• 締切済み
  • 暇なときにでも

血管に空気が入るとどうなるの?

血管に空気が入って気泡ができるとまずいと聞きますが, なぜなんでしょうか? 御教授ください.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6380
  • ありがとう数52

みんなの回答

  • 回答No.4

どうも、めがねいぬです。 理由の一つは、血液中の血小板は空気に触れると凝固します。 血液が固まり血管をふさぐと、そこから先に血液が流れなくなります。 それが毛細血管程度であれば、新しく血管が作られますのでよいのですが、脳や心臓を栄養している血管で起きると生命にかかわります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 血管に空気が入ると死にますか?

    昔の映画などで、血管に空気を注射して殺す、みたいなシーンの記憶があるのですが、血管に空気が入ると死にますか? 今日、点滴を受けていた時に、少し空気が混入していたのでドキッとしました。 もちろん、私は死んではいませんが、それは微量だったからでしょうか?

  • 血管に何CCの空気が入るとだめ?

    他の方の質問で、血管に空気が入るとどうなるかという質問を見つけました。どうなってしまうかはよくわかったのですが、それでは実際、何CCの空気が入ると、空気塞栓などを起こしてしまうのでしょうか。

  • 点滴の中に空気が入った、教えて下さい。

    「点滴の中に空気が入った」 点滴のルートの中に、空気?気泡?が付いている状況。 輸液の滴下とともに、血管中に入りました。 この空気は、どこに行ったのですか?

  • 回答No.3

人体でまったく同じとは思えないですが、車の燃料パイプとか、ブレーキオイルのパイプなどで、温度が上がりすぎると気泡が発生し、それが原因で内部の液体が流れなくなってしまうベイパーロック現象があります。 多分教習所で習うと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • voice
  • ベストアンサー率63% (51/80)

どれだけの空気がどこから入ったかによって違ってきますが、主に問題になるのは手術中 に頚部や胸部付近の静脈から空気が吸い込まれた場合です。手術中は体位の関係上、頚部 や胸部の静脈は陰圧になっていることが多く、もしその部分の静脈を傷つけてしまうと 一気に大量の空気が静脈に吸い込まれてしまいます。 さて、吸い込まれた大量の空気は心臓の右心系に入り、そこから肺に向かう肺動脈へと 流れ込みますが、問題はここです。広い右心室から狭い肺動脈へ一気に大量の空気が流入 するため、肺動脈で空気塞栓(=空気が血管に詰まって、血液が流れなくなること)が できてしまい、肺胞毛細血管まで血液が行けなくなってしまいます。その結果、肺胞での 酸素・二酸化炭素の交換(=呼吸)がうまくできなくなり、最悪の場合は急性循環障害で 死亡にいたることもあります。 ただし、これはそれなりに大量の空気が流れ込んだときの話で、点滴や注射でちょっぴり 空気が静脈に入ってしまう程度なら問題ありません。少量の場合はそのまま血液に溶け 込んでしまうか、微少な気泡となって肺胞から排出されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kamuy
  • ベストアンサー率32% (51/156)

たしか、脳とか心臓とかの血管を詰まらせてしまって、 脳梗塞とか心筋梗塞とかと同じような症状になり、 死んでしまいかねないとか、なんとか…

参考URL:
うろ覚え

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 血管内に入った空気について

    先日母が病院で点滴中、点滴チューブ内に血液が逆流し詰まりかけたため、看護師さんがうまく直してくれたのですが、その際に点滴チューブ内にかなりの空気が入ってしまっていたらしいことにしばらくして気付き、慌ててクレンメ(点滴チューブの途中についている注入速度を調整するもの)で流れを一端止めようとしたのですが間に合わず、空気は母の血管内に入ってしまいました。 その後12時間以上経過していますが、特に母の容態に変化は見られません。 心配だったため念のため看護師さんに大丈夫かと尋ねましたが、昔、ナチスの人体実験で数リットルの空気が入っても大丈夫らしいとのことでした。 この看護師さんを疑うわけではありませんが、以前どこかで、数ccの空気が入ると空気塞栓が起こるということを読んだ記憶があり、心配しています。 どなたか血管内にはどれくらいの空気が入ると危険なのか教えていただけませんでしょうか?

  • 血管に入った空気はどこに行きますか?

    タイトル通りなのですが、点滴などで微量で入ってしまった空気は、血管の中でどのようになってどこに行くのでしょうか?また、実際どれくらいの量が体内に入れば致死的になるのでしょうか??

