• 締切
  • すぐに回答を!

トランジスタ

  • 質問No.3379077
  • 閲覧数366
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 5% (2/38)

何度も同じ質問ですが…トランジスタにおいてコレクタ電流が飽和状態になったとき、トランジスタはどのように働きますか?トランジスタ回路においては出力波形が歪んで増幅できないのはわかりますが、トランジスタの中自体はどう働いていますか?またコレクタ電流が飽和したときのトランジスタの働きはほかの素子に置き換えるとしたら何の素子と同じ働きでしょうか?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

補足の意味がよく判らないのですが。。。m(__)m

スイッチとして使う場合の非飽和領域は、電力損失を発生するだけなので、出来るだけこの領域を通る時間が短くなるように回路を設計しますし、スイッチング用のトランジスタはこの領域が狭くなるように設計されています。

あと考えられる内容としては、飽和領域で出力電圧がのびない事を利用してリミッタとして用いるのもあります。
FM信号の増幅では振幅を一定にする方がいいので、この使い方がなされます。
またオーディオ関係でも波形を歪ませるエフェクターとして使用されます。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。
飽和領域では、等価になるデバイスはスイッチです。
VCEの電圧吸収があるので電力ロスが出ますけど。

実際に遮断領域と飽和領域を主に使うスイッチング素子としても使われます。

サイリスタがスイッチング素子では有名ですが、ゲートターンオフを多用するような場合は、トランジスタの方が便利だったりする事もあり、廃れているわけではないです。
補足コメント
ist2007

お礼率 5% (2/38)

スイッチで考えると、オンとオフの(2)値動作しか考えれませんよね?デジタル的ではなくアナログ的にはどう説明したらいいでしょうか?
投稿日時:2007/09/26 19:14
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