• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ドルビーとDTS

映画の音声は、ドルビーとDTSがあるみたいなのですが、どう違いますか? あと、ドルビー5.1、DTS5.1というのはどういう意味ですか? スピーカーが5つ必要ですか? あと、AC3というのはなんですか?

noname#49039
noname#49039

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2670
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • parts
  • ベストアンサー率62% (6342/10115)

Q/映画の音声は、ドルビーとDTSがあるみたいなのですが、どう違いますか?あと、AC3というのはなんですか? A/既に回答があるようにDolbyは米国Dolby.Labが開発したAC-3( Audio Code number 3)と呼ばれる圧縮技術にブランド名称を与えたのが、DolbyDigital(以下DD)です。DVDや映画館で主力として使われいるのがこれ。 DDはライセンス料金が若干高いという欠点がありますが、映画館ではCDなどの別立ての音声ディスクが不要なため最も普及しています。 DVDでは、標準音声フォーマット(別にデコードハードウェアを用意しなくともプレーヤーだけで一応のステレオ音が出せる)として採用されており、ステレオ再生だけであれば、後述のdtsやSDDSのように別途専用のAVデコードアンプなどを用意する必要がありません。 音声は5,1ch Discrete及び6,1ch(Dolby Digital EX)のMatrix方式の2つの方式が採用されており、DVDでは最大448Kbpsまでのデータレートが、映画館では最大640Kbpsまでのデータレートで立体音響を再生できます。後述のdtsに比べて高圧縮率であるため、若干低音の響きが悪いと感じる場合があるかもしれませんが、圧縮率の割には迫力ある音を再現できます。 dtsは、Digital Theater Systems社が開発したマルチチャンネルオーディオです。APT-Xと呼ばれる圧縮技術を使っています。標準では5,1chが定義されており、最大で8chまでのDiscrete収録が可能な仕組みで開発されており、映画館では別立てのCDとしてフィルムとは別に提供され再生されます。 音声は1536Kbps(フルレート)と768Kbps(ハーフレート)の2種類が主に使われており、DDに比べて圧縮率が低いため低音での欠落が少なく、迫力や艶やかさがあります。 dtsには上位規格としてdts-Extended Soundと呼ばれる規格があり、dtsとの互換性を維持したまま、dts-ESでは収録時の音声チャンネル数を標準で6.1ch化できるようにする仕組みと、5,1chの音声やステレオ音声を6,1chで再生するための仕組み(NEO)を定義しています。 最上位のdts-ES Discrete 6,1では、6,1chでの独立オーディオ圧縮を採用しており、DDでは出来ない圧縮時に完全な独立した6,1chオーディオ収録をサポートします。 映画館ではライセンス料が安いためDDに次いで普及していますが、専用のCDを用いて再生するため、機材コストと設置コストの都合上、DDほどの普及はしておりません。 DVDではHD DVDとBlu-rayDiscでは標準オーディオとして使われていますが、既存のDVDではオプション扱いとなり、別途AVデコードアンプシステム(シアターシステム)が必要となります。そのため、この高音質を実際に聞くにはDVDプレーヤーとは別にシアターシステムを購入する必要があります。(ちなみに、安物のシステムでは差は感じないはずです) Q/ドルビー5.1、DTS5.1というのはどういう意味ですか?スピーカーが5つ必要ですか? A/5,1ch(ゴーテンイチチャンネル)で収録されているという意味です。dtsにもDDにもモノラル(1ch)、ステレオ(2ch)、サラウンド(4ch/5,1ch/6,1ch/7,1ch)、での収録方式があります。 スピーカー数は、1chならテレビの前や横に一つあるモノラルの音。 2chならば、テレビや映像機器の左右に2つの普通のステレオ。4chなら、2chにプラスしてセンター(主に主人公の声などを担当する)スピーカー1ch(1本)とリア(後ろ側の音を担当する/視聴する人の斜め後ろに設置する通常は聞く人の耳より高めの位置に来るのが好ましい)のスピーカーを一組(2本ですが出る音は2本とも同じ音なので1ch相当)設置します。 5chは、リアの音がステレオになり後ろからの音が立体的になります。スピーカー数は4chと変わりません。 5,1chは、0.1ch分に相当するウーファと呼ばれるスピーカーを設置します。コントラバス、爆発音など地鳴りのような低い低い低音を再生するためだけのスピーカーで迫力を演出します。通常ウーファは前方に設置します。全体の音に迫力を与えませんが、あくまで低音だけを協調するため1ch分には数えず0.1chとカウントします。よって、5,1chは6本のスピーカーを使い、通常は聞く人をそれら6本のスピーカーで囲う形になります。 尚、6,1chになるとリアセンター(真後ろの中央)スピーカーが1ch増えます。7,1chになるとリアセンタースピーカーをのけてサラウンドバックスピーカーと呼ばれる2本のスピーカーをリアの後ろに設置します。 Q/スピーカーが2つしかない場合は、ドルビーかDTSのどちらで聞くべきですか? A/両方をデコード(再生)できるAV環境であれば、どちらでも好みです。通常はdtsの方が音質が良くなる可能性が高いですが、あくまで感性に左右されますからね。どちらも再生できるなら両方で聞いてみて決めれば良いでしょう。尚、DVDの場合はDDかMP3、PCM(非圧縮)のいずれかで必ず収録知れていますが、dtsは先に述べたようにオプションです。DVDによってはdtsでの音声は収録されていない場合があります。収録されているDVDではdtsで再生した方が、理論的には綺麗な音になります。 <用語> Discrete=分離、独立という意味。5,1chの音声を独立して収録しているという意味。Matrixに比べてデータ量が多くなるケースがあるが、独立しているため音質を一定に保つことができる。 Matrix=混合と言う意味。符号化技術用語ではエンコード(符号化/圧縮)の手法の一つでどこかのチャンネルにあるチャンネルの音を織り込んでしまいデータ量を節約すると共に、下位との互換性を維持する手法。EXとDigitalは5,1ch向けの機器では5,1chで再生され、6,1ch用の機器では、6,1chで再生されます。この技術は、アナログ時代の映画音響技術であるDolbyStereo(4chサラウンドオーディオ/VHSなどにPro Logicと移植され使われた。ステレオ互換がある。)でも使われてきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん、大変よく勉強になりました。ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • jugger
  • ベストアンサー率58% (3249/5586)

