• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

数学者の日常について。

こんにちは。このカテゴリーでいいと思うのですが! 数学者(数学を専門に研究されてる方)の方にお伺いします。 数学者の方は普段なにをなさっているのですか?大変興味深いです。 ちなみに私は建築学科なのですが数学の先生は個性豊かで面白かったです。 あ、念のために書きますが私は数学者の方が好きで尊敬してます。 なんだかとても素朴で、かつ幼稚な質問で気分を害されたらごめんなさい。 どうぞ教えて下さい!お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数306
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • rkit
  • ベストアンサー率51% (53/103)

こんにちは。いろいろ検索してみました。 数学者ではありませんが、、 下記の3つはWebページからの抜粋です。 いかがでしょうか。 ---------------------------------- 数学者の研究室にコンピューターはあるにはあるが、もっと普通に使われるのは紙と鉛筆、あるいは黒板である。キーボードを勤勉に叩いているのは論文をタイプするときぐらいで、普段はお茶を飲みながらぼーっとしているかのごとくみえる。 (深谷賢治『数学者の視点』(岩波科学ライブラリー35) pp.53-54) --------------------------------- 書評「第三の理(根上生也)」 著者はグラフ理論の研究者で、横国大で助教授をされています。 本の帯びには「本邦初の数学小説!」と明記してあり、内容もまさに数学小説と呼ぶにふさわしいものです。 数学的な内容としては「ハノイの塔」の問題を軸にして、漸化式、等比級数、アルゴリズム、フラクタルといった考えがちりばめられています。 また、舞台も数学の研究室の日常であり、そこでは数学者の日常、数学研究の日常というものが明らかにされています。 ---------------------------------- 藤原正彦著「天才の栄光と挫折--数学者列伝」(新潮選書) 氏は、お茶の水女子大で研究生活を送る傍ら、日常や数学者の生活に、その独自の鋭く、かつ温かい眼差しを向けたエッセイを執筆されており、もともとぼくの好きなエッセイストだった。昨年NHK教育で放映された「人間講座」で、数学者を紹介するシリーズを組み、好評を博したが、そこに取り上げた数学者の人生をまとめたのが本書である。 ---------------------------------- 全て本の紹介のような感じですが、もし興味をもたれたものがあれば 書店で覗いてみてはいかがでしょうか。 参考にしていただければ幸いです。 それでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした!いずれの文も大変興味深いです。早速読んでみたいと思います。ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 数学者の自伝的書籍を紹介してください。

    来年、大学数学科に進学予定の者です。 将来は数学者になることを志望しています。 秋山仁氏の半生を記された著書を読み、数学者への希望を強くしました。 それとともに、自分でも情熱を持ち続け、努力を怠らなければ、実現できるかもしれないという前向きな気持ちになります。 秋山氏の著書以外に、このような気分になれるような書籍をご存知であればご紹介いただけないでしょうか。 あるいは数学者になることの苦労、数学者の実態などが綴られたものでも結構です。

  • インド出身の数学者

    何年か前にNHKで放送していたと記憶しているのですが、インド出身の数学者でイギリスあるいはフランスの大学の偉い先生に呼ばれて一緒に研究した人です。 記憶があやふやですが、その数学者は非常に独創的な発想の出来る人で問題の回答を出してくるが、その証明が定かでないと言ったような内容でした。 その放送の中で『円周率π(3.1415---)を√を含む簡単な分数で表現』していたと思います。 身近なものだったのですが円周率以外のものだった可能性もあります。 問合せ自体があやふやだらけですが、このインド出身の数学者のことが気になって仕方ありません。 どなたかご存知の方があれば是非教えてください。 よろしくお願いします。

  • 数学科

    こんにちは!いつもお世話になっております。 最近「数学」に興味を持ち始めました。進学も考えてます。 数学科ではどういった生活(勉強・研究)をするのでしょうか?? ちなみに今は建築学科にいます。同じ理系でも想像が付きにくいです、数学科! いろいろ教えて下さい!なんでも構いません。よろしくお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

