• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この映画のタイトルをご存知でしょうか

小さい頃航空機パニック映画が大好きで、ビデオやテレビ放映された物をよく見ていました。 エアポートシリーズなど、この種の映画がたくさんあったため、 内容がごちゃまぜになっています。 1)高所恐怖症の医師が乗客にいる映画 2)乗客として戦争のトラウマを持つパイロットがいる→この人が飛行機を着陸させる 3)手術のために移動する病気の少女が乗客にいる これらの映画は、同じものかもしれませんし、違う映画なのかもしれません。 もしご記憶の方がいらしたら、タイトルをお教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数130
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

小生も「大空港」を観てたいへん気に入り、いわゆる「エアポート」もの観続けてきました。「エアポート’75」「’77」「’80」までは劇場で公開されたようですが、それ以降にテレビで放映されたり、DVD化されたりした作品は観ておりません。 さて、お尋ねの作品名ですが(1)と(2)には“全く記憶にございません”ので、小生の観ていない作品のようです。 問題の(3)については、小生も記憶しています。この作品は「エアポート’75」だと思います。“ロスへ難しい腎臓の手術を受けに行く少女ジャニス・アボットにリンダ・ブレアが扮しています。ちなみに、彼女は「エクソシスト」の少女役で有名でした。 他の作品のストリーについては、“キネマ旬報映画データーベース”を参照して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうでした!リンダ・ブレアでしたね!! 思い出しました。 また、キネマ旬報映画データーベースをお教えいただいて、そこから あっちを見たりこっちを見たりしていて、個人のサイトですが (1)と(2)は「恐怖のエアポート」であることが判明しました。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • ---映画の題名について教えて!---

    謹賀新年!! (本年もよろしくお願いいたします・・!!) 映画の事に関して質問させて頂きます。 お分かりであればご教示頂きたいのですが・・!? 多分、米国の娯楽映画になると思われますが・・!? 1980年代頃(・・かな??)の作品だと思われます。出演俳優の名前等分からないので、自分で調べる縁もなくストーリーもうろ覚えで断片的にしか記憶しておりません。 航空機のパニック映画だったように記憶しています。(エアポート○△・・!?の様な比較的有名な作品ではなく、所謂1話完結の「娯楽ドラマ」)の様な内容だったように思います・・! 断片的に覚えているストーリーは・・・、 確か大学生(・・!?)だった男性主人公が帰省か何だかのため、目的地に向かう飛行機(確かボーイング707クラスのジェット旅客機だったような気が・・!?)に乗客として搭乗し、機内の様子などを伝えていく感じでストーリーが進みます・・! 途中、機内食が提供され、コクピットにいた機長、副操縦士以下大半の乗客たちがこの機内食を食べることになります・・! ・・が、大学生の主人公は、出された機内食は食べずにいました。 ・・ところが、その機内食が原因で食中毒が発生してしまい、不運にも機長以下コクピット内の乗務員も倒れてしまい、旅客機の操縦が不能になってしまうという形で進んでいきます・・! 偶々機内食を食べずに食中毒を免れた大学生主人公が、専攻学問が確か機械工学科だか何だかの理由でコクピット内に呼ばれてしまいます・・! 初めのうちは、辛うじて機長から指示を仰ぎながら機体の操縦が出来ていたのですが、容態が悪化して途中から操縦指示が出せなくなってしまいます・・! そして、操縦指示の出来なくなった旅客機の危機を打開しようと、急遽、引退した元ベテランパイロットが管制塔に呼ばれて、この旅客機と管制室との交信が始まります・・! ストーリー展開としては、この大学生主人公と管制室から指示を出す引退した元ベテランパイロット(この俳優さんも主役扱いか!?)との交信のやり取りの時間に充てられ、この大学生主人公によって無事に旅客機を空港に着陸させるまでを描いた作品です。 映画の終わりの方で、この大学生主人公と管制室から操縦指示を出した元ベテランパイロットとが見えて握手する場面があったような・・!?? もしお分かりのようでしたら、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 高所恐怖症、閉所恐怖症とかの〇〇恐怖症って心の病気

    高所恐怖症、閉所恐怖症とかの〇〇恐怖症って心の病気だと自分は思っているのですが、身体的な病気じゃなくて、精神的なやつなので治すことって難しいですよね? 自分も前に、海外のグロい映画を見てから血液恐怖症なんですが、治すって言ったら、耐性を付けるだとか慣れるようにするとかなんでしょうけど、血なんか絶対に見たくありませんし。(何故か自分のは見れる)

  • 航空機は高速走行時に急ハンドルとか可能?

