• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

このお話のタイトルを教えて下さい

おそらくイギリスかヨーロッパの古いお話だと思うのですが、いろいろなお話が載ってる文庫本で読んだもので、もう一度読みたいのですが、作者名や文庫本の名前が思い出せません。  話の内容は、10歳くらいの女の子とそのおばあさん(ひいおばあさんかも知れません)のお話で、仲の良い女の子とおばあさんが、経済的にやっていけなくなったので、やむなく別れて(おばあさんは老人ホームへ、女の子は住み込みでベビーシッターとして働き)、女の子がベビーシッターとして働いてるお金持ちの家で、その女の子が赤ちゃんにお湯をつかわせながら、以前おばあさんが唄っていた子守唄を唄ったところ、そのお金持ちの家に来てるお客さんが非常にその子守唄に興味をもち、その女の子のおばあさんに会わせて欲しいと頼み、その唄のおかげで最後には女の子は相当な額のお金を手にし、おばあさんと女の子がもとどおり一緒に暮らせるようになった、というお話です。  このお話が載っている本の題名や作者名がお分かりの方はどうぞ教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

エリナー・ファージョンの「ねんねこはおどる」という話だと思います。 10歳のグリゼルダと、110歳のカーフューひいばあちゃんのお話ですね。 以前は、岩波少年文庫の「ムギと王さま」に含まれていたようです。 今は、お読みになった本そのままの形では出ていないと思いますが、 「ムギと王さま」(ファージョン作品集3) http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/2/1150830.html または、岩波少年文庫の 「天国を出ていく--本の小べや(2)」 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/7/1140830.html で読めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!私の書いた荒筋で、すぐに分かるなんてWitchWatchさん(このお名前もファンタジーの香り高く、児童書がとてもお好きなのではないかと思います)すごいですね!早速図書館で「ムギと王様」を借りてきました。この本は「買い」だなと思ってるところです。他にもいいお話がたくさん載ってますね。本当にどうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 題名を教えて下さい!!

    たぶん、TV映画だと思うのですが、原作は「クリッヒ」という作家さんの、邦題は「甘い女」という文庫がでています。その文庫のあとがきに「TV映画化される」と書いてあったと思うのですが、何年か前にTVの深夜放送で同じ内容の映画を観たような「気がする」のです。 内容は、旦那さんが医者で、奥さんが友達と(あるいは姉?)、お店をはじめるにあたり、子供が小さいため、ベビーシッターを住み込みで雇います。 でも、そのベビーシッターは実は旦那さんの愛人で、旦那とそのベビーシッターとで 奥さんを殺し、保険金をもらっちゃおう、と企んだまではいいのですが・・・、のよう な内容です。 アメリカでの本の原題は「Where's Mommy Now?」との事。 もしかしたら映画化にさえなっていないかもしれないのですが、知ってらっしゃる 方がいたら教えて下さい!!

  • この物語のタイトルを教えてください

    子どもが塾でもらってきた国語のプリントに載っていた物語なんですが、 タイトルや作者名が載っていなかったため、続きを読みたくても読めずに困っています。 物語のタイトル(作者名)をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 <あらすじ> 主人公はある学校に転校してきます。 そのクラスにひとり活発な女の子がいるのですが、家で鳥を飼っているらしく 餌にしたいからといってクラスメイトから要らない給食のパンをもらっています。 クラスに馴染んでいない転校生は初めのうちは静観していたのですが、 日にちがたち、色々な学校行事などを経験するうちに、 どうやらその女の子の家は大変貧しいらしいということがわかります。 パンを欲しがる本当の理由を知った主人公が、はじめて女の子にパンをあげたところ 女の子は突然泣き出し、主人公にそのパンを投げ返しました。 以上のようなお話です。 どうかよろしくお願いします。

  • この漫画のタイトルは?

    20年位前の読みきりで、 (たぶん「少女~」)身寄りのない女の子が金持ちの相続人になって、その家に招かれる。 しかし、夜には幽霊騒ぎ。 でもそれは実際にはホログラムでの合成。 女の子を怖がらせて追い出す作戦だった。 この話のコミックスが出てたらかいたいんです。 作家名もわからないんですが。 おそらく少女コミックか少女フレンドだと思うんですが。

  • 戦争中に徴兵を逃れるために山に隠れた話のタイトルと作者

    戦争中に徴兵を逃れるために山に隠れた話の作者とタイトルが知りたいです。 内容は確か、戦争に疑問を感じ、非人道的な徴兵検査の話を聞いて(受けてだったかも)、逃げることを決意し、北アルプスの山中(高天原だったと思います)に隠れるというものです。 隠れる世話をしてくれた人の娘さんに恋心をいだいたり、彼が隠れた(徴兵逃れ)せいで、取調べを受けたお父さんが警察で殴られたことによりなくなったりする話もあったと思います。 孤独と戦いながら隠れとおし終戦を迎えます。 隠れる手配をしてくれた人が、終戦のニュースを聞くやいなや家を出発し、夜通しあるいて知らせにきてくれるところで、感動したものです。 内容はこのように覚ええているのですが、タイトルも作者もどうしても思い出せません。 私が読んだのは文庫本(講談社)で、何巻かに分かれていたと思います。 何か、手がかりだけでもお願いします。

