• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

債務弁済契約書を公正証書にする場合事前に公証人役場に行って相談したほうがよいですか?

債権者が公正証書の原案を作るとします。 債権者、債務者、連帯保証人が当事者である債務弁済契約書を公正証書にする場合、 予め債権者が公証人役場を訪れて書類(債務弁済契約書の内容)の確認を してもらったほうがよいですか? 債権者、債務者、連帯保証人の三者が集まる時は 当事者が確認して自署、押印する程度にスムーズにしたいと思っています。 少し詳しい一般の方に相談したところ、 一度事前に債務弁済契約書の内容について相談したほうがよいのではないかとアドバイスを頂きました。 なんともわかりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数436
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nongun
  • ベストアンサー率100% (2/2)

公証役場によって対応も違いますし、小さいところ(お一人しか公証人がいないところ)ですと、出張で留守もありますから、いきなりいくよりは、事前に連絡はした方がよいと思います。 公証役場の相談料は無料ですし、公証人によっては、直接対面での相談だけでなく、原案をファックスなどのやりとりでも確認してくれます(メールでの相談は、私の経験上、まだまだかぎられた公証役場のみしか対応していないようですが)。 このような理由で、私は公証役場を利用するときは、確定日付のような簡易なものを除き、事前に確認をしていただくようにしています。また、公証人の側もその方が対応もしやすいようです。 以上から、うかがう日時の確認とあわせて、事前の相談をすることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 強制執行認諾条項付き公正証書作成に関する相談

    以前知人にまとまったお金を貸したのですが、借用書を取っていなかったため、今度、債務承諾書か確認書を作成しようと考えています。のちのち諸事情があり裁判とかにしたくないため公正証書で作成しようと考えております。 そこで質問です。 (1)公正証書は公証人役場に当事者が行けば必要書類を持っていくだけでよいのですか? (2)費用は作成費用だけでしょうか?その他諸経費がかかるのでしょうか? (3)時間的に1時間とか2時間とか拘束されるのか、それとも書類を確認するだけで10分とかで終わるものでしょうか? (4)そもそも金銭消費貸借契約書ではなく債務承諾書や確認書も公正証書とすることは可能でしょうか? (5)内容的にかなりプライベートなことが書かれているため公証人の守秘義務というのはあるのでしょうか? (6)自分で作成した契約書でも不備がなければ公正証書として有効なのか、それとも定型の文書がありその通りに書かないといけないのか? (7)公証人役場で事前に相談すれば、これでは受け付けられませんとかこう直してくださいとかの添削はしていただけるのか? (8)強制執行認諾条項をつけるとその後の争いについて裁判を行うことなく強制執行が可能と聞いたのですが、強制執行する際に裁判が必要なのでは??それとも申請すればすぐ強制執行が可能なのですか? (9)債務確認書に連帯保証人をつけるのですがこの場合当事者(債権者・債務者・連帯保証人の3人)が公証人役場に行かないと行けないのですか?それとも債権債務者両者が行けばよいのでしょうか? (10)最後に債務者はなんだかんだ言って公的な借用書に作成を拒む可能性があります。この場合公証人役場にうまく連れて行く方法ありませんか?うまいこと口車に乗せて連れて行きたいのですが・・・。 すべてのことにわからなくてもわかることだけでもお答えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 公正証書を交わした債務者が破産した場合その債権は無効でしょうか?

    債務承認弁済契約公正証書を、強制執行を承認すると明記して交わしている債権者が、破産申請した場合その債権は無効になるんでしょうか? その申請を差し止めする事は可能でしょうか?

  • 債務弁済契約公正証書について

    債務弁済契約公正証書について 身内が借金をし、相手方から上記の公正証書を作らされ、それに同意したような 状況になってしまい、現在謄本を持っている状態で、その公正証書の内容は 相手方は運転免許証、債務者は印鑑証明書で本人に相違ない事を 確定したという条件で作っており、公証人の判子と名前が押してある 謄本があるのですが、署名捺印の所は手書きではなく、 とくにパソコンで売ったような 印刷のものであり、特に判子などを押したものはありません。 また、請求金額も違っており、半場脅されて書かされた内容であり、 真実と違うにも関わらず、上乗せされたような金額が書かれております。 この公正証書は有効なのでしょうか?また、何処か間違っている部分、 無効に出来る方法はないでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 金銭消費貸借契約証書の内容は、どの程度強制力があるのでしょか?(公正証書の作成)

    消費者金融ではないのですが、最適なカテゴリがわからなかったので、こちらで質問させてください。 住宅ローンの金銭消費貸借契約証書で、わからないことがあるので、教えてください。 金銭消費貸借契約証書の条文の中に、 「債務者、連帯保証人および担保提供者は、○○(債権者、ローン会社)から請求があれば、いつでも公証人に委嘱して、この契約による債務の承認ならびに、強制執行の認諾がある公正証書を作成するために必要な手続きをとります」 と書かれています。 これは、どの程度強制力があるものなのでしょうか? もし、債務者が返済出来なくなった場合、公正証書の作成を求められると思いますが、これを拒否することはできるのでしょうか? この金銭消費貸借契約証書自体は公正証書ではないみたいです。 すみませんが、アドバイスをお願い致します!

