• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

答えがなぜそうなるのかがわかりません。

 長さL の糸の一端に質量mのおもりをつけ,他端を手で持って鉛直面内で振動させる。 (1) おもりが最下点A に来たとき,速さがV であった。このとき,糸の張力の大きさは? (2) おもりが最下点から45度だけ回転した位置B に来たとき,運動エネルギーは? 答え (1) T=mg+mV^2/L  ←はわかるんですが、 (2) mV^2/2-mgL/√2 ↑が、よくわからないです。(2)の答えは、 位置Bのときの速さをvして、位置Aの位置エネルギーを0とすると mv^2/2+mgL(1-1/√2)=mV^2/2 になって答えは mV^2/2-mgL(1-1/√2)にならないのですか? あと、これって、振り子の運動ですよね?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数78
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#40706
noname#40706

<<mV^2/2-mgL(1-1/√2)にならないのですか?>> 上のあなたの答えの方が正しいと思います。 <<あと、これって、振り子の運動ですよね?>> そのとおりですが、周期を求めたりすることができるのは振幅が小さいときだけです。 T=2π√・・・・ などの式は使えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答してくださりありがとうございます

関連するQ&A

  • エネルギー保存則も問題、

    よろしくお願いします。大学受験問題です。 問題は、 長さLの糸に小球Pを取り付け、他端Oを指で止める。糸を水平にしてPを放すと、Pは最下点Aを通り、60°の位置Bまで達したとき、O端の糸を放す。A, Bでの早さとPが達する最高点の高さ(Aの位置からの高さ)hを求めよ です。 A、Bでの速さは、わかりました。 VA=√2gl VB=√glです。 質問は、Pが達する最高点の高さの求め方についてです。 解答にはB以後は放物運動に入る。水平成分VB/2=√gl/2は最高点Cでも残るので、 mgl=m/2*(√gl/ 2)^2+mgh----※ よって、7l/8・・・答えです。 ※が、エネルギー保存則で、 はじめの位置エネルギー=最高点での位置エネルギー+最高点での運動エネルギー というのは、わかりました。 ですが、この解答の「水平成分VB/2=√gl/2は最高点Cでも残る」という意味の部分がよくわかりませんでしたが、どういう意味でしょうか? 私は、最高点Cでの速さVは0なのではと思います。 解答はどうして、(√gl/ 2)となっているのでしょうか? ややこしい問題ですが、補足が必要であればさせていただきますので、よろしくお願い致します。

  • 物理の問題

    力学的エネルギー保存則 長さrの軽い棒の端に質量mの小球Pを取り付け、他端を中心にして鉛直面内でなめらかに回転できるようにした。 最下点でいくらの速さを与えれば一回転するか。 最下点での速さv0とおくと、最高点での位置エネルギーmg・2rが必要だから1/2mv0^2>mg・2r よってv0>2√gr 教えてほしいところ 確かに、円運動ですのでエネルギー保存則が成り立つのはわかります。 そして、最高地点での位置エネルギーより、最低地点の運動エネルギーが大きければ最高地点では、運動エネルギーが残るので 運動して1回転できるということもわかります。 しかし、 1どういうふうにエネルギーが変化し、どういう運動をして最高地点まで行くのかがよくイメージできません。 2最低地点で運動エネルギーが最高地点の位置エネルギーより大きいとなぜ、 一回点するとわかるんですか?? 1、2番を教えて下さい

  • 円運動

    長さLの糸の先に質量Mの重りをつけ、他端を中心として鉛直面内で円運動させる。糸がたるまずに重りが一周するためには、重りが最高点にあるとき角速度αはどのような条件を満たさなければならないか、ご教授ください。

  • 回答が間違えてると感じるんですがあってますでしょうか?

    問題文を引用させていただきます。 問)質量mの重りを長さlの糸につけ、他端を支店に固定して釣るしてある。 鉛直下法に対して糸のなす角をθとして最下点から水平方向に初速度V0で重りを送り出す。V0が小さい時。お森は振り子運動を始める。 1)θの最大値が90°をこえない時θが最大値をとる瞬間の意図の張力SをV0、g、l、mであらわせ という問題で答えがS=mgcosθとなっているんですが 私はS=m(V0^2/l-g(1-2cosθ))となったんですがやっぱり答えが正しいのでしょうか? ちなみに私は角度θの自転の速度をエネルギー保存から求めてその後向心力を使って求めたんですが違うとこがわからないんで指摘お願いします