  • 「血管に空気が入ると死ぬ」というのは知っているんですが・・・

    現在高三のものです。 「血管に空気が入ると死ぬ」というのは前々から知っているんですが、 学校の教師から授業で「血管に水が入ると死ぬ」と聞きました。 理由も教えてくれたのですが、いまいち思い出せずにいます。 改めて聞こうと思ったんですが、その先生はしばらくして 他校に移転してしまい、聞けずにいる状況です。 ただの私的な質問なんですが、すごく気になっていることなので よければ誰か、理由も添えてお願いします。

  • 股を開いたらバキと音が鳴るんですけど、このバキと言

    股を開いたらバキと音が鳴るんですけど、このバキと言う音は空気の音だそうです。 人間の股関節という体内の下辺りにまで空気の気泡があるのはなぜですか? 血管に空気が入ると死ぬのに体内には意外に空気が存在してるってことですよね? この空気は骨から気泡として出て来るのでしょうか?肉から空気が出てくるのでしょうか? 空気の気泡って何か役に立っているのですか? 無駄だから排出されてるわけですよね。 なら腸内だけにしてガスはおならで出るのでオナラと一緒に空気の気泡も出したら良かったのになんでバキバキなる仕組みになっているんでしょう?

  • 点滴について

    最近まで入院していました。その時の疑問(不安?)について教えて下さい。入院中、幾度となく点滴を受けたのですが、たまに点滴ホースから気泡が血管内に入っていったのです。血管に空気が入っても大丈夫なのでしょうか?

  • 空気が入らないようにシールを貼る方法

    カテゴリ違ったらすみません。 数字や文字などの形に切り抜かれたシールを盤面に貼り付ける際、 気泡が入ってしまうことが多々あります。 シールの付着したシートをへらで滑らせながら貼り付けるのですが、空気がうまく抜けません。 気泡が入らなくする方法はありますか? いい方法があれば本当に助かります。 よろしくお願いします。

  • 湿度100%の空気の作り方

    学校の宿題で湿度100%の空気を作る方法を2個考えないといけません。 考えたのが 1)密室の空間にいっぱい水をいれておく 2)水の中に空気をぶくぶくと通す ことなのですが、2)の方法で空気の湿度が100%になるかわかりません。 どのぐらいの間水の中に気泡があれば湿度100%になるのでしょうか?

  • パンク・虫ゴム以外の空気漏れの原因は?

    パンク・虫ゴム以外の空気漏れの原因は? 自転車の空気が減っていたので入れ直したら、数日でまた減っていました。 パンクかと思い、バケツの水につけ気泡を確認しましたが発見できず、虫ゴムも劣化していませんでした。 一応、虫ゴムの部分をパーツごと替えましたが、また空気が減ります。 再度気泡の確認をしましたが見つかりません。 もし他に自転車の空気漏れで確認するところがあれば教えて下さい。 またパンクを見逃している可能性もないことはないので、 本当に細かいタイヤチューブの穴を見つける方法があれば、合わせて教えて下さい。 タイヤチューブはパナレーサーROAD スタンダードチューブ W/O700x35-40Cです。

  • 血管が逃げる…!?

    注射や点滴を受ける時、なかなか血管が出なくていつも看護師さんを困らせてしまいます。必ず3回は刺し直し、時には手の甲の血管が狙われる(?)のですが、かなり痛いので勘弁してもらっています。 ウチの母親などは、見るからに立派な(?)血管がたくさん浮き出ていますが、私は見えないに等しい状態です。どちらかといえば「やせ型」で腕も細いのですが…。 血管が出にくいのは体質なのでしょうか?出やすくする方法などはあるのでしょうか?? 針を刺した後に、グリグリと針を動かして「血管が逃げる」と看護師さんに言われる事があるのですが、血管が逃げる…というのはどういう状態なのでしょうか? 教えてください。

  • 血管がやさしい?、やさしくないようになりたい

    こんばんは。 献血に行くと、たいてい「血管がやさしい」と言われます。 あんまり言われるので、意味を聞くと、柔らかいという意味らしく、柔らかいと血管がひっつてしまって、献血しにくいということのようです。 あんまり言われるので、気になっているのですが、これは健康上問題のあることですか? たとえば、切れやすいとか。血管は硬い(やさしくない)方がいいのですか? そういう問題ではないのでしたら良いのですが、なんだかいけないような気がしてしまいます。 それと、もし血管が弱くて将来的に何らかの問題が起きそうでしたら、やさしくなくする(丈夫?)にすることは可能でしょうか?可能なら方法を教えてください。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう