• ベストアンサー
  • 困ってます

splumeの特許について

仮想空間サービスのsplume(スプリューム)の特許に関して質問です。 「仮想空間をシームレスにつなぐ技術(特許取得済)」とありますが、これは空間をシームレスにつなぐというアイディアが特許なのでしょうか?それとも、空間をシームレスにつなぐことのできる、ある1つの技術が特許なのでしょうか? 後者であるならば、スプリュームの技術以外を用いての空間をシームレスにつなぐサービスを第2者が展開することは可能なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数63
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • TofStar
  • ベストアンサー率45% (28/61)

アイデアは保護対象外です。 別の発明や考案で同一の作用効果を持つものは、特許権者や実用新案権者以外の者が実施することに差し支えはありません。 ただ、既にある特許や実用新案を利用したり改良したりするものであれば、話は別ですので、ご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

成る程。そのような仕様でしたか。 とても分かりやすい説明、本当にありがとうございます。

関連するQ&A

  • 画期的なアイディアがうかんだんですが、このアイディアの特許をとるためにはどうしたらいいですか?

    1.音声をリアルタイムなキャラクターの動きに変換する ・マイク ・音声を文字にする技術+文字ごとに対応した口の形の映像 ・音声から感情を読み取る技術 ・(補助として)ウェブカメラと、映像から表情を読み取る技術 これらを使って、話者の表情、口の動きをキャラクターの表情、口の動きとしてコンピュータ上で再現する 2.仮想空間上での位置関係に対応した音声の強弱を、5.1chスピーカーを利用して再現する この2つの技術によって多人数音声チャットにありがちな「誰が喋っているのかわからない状態」を回避し かつ、自分の映像を見せずに、自分の表情をキャラクターに投影させてコミュニケーションがとれる という画期的サービスを思いつきました。 このアイディアで特許をとることはできるでしょうか?

  • 特許について。

    特許と言うものはどういうものに対して取得できるのか教えていただけないでしょうか。インターネットでのシステム(例えば、新しい形のチャット、掲示板等)や、アイディアとアイディアを組み合わせた概念等で取る事ができるのでしょうか。質問自体がわかりにくいですが、特許関係の事をわかりやすく説明してくれる方、どうかよろしくお願いします。

  • 特許って簡単に取れるものなのですか??

    その道の専門知識も何も無い、ド素人からの質問です(失礼します)。 「特許って、簡単に取れるものなのですか?」 「簡単に」とは取得手続きの煩雑さ云々ではなく 技術的にそれほど高度なものでなくても、とにかく 申請すれば特許を取得できてしまうものなのか? それとも産業発展に著しく貢献するような技術的に優れた 発明でなければ容易には特許を取得できないのか? .......という意味の質問です。 つまり、「特許」の価値を知りたいのです。 何故こんな質問をするのかと申しますと、最近とある特許製品を 見せてもらったところ、あまりその技術的な凄さを感じなかった からなのです。大学の講義などで聞きかじった知識で、私の中では 特許とはハイレベルな技術を申請しなければ取得できないもの、 という印象があったのですが...... そんな訳でして、特許に対する価値観が揺らぎ気味なのです。 実際のところ、特許の価値ってどのくらいのものなのでしょう? その道にお詳しい方、ご回答よろしくお願い致します。

  • 映画のタイトル教えてください

    記憶が定かではないので順次補足できるものは補足していきたいと思います。 かなり前の映画です。マトリックスに似た仮想空間での話だったと思います。主人公は椅子に座らされていて、その装置が生み出した仮想空間の住人です。椅子が置いてある部屋は、円筒形で中心に椅子が1つ置いてあった様に思います。いきなりラストなのですが、結末で黒幕が勝利したかに思えた後、それは仮想空間での出来事で、椅子には黒幕が座っており、現実空間で主人公は立ち去っていく… というような映画だったと思います。

  • 特許取得について

    インターネットビジネスをやっておりまして、ユニークなコミュニティ運営システムをもっているのですが特許が取れるものなのかどうか調べております。アメリカのpriceline.comなどは技術というよりもほとんどアイディアだけで特許を取得したことが有名ですが、日本ではそのような事例はあるのでしょうか?また、インターネット系に強い特許申請を代行して頂ける弁護士さんなどいらっしゃればご紹介いただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

  • アイディアだけでも”特許”になりますか?