  • 作者とタイトルが思い出せません。。。

    初めまして。 今から10年ほど前、小学生の頃に読んだ小説のタイトルと作者名が思い出せず困っています。どなたかご存知の方、またはその作品を読まれたことがある方がいらしたら、教えていただけないでしょうか。 子供向けの文庫本で、確か表紙はピンク色で女の子の全身のイラストでした。 内容は主人公の女の子が学校で何者かに髪を切られ、その犯人を突き止めるという話でした。 主な登場人物に同級生の男の子が二人出てきて、主人公を助けるんですが、確か優等生の「たもつくん」とやんちゃな「りゅう」という設定だったと思います。 結局、犯人は主人公を妬んだ親友だった、という物語です。 どうしてももう一度読みたいです。 ご協力お願い致します。

  • 20年以上前のホラー漫画のタイトルを教えてください

    私自身は見た事がないのですが、最近姉がしきりに気になっている漫画があるので教えてください。 15~20年程前に、親戚の家にあった膨大な量の漫画の中にあったホラー漫画ですので、おそらく20年以上前の漫画だと思います。 ○金持ちの家に猫の呪いによって醜い女の子が生まれる ○同じ頃、貧しい家に美しい女の子が生まれる ○金持ちの家の親(?)が貧しい家の女の子とすりかえる ○元・金持ちの家の子は、猫の呪いによって鳥を食べたりする ○元・金持ちの家の子は、包帯を巻いていた ○どうやら先祖(親?)が昔、猫と少女を壁に生き埋めにしたために猫に呪われたらしい このくらいしかわかりません・・。 どなたかご存知でしたら、タイトルと作者を教えてください。 もしかしたら、結構有名な漫画家さんかもしれないそうです。

  • 小説のタイトルが思い出せず困っています

    去年読んだものなのですが、短編がいくつか収録されていた文庫で、そのなかの短編のひとつに、太宰治を敬愛する女のコを好きになる主人公の話があったのですが、それをまた読みたくてその文庫を探したいのに、タイトルも作者も思い出せず困っています…。 最近の作家さんのものだったことは憶えています(男性作家…だったような)。 物語の内容は簡単に言えば上記そのまま。詳しく憶えている場面は、その女のコがあまりにも太宰を敬愛するあまり自分を山崎富栄(太宰の心中相手)だと錯覚して自殺するのではないかと心配する主人公が、失踪した彼女を探すというラストシーンです。 こんな説明でわかる方いらっしゃるでしょうか? どなたか心当たりのある方、教えて下さい!

  • この絵本のタイトルを知りませんか?

    こんばんわ。 以前にも質問させていただいたのですが、わからなかったので再度質問させていただきます。 26年から27年前(?)のおそらく幼稚園でもらってきた絵本だったと思うのですが記憶があいまいです。薄いソフトカバーの絵本で、内容は、男の子が眠れなくて困っているとおばあさんやくまなどが次々部屋に入ってきて、眠れるように子守唄やお話を聞かせたりしてくれます。それでも男の子は眠れず、とうとう皆で朝まで踊ることにするのです。そしてやっと眠くなった男の子が眠ると枕元に今まで部屋にいたおばあさんやくまが人形になっている・・・というような内容だったように思います。色々調べたのですが、出版社すらわからず困っています。私の記憶だと挿絵がさとうわきこさんや、アンドレ・ダーハンさんの絵に似ていたような気がします。 ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひご回答をよろしくお願い致します!!

  • 子守唄の歌詞を教えて下さい

    昔、昔その昔、オーロラの咲く北の国、雪のお城がありました。で始まる子守唄です。子供の頃母が歌っていたものですが、所々しか思い出せないのです。産まれた娘に唄ってあげたいので、どうか教えて下さい。また、歌のタイトルや作者がお分かりでしたら是非教えて頂きたいです。歌の終わりは (それから母さんどうしたの・黙ってお聞きよ、いい話。お話聞いてねんねんよ)というものでした。

  • この本のタイトル、教えてください。

    十年ほど前に読んだ本を探しています。 短編漫画集のようなもので、サイズが大きめ本でした。 巻頭の短編の内容は 主人公の少年は、夏休みの間親戚(祖父?)の家に預けられることになった。 その家には大きな容器に一杯入った飴があり、祖父は「不思議を見つけるごとに一つあげる」と言う。 不思議なものとは何かを悩む主人公だが、親戚の家に暮らす女の子と一緒に遊んでるうちに不思議でないものなど何もないことに気が付く。 そして親戚の家を離れるとき、容器一杯だった飴玉は一つも残っていなかった、というお話。 その他、『宿題の絵に、一日の色全てを塗った話』『自分の住む町の地図を作る話』 『地球は丸いと聞かされた少年が、高台の木から自分の町を一望する話』などがあったかと思います。 あと巻末に作者の旅行記?のようなものがあったかと思います。    検索しても思うように見つからず、悩んでいます。 作者名や出版社など、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。