私は数学者ではないのですが、有名な数学者の方には、こんな人たちがいます。 「秋山仁」 「森毅」(たしか京大の数学教授) 「藤原??」(作家新田次郎の息子さんで「数学者の言葉では」などの著書あり) それぞれ、個性豊かで、面白い方ばかりですよね。三人の方については、すでにご存知かもしれませんが、本がすぐに手に入ると思いますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんな質問にご回答いただきココロから感謝致します!ご紹介下さったご三方の著書は読んだ事があります。藤原正彦さんですよねーたしか。本当にありがとうございました!!

質問者からの補足

hirokiti5さんの補足欄をお借り致します。 えっと、「数学者」という単語がおかしかったかな、と今さら反省しています。「数学科在学既卒の方」といったニュアンスでとっていただければありがたいです。「こういう学校(研究)生活だった」など、ささやかなことでも構いませんので、引き続きよろしくお願いします。&「質問をし直した方が良いのでは?」というご意見がございましたらそれでも構いません。ご回答お待ち致しております。

関連するQ&A

  • 【フェルマーの最終定理】専門の数学者を御教え下さい

    早稲田大学理工学部の名誉教授・足立恒雄氏の以外に【フェルマーの最終定理】が御専門の数学者の先生を御存知ならば、どうか御教え下さい。承認の為に【私が既に発見してある簡易解法】を見て頂きたいのです。東大と東大院の数学科を出られた地元・和歌山大学の数学者・田川教授に拠ると【東大や東大院を出て居ても、専門が違うと全く判らない】のが【フェルマーの最終定理】なんだそうです。田川教授は【フェルマーの最終定理】と聞いただけで【鬼門だ】と直ぐ電話を切ったり、田川教授に何度か電話した時は、大変でした。東大や東大院の数学科を出て居ても、それ程に【震え上がる難問】なんだそうです。ところが、私は過去【7科目一括受験】時代の公認会計士試験の受験生をして居た時期が相当に永く在り、電卓が全く叩けないので受かりませんでしたが【覚える事の多い会計士試験に比べれば全くの楽勝】であって【理系大学数学の初歩を使って解いてあるので】幾ら同じ会計士試験の受験生でも【一般の文系大学卒の方々には到底、解けない】問題ですが、私は或る程度の理系大学数学を自分で勉強して知って居たので、それ程に難しい問題ではなかった次第です。私の質問欄・冒頭の質問通り、同じ慶應義塾・出身のYahoo智恵袋の職業回答者に何千件と威力・脅迫他のネット犯罪被害に遭い、現実に昨年春には母校・開成学園に脅迫状まで投函されているのですが、その犯罪被害に遭って検察特捜部に何度も修正版の解法・確定日付冊子を入れて在ると、早稲田大学・名誉教授の足立恒雄氏に説明した所、怖れて返事が来なかったので、承認に関して、他の相談できる数学者の先生を探して居る状況です。

