• ベストアンサー
  • 困ってます

アニリン類のアセチル化

先日化学実験でアニリン、p-トルイジン、o-トルイジンの三種のアセチル化を行いました。 まず、できた租製物の重量を量った後、それを精製させてから今度はその精製物の重量を測りました。 結果、アセチル化の反応では生成物は試料(この場合アニリン類)とモル比1:1で反応するはずなのですが、収率を計算すると   収率       粗製物    精製物 アニリン       74.5% 53.1% (→アセトアニリド)    o-トルイジン     58.3% 17.3% (o-アセトトルイジド) p-トルイジン 94.2% 60.8% (p-アセトトルイジド) となりました。 精製方法として 粗製物を完全に溶解させ、熱時濾過を行った後、10℃まで冷やてから吸引濾過をして、減圧乾燥をいたしました。 理論値と異なる理由はどんなものがあるのでしょう? そして何故試料によって収率に大きな差があるのでしょうか? また、アセチル化を行う際、水と試料と濃塩酸の混合液を50℃に加熱したものに、酢酸ナトリウム無水物を溶かした水溶液と無水酢酸を同時に加えたのですが何故同時に加えなければいけないのでしょうか? 一度に多くの質問で申し訳ありませんが 教えてください。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3378
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#62864

アニリンを基準として、p-トルイジンではメチル基の電子供与性によって、アニリンよりも求核性が高く、アセチル化されやすいといえるかもしれませんし、o-トルイジンではオルト位のメチル基の立体障害のために反応性が低下していると言えるかもしれません。 しかしながら、上述の事項が、実験の収率が信頼できるレベルのものであることを前提として、後から考えた理屈に過ぎません。 個人的な感想としては、実験技術(再現性等も含む)の問題が大きいと思います。 たとえば、薬品の当量関係を考えてみても、仮に濃塩酸が酢酸ナトリウムより多くなっていたりすると、それだけで、大幅な収率減につながります。濃塩酸の量の正確さなど、実験の精度も関係してくるでしょう。 また、再結晶の際には個々のアミドの再結晶溶媒に対する溶解度も異なるでしょうから、その時点での誤差も出やすいと思います。 同時に加えることは、必ずしも必須ではないかも知れませんが、メリットとしては以下のようなことが考えられます。(1)無水酢酸を先に加えると、その加水分解による損失の可能性がある。(2)酢酸ナトリウムを先に加えると、塩酸によって、水に可溶化したアニリンが、再び、油滴として分離してくる可能性があり、そのことが、反応速度の低下(2層に分かれているので、反応の効率が悪い)につながる可能性がある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました! 大変詳しくて、とても役立ちました!

関連するQ&A

  • 融点に関して&アセチル化に関する資料について

    アセトアニリドを合成して、精製前と精製後の融点を測りました。 精製前は不純物が含まれているので融点が低くなると思うのですが、結果は アニリンの融点      粗製物      精製物 一回目 113.5~115.0   113.0~114.5 二回目 114.5~115.5    113.5~115 とあまり変わりませんでした。 器具や環境によるもの意外にどんな理由が考えられますか?教えてください! それとo-トルイジンとp-トルイジンをアセチル化してo-アセトトルイジドとp-アセトトルイジドの合成も行ったのですが、アセトトルイジドに関する資料がなかなか見つかりません。 o-アセトトルイジドやp-アセトトルイジド、アセチル化 もしくは アセチル化合物 に関するよい資料や情報ををご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • アセトアニリドについて

    粗製アセトアニリドと精製アセトアニリドの収率の計算方法を教えてください。 あと、アセトアニリドの工業的合成法と用途は何ですか??

