• ベストアンサー
  • 困ってます

アセチル化

アニリンのアセチル化の実験で、アニリンと無水酢酸、酢酸を使用したのですが、酢酸をなぜ使用したのかわかりません。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2826
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • Julius
  • ベストアンサー率77% (168/216)

なんだかすっかり恥の上塗り状態ですが(^^;) A-No.5のlmc7vxさんの回答が間違いなく正解でしょう! アニリンはそもそも水には溶解しません。 だからアニリンを塩酸塩にして水に溶かすか、 アニリンが溶ける有機溶媒が必要だったんですね。 本反応では酢酸は副生成物だから余計な操作が増えないし、 反応熱だってしかるべき方法で冷やせば問題ないわけですし。 色々勉強になりました。ってそろそろ教える立場になる筈なのに...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明していただき、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • アニリンのアセチル化について。。。

    アニリンのアセチル化の時に実験で酢酸ナトリウムを加えました。 これは未反応の無水酢酸を分解するためらしいのですが、なぜ分解する必要があるのでしょうか? また、どのような反応で分解され最終的には何になるのでしょうか?

  • アセチル化の実験で、質問があります。

    アセチル化の実験で、質問があります。 現在私は、分子量1062の物質をアセチル化する実験を行っています。 そこで、ピリジンと無水酢酸を使おうと思っているのですが 分子量1062の物質を50mg使うとして、 ピリジン(分子量79.10)を700μl、無水酢酸(分子量102.09)を500μl それぞれ加えてアセチル化を行うとすると、 ピリジンと無水酢酸はそれぞれ 何当量加えたことになるのでしょうか? 計算はしたものの 自信がないので ぜひ教えていただけたらと思います。 よろしくお願いします。

  • アセチル化についての質問です。

    1.7mmolの化合物の2か所を無水酢酸とピリジンを使ってアセチル化したいのですが、物質量の100倍の無水酢酸を使おうとすると0.0017×100×102÷1.08≒16.55mlの無水酢酸が必要であり、さらに多量のピリジンが必要で、それではピリジンの処理に困るので、9mlの無水酢酸と50mlのピリジンを使いましたが、うまくいかず(アセチル化がうまくいかなかったというより、謎の物質ができてしまった。)やり直しになりました。アセチル化に使う試薬の量はどのくらいなのでしょうか?? また、アセチル化について詳しく書いてある本や論文、URLなど教えていただきたいです。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • lmc7vx
  • ベストアンサー率50% (1/2)

アニリンと無水酢酸だけでは精製したアセトアニリドで固まってしまうでしょう。なにか溶媒が必要なのですが、反応で生成するので問題が起こりにくく、処理時に水に溶けた方が便利なので、酢酸を溶媒として使ったんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アセトアニリドが固まるなんて、初めて知りました。ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • Julius
  • ベストアンサー率77% (168/216)

A-No.1に書き込んだ者ですが、 A-No.2のdie_Katzeさんの回答が正解だと思います。 私が学部生だった時にも学生実験で無水酢酸と アニリンの反応を行ったのですが、 その時は一度アニリンの塩酸塩を合成してから、 水中で無水酢酸/酢酸ナトリウムと反応させました。 ここでの酢酸ナトリウムは、塩酸塩からアニリンを 遊離させるために加えたものです。 塩酸塩をわざわざ合成したのは、 当時はアニリンの不純物を除くためだと思っていましたが、 今思えば反応熱を抑えるためだったのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

塩酸塩と言いますと、アニリン塩酸塩ですね。ありがとうございました。

  • 回答No.3

おそらく、反応をより進行させるために酸触媒として添加しているのではないでしょうか。 無水酢酸の原料は酢酸ですから副反応も起こりませんから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

触媒ですか。そういう考え方もできますね。ありがとうございました。

  • 回答No.2

多分、無水酢酸だけだと反応が激しすぎるからではないでしょうか? 私も昔アニリンからアセトアニリドを合成する実験をやったことがあるのですが、 アニリンに無水酢酸と氷酢酸の混合物を加えた時、けっこう発熱していた気がするので・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な経験談ありがとうございました。参考にします。

  • 回答No.1
  • Julius
  • ベストアンサー率77% (168/216)

アセトアニリドを合成する実験だと思いますが、 加えたのは「酢酸ナトリウム」ではないでしょうか? またあらかじめアニリンの塩酸塩を合成していたり しないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか。もう1度確認しています。早い解答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • クエルセチンのアセチル化

    クエルセチンを無水ピリジンと無水酢酸を用いてアセチル化を行ったときの反応機構をおしえてください。無水酢酸のカルボニル基がどのように活性化されるのかの部分を特に詳しく教えていただけるとうれしいです。

  • アセチル化について教えてください。

    ある物質をアセチル化するのに無水酢酸とピリジンを使うのですがアセチル化の反応機構と反応後の無水酢酸とピリジンの除去の仕方(反応機構も含め)について教えてください。参考になるサイトや論文も教えていただきたいです。自分の勉強不足で申し訳ないのですが、回答お願いします。

  • アセチル化能について

    アセチル化能の強さ(無水酢酸>エチルアセテート>酢酸)がなぜこの順になるのか、詳しく教えてください。

  • 3-AMPをアセチル化

    3-AMPの2(ダッシュ位)と5(ダッシュ位)をアセチル化を行いたいと思っています。70度くらいでやると、糖の 部分が焼けてぼろぼろになってしまいました。かといって実験項には3日間放置とありそんなに待てませんピリジン、 無水酢酸を使ってやったんですがなんか思いつく条件はありませんか?

  • 無水酢酸と塩化アセチル

    一般的にアセトアニリドはアニリンと無水酢酸、あるいは塩化アセチルよって合成されるはずですが、多くの学生実験では無水酢酸が使われているようです。 無水酢酸と塩化アセチルでは危険性に差があるのかと思ったのですが、調べてみるとむしろ無水酢酸の方が危険なようにさえ感じました。 アセトアニリドの合成で無水酢酸を使用することのメリット、あるいは塩化アセチルを使用することのデメリットはあるのでしょうか?

  • アセチル化反応について

    無水酢酸によるアセチル化反応ではアミンはアルコールより反応性が高いとあるのですが、何故ですか? アルコールのOの方が電子を引っ張りやすそうなので反応性が高そうだと思ったのですが、わかりません。どなたか説明お願いします

  • アセトアニリド合成の際に・・・

    アニリンと無水酢酸よりアセトアニリドを精製する実験を行ったのですが、どうしてもわからないことがあります。それは、アニリンと無水酢酸、また酢酸ナトリウムの加える量の比率です。実験では、アニリン17.5mmol、濃塩酸18.2mmolに対して酢酸ナトリウムが26.8mmol、無水酢酸を35.3mmol加えました。なぜこの比率で加えるのか、誰か教えてください。

  • アニリン類のアセチル化

    先日化学実験でアニリン、p-トルイジン、o-トルイジンの三種のアセチル化を行いました。 まず、できた租製物の重量を量った後、それを精製させてから今度はその精製物の重量を測りました。 結果、アセチル化の反応では生成物は試料(この場合アニリン類)とモル比1:1で反応するはずなのですが、収率を計算すると   収率       粗製物    精製物 アニリン       74.5% 53.1% (→アセトアニリド)    o-トルイジン     58.3% 17.3% (o-アセトトルイジド) p-トルイジン 94.2% 60.8% (p-アセトトルイジド) となりました。 精製方法として 粗製物を完全に溶解させ、熱時濾過を行った後、10℃まで冷やてから吸引濾過をして、減圧乾燥をいたしました。 理論値と異なる理由はどんなものがあるのでしょう? そして何故試料によって収率に大きな差があるのでしょうか? また、アセチル化を行う際、水と試料と濃塩酸の混合液を50℃に加熱したものに、酢酸ナトリウム無水物を溶かした水溶液と無水酢酸を同時に加えたのですが何故同時に加えなければいけないのでしょうか? 一度に多くの質問で申し訳ありませんが 教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • アセトアニリド

    アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成する実験を学校で行ったんですが、ウォーターバスで冷やしながらナス型フラスコ内でアニリンと無水酢酸を混ぜたんですが、この時フラスコ内でピンク色に固まってしまったんですが、これはどうしてなんですか!?固まってないところもあったんですが。。。 回答よろしくお願いします。

  • アセチル化の溶媒選択

    無水酢酸によってアセチル化の反応を有機溶媒中、室温で行いたいと考えています。反応の出発原料はDMF、DMSO、DMAc、THF、MeOH、アセトニトリル、クロロホルムに溶解可能なのですが、これら溶媒に無水酢酸を加えると、溶媒の分解反応など不都合がある溶媒はありますでしょうか?