    映画「エアーフォースワン」にて、航空機が着陸した後に、高速で急に曲がったりするなど急ハンドルで(?)管制塔への衝突を回避するシーンがありますが、実際の航空機(A380等)では時速300キロの速度で急に曲がったりする等の急ハンドルみたいなことは可能なんでしょうか? パイロットの方、回答のほうお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • ultraCS
  • ベストアンサー率44% (3956/8946)

コメディなんだけど、ギャグ映画の金字塔「フライングハイ」(Airplane)に似ています。 (2)と(3)は完璧に当てはまります。 (2)機長と副操縦士が倒れてから着陸させるのは、PTSDに悩むテッド・ストライカー(ロバート・ヘイズ)と元恋人のスチュワーデス(ジュリー・ハガティ)ー、あと風船人形のオートパイロット (3)心臓移植をする少女が登場していました。 機長がレスリー・ニールセン、副操縦士がLAレイカーズのカリーム・アブドゥル・ジャバー、この二人が機内食にあたって操縦不能に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 フライング・ハイは私も大好きです。 あれは全編パロディなので、たぶんその「ネタ元」なのだと思います。

  • 回答No.1
noname#128261

こんにちは。 (2)と(3)が当てはまる映画で「ランゴリアーズ」というのがあります。 「キャリー」や「シャイニング」のスティーブン・キング原作です。 目が見えなくて、手術のために飛行機にのった少女。 元妻の訃報を聞き、悩みをかかえてのっているパイロット。( 着陸させるのはこの人です ) 高所恐怖症ではないけれど、仕事で大金を損失し、精神的に壊れてしまっている人が乗っています。 ストーリーはこんな感じ。 (飛行機ものというより、SFものです) 離婚した妻の葬儀へ向かうため、乗客として飛行機に乗っていたパイロットが、うたたねのあと気がつくとほとんどの乗客が姿をけしてしまう。  機長も乗務員もいない。 残っているのは数人の乗客のみ。 話していくうちに、彼らの共通点は、ぐっすり眠っていたということだと分かる。 最寄の空港に緊急着陸するが、そこも無人だった。 やがて、過去の時間にとじこめられたことに気づき、必死に脱出しようとするが、一人の客が発狂して暴れ始める。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうこざいます。 SFではなく現代の話なので、ご提示いただいたお話ではないようです。 でも、この映画も面白そうですね。探してみようと思います。

関連するQ&A

  • 催眠術かけようか悩んでいます(長文です)

    以前、TVで彦摩呂が話していましたが、「小学校の遠足のときバス酔いする子供たちを先生が教室に集めて催眠術をかけた。その中に自分もいたのだが、大人になった今もロケで船に乗っても酔わない」ということです。 その先生が解かなければ一生かかったままなのでしょうか? また、車酔い、船酔いとは三半規管とかの問題?!で体の不調から酔ってしまうのを 催眠術で矯正してしまうものだと思うのですが、無理が生じて後々体に異変が表れないのでしょうか・・・? 私も車酔いしやすかったり、また、吐く事に抵抗があり他の人が吐いていたり 吐きそうな人をみたら、ダッシュで逃げてしまうくらい「吐く」ことに恐怖を感じます。(自分も具合が悪くなります) また、高所恐怖症もあるため、飛行機も乗れません。もし 吐いてる人がいたら逃げれないし。。。 トラウマがあるのか分かりませんが、生涯共にする相手や子供が生まれたら看病できるのかなとか不安になります。こういうことが自分の中から無くなればそれだけでストレスが無くなってすっきり出来そうなのですが。。 車酔い、吐くことへの抵抗感、高所恐怖症というのは催眠術で改善されるのでしょうか?

  • 生まれ変わりを信じますか?トラウマと前世

    私は何かの宗教に入っているわけではありませんが、 直感的な、感覚的なもので生まれ変わりを信じています。 誰しもトラウマ的なものがあると思うのですが、 そのトラウマが実際に体験したことではないものの場合 現世ではなく前世に体験したものなのではないかと思うのです。 私はとある事柄に物凄く恐怖を覚えます。 それに関する言葉や、文章を見るだけでも眩暈・吐き気を催し 本当に深い絶望の中に放り出されたような、そんな感覚があり、 そのことが頭から離れなくなります。 最近、生まれ変わりや前世の記憶や生前記憶にすごく興味を持っているのですが、 こういったトラウマは実は前世からのものなのではないかと思うのです。 例えば高所恐怖症の人は高い所が関係する状況で死んだ・殺されたとか、 閉所恐怖症の人は狭い場所で死んだ・殺されたとか、そういったことです。 前世の生まれ変わりに確信を持つ方や また真逆で絶対に無いと確信を持っている方など、 どんな方でも構わないのでよかったら意見を下さい。

  • エアポート(空港)系のアメリカのSF映画またはドラマ(旧いです)

