• 締切済み
  • 困ってます

漏電なのか調べる場合

漏電しているか調べる場合・・・ 一般家庭の100Vコンセントで、漏電ブレーカーが落ちないが漏電している?と仮定します。 1.一般的なテスターで測定可能でしょうか? 2.その場合、コンセントであたった時100Vではなく電圧が不安定とか100V以下になっておかしい??と判断出来るのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数14683
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.8
noname#59315

元電力マンです。 かなり専門的な回答が出てきていますので補足します。 漏電チェックはリーカー(漏れ電流計)で測定することもありますが、それは現象を捉えるためのものです。 差し込みプラグの極性によっては漏れ電流が流れない場合がありますので、正しくは絶縁抵抗を測定します。 メガー(絶縁抵抗計)での使用電圧は標準的には500Vを使用しますが、機器の破損を恐れて100Vや200Vを使用するケースもあります。 また、漏電遮断器を過信してはいけません。漏電していないのに落ちたり、定格以上に漏電しているのに動作していなかったりするケースもあります。 なお、電力会社への測定依頼ですが、基本的にはお客さま設備の保守はお客さまの責任です。 その原則に立って、明らかに漏電事象が現れているのなら電力会社も対応してくれるでしょうが、そうでない場合は対応してくれない可能性が大です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電気漏電について知りたい

    電気製品(電気ドリル)が漏電しているかどうかを、テスターを使って事前に知る方法を知りたいのです。次の方法は正しいのでしょうか?  1.ドリルを電源に差し込まない状態で、ドリル本体の金属部分と、ドリルの電気コードの先端の2本の差込みの内の1本にテスターを当てて、その間の電気抵抗値をチェックする。抵抗値が無限大でなければ、漏電していると判断する。 2.ドリルを電源に差し込んだ状態で、本体金属部分と接地線(アース)との間にテスターを当てて電圧を測定する。電圧が発生しておれば(例えば20V)漏電していると判断する。 1と2は正しいのでしょうか? 或いは、1の状態では漏電していないと判断されるのに(=抵抗無限大)、2で測定すると電圧がある場合があります。これはどう判断したらよいのでしょうか? 矛盾するように思えるのです。

  • 熱電対から漏電?

    すみません、電気の素人です。 電源が入れられた温調器に接続されているシースタイプ K熱電対の測温部(シース部)と、対地間の電圧をカードテスターで測定してみたら AC50~100Vの電圧が表示されました。 これは、漏電しているという事でしょうか? また電対の特性上この様な表示になるのでしょうか? すみませんが、判りやすく教えて頂けると幸いです。

  • 家庭用電源 電圧異常

    電気に弱いため詳しい方教えてください 水道の修理業者ですが一般家庭にてトイレの暖房便座(新しい)が冷たいとの事でとりあえずコンセントの電圧をデジタルテスターにて測定したところ通常は100Vにて安定してるのですが、しばらくするとすこしずず電圧があがりだし300V前後まであがります またしばらくすると100V位にて安定するのですが電化製品である暖房便座は特に外観上はこげたりしていません 原因はどんな事が考えられるしょうか デジタルテスターが何かの影響で誤作動しているのか又は屋内側に電圧があがる原因があるのでしょうか トイレの照明は問題なくついています

  • 回答No.7
  • x530
  • ベストアンサー率67% (4457/6603)

> 1.一般的なテスターで測定可能でしょうか? 無理です。一般的なテスターは誤差率が高すぎます。精密測定機器を使用してください。 テスターは参考計測器です。いつも誤差のある事を頭の片隅において使用しましょう。 > 2.その場合、コンセントであたった時100Vではなく電圧が不安定とか100V以下になっておかしい??と判断出来るのでしょうか? No.4様の通り、漏電により目に見えるほど電圧変動を起こしていたら、その前に発火しています。 漏電遮断器は信頼できる機械です。 漏電遮断器には半年に一度と書かれていますが、まあ、年に一度くらいは動作テストを行えば安心できますよ。 一般家庭の公証100Vは、電気事業法では101Vプラスマイナス6Vです。 法的には、引き込み口の責任分解点で107V~95Vです。 コンセント口では屋内配線により、いっそう電圧が低下している場合があります。 電源電圧は、季節や時間、配電用変電所からの距離により、かなり変動しています。 電源電圧や漏電についてご心配ならば、電力会社へ相談しましょう。 精密機器を用いて、検査を無料で行って貰えます。 余談ながら、家電メーカーは屋内配線での電圧降下を考慮して家電機器の電圧マージンを大体10%程度みています。 家電機器では、111V~91Vの電圧があれば正常動作するように作られています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