  • ニトロ化の発煙硝酸

    学生実験でp-ニトロアニリンの合成をしました. アニリンをアセチル化して,アセトアリニドを合成し,これをニトロ化しました. このとき,硫酸と発煙硝酸の混酸を使いました.しかし,アセトアニリドの反応性は高いと思うのですが,なぜわざわざ発煙硝酸を使ったのでしょうか? 反応率を上げて収率を高める,以外の理由はなにかありますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#160321

1.粗収率の原料依存性は#1のお答えの「立体障害」の方だと思います。 電子的だけならo-トルイジンの収率がアニリンより高くなくてはなりません。 2.>>理論値と異なる理由はどんなものがあるのでしょう? 通常理論値を「超えなければ」あまり気にしません。超えて100%以上になったら大変。 「理論値」に近づけるために、収率の低い場合はアシル化剤、今回は無水酢酸、を過剰に用います。あるいはより強い塩化アシル(塩化アセチル)を使います。 また、ピリジンなどの「他の塩基」を加えるということをします。そうしないと、アニリン、トルイジンの一部が生成した酢酸の塩になってアセチル化し難くなるからです。酢酸ナトリウムを加えるのも酸性が上がってアニリン、トルイジンの酢酸塩が出来ることを防ぐためです。 3.o-トルイジンアセチル体の「精製収率」が低いのも、アシル化が「平衡反応」であるせいで、最初に加えた塩酸は触媒作用もしています。o-トルイジンでは水の中での「アミドの加水分解」が促進されていると思われます。うれしくはないのですが、再結晶溶媒に酢酸少量を加えてやると回収率は上がります。とくに加熱しているので、加水分解は早いです。アミド結合は強力ですが酸水溶液には弱いのです。 4.最初に水を加えています、多分分離のためと思いますが、あまり多量の水や塩酸は「不利」です。 5.酢酸ナトリウムを加えるのが遅すぎると過剰の水があるため無水酢酸は全部酢酸に加水分解されてしまいます。 <(_ _)>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答をありがとうございました! わかりやすく、とても役立ちました!

  • 回答No.1

収率の違いは、 トルイジンのメチル基は電子供与性を示し、オルト位やパラ位の求核性を上げることと、立体障害が関係していると思われます。 アニリンよりo-トルイジンが収率が低いのは立体障害のせいでしょう。 p-トルイジンの収率が高いのは、メチル基の電子供与性によってアミノ基の求核性が強くなったからです。 後半については、同時に加える必要は特にないように思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました! 大変わかりやすく、とても役立ちました!

関連するQ&A

  • アセトアニリドの合成実験について

    アニリンと酢酸からアセトアニリドを合成したのですが、この反応が可逆反応だからって、なぜ収率が低くなるですか?副生成物の水をすべて除去出来ないからでしょうか?だとしたら、もしすべて除去出来た場合収率は高くなるのでしょうか?

  • アセトアニリドの合成について

    無水酢酸と氷酢酸混合物(体積比1:1)とアニリンを加熱(100~120℃)してアセトアニリドを合成しました。収率の低い原因として、操作上の問題のほかに何が考えられるでしょうか? 加熱温度は十分なのでしょうか?また、反応中に [無水酢酸+アニリン→アセトアニリド+酢酸] の反応は平衡状態になったりするのでしょうか? そのへんのことを教えてください。

  • アセトアニリドは酸と反応する??

    スルファミルアミド合成までの反応過程について質問します。 アニリンをパラ位でクロロスルホン酸を用いてクロロスルホン化するために、事前にアミノ基をアセチル化しました。こうすると都合良くパラ位にクロロスルホン化するらしいのですが、いまいちこのアセチル化の意味がわかりません。  自分で考察した結果、オルト位への反応を防ぐというものは推測できました。 しかし、わからないのはアセトアニリドの酸との反応です。文献等で調べても どこにもアセトアニリドが酸と反応するとはありません。しかし厳密に言えば、 アセトアニリドも非共有電子対をN原子上に持ち、プロトンを受容できるようです。つまり若干ですが塩基性であるはずだ、と先生はおっしゃっていました。 ではなぜアセトアニリドは酸であるクロロスルホン酸と酸塩基反応を起こさないのでしょうか?  困っています、回答の方宜しくお願い致します。

  • 放射線取扱主任者第一種 化学

    1gあたり100kBqの14Cで標識されたアニリン(C6H5NH2、分子量93)に非放射性の無水酢酸を反応させて、65%の収率で[14C]アセトアニリド(C6H5NHCOCH3、分子量135)を得た。この[14C]アセトアニリド1gあたりの14Cの放射能(kBq)の値はどれか&#8263; 答え:70kBq

  • アセトアニリドの合成で…

    [アニリン]と[濃塩酸]と[無水酢酸ナトリウム]と[無水酢酸]からアセトアニリドの合成のレポートで「塩酸を過剰に入れてしまい、一部の塩酸がアニリン塩酸塩にならず未反応のまま残ってしまい、純度、収率が悪くなった」と書き、「未反応の塩酸が残っているとどんな不都合が起こるの?」って言われたんですが、これって自分の間違いですよね?いろいろ調べてみたんですがなにもわからず、反応機構などから考えてみたら不都合なんて起こらないと思ったんで。もし不都合が起こるならどなたか教えてください!