  • 公正証書の手数料はどちらが払う?

    近いうち公正証書を作成することになりましたが、公証人に払う手数料は当事者どちらが負担するべきものでしょう。 内容は、債務弁済契約書です。 自分の会社(債権者)が受注した仕事の支払がなく、発注先(債務者)の社長の合意を得て、今後の分割返済についての契約を公正証書化するものです。 公正証書化はこちら(債権者)が希望してことではありますが、もともと原因を作ったのは債務者なので、先方が負担するべきなような気もしますし。 よろしくお願いします。

  • 公正証書の効力について教えて下さい。

    債務者と取り交わしをした公正証書内に、債務者は債権者から下記の1~3を求められた時は、これに応じなければならない。1.連帯保証人の設置。2.代物弁済付き抵当権の設定。3.強制執行認諾事項付き公正証書の作成。があります。3.は理解できますし、執行文と判所へ行けば効力を発揮できると思いますが、 ・1.2.はどこまで法的な効力を発揮でるのでしょうか? ・相手(債務者)に拒否権はあるのでしょうか? ・拒否権がない場合、どういう迫り方をすべきでしょうか? ご存知の方、是非ご享受ください。宜しくお願い申し上げます。

  • 金銭消費貸借契約における署名のもらい方

    今度金銭消費貸借契約における契約書を作成するのですが、署名の欄に債権者・債務者・連帯保証人の三者の署名押印を押すところを作ります。 この場合、契約日当日連帯保証人が立ち会っていない場合、連帯保証人の署名押印は後日になっても、債権債務者の署名捺印が既に済んでいる場合は債権債務者間の契約は成立しているのでしょうか? それとも連帯保証人の署名押印がすんでから初めて契約成立となるのでしょうか? 私としてはとりあえず債権債務者のあいだだけでも契約を成立させておいて、のちに保険の意味を込めて、連帯保証人の契約もお願いしたいのですけれども・・・・。 それと連帯保証人が近くにいない場合、いったいどのようにして連帯保証人の署名捺印をもらうのでしょうか? 消費者金融は通常、債務者に債務者と連帯保証人の署名押印をもらって債権者に郵送して、債権者が署名押印をして複写を債務者と連帯保証人に郵送するという方法だと思うのですが、今回は債権者と債務者が会い契約をする、しかしその場には連帯保証人がいないという場合、連帯保証人の署名押印をもらうためにはやはり連帯保証人の下に伺うしか方法は無いのでしょうか? 何かよいアイディアはありませんでしょうか? ちなみに当方は消費者金融とはまったく関係ない私人ですので私人間における契約とお考えください。

  • 借用書に書かれる連帯保証債務の口語訳?

    借用書に連帯保証契約を入れるのですが、文章が硬いためやわらかくしたいのですがどなたかやわらかくしてください。 「連帯保証人Aは、本件借用証書に基づき、債務者Bが債権者Cに対し負担する一切の債務について債務者Bと連帯してこれを保証し、債権者Cに対してその弁済の責めを負う。」 難しく書くことは簡単なのですが、これをやわらかくソフトにするのが非常に難しいです。内容は変わらないようにでもソフトにできませんか? またそのほかに簡略化したい用語があります。 債務の履行→ 強制執行→法的手続きに変えてみました あまり馬鹿っぽくならずでも簡単な言葉ってありませんか?

  • 個人版民事再生法適用時の連帯保証人の支払い義務は?

    主債務者が民事再生法の適用を受け,その手続きに入った時,この債務に連帯保証人 がいて、連帯保証人は民事再生の申立をしていない時、債権者は当然にこの連帯保証人に請求できると解釈してよろしいんでしょうか?もしそうであるならば主債務者からは再生法による返済を受け,また一方では連帯保証人からの返済も受けられるのでしょうか?それとも主債務者が再生法で決定された弁済金額が連帯保証人にも及びその範囲内でしか弁済を受けられないのでしょうか? 破産の場合は主債務者が破産、免責になっても連帯保証人に対して請求が出来るのですが、民事再生法の場合はどうなのでしょう?

  • 公正証書作成の際に必要な物でいくつかの組合せがありますが…

    日本公証人連合会のホームページに書いてあるのですが、 以下の(1)~(4)のどれで作成しても効力は同じですか? 日本公証人連合会の言うことですからどれも大丈夫だとは思います。 調べてはみるのですが、(4)が一番信頼がありそうなのですが… (1)で作るのが便利かなと思いました。 ○  当事者本人が役場に来られる場合 ・当事者が個人の場合  (1)運転免許証と認印  (2)パスポートと認印  (3)住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印  (4)印鑑証明書と実印 (1)(2)(3)(4)のうちのいずれかをお持ち下さい。 上記をふまえて、債務弁済契約書を公正証書として作成したいのですが、 債権者、債務者、連帯保証人の三者はどれも(1)持参でよいのですか? (書類は当然用意してあるとして)