接続機器側のことか、コンセント設備系のことなのか補足して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

1)漏電のチェック方法 漏電しているどうかを調べるには、[クランプ式電流計]を使用します。漏電電流を調べるには測定器メーカで漏電電流が測定可能と注記しているものを使用します。 実際に漏電している状態が連続している場合は、[クランプ式電流計]で測定しますと、直ぐに漏電している電流の値が判り、良否の判断がつきます。 ところが測定した時は漏電電流が流れていず、目を離した時や休憩時に漏電遮断器が突然切れるようなことが往々にしてあります。 このように状態に備えて、[外部出力付のクランプ式電流計]と[レコーダ(記録計)を使用して連続に記録して調べます。 [外部出力付のクランプ式電流計]の一例として、次のURLを参照してください。 http://www.hioki.co.jp/jp/product/pdf/field/3280sJ4-66B-05K.pdf 3頁の 3283 クランプオンリークハイテスタ が該当します。 [レコーダ(記録計)]は次のURLを参照してください。 http://www.hioki.co.jp/jp/product/880708/index.html 実際に使用される場合は、組み合わせの適合性を測定器メーカに確認してください。 会社の仕事で使用する場合であれば、測定器専門のリース会社がありますので、問い合わせる方法もあります。 リース会社の例 オリックス・レンテック---http://www.orixrentec.jp/ 横河レンタ・リース-------http://www.yrl.com/ なお、個人の場合で測定器を購入またはリースするには、かなり出費となります。管轄の電力会社に相談する方法もあると思います。 2)絶縁抵抗のチェック方法 テスターで絶縁抵抗を計っても、テスターに内蔵している電池の電圧(DC3V程度)で抵抗値を指示していますので信頼性に欠けます。導通が有るか無いか程度と思ってください。 [絶縁抵抗]を計る場合は、[絶縁抵抗計=メガー]と言う測定器を使用します。電池の電圧をDC25V~DC2000V程度まで昇圧して電気機器に加えて測定しています。 ・回路電圧:AC100Vの場合---測定電圧 DC125V ・回路電圧:AC200Vの場合---測定電圧 DC250V なお、絶縁抵抗の測定は電源を切った状態で測定します。 [絶縁抵抗計=メガー]の一例として、次のURLを参照してください。 http://www.hioki.co.jp/jp/product/field-c.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率28% (1435/5102)

漏電ブレーカーが落ちないような漏電を一般的なテスターでは測定できません。 低電圧では漏れ電流がほとんど無くても電圧が高くなると漏電が発生することが多いです。 コンセントの電圧が落ちるような漏電があればもう火事になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

漏電ブレーカは通常30ミリアンペアぐらいで落ちたと思います(人間の命が危険にさらされる電流がこのくらいなので)。 したがって,漏電ブレーカが落ちないような電流では100Vが不安定になることはありません。 漏電は一般的なテスターで非常に難しいと思います。 電源を切らずに漏電電流を測定する場合にはクランプ式の電流計で行きかえりの2本の線を同時にクランプして漏れ電流を計ります。 或いは一次側を切断しておいて,メガーと呼ばれる500V程度の電圧を印加することのできる絶縁抵抗計をつかってアースと電線の間の抵抗を測定するのが普通です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#59315

1.テスターでも明らかな絶縁不良ならば判りますが、その場合は漏電ブレーカも作動するでしょう(差し込みプラグを左右反転させてチェック要)。 基本的にはメガー(絶縁抵抗計)で測定して、0.1MΩ以上なければいけません。 2.機器に絶縁不良があっても、電源電圧は変わりませんから判断できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Pesuko
  • ベストアンサー率30% (2017/6702)

>1.一般的なテスターで測定可能でしょうか? どことどこを計るの? >100Vではなく電圧が不安定とか100V以下になっておかしい コンセントに100V来ているかどうかで判断したいのなら 無理よ。 ブレーカーが落ちない漏電なら電圧は下がらない。 それに一般家庭でも95V~105V程度に変動してるしね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 漏電しないの?