  • 有機合成にお詳しい方、お願いします!

    大学院生です。 研究で有機合成をやっています。 ポルフィリン側鎖にアニリンをもつ化合物、 そのアニリンの-NH2にカルボン酸由来分子を縮合させようとしています。 しかし、収率がとことん低いです。よくて50%ほど・・・ アニリンへの縮合は難しいのは論文でも分かっていますが、 私の扱っている化合物は ・シリカゲルカラム(DCM/MeOH=3/1でやっと落ちてくるが、はっきり分かれない) ・C18逆相カラムが使えない(固定相に吸着してカラムを破棄したことがある) などから、合成しても精製が厄介です。 そこで、お詳しい方の意見を聞きたいのですが、 このような場合、合成戦略としては、 ・ごり押しで縮合剤(EDC,HATU,DMT&#65293;MM,etc..)を振ってみて、収率のもっともいいものを無理やりシリカゲルで精製する ・アニリン部位から酸無水物の開環付加でさらに鎖を伸ばして反応性を高める のどちらに進むべきでしょうか? どちらもやればいいですが、どちらがセオリーに準じているでしょう? お願いします。

  • アセトアニリドの合成

    アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成しました。その手順は次のようです。 (1)アニリン塩酸塩に無水酢酸を加え攪拌した。 (2)酢酸ナトリウム・3水和物を純水で溶かし、(1)に加え攪拌し、氷水で冷やした。 (3)結晶が析出してきたら吸引ビンを用い濾過した。 最後の操作の時、結晶の部分はアセトアニリドですよね。残った濾液は・・・酢酸が含まれているのでしょうか? 学校の実験では残った濾液が淡いピンク色でした。 普通は無色になるはずですよね。実際、濾液が無色だった班もありました。ピンクの班もありました。 濾液がピンク色になった班は最終的に得られたアセトアニリドが少なかったきがします。 これって試薬が完全に反応しきれていないということなんでしょうか? どんな意味があるのか教えてください。

  • アニリンのアセチル化について。。。

    アニリンのアセチル化の時に実験で酢酸ナトリウムを加えました。 これは未反応の無水酢酸を分解するためらしいのですが、なぜ分解する必要があるのでしょうか? また、どのような反応で分解され最終的には何になるのでしょうか?

  • 再結晶

    p-ニトロアセトアニリドをメタノールで溶解し、析出したものをろ過して再結晶させ、その後再結晶したものをまた同様にして再結晶させる実験を行いました。 1.この操作と平行してメタノールで溶解した後に蒸留水を加えて濁ったら再びメタノールを入れて透明にし、ろ過して再結晶させました。(これも再結晶をさせた後、上記のように同じ操作を繰り返しました)この操作は何のために行ったのでしょうか? 2.二つの操作を行ったのですが水を入れたほうの精製物の重量は水を加えないものより大きかったのですが何故ですか?水を加えたことによりメタノールと反応できないp-ニトロアセトアニリドが増えたからですか? 3.この操作の後に融点を調べたところ全て融点が低かったのですが不純物が入ってたのは想像がつくのですがメタノール、水以外でありえる不純物は何でしょうか? また、水を加えた方は加えなかったものに比べ融点が低かったのですがそれはナゼですか? 友人の結果は私の融点の幅(解け始め~解け終わり) が小さいのですがそれは純度が高いからだそうですがその理由は何ですか? 4.再結晶溶媒を単一にする場合と混合溶媒を使う場合 があるらしいのですが違いは何ですか? これらを教えてください。またこれを解くヒントが乗ってるサイトがあればそちらも教えてください。

  • アセチル化について

    アセチル化についての質問です。アニリンでは濃硫酸が必要ないのに、サリチル酸では必要なのはなぜですか?また、このときの濃硫酸はなぜくわえるのですか?よろしくお願いします^^