/グランドコントロール」でしょうか。 ちょっと自信はありませんが、下のサイトでご確認ください。

参考URL:
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/rinz/kieferap/K_Ground.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これです!! この映画、緊張感がすごく伝わってハラハラドキドキするんですよね。 本当にありがとうございました。さっそくツタヤに行ってきます!

関連するQ&A

  • 逆バミューダ現象、35年間も飛び続けた飛行機??

    先日テレビで見たのですが、バミューダ海域で突然行方不明になった飛行機が、35年後にブラジルの空港に突如現れ管制塔の指示に従わず勝手に着陸しその機中を調べれば乗客は、白骨化した死体だったそうなのですが・・・ちょっと信じられません。この飛行機の機体は、その後どうなったのでしょうか?いったいどういったことが考えられるにでしょうか?誰か教えて下さい。

  • この映画のタイトルをご存知でしょうか

    小さい頃航空機パニック映画が大好きで、ビデオやテレビ放映された物をよく見ていました。 エアポートシリーズなど、この種の映画がたくさんあったため、 内容がごちゃまぜになっています。 1)高所恐怖症の医師が乗客にいる映画 2)乗客として戦争のトラウマを持つパイロットがいる→この人が飛行機を着陸させる 3)手術のために移動する病気の少女が乗客にいる これらの映画は、同じものかもしれませんし、違う映画なのかもしれません。 もしご記憶の方がいらしたら、タイトルをお教えください。

  • 羽田空港への進入方式

    映画の「ハッピーフライト」に管制の画面が見えたのですが、羽田空港へ進入してくる飛行機はすべてレーダー誘導(管制からの誘導)で着陸してるんですか?シュミレーターゲーム内にも出てくる「VOR」と呼ばれる物が使えなくてもレーダーさえあれば着陸できるのでしょうか? ふと疑問に思いました。

  • お台場のフジテレビから海を見ていると次々に旅客機が飛んできますが・・・

    お台場のフジテレビから海を見ていると次々に旅客機が飛んできますが・・・・ まるで山手線なみの頻度で次から次へと飛んできます。 フジテレビに近づいてぐいっと横っ腹を見せて旋回したかと思ったら、すぐ後ろに次の飛行機が見えます。 と思ったらもっと沖にはさらに次の飛行機が飛来しています。 あんなにどんどん飛んできて、もしも一機が着陸失敗したらどうするんでしょうか? よく、「上空で待機する」とか聞きますが、あんなに次から次へ飛んできたら、上空が飛行機だらけになってしまうと思いますが。 羽田の代わりに成田に行くんでしょうか?

  • 洋画のタイトルがわかる方いますか。

    飛行機がハイジャックか、何か事件が起こるかで、最後、若い高校生か大学生役みたいなわりときれいな女の子が、管制塔の言う事を聞いて操縦かんを握る、、、までははいかなかったかも、、、か、犯人を倒す、かとにかくぎりぎりで解決、着陸でハッピーエンド、みたいな洋画だったと思うんですが、タイトルがまったくわかりません。 情報が少なくてすいません。わりときれいな映像で洋服も今だったので、古くても90年代後半、でもきっと2000年代。 飛行機ものをどんどん検索するつもりなので、何かわずかでもわかる方、また、違ってもいいので飛行機ものであれば題名をどんどん書き込んで頂けたらありがたいです。 情報が少なくてすいません。

  • 国内線の航路と羽田空港の着陸について

    年に2~3回は国内線を使う者です。先日、金沢に出張でその後、小松空港から帰ってきたのですが、およそ45分で到着とアナウンスされましたが、結局70分ほどかかりました。羽田空港の混雑が原因だと思いますが、地方から戻ってくる時はよくあることだと思います。 不思議に思ったのは、羽田に直線的に飛ぶのではなく名古屋をかすめ、そのまま太平洋に出て、伊豆半島の先端(石廊崎沖)を迂回し、房総半島も通り越してから旋回し、東京湾上に戻ってから滑走路に突入というコースを取ったことです。混雑で、千葉上空で時間をつぶすことはわかりますが、相当な遠回りをしているのはどうしてなのでしょうか? もうひとつ、羽田の着陸はいつも混んでいて、一機が着陸したと思ったら、もう次の機が着陸態勢に入っていますが、あんなに頻繁に着陸を続けているということは、千葉上空で着陸待ちをしている飛行機がたくさんいると思いますが、どのように安全が保たれているのでしょうか?

  • 旅客機の飛行許可を出す航空管制官は複数ある?

    旅客機の飛行許可を出す航空管制官は複数ある? 私は旅客機の飛行許可や飛行指示は、搭乗地と目的地の管制官からのみ受けると理解していました。しかし、人から、日本の上空を飛行する際には、上空を管轄する管制官の領域内を飛び、各管制官から指示をもらう必要があると聞きました。果たして本当でしょうか?例えば、ソウル成田間では、静岡などの管制官が管轄する上空を飛び、静岡の管制官の指示に従って運行する必要があるとか。 また、ソウル発成田行きの飛行機が能登半島上空を過ぎて、福島を迂回することは天候不順であったとしてもありえますか(普通は静岡上空を飛ぶはずですが)?

  • 飛行機の墜落

    旅客飛行機には空中給油装置はついていないのかな 戦闘機ですとSF映画では、上空で給油が知られています 事前にたりていないのが予想できていたといわれています 着陸直前でないと燃料が無くなりそうだと気づけないのでしょうか 宜しくお願いします。

  • 映画のタイトル

     数年前BS1で見た映画です。ちらっと見ただけでほとんど覚えていないのですが、大体のあらすじは以下の通りです。  飛行機に乗っている最中眠ってしまい、起きてみると機内の乗客が眠っていた数人以外みんないなくなる。その後空港に着いても何か様子がおかしい。空港には誰もいないし、食べ物の味も全くしない。しばらくすると、パックマンみたいな黒い物体が多数やってきて空港等をバクバク食べてしまい、その後は空間が切り取られたようになってしまう。その後なんとかして飛行機に乗って逃げ出し、空の割れ目を通って元の世界に戻ろうとしますが、起きていると他の乗客のように消えてしまうかもしれない。仕方無く操縦役の男性のみを残して残りの人は酸素濃度を下げて眠る。操縦役の男性は消えてしまうが残りの乗客は無事元の世界に戻る。  所々抜けていたり、もしかすると間違っているかもしれませんが、覚えているのはこれだけです。よろしくお願いします。

  • 飛行機の離着陸のコース

    先日、茨城空港~神戸空港を往復しました。 その際、茨城空港から離陸する際は北から南に向けて離陸したのですが、旋回して茨城の北部まで達してからまた旋回して改めて南に向かいました。 また、茨城空港に着陸する際は、同様に茨城北部まで達してから旋回して南に向かい、空港を通過してから再度旋回して南から北に向けて着陸しました。 素人目には、茨城から神戸に行く際は南に向けて離陸し、そのまま南に向かっていけばいいように思うし、着陸の際も、南からそのまま空港に着陸すればいいように思うのですが、どんな事情があるんでしょうか。 茨城空港は自衛隊百里基地と共用していることがあって何か制約があるのでしょうか。それとも、法律で決められた空路があって制約を受けているのでしょうか? あの大きな旋回は、なんだか燃料の無駄遣いのようで、気になって仕方がありません。真実はどういう事情なんでしょうか?