ドルビーデジタルとはドルビー社が開発したAC-3という圧縮技術を使って、映画の音声を5.1chサラウンドで再生できるようにしたシステムの事です。 ただし映画館でドルビーデジタルと書かれていれば5.1chですが、DVDでドルビーデジタルと書かれていても5.1chだとは限りません。 DVDではドルビーデジタルの後に(5.1ch)や(2ch)などと書かれています。 一方DTSはデジタルシアターシステム社が開発した音声フォーマットです。圧縮率が違うのでこちらの方が音がいいようです。 DTSにはDTS-EXやDTS-ESといった、6.1chも存在しています。 DTSは対応したDVDソフトと、対応したDVDプレーヤーやアンプが必要となります。ドルビーデジタルが先に普及したので、DVDはドルビーデジタルが主流になっています。 ドルビーデジタルもDTSも使用するには、ライセンス料を支払わなければなりませんので、両方に対応させようと思うと両者にお金を払わないといけません。高く付くのでドルビーデジタルだけというソフトが多いですね。 スピーカーは低音専用のスピーカーを0.1個と数えます。 合計で6個必要となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

皆さん回答ありがとうございます。 スピーカーが2つしかない場合は、ドルビーかDTSのどちらで聞くべきですか?

  • 回答No.2

知っている範囲で・・・ まず、5.1チャンネルのスピーカー数は6つです。 前2、後2、+前(重低音専用)1、+前(声専用)1です。 DVDの場合、ドルビーデジタルが標準ですが、今はほとんどのプレーヤーでdtsにも対応しています。が、DVDのソフトを再生した際に自分でdts音声にきりかえる必要があります。 dtsのほうがドルビーデジタルより音質がいいようですが、私は聴き比べたことがないのでわかりません。 とゆうことで、若干マイナー感があることはいなめないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • takeao6
  • ベストアンサー率17% (35/203)

全部検索すればヒットしますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リニアPCMとドルビーやDTSの比較

    宜しくお願いします。 家でPS3(古い機種)とパイオニアのホームシアターHTP-LX70を繋いでいます。 PS3の設定でリニアPCMとドルビーやDTSを切替えられますが、 以前、この3つのうちどれがいいのかと調べたところ、リニアPCMは無圧縮なので 圧縮音声であるドルビーやDTSよりリニアPCMの方がよいと読んだ気がします。 そのため、ずっとリニアPCMに設定してきました。 ところが家のPS3のゲームにリニアPCMとドルビーやDTSの選択ができるものがあって、 試しにドルビーに変えてみたところ、映画館のように非常に臨場感があって好感が持てました。 それに比べてリニアPCMはただCDを再生したときのようで素直で偏屈ない音質です。 これはどのように解釈すればよいのでしょうか? (1)ドルビーやDTSは圧縮音声であるがエフェクト付きでリニアPCMは無圧縮だがエフェクト無し? (2)HTP-LX70がリニアPCMに対応していない又は私の設定がおかしい? (3)私の耳がおかしい? せっかくなので出来るだけよい音質で聴きたいです。アドバイスをお願いします。