    もう20年以上も前の映画作品(もしかしたらドラマ)を探しています。 何度か日本のテレビでも放映され、わたしは少なくともこの20年で3回は観ています。 内容は、大空港を飛び立った大型機が、飛行中に何人かの乗客とパイロットが睡眠を取っており、睡眠から目覚めてみると大半の乗客が消えてしまっている、という内容です。 事故ではないため、とりあえず飛行機は目的の空港に到着しますが、空港にも誰も人がおらず、シーンとしています。 残された乗客とパイロットは、元の空港にもどろうとまた飛行機に乗り込み離陸します。 パイロット役の1人が、「今生き残っている乗客は、すべて睡眠をとっていた。この空間を過ぎるとき、眠りについていれば、また元の世界に戻れるはずだ」と、飛行機を自動操縦に切り替え気圧をわざと下げ、全員を眠らせて元の世界にもどる、という内容です。 主役のパイロットは、俳優のリー・メジャース(600万ドルの男)に似ていましたが、彼なのか彼ではなかったのかは、記憶にありません。が、その人も有名な俳優でした。 この映画の記憶がある方、タイトルはわかるでしょうか。

  • 高所恐怖症の逆は何症?

    誰に話しても「何それ?」と言われ、ちょっと気になったので質問させて頂きます。 題名の通り、高所恐怖症とは逆の症状なのですが、地面に立った地点から高いものを 見上げることができません。 例えば、高層ビルのような建造物・デパート等の吹き抜け・体育館のように高い天井等。 空もずっと見つめていると恐怖心が出てきます。 何というか、吸い込まれるような感じがして足が竦んでしまうのです。 ただ、誰かにしがみ付いてならチラッと程度には見れるのですが…。 この話をしても、呆れ笑いをされたり信じてくれなかったり…。 そんなに珍しい症状なのでしょうか? 確かにTV等でも見たり聞いたりしたことはありませんが。 知人には「そう思い込んでいるだけ」とか「トラウマになったきっかけじゃない?」と よく言われるのですが、初めてそう思ったのは物心ついてからですし、何かトラウマに なるような出来事があったわけでもありません。 このような症状はなんという名前になるのでしょうか? それとも、これはそもそも恐怖症にはならないのでしょうか? 生活に困るレベルではありませんので、さほど気にしなくてはいいのですが 何となく気になったため、同じ症状をお持ちの方、または様々な症状に詳しい方からの お話を伺えたらと思っています。

  • ランタオ島の天壇大仏とディズニーランド

    年末年始に夫婦二人で香港に行きます。 私は3回目の香港ですが、前2回は香港に詳しい先輩のお供だったのと、もう5年以上前の事なので、どうやってどこを見て回ったのかあんまり記憶がありません。 ビクトリアピーク、レパルスベイ、スタンレーマーケット、男人街、女人街等、ガイドブックで見てここは行ったな~と思い出しています。 今回は、行った事がない場所も見てみたいので、ランタオ島の天壇大仏と、ハートスートラに行って、その後ディズニーランドに行きたいと考えているのですが、一日で回るのは可能でしょうか?ちなみに12月30日の夜に香港に到着して、大晦日の朝早く起きていこうかと思っています。 あと、私は高所恐怖症なのですが、大仏様の近くまで行くには、ゴンピン360のスカイレールが一番早いのでしょうか?バスとか、他の手段があるならそうしたいです。高所恐怖症と言っても、観覧車やスキーのリフトは乗れる程度ですが、スカイレールは写真で見てちょっと恐怖を感じたので心配です。 もうひとつ、多分インファナルフェアだったと思うのですが、香港の映画で見た金ピカの仏像がたくさんある山のような所の名前をしっている方がいらっしゃいましたら教えてください。ここはガイドブックで見つけることが出来ないので、もしかして香港じゃないのかもしれませんが。。。宜しくお願いします。

  • 恐怖症???

    初めまして。私は、25歳の女性です。 私は、大きな音と、光りがダメなんです。具体的に言うと、花火、運動会のピストルの音、クラッカー、雷、犬の鳴き声・・・。いきなりこんな音を聞くと、とてもびっくりして、恐いんです。小さいときに、何かトラウマが・・・?と考えてみましたが、思い当たることはないです。ただ,私は覚えてないけれど、小さい時に犬にかぶられそうになったことがあるらしいです。 当然ながら、周りの人に言っても、「何言ってんの?信じられない。小さい子供じゃないし・・・」と、言われます。 できるだけそういうところに行く事は、避けてきたけれど、本当に真剣に悩んでいます。できたら克服したい、どうしたら克服できるんでしょうか?これは、ただ私が恐がりなだけなのか、それとも高所恐怖症のようなものなのか・・・、これから生きていく上で、避けられない悩みなのです。 つまらない悩みですが、特に夏は、近所でしている花火にびびっていて、ドキドキしてきて、気分が悪くなってきます。どうぞアドバイスをお願いします。