  • 20歳から数学者

    質問があります。 今私は浪人生です。中学受験をして偏差値70程の(いわゆる御三家とか言われる程凄い学校ではありません)学校に合格したものの、入学後一ヶ月で不登校になり、それからずっと不登校で、漸く17歳の時に高卒認定(旧大検)を取得するも、大学受験現役当時、右肩を骨折し、一浪するなら、と海外留学を目論むも、留学先へ渡航し一ヶ月もしないうちに父の癌が発覚し、保険に入っていなかったため、金銭的事情から、日本へUターン、その時には既に10月で、自分の望む大学への受験準備は間に合わず、二浪を選択するも、モチベーションが全く上がらず、何もしないまま今年の受験になりました。 身の上話はこんなトコロで、話をもとに戻すとこの歳から高等数学(大学課程の数学)を初めて、果たして物になるものなのでしょうか?第一線で活躍している、数学者の人たちは遅くとも、20代後半で花開くと言われ、そして、実際に高名な数学者の華々しい成果を見ると若干20歳程で、博士課程レベルの数学を物にしています。勿論その人達が一握りのなかの一握りの天才であることは知っていますし、自分がそうなれるだなんて夢にも思っていません。 しかし、確かに若さというものが数学を探求する上で欠かせないことは間違いのないことだと私は考えさせられました。前述のとおり私はまだ浪人生で、入試に必要な分野しか知りません(実を言うと微積分学については大学の内容を勉強しました。)普通の理系の人たちと比べても2年遅れています。その20歳の時の2年の遅れが大学で数学を学ぶ上で致命的なのではないか、だから今から数学科に入っても、遅いのではないか?数学史上の稀な遅咲きの数学者の偉人は知っています。しかしその人達は史実で知られてる天才であって一般例ではありません。しかも、そのような偉人でも高齢で数学を勉強して陽の目を浴びた人は自分が知る限りでは数少ない例です。 20歳で高校数学+αしか知らない、今年から大学課程の数学を学ぶ。 これはハンデキャップになるのでしょうか? 再度身の上話を交えながら質問の意図を明確にしたいと思います。 もともと、私は数学には興味がありませんでした。 しかし、17歳の時出会った、数学の予備校講師との出会いによって私の数学に対する味方はまるで変わりました。私が最も勉強をした時期、それは中学受験まで遡るのですが、数学と云われると私にとって、それは中学受験の算数でした。それは非常に直感に頼るもので、あいにくそう言った直感の働かない、馬鹿な私は中学受験当時算数が大嫌いで、算数の問題パターン全てを丸暗記して、自分の志望校に合格したほどでした。だから、高校数学もそういった自分には向いていない、パズルを一瞬で解くような才能が必要なのだろう、そう考えていました。 とにかく高校数学を学ぶ際、私を担当する先生を苦労させました。 自分の教科書を見ると、どこどこが曖昧だ、とか、それは一般的ではなくて、この時は成立しない、だとか、厳密ではないとか注釈や二重線が大量に入っている程で重箱の隅をつつきまくっていました。 なので、担当する先生にそういった質問をぶつけると、それは大学で詳しくやる、だったり時には、根拠もなく、お前の考えは間違っている、と言われ、それでも僕はじゃぁ僕が間違っている根拠を説明して下さい、と引き下がらずまるで授業は成り立ちませんでした。ひとつ、疑問や矛盾を見つけるとそれを解決せずには先へ進めませんでした。 その時現れたのがその自分を変えた数学の教師でした。 数学科を卒業し、二十数年高校の教員をしていた方でした。 その先生は能率などまるで無視し僕の質問に厳密に厳格に答えてくれた上で 僕に様々な書籍を紹介してくれました。それは、大学以降で学ぶ数学の概要や現代数学の発展の歴史であったり、僕にとって非常に刺激的な物でした。そこで初めて、数学の構造性、形式性、そして数学という学問自体がそれを問題としていることを知り、興味関心は収まりがつかないほど膨れ上がり、数学科を志望することに決めました。 その先生は僕の事を非常に高く評価してくれていて大学への進学という関門によって君の才能が詰まれるのはあってはならない事だ、と言ってくれます。その先生は非常に変わった先生で通勤時間に小さなメモ帳にびっしりと数式を書き詰めて、独自の定理を証明していたりするのですが、たまに、僕にそのメモ帳を見せてくれて、意見を聞かれることがあり、何が書かれているか、半分分からず理解できる範囲でこうなのではないか、と意見を述べたところ、後日、君のおかげで証明できた、君に言われなければ、きっと発見することが出来なかった、と言われます。統括して、その先生いわく、君の厳格さや厳密さ、執着心が大学の数学を学ぶときに頭角を表さない筈がない、らしいです。 他にも、東大の博士課程の物理の先生に、君は努力を続ければ、研究者になれる才能がある。 と言われたり、中学、高校も行っていないのに、1年も掛からず物理の全範囲を終えた、僕の教えている生徒の中では一番優秀だ、とも言われました。 さて良い側面ではその様に私は評価されます。 然しながら自分では何故その様に評価されるのか理解に苦しまざる負えない理由があります。 第一に私の入試問題上の数学の成績は努力相応のもので、雷鳴が如く瞬時に天命を受けたかのように入試問題をとく様な所謂、ステレオな数学の秀才、ではないからです。自分はじっくりゆっくり考えるのが好きで、確かに解けるけど、制限時間がなぁ、ということがよくありますし、なんというか生まれついてのおっちょこちょい(実は自分はADHDでアスペルガーです。)で、10回に6回計算ミスをするものですから、非常に注意深く検算をして時間を食います。世間一般にイメージされる数学の秀才と言えば、よく黒板なりノートに凄い勢いで式を書いてますよね? 灘や開成といった超名門校の生徒の高校時代の逸話を聞いても、自分の数学の問題を解く姿勢、速度とは一致しませんし、その辺の学校の数学な得意な生徒、とくらべても劣っていると感じるくらいです。それから物理の勉強に関して言っても正直僕は上辺だけの理解だと思っています。正直言って勉強の時間さえ取れば、上辺だけの理解なら1年と言わず3ヶ月もあればこなす自信があります。裏を返せば、教科書レベルの知識を単純に掠めとって、章末問題を解く程度であれば本質を理解せずとも解くことが困難でないということで、物理の先生が指摘する優秀さ、に疑問符がつきます。 他にも多々理由はあるのですが、評価されるにはそれなりの理由がありますから、自分が全く才能が無いとは思いませんが、果たして、物理や、ことさら、数学の先生が言うほどのものか、学者を目指せる程、目指さないのが勿体ないほどのものか、全くもって疑わしくてなりません。特に数学の先生からの評価は買い被りではないかと思うほど凄まじい物です。 似たような質問は件の数学の先生にも物理の先生にもぶつけましたが 数学の先生からは高校数学なんて単に容量の良さだからね、大学での数学を解けるための必要条件でも無ければ、十分条件でもないよ。物理の先生からは君のいう上辺だけの理解を大半の生徒がしている、君のいう本質的な理解をしている生徒や、理解しようという姿勢のある生徒は中々いないよ、そういう君の姿勢を評価しているんだ、との事でした。 皆さんは冒頭の質問も含めて、どう感じられますか?または考えますか?

