• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

無水酢酸と塩化アセチル

一般的にアセトアニリドはアニリンと無水酢酸、あるいは塩化アセチルよって合成されるはずですが、多くの学生実験では無水酢酸が使われているようです。 無水酢酸と塩化アセチルでは危険性に差があるのかと思ったのですが、調べてみるとむしろ無水酢酸の方が危険なようにさえ感じました。 アセトアニリドの合成で無水酢酸を使用することのメリット、あるいは塩化アセチルを使用することのデメリットはあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5224
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#62864

無水酢酸の方がはるかに扱いやすいです。 塩化アセチルは揮発性であり、刺激臭もあります。 また、無水酢酸よりも分解しやすいので、長期の保存を必要とするのであれば、試薬の管理も面倒です。 塩化アセチルでなければ無理という場合は仕方がないですが、無水酢酸を用いる方が楽ですし、安全です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。 御丁寧に説明してくださってありがとうございました。

関連するQ&A

  • 無水酢酸とアニリン

    アニリンと無水酢酸を反応させアセトアニリドつくったのですが。この際アニリンと無水酢酸を入れるビーカーは乾燥しているものを使えと指示が出ました。何故乾燥していないといけないのですか?

  • 無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。

    無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。 実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。 C6H5NH2+(CH3CO)2O →C6H5NHCOCH3 + CH3COOH この式のどこに熱の発生を書けば良いのかということとどうして発熱するのかをできるだけ解りやすく教えていただけると助かります。 あとこの実験で蒸留水の中にアセトアニリドを溶液の状態で混合させたところ刺激臭が発生しました。ニオイの感じではアンモニアだった気がするのですが・・・アニリンのアミノ基と蒸留水が反応してアンモニアが生成されたという事で良いのでしょうか?

  • 無水酢酸について

    学校の選択化学の実験で、どうしても無水酢酸が必要になったのですが、 学校から無水酢酸を試薬として購入する事はできないそうです。(特別な届け出が必要らしいので) 他の物質から無水酢酸を作る方法としてはどのような事が考えられますか? (五酸化二リンで脱水する方法も聞いた事がありましたが、学校にはそれもありません・・・) 行う実験の式はこのようなものです。他の物質で代用もできるのでしょうか? (CH2)6N4+4HNO3+NH4NO3+6(CH3CO)2O    →2(CH2)3(NNO2)3+12CH3COOH ヘキサメチレンテトラミン+硝酸+硝酸アンモニウム+無水酢酸→ヘキソーゲン+酢酸 (エネルギー物質の実験として)

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#117514

無水酢酸は普通に扱えますが、 塩化アセチル(酸塩化物一般)はアンプルに入っており、 扱いが面倒です。シリンジ(注射器)を使って一般には操作します。 空気中の水分と反応して白煙を上げて分解していきます。 その点、無水酢酸は安定してます。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%AB

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。 参考URL大変役に立ちました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

あと、試薬のコストもあるのかもしれないと思いました。 日本だと現在どうなっているか知りませんが、私が今いるところだと、無水酢酸と塩化アセチルだと結構な値段の差があって、後者が高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。 それぞれの特性を化学大辞典で調べたのですが上手く違いが発見できなかったものですから・・・。 色々とありがとうございました。

  • 回答No.1

どういう点で無水酢酸の方がやばいと思われたのでしょうか? 私個人の感覚としては、塩化水素が加水分解で出てくるアセチルクロリドの方が危険と感じますが・・・(どちらもたいしたことはないにせよ) 塩化アセチルだと、系中で塩化水素が発生し、これをトラップするのに一当量のアニリンが消費されてしまいます。ですから、別のアミン(普通トリエチルアミンかと思います)を入れないといけないので、学生実験だと、臭いし操作が(ほんの僅かにですが)面倒くさくなるのも嫌なのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸

    塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸を作る反応原理を教えて下さい

  • アセトアニリド

    アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成する実験を学校で行ったんですが、ウォーターバスで冷やしながらナス型フラスコ内でアニリンと無水酢酸を混ぜたんですが、この時フラスコ内でピンク色に固まってしまったんですが、これはどうしてなんですか!?固まってないところもあったんですが。。。 回答よろしくお願いします。

  • 氷酢酸と無水酢酸の違い

    氷酢酸と無水酢酸の違いについて知りたいです。 構造の違いや、食品添加物として使用する際の違いなど教えてください。

  • アセトアニリドの合成

    アセトアニリドの合成の実験で一旦アニリンをアニリン塩酸塩にしてから無水酢酸と反応させて合成をしました。 アニリンをアニリン塩酸塩にするのはなんでですか? 回答していただけたら幸いです。

  • 無水酢酸の使い方

    化学大辞典だと思いますが、酢酸ニッケルの製造方法として、 無水酢酸に硝酸ニッケル六水和物を溶解すれば酢酸ニッケル が析出するとありました。 無水酢酸は(CH3O)2Oなので単純に各々1molずつ混合すれば 良いのでしょうが、具体的に製造方法をご存知の方、お教え 願います。 又、無水酢酸を扱う場合、防毒マスクと酸性ガス用の吸収缶を 使用すれば良いのですか? その他注意事項があれば教えて下さい。 又、なぜ硝酸ニッケルなのでしょうか。 硫酸ニッケルでは駄目なのですか。

  • ゲラニオールと無水酢酸を合わせて出来る合成物の名前ってなんですか???

    ゲラニオールと無水酢酸を合わせて出来る合成物の名前ってなんですか????

  • 無水酢酸を加水分解して酢酸にする意味って??

    アスピリンの合成について質問です(+_+) アスピリンの実験で、「精製水を70ml加え、10分間置いておく」とあり、その操作は、無水酢酸を加水分解し、酢酸に変えている操作だということまでは分かりました。 しかし、なぜその操作をする必要があるのか?? その操作の肝心な意義が分かりません(*_*) 誰かわかる方、いらっしゃいませんか?? 回答、お願いします((+_+))

  • アセトアニリドの合成方法について

    アセトアニリドの合成するときに用いる、化学物質についての質問です。 合成するには、アニリン、無水酢酸、酢酸を用いるようですが、 なぜ酢酸を用いるかが分かりません。 普通に、アニリンと、無水酢酸だけでも、アニリンの窒素が非共有電子対を持っているので、 それが、無水酢酸のちょっとプラスに帯電した炭素に攻撃して、 アセトアニリドと、副産物として、酢酸が合成されませんか? 酢酸を用いることには、一体どういう意味があるのでしょうか? 調べてみると、酢酸は、溶媒として用いると書いてたりしますが、それだったら、水でも いいのでは?と思ってしまいます。 それとも、酢酸を用いるのは、合成が完了したときに、水を加えると、 酢酸は、水に溶けて、アセトアニリドは水に難溶性を示すので、 アセトアニリドを結晶として析出させるためでしょうか? 出来れば、酢酸を用いたとき、どのような化学反応が起こるのか知りたいです。 回答お願いします。

  • アセトアニリドの精製法について

    ・アニリンに直接無水酢酸を加えてアセトアニリドにした。 ・アニリンをアニリン塩酸塩にしてから酢酸ナトリウムと無水酢酸を使ってアセトアニリドにした。 この二つの反応の違いを教えてください。

  • アセトアニリドの合成について

    無水酢酸と氷酢酸混合物(体積比1:1)とアニリンを加熱(100~120℃)してアセトアニリドを合成しました。収率の低い原因として、操作上の問題のほかに何が考えられるでしょうか? 加熱温度は十分なのでしょうか?また、反応中に [無水酢酸+アニリン→アセトアニリド+酢酸] の反応は平衡状態になったりするのでしょうか? そのへんのことを教えてください。