    接地極(アース)付100Vコンセントでテスターで電圧を測ると 1.非接地極-接地極-------------------98V 2.非接地極-接地極(アース)---------105V 3.接地極-接地極(アース)-----------0V になりました、1.と2.の違いは何なんでしょうか? それと2.で漏電遮断器が落ちないのはなぜなんでしょうか? 電気勉強中の2種電気工事士です。わかりやすくどうぞよろしくお願いします。

  • 漏電について

    電気主任技術者の見習いをしています。 現在契約しているお客様の1Fの第一分電盤にある75A 15mA漏電遮断器が働いてしまいます。 状況確認 (1) 自動包装用ラインの電源スイッチを入れると漏電ブレーカーが動作しますが、絶縁抵抗を測定した所0.45MΩ   で問題ありません。 (2) 自動包装用ラインのコンセントを抜いて絶縁抵抗を測定しても数値はほぼ変わらず0.45MΩです。 (3) 自動包装用ラインの電源スイッチを入れるたまま漏電ブレーカーを入れた場合、漏電遮断器は動作しない事が多いです。(10回に一回くらい動作します) (3) 漏電ブレーカーが動作した時の電流値は R=40A S=18A T=35A で過電流ではないと推測されます (4) 自動包装用ラインを1Fの第二分電盤回路から包装用機械の電源を取った場合は正常に機械は稼働します (5) 自動包装用ライン以外の機会をコンセントに差し込み使用した場合は漏電遮断器は動作しません。 漏電遮断器の不良も考えられるのですが他の機械では漏電遮断器が動作しないので可能性は低いと考えています。 絶縁は問題ないですが自動包装用ラインに問題があるのでしょうか?他の回路から電源を取った場合に問題ないのでこちらも可能性は低いと考えています。 どのような原因が考えられるか皆様のご意見を聞かせて頂けないでしょうか。

  • 漏電個所の発見

     工作機械などで、漏電ブレーカが、働いた時 漏電個所の検出方法に困っています。工場元漏電ブレーカが、動作すると困るので、機械単体に漏電ブレーカ を配線し、制御盤内のブレーカを1つずついれて どのタイミングで、トリップするか?などしています。また、NC機など、AC100V,DC24V,DC5Vラインなど 片側を接地配線したものについて、電源-アース間の 抵抗は、常に0オームなので、そのときは、どのように 測定すればよいか?  ACラインには、市販で、漏電検出器は、あるようですが、AC,DC両方を発見できる測定器は、あるのでしょうか?

  • これは漏電でしょうか? 危険でしょうか?

    当方60Aのブレーカーのある小さな事務所内で、PCを20台ほど使用しております。 Aの壁コンセントからはPC10台 Bの壁コンセントからはPC10台 A、Bはそれぞれ異なる漏電ブレーカー(20A)で、それぞれのコンセントからはOAタップを2重にタコ足にしてPCを10台/10台接続しております。 先日、漏電の可能性がないか、クランプリーカー(0.1mA 精度のもの)を購入し、A、Bのコンセントの根元を測定したところ Aのコンセント元 1.2~1.3mA Bのコンセント元 0.4~0.5mA の漏れ電流が測定されました。(コンセントの根元をクランプしただけです) そこで、OAタップから接続されているすべてのPCの電源コードをクランプしてみると、 A に接続されているPCはすべて0mA B に接続のPC-1は0.3mA B に接続のPC-2は0.1mA B に接続のそのほかのPCはすべて0mA が測定されました。 そこで質問なのですが 1. Aの壁コンセントの根元では1.3mAの漏れがあるのに、そのOAタップから接続されているPCの電源コードを測定しても、すべて0mAというのはなぜでしょうか? (OAタップ自身が漏電している?) 2. そもそもPC1台で0.1~0.3mAの漏れや、コンセント元で1.3mAの漏れというのは、漏電に値する数値なのでしょうか? (放置した場合は危険でしょうか?) 3. PCの電源コードから0.3mAの漏れが確認されているPC1は、サーバー用途のPCサーバーで、停止や機器の交換などが困難です。この絶縁不良によるサーバーの寿命低下など、副作用はありますでしょうか? A/B共に漏電ブレーカーが落ちたことは一度もありません。 OAタップについているアースなどは、できるかぎりまとめて地中に埋め込む処理をしています。 ブレーカーは落ちないまでも実際に漏れている姿を数値で見てしまうと、無知がゆえ不安が残り、このまま放っておいていいものかどうか悩んでおります。 有識者様のご返答お待ちしております。

  • 漏電対処

    実は100VACの社内設備において、漏電でビリッときたという報告があり、、調査したところ接地がされていませんでした。またこのやり方は意味が無いかも知れませんが、汎用テスターで電圧を測ったところ数十(V)あり、接地したら0(V)となりました。それと一応メガテスターでの計測したのですが抵抗値は∞(MΩ)でした。このまま、接地対応のみで使用しても問題ありませんか?それとも漏れ電流を測り、その漏れの原因を突き止めて解消しなくてはいけないでしょうか?

  • 漏電の調べ方

    DC24Vを使用する設備において、漏電の有無を簡単に検査する方法について。 DC24Vのホット側及びコールド側と、FG若しくはアースにテスターの棒を接続して電圧を測定し、 ホットーアース間で24V、コールドーアース間で0であれば正常 ホットーアース間で例えば19ボルト、コールドーアース間で例えば5V このように評価し、後者の場合は漏電していると考えていいでしょうか? なお、測定器はテスターくらいしかありません。 当然検電器なんて持っていません。 それ以外にも確認する方法等ございましたらアドバイスお願いします。

  • 配線用遮断器の漏電

    漏電遮断器の2時側の任意の配線用遮断器が漏電の可能性があると仮定した場合、絶縁抵抗器でどのように測定するのでしょうか。 漏電遮断器をOFF、任意の配線用遮断器の一次側と二次側に絶縁抵抗器のL端子とE端子をつなげての測定となるのでしょうか。また、その場合の測定電圧は、何Vにすべきでしょうか。 よければご教授お願いします。

  • 中性線と接地極を電圧テスターでどちらか判断できるでしょうか?

    中性線と接地極を電圧テスターでどちらか判断できるでしょうか? アース付コンセントの差し込み口に検電器を差し込むと L(ライン)側はすぐに解ります。 次に、N(ニューター)と 接地線の差し込み口が残りました。 アーステスターを使用せずに 又はコンセントを壁から外さずに、 電圧テスターだけで判断できるのでしょうか? L(ライン)と接地線の差し込み口に、 電圧テスターで測定すると当然 100Vが計測されます。 N(ニューター)と接地線の差し込み口では 当然 0Vです。 しかし どちらが N(ニューター)で どちらが 接地極かは 判断できません。 宜しくお願いします。

  • 対地電圧測定でブレーカーが落ちる

    ご協力お願い致します。 普通のテスター(MAX500V、AC/DC)で、アースがちゃんと接地されているか 確認しようと思い、コンセントの100V側とアース端子間で対地電圧を測定すると、 当てた瞬間元ブレーカーが落ちてしまいます。 テスターが故障しているのかと思い、コンセントの100V側と0V側で測定すると 普通に100Vが測れます。 私は何か根本的に間違えているのでしょうか。どなたか教えてください。

  • 電気 漏電について

    漏電火災警報器が鳴っていると連絡が有りまして現地に行き調べてみますと、B種接地線に9Aも電流が流れていました。 分電盤で100V回路黒、白線を測定すると8.9Aと0,3Aでした。 コンセント回路で負荷先に特に負荷が大きい機器はなかったのですが 原因は何が考えられますか?