• ベストアンサー
  • 困ってます

自律神経失調症と鬱病

  • 質問No.3677266
  • 閲覧数3879
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 61% (108/175)

こんばんは。私は24歳女性です。
以前、体の不調を訴え病院に行ったところ、内科・婦人科から「心療内科」が適していると言われました。
心療内科の先生からは「自律神経失調症」と診断され、07年夏頃より約2ヶ月通院し、症状が良くなりました。(精神安定剤と睡眠薬服用で)

ところが、最近また同じ症状が出てくるようになりました。
・不眠(毎日3~4時間睡眠)・涙が急に出てくる・いらいら感がずっとある・不安を感じる・人と会うのが億劫 などです。

仕事は営業職で、確かにストレスはかなりあると自覚はあります。
仕事柄、駆け引きが多いためか人間不信にもなっています。
幸い両親は病気に対して理解してくれています。

これからどうやって生きていけばいいのかわからないです。楽しかったことが何なのかも分からないですし・・・。
心療内科の薬は今後の人生に何らかの影響が出ないかと不安になるので、あまり飲みたくないです。(実際、睡眠薬は手放せないです・・・)
この病気は完治することはないのでしょうか?
薬以外で治る方法はないのでしょうか?
また、自律神経失調症(これは病名ではありませんが)と鬱病の違いは何でしょうか?自分はもう鬱病になっているのでは?と最近恐くなってます。

どうかお分かりの方、宜しくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 16% (1/6)

おはようございます、うつ病で通院中の者です。
現状は、ほぼ完治と医師に言われています。薬も飲まなくなって丸2ヶ月です。
今は、経過確認の通院とうつになりやすい思考(性格)の理解をしようとしています。そろそろ病院通いも終わりの予定です。肩の力を抜いて日々生活に小さな楽しさを感じる自分を嬉しく思っている状態です。

beltempo3さん、お辛い状態のようですね。不安・悲しみが文面から伝わってきます。

私が初めて心療内科に行った際に言われたのが「うつは心の風邪です。」「人は心と体で出来ているので、体が病気になるのと同じように心も病気になります。」でした。なる程な、と妙に納得したのを覚えています。病気にならないに越した事はありませんが、必要以上に過敏になる事も無いと、私は思います。私の場合は既に完治している会社の方や、親しい友人を知っているので、気にしなさ過ぎだったのかもしれませんが。

睡眠薬が手放せないとの事ですので通院中という認識で宜しいですか?先生に、今の状態やお気持ちを話されましたか?もしまだなら一度相談されては如何でしょうか。うつに限らず病気は早くから治療するに越した事はないかな、と思うからです。

さて、ご心配されている薬の影響ですが、専門家ではないのでわかりません。ごめんなさい。でも、私の場合は結婚しているのですが、服用中に妊娠は避けるように、と注意を受けた位です。(薬が抜けた後、子作りして下さいと言われました。)子供を作って良いと言われる位なので、beltempo3さんがそこまで心配なさる必要はないのかな?と感じました。

薬以外で治る方法は、これも私にはわかりません。ごめんなさい。病院行くのが手っ取り早いというか、どうにも出来ない状態になって初めて、私の場合は病院に行ったので。その後、病気の知識のある相談相手が出来て、都度何でも話せた先生から頂いた薬だったので、信じて飲んでいました。薬も合わない(副作用の吐き気やめまいが辛い等)状態は、常に相談していたので少しでも合って、回復に向かう薬を出して頂いていたと思っています。

自律神経失調症とうつ病の違いですが、仰るとおり自律神経失調症は症状の事で、うつ病は病名です。

ご参考
自律神経失調症はどうして起きるの
http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2000_10/jiritusinkei/01.html
UTU-NET
http://www.utu-net.com/utur/about01.html

>これからどうやって生きていけばいいのかわからないです。楽しかったことが何なのかも分からないですし・・・。
私は辛い時期に、「なんで私はここにいるんだろう」「私が存在する意味ってなんだろう」と思ったり、自分という物体だけがあって、感情は無く、体の中身が何もつまってないからっぽ状態の気がしてるのに、勝手にぽろぽろ涙が出てきたり・・・。今になってはもうあの感覚を実感は出来ないけど、そんな感じだったなぁと思い出しました。(あ、今は不安感は全くないです。)

私は病気中、自分で自分が信用出来ない、どうなるか先がわからなくて不安だらけでした。でも、「もう、大丈夫。」と信用出来る状態になっています。と言うか、そういう発想が起きないです。
beltempo3さん、必要以上に不安になられる事はないと思いますよ。もしもうつ病になられているとして、その不安や恐怖の要素が病気への未理解ならば先生から説明受けられると、そういう事かと理解されて少し落ち着かれると思います。そうではなくて心の病気になってしまった自分が自分で認めたくない受け入れられないという状態でしたら、どうか自分を否定なさらないで下さいね。beltempo3さんが悪くてなった病気ではないのですから・・・。

長々と失礼しました。
お礼コメント
beltempo3

お礼率 61% (108/175)

