• ベストアンサー
  • 困ってます

弱酸を弱塩基で滴定

弱酸を弱塩基で滴定するとpH曲線はどのような形になるのでしょうか????

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数1298
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

エッセンスは次のページにあるので読んでみてください。 ttp://www.fnorio.com/0024Acid_Base_and_equilibrium_constant1/Acid_Base_and_equilibrium_constant.htm プロトンジャンプが緩やかになり等量点が不明瞭になることもポイントです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

pH=3あたりから始まって、中和点がpH=7でpHが10ぐらいで水平になります。あの塩酸と水酸化ナトリウム(強酸:強塩基)のグラフの縦幅を少し縮めた感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#62864
noname#62864

大雑把に言えば、当量点でのpHの変化の小さいpH曲線になります。 最初と最後も強酸性や強塩基性にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和滴定 強酸と弱塩基

    中和滴定の曲線で なんで強酸、弱塩基 弱酸、強塩基の時は 中和点がpH7にならないんですか?? 確か、加水分解が起こってその影響だったと思うのですが… 自信がないので詳しい解説をお願いします!!!

  • 酸塩基滴定曲線

    弱酸で弱塩基を滴定、また、弱塩基で弱酸を滴定した場合、滴定曲線や量的関係はどのようになるんですか??

  • 弱酸と弱塩基をくわえたときのpH

    弱酸と弱塩基(水中)をくわえたときのpHの求め方を教えてください。 弱酸の解離定数をka 弱塩基の共役酸の解離定数をkbとしたとき、 それぞれの濃度にかかわらず√ka*kbになったような気がするんですが・・・。

  • 滴定曲線の書き方

    横軸に加えた物質の量(x10^-3[dm^3])、縦軸にpH、にした時の滴定曲線の書き方がわかりません。横軸からpHを求めたいのですが、その計算式がわかりません。明後日テストで、教科書を見ても詳しく書いていないので質問しました。弱酸と強塩基、強酸と弱塩基について教えて下さい。よろしくおねがいします。

  • 弱酸と弱塩基を含む混合溶液のpH

    濃度CAの弱酸HAと濃度CBの弱塩基NaAを含む混合溶液のpHが以下のようになることを導け。 (酸解離定数をKaとする)   pH = pKa + log(CB/CA) -------------------- 弱酸のpHは   pH = 1/2(pKa - logCA) 弱塩基のpHは   pH = 7 + 1/2(pKa) + 1/2(logCB) で求められると教わりました。 上記2つの式は導けたのですが、混合溶液になるとうまくいきません。 どなたか回答をお願いします。 m(_ _)m

  • 弱酸と強酸、弱塩基と強塩基

    高1の化学なのですが 弱塩基と強塩基、強酸と弱酸の見分けみたいのってあるのでしょうか? やはり、覚えるしかないのでしょうか? 明日中間テストなんです。 宜しくお願いします!

  • 複数の弱酸に弱塩基を加えた時のpH計算について

    弱酸、弱塩基の化学を理解しようとしている者です。 以下、どうしても理解ができず困っております。 宜しければご教授いただきますと幸いです。 <ご質問> 弱酸が複数種(できれば4種の場合)ある系に弱塩基を1種類加えた場合の最終pHの 計算の仕方について、 (1)酸全量の中和未満時(当量以下の塩基を加えた場合)のpH (2)酸全量の中和時(当量の塩基を加えた場合)のpH (3)酸全量の中和以上(当量以上の塩基を加えた場合)のpH の算出方法(考え方)がございましたら教えてください。 何卒、宜しくお願い致します。

  • 弱酸と強塩基の電導度滴定

    毎回お世話になっています。 お聞きしたいのは強酸(HCl)ー強塩基(NaOH)と弱酸(CH3COOH)ー強塩基(NaOH)を電導度滴定したときに描く曲線についてです。 1.“強酸の場合、電離度がほぼ1なのでNaOHの滴下量の増加に応じて[H+]が減少してゆきます。すなわち電解質の減少を意味し、電導度が小さくなってゆく。したがって電導度(縦軸)と滴定量(横軸)との曲線は中和点まで減少し、中和点で極小、その後増加してゆく。”と考えているのですが、合っているのでしょうか?間違いがございましたらご指摘お願いします。 2.“弱酸の場合、電離度が1よりかなり小さいので(0.01付近)、NaOHの滴下量の増加に応じて[H+]が減少してゆきます。[H+]が減少するとルシャトリエの法則により弱酸が電離する反応が進み、さらに[H+]が放出されます。中和滴定の際、弱酸の濃度が小さくなると電離度は大きくなりますが、即2倍や10倍になることはないので、[H+]は減少してゆきます。すなわち電解質が減少し、電導度は小さくなってゆく。したがって強酸の場合と同様な曲線を描く”と考えているのですが、実際は滴定量の増加とともに電導度は上昇してゆきます。なぜでしょうか? 3.今回曲線を描くために用いた電導度とは比電導度なのですが、弱酸の場合の結果を得るには当量電導度を用いなければならないのでしょうか? 大変混乱しているのでおかしなことを書いているかもしれませんが、ご教授のほどお願いします。

  • 強酸・弱塩基の中和滴定

    0.1mol/dm3(f=1.013)のアンモニア水20.0cm3を0.1mol/dm3(f=0.985)の塩酸で滴定した。当量線までに必要な塩酸の滴定量(cm3)と当量点のpHを求めよ。 強酸・強塩基の場合はnCV=n´C´V´で当量点を求めて。-logでpHが決定して終了ですよね? 今回は弱塩基を使用したのでアンモニアが解離しているので、滴定量の出し方が不明です。どのように滴定量を導くのでしょうか? ちなみに、アンモニア水の解離定数はKbn=1.79×10^-5

  • 弱酸の中和滴定で終点が分かりにくい理由

    シュウ酸の定量において、弱酸の終点は分かりにくいのでNaOHとの中和滴定よりもKMnO4との酸化還元滴定の方が一般的なのでしょうか?? また、弱酸の中和滴定の終点が分かりにくい理由・弱塩基の場合も分かりにくいのかどうかを教えて下さい。