  • 建築 大学と専門学校の違い

    建築 大学と専門学校の違い こんにちは。 大学の建築学科を目指しています。 専門学校は考えていません。 面接を受けるのですが なぜ専門ではいけないのか? なぜ大学の建築学科でないとだめなのか? と聞かれた場合を考えると、 なんて言っていいのかわからくなってしまいました。 何気なく大学の建築を目指していましたが専門とは何が違うのか、、 『大学のほうがより深く学べるから』 ではあいまいですよね、、、 大学と専門学校で 建築を学ぶにあたって学ぶことの違い、 面接の体験談など教えて欲しいです。 回答お願いします。

  • 高専から建築学科編入について

    現在進路についてとても迷っているため相談に乗って頂ければ幸いです。 私は現在高専の5年生で情報系について学んでいます。そこで研究室に所属して研究をしているのですがもう少し研究をしたいと思い専攻科を希望していました。しかし、私は半年ほど前から建築士に興味を持っていたため今頃になって建築学科に行くべきか再び迷い始めました。一度は、建築学科への編入だと2年次からになり1年遅れるし、とても大変で、年収も良くないということから諦めました。しかし、今頃なって建築学科に行ってみたいという思いが出てきました。今の研究が嫌だということはないのですが、ふと落ち着いてみると建築家ということが頭から離れません。将来は建築士になって家の設計をやりたいと思ってしまいます。  こんな私は一体どうすれば良いのでしょうか。誰かどんな些細なことでも良いので何かアドバイスをくれると幸いです。よろしくお願いします。

