• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

時制の意味の識別

現在完了形、過去完了形、未来完了形の継続、完了、経験の用法の識別って訳から判断するほかに識別方法はありますか、健在完了形のいみは、伴う副詞の種類で決まると参考書に書いてあるのですが、過去完了形、未来完了形でも使えるんですか? 例「継続」用法 状態動詞→have+過去分詞形+for+期間 since+過去のある時点 動作動詞→have been Ving+for+期間              since+過去のある時点

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数148
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ton-san
  • ベストアンサー率38% (23/59)

過去完了,未来完了も同じです。 副詞already, yet, justなどあがれば「完了」の意味と捉えられます。 継続も質問者さんの例と同じように判断できます。 「経験」なら,never, everなどですよね。 I had never seen a violin until then.(経験) 経験では,~timesなどもキーワードですね。 I will have been to the concert three times if I go there again.(未来完了) 未来完了でのキーワードは, 「完了」:by(~までには) The game will bave finished by three. どうでしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私が知っている伴う副詞の種類は 完了はin,over,経験はever,never,twice、継続はfor,sinceだけなんですけどこれだけではないんですね。完了を表す副詞だったら完了にしてって文ごとに判断していくんですか?それとも伴う副詞の種類は決まっているんですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ton-san
  • ベストアンサー率38% (23/59)

そうですね。副詞のみで完了形の文と判断をするのは危険ですね。 念のため補足ですが,たとえば,完了でよく使うforはもちろんほかの時制でも使えますよね。 完了の意味は前後の文で判断するのが最もよいです。 前後に文章がなくて,1文しか与えられていない場合は,そういった副詞や従属節で判断することになるでしょう。 補足の解答になっているでしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。やっぱり文を見て訳して判断するようにします。詳しく教えていただきありがとうございました!

関連するQ&A

  • 未来完了形の文

    ある文法書を見ていたら、「未来完了形の状態動詞の継続」のところに、 They will have been married for fifteen years next month. (彼らは来月で結婚して15年になります。) という文がありました。 未来完了形の will+have+過去分詞  でなく、なぜこのような形になっているのでしょうか。ほかの現在完了形、過去完了形にも起こりうるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 時制

    こんにちわ。最近ちょっとした理由で英語の勉強をしていますが本をみてもよくわからなかったので質問させてもらいます。現在形『~です』過去『~だった』現在進行形『~している』過去進行形『~していた』未来『~でしょう』ここまではあっていますよね?現在完了形 過去完了形 現在完了進行形 過去完了進行形 未来完了形になるとよく理解できなくなります。現在完了形は『~へ行ったことがある(経験)~ちょうど~終えたところ(完了)~住んでいる(継続)』過去完了が『駅に着いたとき(過去)→電車が既に行ってしまった(過去完了)』現在完了進行形や過去完了進行形や未来完了形や未来完了進行形は全くわかりません。何かつかみみたいなだけでもいいのでお願いします。

  • 時制(現在形と現在完了形・過去未来形・時制の一致)について教えてください。

    こんにちは。 英語を学んでいて… (1)現在形と現在完了形の違いがよく分からなくなってしまいました I work for 10 yearsでもI have worked for 10 yearsでもどちらも見かけるのですが、学校英語的には期間をあらわすので、I have worked for 10 years.が正しいと思うのですが、両者にどのような違いがありますか? (2)wouldを過去未来形と言うことをこの前初めて知りました。確かに考えてみればそうなのですが…。問題なのは、例えば、「私はきっと10年間は働いているだろうなと思った。そして、今、こうして働いている。」という文があるとすれば、これも10年間という期間だから完了形を使うような気がするのですが、でも、would have+P.Pを使うとなんか実際はそうなっていない的な感じになりそうなんですが…。そうなるとwouldだけを使うだけという感じになって、そうなるとwouldだけで過去の期間をあらわせるということなのでしょうか? (3)時制の一致についてよく分からないことがあります。 英語辞書にtold (that) とあるのにthat節内でwillが登場しているときがあるのですが、学校だとwouldにすると習ったのですがどうしてwillになっているのか分かりません。あと、今思いついたのですが、 仮にHe said,"I will have finished homework by next Monday."とあった場合、He told that he would have finished homework by next Monday.とすればいいのでしょうか?そうすると(2)の話で…。 わけが分からなくなってしまいます。 できれば、学校英語の場合の正解と実際の現場で通じる正解の二つをそれぞれの質問に答えていただけると助かります。 たくさん、質問して申し訳ありません。回答よろしくお願いします。