  • 未来の飛行機

    エアバス社が発表した「未来の飛行機」は透明な機体なんですが。。。 Airbusが2050年に向けて提案する未来の飛行機のコンセプト。 http://promostyl.exblog.jp/16471729/ ↑ 透明な機体はどんな素材で作られるのですか?何となく石油製品のプラスティックやアクリルを連想してしまいます。 それと景色が見えるのは嬉しいですが眠たい時はどうするんですか? 放射線ももろもろ浴びそうです。 紫外線も恐いですね。 高所恐怖症の人は絶対に乗れないですね笑 さすがに真下は見えないようですが、でも旋回するときなど結構足元まで見えるでしょうね。 自分が飛行機から転げ落ちそうな感覚になるでしょう。遊園地の絶叫マシンなんて目じゃないでしょうね。 乗客減りそうw みなさんなら乗りますか???

  • その昔、放映されたTV 映画のタイトルを教えて下さい

    2000年前後にNHK 又は、NHK 教育で放映された。 海外作品で、災害時の対応を数話オムニバス形式で描いた作品の タイトルを教えて下さい。 物語の背景 パニック映画の定番?彗星の衝突が原因で、異常気象に寄り世界規模 で、災害が発生して、それに携わる色々な人の立場を科学的に検証し ながら、1つのドラマ仕立てで作られた作品だったと記憶しています。 確か?全編12話のオムニバス形式で、それぞれに主人公が居ます。 主人公は… 消防士、小学校の教師、気象学者、子供づれの母親、高校生(男)、 OL、映画女優、客船の船長?、屋台の主人、民間航空機パイロット、 女医、会社員(日本人男性)、だったと思います。記憶違いあるかも? 彗星の衝突自体は、映像はなく…その後の異常気象が舞台背景です。 日本も12話中の何話か?忘れましたが、商社マンと言う設定の男性 が主人公で出てきます。 パニック映画の極一部?人々の目線で見える範囲で物語が進行する 形式です。それぞれの主人公は、独立した話で物語が進む…他の人 との繋がりも絡みも有りません。 背景の物語は、同時進行で進みます。画面上部には、デジタル式で 時計表示されて下り、物語開始から終わりまで、時を刻みます。 こんな感じです。宜しく、お願いします。

  • 哀れな友人のための決断

    皆さんこんにちは。 毎年夏になるとテレビで戦争映画が放映されますね。 戦争映画の中で、特攻「零」という映画があります。 主演はイケメン俳優 杉浦太陽で、勇敢な特攻隊員の 役をしています。 特攻とは自分の航空機に爆弾を積み、敵船めがけて 体当たりをするという、自決覚悟の必殺の戦法のことです。 つまり特攻機の搭乗員は必ず死に至るのですが、杉浦の 仲の良い友人が、明日特攻に出撃するようになりました。 その友人は、絵の好きな、おとなしい少年ですが、容姿が 悪いため女性に好かれたことはなく、したがって童貞です。 それを哀れに思った杉浦は、出撃前に自分の彼女を 抱いても良いと、その友人に言うのですが。。。 そこで質問です。 男性の皆さんは、明日死にに行く仲の良い友のために、 自分の彼女を抱いても良いと言えますか? 女性の皆さんは、彼の希望でもあるし、かわいそうだし 友人の容姿がどうであれ、抱かれても良いと思いますか?

  • 思い出に残るミステリー

    小学校、中学校、高校、そのほか、多感だった学生時代に読んで、今でも懐かしく思い出されるミステリー小説がありましたら、3つまで教えてください。 ● 松本清張の「点と線」  小学校の頃、実家の書庫の片隅で見つけた「旅」という古い雑誌の山。手に取った一冊のその中に見つけたのが、当時連載で掲載されていたこの「点と線」、列車と時刻をテーマにしたとても新鮮なミステリーだと気に入って、それ以降も何度か読み返したものでした。 ● エリック・アンブラーの「真昼の翳」  なんとなく買ってしまったこの一冊、イスタンブールのトプカプ宮殿の宝剣を狙う一味と公安当局の両方から逃げられなくなってしまった一市民のタクシードライバー、とても面白いアクションミステリー。映画「トプカピ」の原作だと知ったのは読んでからのことでした。 ● ボアロ&ナルスジャックの「死者の中から」    元は警察官だったが、同僚の転落死を目撃したことから高所恐怖症に陥り、今は探偵業の主人公。ある日友人から持ちかけられたのは、妻が先祖返りになって挙動がおかしいから見張ってほしいという依頼内容だった。映画「めまい」の原作です。