  • ドルビーとDTSについて質問です。

    ドルビーとDTSについて質問です。 パソコンで映画を再生してヘッドホンで聞いています。 パソコンのサウンドボードは 【PCI Express X-Fi Titanium Professional Audio】を使い ヘッドホンは 【SE-DIR2000C】を使用しています。 そこで、サウンドボードからのデジタル出力をドルビーデジタルライブにするとヘッドホン側のドルビープロロジックIIというランプが付くのですが、DTSにするとそのランプが消えてしまいます。理由はなぜでしょう? それと、ドルビーデジタルよりもDTSの方が音質が良いとされていますが、DTSで出力してもドルビーホッドホンを使うとビットレートは落ちてしまうのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • ドルビー・デジタルとDTSの違いについて

    ドルビー・デジタル5.1chサラウンドとDTS5.1chサラウンドの違いを教えてください。

  • 最近の映画の音響はドルビーやDTSだけなんでしょうか。

    70年代の映画の音響には色んな方式がありましたよね。  「大地震」のセンサラウンド          「デアボリカ」のサーカムサウンド        「トミー」のクインタフォニック    などが代表的だと思うのですが。 最近はドルビーやDTSばっかりで、もうちょっと個性的な音響で上映できないものでしょうか。 中でも強烈な印象があるのが、サスペリアのオープニングの雨の音です。 あれはもはや雨の音じゃなかったです。体に突き刺さるような音で、映画と共に体に残ってますね。 トミーの音も強烈でした。今のオーディオ装置でも再現できないです。 もうドルビーやDTSに決まってしまったんでしょうか。                http://www2.starcat.ne.jp/~lilith/st/system/open.html

  • DOLBY true HD とDTS HD

     先日、ブルーレイの再生機(パイオニアBDP-120)を購入しました。  私が使っているアンプはDENONのAVC-3890なのですが、もう古いモデルなので、DOLBY5.1ChとDTS5.1Chには対応しているものの、DOLBY true HDとDTS HDには対応しておりません。当然ながら、HDMI入力端子も無く、光デジタルケーブルでの出力となります。    アンプ自体の買い替えも検討したのですが、あまり安い買い物ではないので躊躇しています。    そこで実際に従来のDOLBY5.1Ch、DTS5.1ChとDOLBY true HD、DTS HDを聞き比べたことのある方に質問なのですが、ぶっちゃけ「これはスゴイ!」と言うほどの違いを感じられたでしょうか?  個人的な主観で結構ですので、教えていただければありがたいです。

  • DVDにDTS ドルビーの両方のロゴが入っていた?

    ある音楽DVDを購入したところ パッケージの後ろにDTSとDOLBYの両方のロゴが入っていました。私は、DVDはどちらかの方法しかとれないとおもっていたので、両方のロゴがあるのは”?”と思いましたが、両方に対応しているということなのでしょうか?よろしくお願いします。

  • DTSとドルビープロロジックの違いは?

    最近200万ほどかけて5.1のホームシアターを組んだのですがDTSとドルビー~の違いが分かりません。なんとなくドルビー~のほうが一般的主流といった先入観があります。みなさんはどちらにしてますか?使い分けとかしたほうがいいのでしょうか?

  • DVDのdtsが聞けない

    つい1ヶ月前まではDVDをdtsにて聞けていましたが現在、聞けなくなってしまいました。 状況は、 プレイヤー:RICOH:MP9060A(パソコン) サウンド :ONKYO SE-120PCI(パソコン) オーデイオ:DENON DHT-300S ソフト   :映画(dts出力有、レンタル) もちろん光ケーブル接続しています。 ソフトの方でdtsを選択してもDHT-300のdts入力では聞けず、DOLBY入力に変更すると聞けるようになります。 以前レンタルしたDVDでは同じ環境でdtsにて聞くことができました。 試しにプレステ2でも試しても同じ状況で、ソフトも2本ためしてみましたがだめでした。 考えられる原因は 1.ソフトが対応していない。 2.DHT-300Sが壊れた。 のどちらかと考えられますが、誰か詳しい方アドバイスお願いします。

  • AviUtlでドルビーAC3音声の動画を取り扱う方法

    AviUtlでドルビーAC3音声の動画を取り扱う方法 AviUtlでドルビーAC3の動画を取り扱おうとしたら 波形に何も反応がなく、オーディオ圧縮も出来ません。 ffdshowとac3filterはダウンロードしてあるのですが、 他にも何か必要なコーデックが不足しているのでしょうか? また、音声を抽出してAC3→mp3か何かに変換出来るソフトがあれば教えて下さい。

  • DTS版って何?

     欲しい映画があるんですが、購入しようとしたら普通のと、DTS版というのがありました。この、DTS版とは普通のとどこが違うのでしょうか。