  • 気になって…

    昨日日本大学理工学部を受けたものです。 数学七割 物理六割五分 英語八割 で建築学科受かるでしょうか? 建築学科だけ去年の合格点が離れているので非常に不安です。

  • 建築学科の特色

    こんにちは、この春高校3年になる建築学科をめざしているものです。 ネットでも色々な評判を探して読んでいるのですが、なかなかほしいレベルまで情報がないので投稿させていただきます。 第一志望は自分なりの検討の末、早稲田なのですが それ以降の志望が決まりません。 学力レベル的には高低を問いませんが、建築学科としての評判や特色など、知っていることを教えていただければ幸いです。学校ブランドやレベルは何でも良いんです、とにかく建築をがっつりとやりたいと思っているんです。 たとえば、国立大学の名が、あまり並ばないように思うのですがどうなのでしょうか。 横国とか、先生はそろっている感じはします。 東大、京大、東工大については学校のHPをみてもあまり特色が分からないといった感じがします。調べてもあまりでてこないし・・・ あとは、慶應のシス工はどうなんでしょうか、 建築学科とは名称がちがいますが、隈先生や妹島先生がいますよね。 建築学科ではないから、他の勉強もがっつりあるんでしょうか。 それと、もうひとつ気になっていることは、やっぱり、有名な建築家の先生の研究室につくと、先生がいらっしゃらないことって多いんでしょうか。せっかく好きな先生につけても、それだと何だかなぁと言う感じもします。 なにか知っていることがあれば、詳しく教えてください。宜しくお願いします。

  • 数学専門家さんの疑問

    カテゴリ違いでしたら申し訳ありません。ふとした疑問です。 数学者の卵の方とお話する機会があった際、3人とも親指の爪が真紫?色に変色しているのを見つけて疑問に思いました。 最初は、扉か何かに指を強く挟まれて、うっ血して、そのような状態になったのかしら?と思いましたが、親しいわけでもないので、本人へ尋ねるのも失礼かと思いこちらでご質問させていただきました。 3人ともだったので、数学者さんや数学を専門とする方々は指が青くなる程に、指先を駆使するようなことをするのでしょうか?だとしたら、ちょっと心配になりました。痛そうに見えたので。 それとも私が出会ったお三方が、たまたまそうだっただけのことでしょうか?

  • 合格率

    京都の精華大学 デザイン学部 建築学科 の合格率と主な就職先を 教えて下さい。 それと、建築学科でないと!なんて気持ちじゃなくて、人文学部よりは、面白いかな?ぐらいの気持ちで行くとしんどいですか? 目標が定まらないまま、建築学科に行くのはどうなんでしょうか? 興味はあります。数学は苦手です。 実際、精華大学の建築学科に行ってられる方おられませんか? 絵を描くことは好きで、デッサンの美術系塾にも行ってました。

  • 泣きたいくらいショックです・・・

    研究室配属で自分の希望の研究室に入れませんでした。建築学科なんですが自分はデザインの研究室希望だったんですが選ばれず、光(照明)の研究室に配属になりました。建築家になるために勉強をがんばってきて設計は誰にも負けないと生きてきたんですが人生のプランが崩れました。興味のない研究をするのは苦痛で、物理や数学が苦手で有限要素法や確率微分方程式ぐらいのレベルが理解できない僕は研究室の足手まといになるかもしれません。何のために難関大学の建築学科に入ったのか・・・成績ではなくじゃんけんで決まったというのが納得いきません。僕みたいに希望の研究室には入れなかった方はどのような研究室生活を送ったのでしょうか?教えてください

  • 建築学科ではなぜ数学が必修?

    一級建築士の国家試験では数学、物理などは課されていないのに なぜ大学の建築学科は必修科目としているのですか? 私が調べたところでは全ての大学が必修としていました。 もしかしたら理工学部だから当然とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが 建築士になりたいのに試験で必要のない科目を勉強するというよりも ほかにたくさん学んだ方がことがためになると思います。 アドバイスの方よろしくお願いします。