  • 英語の時制について

    「未来完了形」か「普通の未来形」かについての質問です。 Due to renovation, the toy store will not be open until the end of this month.(改築のため、おもちゃ店は今月末まで閉まっています。) 読めるんですが、なぜwill not have been openではないのでしょうか? 「普通の未来形」より、未来のある時点までの継続を表わす「未来完了形」のほうが合っていると思うのですが。 Next month we will have been married for twenty years.(来月で私たちは結婚して20年になります。) この英文では、「未来完了形」が使われていて、結婚している状態が続いているというのがわかります。 上の文はnot be open、 下の文はbe marriedが状態を表していて、その状態が継続していると思うのですが、なぜ違いが出るのでしょうか? あと基本 untilが使われている英文は未来完了じゃないです。 うまく言いたいことが文章に出来なかったので、よくわからない文章になってしまいましたが、”俺ならこう考える” みたいなのでもいいので教えて下さい。

  • “have+過去分詞 + in [over] 期間”について

    動作動詞の場合、現在完了の継続用法にするためにはhave been Ving + for 期間のようにする必要があると思うのですが、さらに参考書に下のようなことが載っていました。 「動作動詞の場合、have+過去分詞 + in [over] 期間 という形も使われる。 (例)Technology has advanced greatly in ○[over ○/for ×] the last fifty years.」 この文は動作動詞の現在完了の「継続」ですか?つまり Technology has been advancing greatly for the last fifty years. とイコールというわけですか?それとも「完了」の意味ですか?

  • 現在完了形と現在完了進行形

    現在完了形の継続用法と現在完了進行形ではどのようなニュアンスの差が出るのでしょうか。 例えば「私は3時間勉強してます」という文では、 I have studied for three hours. I have been studying for three hours. の、どちらの文の方が適切ですか? 今まで漠然と、完了形は長い期間、完了進行形は短い期間だと思っていたので下の文を書いていたのですが、上の文でもおかしくないのでしょうか。どなたか教えてください。

  • 現在完了進行形

    I have been smoking since I was twenty. so it's part of my life now. 20歳の時から吸っているので、もう生活の一部になっています。 上記は煙草を吸っている期間を示した文です。 そこで質問ですが ここの have been ingが私的に詰まってしまいます。 継続中の動作ということですが これだと20歳から絶えず吸い続けている・・・1秒たりとも吸ってない期間が無い みたいな感じになりませんか? 継続用法であり 「動作動詞だからingになっている」・・・ただ、それだけの理由でこの用法なのでしょうか? あるサイトでは 「定期間の不連続な動作の反復」 は have+過去分詞 との記述があったので この「20歳からずっと煙草をすい続ける」という行為は  不連続な動作の反復なのではないのでしょうか? 15分ほど前から1本の煙草を吸い続けている~なら完了進行形でも良いと思うのですが・・・ まさか have been までが完了形で smokingは動名詞とか・・・ どなたか解説をお願いします。  

  • 過去完了(継続)

    For nearly four years, the mother had sent her children to the JCC. という文の had sent についてお尋ねします。 このhad sent は過去完了の継続の用法だと思うのですが、 send は継続を表す場合、動作動詞(ですよね?)なのに had been sending とならないのはなぜでしょうか。 send は、rain, study, learn, work...などのように完了進行形でも完了形でも同様に継続を表せる動詞なのでしょうか。 For nearly four years があるので継続だと考えましたが、継続ではなく完了など別な用法なのでしょうか。どなたかよろしくお願いします。

  • 不定詞の副詞的用法の時制

    I went to the store to buy a book.本を買うためにという副詞的用法ですが、例えば「~するために」の部分に完了形の意味合い(完了させるため、経験するため)というニュアンスを入れることが、そもそも可能なのでしょうか?「その仕事を仕上げるため(完了させるため)に今一生懸命働いている」とか「留学を経験するために今一生懸命勉強している」この場合は完了形を使うのではなく、単にto finish up the workやto study abroadとするのか?が知りたいです。とどのつまりto不定詞の完了形、動名詞の完了形で完了時制(完了、経験、継続)を出すのは名詞的用法のみ可能なのでしょうか?変な質問ですみませんが情報をください。

  • 現在完了について

    She used go swimming every Saturday, but she hasn't swam for nearly a year. この文のbut以下の現在完了についてですが、いわゆる完了形の分け方「完了・経験・結果・継続」において、これはどれにあたるのでしょうか?継続とするのが適当なのでしょうか?(ほぼ一年間ずっと泳いでいなかった…のだから)ですが、swimという動詞は明らかに動作動詞です。基本的に継続用法において使用できる動詞は状態動詞ですし、それ以外の動詞を使う場合は完了進行形にしなければならないはずです。 穴埋め問題であったために、完了形は一つしかなくすぐに選んでしまったのですが、よく考えるとイマイチ ぴんとこないので、ここの詳しい解説をぜひお願いします。