お礼が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。

参考URL拝見させて頂きました。また、気持ちに焦りがでてきていることも認識致しました。また病院へ行き、通院治療を始めようかと考えております。

>悪くてなった病気ではないのですから・・・。
この文章で涙が出てきました。ありがとうございます。ずっと自分を責めていましたが、家族以外からこの言葉を聞いたのが初めてで、少し軽くなりました。
投稿日時:2008/02/10 22:18

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 61% (563/913)

自律神経失調は「不定愁訴」といって、特に器質的な問題がない
(検査や診察をしても異常がない)にもかかわらず、体に明らかに症状が
出ている状態をあらわします。頭痛、めまい、体のだるさなどですね。
体のつらさのせいで、落ち込みや不安感を感じることがあります。

うつ病は、脳内の神経伝達物質が、過剰なストレスや過労などのために
流れが乱れてしまい、そのことで不安感、落ち込み、悲観的な考えなどが
理由もなく自然に出てきてしまい、そのことで筋の通ったものの考え方が
できなくなります。訳も無く自然に涙が出てきてしまうのもそうです。
また「仮面うつ病」といって、不安感や落ち込みもあるが
自律神経失調のような身体症状のほうが強く出るものもあります。

多分、夏に薬を飲んだときに、薬の効果で体調が良くなったものの、
根本的なストレス要因(仕事のことなど)が改善されないままだったので、
一時しのぎのような状態になっていたんでしょうね。
また、心療内科に初めて行ったときは身体症状のほうが強かったか、
あるいは体のことしかお話ししなかったのではありませんか?
不安、イライラなどこころの不安定さについてはどのくらい
お話できていたんでしょうか? こころの中については、患者さんが
そういうものを自ら訴えない限り、見落とされる可能性もあります。

私が心配なのは、症状が(一時的に)良くなったために治療を
一度ストップした後、ストレス要因がそのままだったために
こころの症状のほうがやや強くなっている点です。
私自身、同じような経緯で、二度目の病院で「うつ病」と診断されたからです。
医師が診ないとわからないことですが、不眠や不安感、悲観的な考えなど
うつ病に非常に良く似た症状があります。
このまま放置すると、ますますさまざまな症状が出てきて、その症状が
苦しいことでますます落ち込むという連鎖につながります。
病院でこころのつらさを医師にしっかり話し、せめて体を休めるためだけでも
症状に見合った睡眠薬で眠れるようにしてはいかがでしょうか?

万が一うつ病だった場合、あるいは他のこころの病気についてもですが、
やはり当面の間は投薬治療が中心になります。薬を飲みたくないという方は
よくいらっしゃいますが、薬は脳内の神経伝達物質の流れを整え、
気持ちを楽にしたり筋のとおったものの考え方を取り戻すのに役立ちます。
飲まなければ流れが乱れたままで、ますますひどくなる一方です。
そのうち社会生活もまともにできなくなるかもしれません。
副作用は強く出ますが、医師の指示を必ず守り、ちょっとした心配事も
医師とよく話し合いながら調整していけば、依存を起こしたり
することは決してありません。病気が回復するとともに薬の量も減り、
ボケたり後遺症が残ることもほとんどありません。

当面の間は投薬治療が続きますが、薬で気持ちが楽になっている間に
ストレスや環境改善に取り組む自己努力をすることになります。
生活習慣の見直しと体内時計を整える努力(規則正しい生活をする、
日中30分程度散歩に出る)を自分で行うことから始まるはずです。
薬とそういった自己努力を併用しながら、カウンセリングや心理療法も
役に立ちます。ものごとの受け止め方・マイナス思考パターンを
見つめ直すリハビリですね。ただし、これには投薬がうまくいってから
医師がコンディションを見て許可することになるので、後回しですね。

治療には時間が少々かかります。前回のように最低でも2~3ヶ月は
投薬治療中心になります。その後は医師とよく話し合い、薬の効き方を
確認しながら薬を減らしたり、自己努力を積極的に進めたり、
カウンセリング・心理療法の併用が始まると思います。
全て医師任せにせず、自分で積極的に治そうという姿勢と努力があれば
必ず治ります。もう完治しないかもしれないという気持ちになるのは
病気がそうさせている可能性があるので、決して考え過ぎないでください。
場合によっては、休職も必要になるかもしれないです。
いずれにしても、休めるときは自宅で体をじっくり休め、
気分転換をはかることを大事にしてください。
私も1年以上うつ病で苦しみましたが、おかげ様で今は完治して
仕事もしっかりできています。絶対に我慢しないで、お大事になさってください。
お礼コメント
beltempo3

お礼率 61% (108/175)

御礼が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。

>もう完治しないかもしれないという気持ちになるのは
病気がそうさせている可能性がある
もうすべて悪循環のようです。おっしゃられたとおり、通院+自分で気分転換できる方法を探してみます。

また、maremare様のように完治できる病気だということがわかり、前を向いて頑張るようにします!
勇気の出るお言葉を頂き、ありがとうございました。
投稿日時:2008/02/10 22:21
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