    全くの素人なんで教えてください。 今ある技術を組み合わせて、新しいシステムを構築する、なんていうアイディアも特許を取れるのでしょうか?それとも、それを具現化する技術的裏づけが無ければ、特許は取れないのでしょうか? 例えば、現在ハイブリッド車の特許はトヨタが多数所有し、それをホンダが避けた技術を開発するか、対価を払って活用していると思います。”ガソリンエンジン”と”電気モーター+発電+バッテリー”の組み合わせがハイブリッド車ですが、それぞれの技術は例えば50年前にもありました。当然50年前は、それを具現化するだけの技術が無かったと(特に現在のように効率のよい制御技術)推察されますが、50年前に思いついた人がいれば、それは特許と成りえたのでしょうか? 私が今”思いついて”いるのは、それぞれは既に”実用品”として世の中で販売されていますが、電機メーカー・建設・電力会社・住宅設備を巻きこんで、一つの”規格”のようなものを制定し、初めて具現化するものなんですが、私自身は何一つそれらを具現化する技術を有しておりません。 アイディアレベルでもOKなのか、技術の裏づけが必要なのか?後者の場合、どの程度の技術レベルか(トヨタもまだ具体的に商品化できない勅許も持っていると思います)、教えていただけると助かります。

  • 既出し機能の特許出願について

    先日、某ベンチャーの代表取締役がA社を立ち上げて、新聞のインタビューで、展開してるASPの一部機能について特許出願中ですという記事がありました。 あれ、この会社がやってることって既に知名度は低いけどB社が某ASPで世に出てる機能だけど特許とれんのかと。 普通、既に世に出ている機能については、特許出願しても取得することができないと思うのですが、もし仮に特許庁がB社の某ASPを見落として特許が取れてしまった場合、 1. A社はB社のASPサービスを特許権侵害で訴えられるのか。 2. A社のASPサービス発表後、A社特許権取得前にC社が同じような機能をもったASPサービスを展開した場合、A社はC社のASPサービスを特許権侵害で訴えられるのか。 二つのパターンについて教えてください。

  • 特許の内容

    ある会社に商品についての質問をしたのですが 特許を取得しているので回答できないといわれました。 特許というのは他人が無断でその技術を利用出来ないようにするものだと 思っていたのですが、内容自体も非公開に出来るものなのでしょうか?

  • 特許とその侵害について

    私は趣味で機械作りをしているものです。 今、私の所属しているとある同好会で使うあるシステムをつくろうとしていまして、そのシステムに組み込みたい技術があるのですがその技術は特許をとっていて今同好会の中で使っていいかどうか話になっています。 特許法の文章を読んだのですが何分高校生であるためあの法律文章独特の文法をどうにも理解することができずに困っています。 ですので詳しい方がいれば下の質問に答えて欲しいのですが、 1)そもそも特許とは一体どんなものなのでしょうか。 2)特許を取得した技術はどのような条件において侵害とみなされるのでしょうか。 3)個人や同好会等で非営利目的でその技術は使えるのでしょうか。 4)その技術を組み込んだ機械を一般に展示したり大会などでその作った機械を使っても大丈夫でしょうか。 5)もしその技術を使えるとすれば他にどのようなことに注意すればいいでしょうか。 できれば詳しくご教示ください. お願いします。

  • 職人の世界で技術の継承が難しいものは

    ネット上に情報が溢れていてなんでも手に入るという錯覚に陥ってる若造たちがいるようです。 職人の世界の技術継承がいかに大切かわかっているのでしょうか。 ネットなど一部で仮想空間に溺れ現実がわかってない方々が多くなったと思いませんか。 現実に技術継承ができなくなってるものはありませんか。 職人の技術継承についての考察をお伺い申し上げます。