  • 円軌道上のエネルギー保存則の導出方法における疑問点

    長さLの軽い糸の一端を定点Oに固定し、他端に質量m の小さな錘を結びつける。mが最下点にある状態で水平に初速v(0)を与える。鉛直線と糸の角度をθ、糸の張力をT,重力加速度の大きさをgとすれば、錘mの運動方程式は、(初期条件θ=0でv=v(o))    向心成分: mv^2/L=T-mgcosθ …(1)      接線成分: mdv/dt=-mgsinθ …(2) ここから、エネルギーの保存則   1/2mv(0)^2=1/2mv^2+mgL(1-cosθ)…(3) を導出するとき、「運動方程式の向心成分(1)は進行方 に垂直な力だから、仕事をせずエネルギー保存則に無関係だから、接線成分(2)の両辺にv=L(dθ/dt)をかけて」 1/2mv^2=mgLcosθ+C (Cは積分定数)   が得られて、初期条件よりエネルギー保存(3) が導かれる。(ここまではわかります) ここからが、疑問です。  地球(質量M)の回りを人工衛星(質量m)が円軌道を描くときのエネルギー保存則は、(Gは万有引力定数)     m/2v^2-GMm/r=E(一定)…(6) です。      運動方程式は、    向心成分: mv^2/L=-GMm/r^2 …(4)      接線成分: mdv/dt=0      …(5) 「運動方程式の向心成分(4)は進行方向 に垂直な力だから、仕事をせずエネルギー保存則に無関係だから、接線成分(5)の両辺にv=L(dθ/dt)をかけて」導けるはずなのに((3)の導出と同じ考え方だから) しかし、この場合、(5)の右辺が0なので  どうしても、直接(6)を導けません。 ご指導を宜しくお願いします。  

  • 円運動

    図1のように長さrの糸で結ばれたおもりを最下点から初速v0で回す 角θをなしたときの速さをv、糸の張力をTとする このとき位置エネルギーがmgr(1-cosθ)になっているのですが何故ですか? 何でわからないかわからない簡単なことかもしれませんが教えてください

  • 高校物理、、円運動

    . 糸につけた質量mのおもりが鉛直面内を運動する。重力加速度をgとする。 A重りが全ての位置で半径rの円運動する場合、 (1)角度θとなる点Pでおもりの速度がvのとき、糸に加わる力Sをもとめよ。 (2)おもりが円運動出来る最小の速度で回転している場合、任意の角度θにおける速度を求めよ。 B半径rの円運動から外れる場合 (3)円軌道上の0<θ<π/2の範囲にある点Pでおもりが接線方向に運動できる最小の速度vが与えられた、この速度を求めよ。 (4)(3)のとき、重りが円運動可能な角度の範囲を求めよ。 (疑問) (2) 最高点での円の中心方向への釣り合いについて、最高点の速度をVとすると、 mV^2/r(遠心力)=mg+S この釣り合いに関してS=0のとき、Vは最小でV=√grこれが回転できる最小の速度である。 Pと最高点のエネルギー保存について、Pでの速度をvとして、 1/2mv^2+mgrcosθ=1/2mV^2+mgr したがって、v=√gr(3-2cosθ) vについて、θ=πの時、最大で、v=√5gr、θ=0のとき、最小でv=√gr B(3)Pでの中心方向での力のつり合いについて mv^2/r=mgcosθ+S S=mv^2/r-mgcosθ S=0として、v=√grcosθ (4)力学的エネルギー保存則より、y軸に対称な点P`まで上がるから任意の角をφとすると、 θ≦φ≦2πーθ (2)でぎりぎり回転できる速度を求めるとき、S=0としているのに、(3)で円軌道を外れる速度を求めるのにS=0とするのがわかりません。 また、(4)はなにをしているのかがわかりません。 (初学者ということもあってか解いたことがない問題に対して考えて自分で答えを出すのが苦手です)

  • ばねにつるしたおもりの運動

    問題 ばね係数k(N/m)のばねを一端に固定して他端に質量m(kg)のおもりをつるして おもりを下から手で支える。重力加速度 g はじめの状態でてを急にとりさったときおもりは振動する その最下点での伸びX2 を求めよ。 そこで、何故、はじめの位置を基準にしてはじめの位置も振動の最下点も運動エネルギーは0となるか教えてください

  • 物理の問題

    図に示すように、長さlの糸の端に質量mのおもりをつけた単振り子を、鉛直方向と角θをなす位置から静かに放す時、最下点でのおもりの速さvを求めよ。 解説お願いします

  • 高校物理 エネルギー

    長さlの糸に小球Pをとりつけ他端Oを指で止める 糸を水平にしてPを放すとPは最下点Aを通り60゜の位置Bまで達したときO端の糸を放す A、Bでの速さとPが達する最高点の高さ(Aの位置からの高さ)hを求めよ Aの速さ=√2gl Bの速さ=√gl なのはわかったのですが、Oが放されてから何度方向に放物運動するのかわかりません 教えてください