• ベストアンサー
  • 困ってます

壁の断熱

現在工務店で鉄骨の3階建てを新築中です。 壁の断熱が気になり、工務店にどのような断熱材が使われるのか聞いた所 外壁がALCの100mmなので断熱材は入れません、との返事がありました。 ALCだけで断熱材をいれなくても大丈夫なのでしょうか? 予算的にも余裕がなくなってきたので、入れなくて済むならそれに越したことはないのですが・・・ 入れるのと入れないのではかなり差があるのでしょうか? 多少無理をしてでも入れたほうが良いなら、検討したいと思いますので ご教授宜しくお願いします。 愛知県在住です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数928
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>ALCの100mmを使っている方は >何割ぐらいの人が断熱材を入れているのでしょうか・・・? こちらはIV地域ですが、ほとんどのALC外壁に断熱材は 入っていないのではないでしょうか。 最近若い方でも断熱に関して興味のある方が多くなり 工務店との断熱意識にズレがあるようです。 今はエアコンがどの家庭でもあるので、少々断熱性が悪くても 体感的には影響がありませんが、断熱性がいいと、エアコンの能力や台数を減らしたり電気代も安くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

後から簡単に入れれる物ではないので 工務店に有無での違いをしっかり確認したいと思います。 ご返答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 新築の断熱材について

    自宅の断熱材について。新築5カ月ですが、寒くて困っています。埼玉県に住んでいて、断熱材は旭ファイバーグラス(MA10 100mm)を使用しました。これは標準なのでしょうか?工務店に依頼し、断熱材の種類は打ち合わせがありましたが、厚さや種類には説明がなく、これが工務店の標準の様なのですが。詳しい方、おめでとうございます。

  • 壁断熱材について

    現在工務店にて新築の仕様を決めているところです。 壁面の断熱材は、標準ではグラスウールを使用することになっていましたが、グラスウールは採用したくなかったため、他の断熱材を提案できないか確認しました。 すると代替品としてスタイロフォームを提案されたのですが、壁の断熱材としてスタイロフォームを使用することは一般的なのでしょうか?実績はどれくらいあるのでしょう? また、壁の断熱材としてスタイロフォームを採用された方などいましたら、感想などを教えてください。 今のところ工法は内断熱、厚みは40ミリとしています。

  • 木造在来工法 外壁ALCで断熱材を工事途中から変更

    木造在来工法で新築工事中です。地元工務店で建てていて、外壁にALC37mm厚を選択しました。この時の断熱材で工務店側と認識がズレ、悩んでいます。 私は一貫して壁の断熱材は板状も物(ポリスチレンフォーム)とお願いしていたのですが、工務店側はALCを選択した時点で繊維系の物(グラスウール)になると言い、既にお風呂まわりに繊維系断熱材が施工されています。工務店には強く板状断熱材使用をお願いし渋々OKを貰いました。(費用は別途相談ですが、たぶん追加になりそうです) 心配なのは今から板状断熱材にして構造に無理が出るとか、機能などが劣らないかです。如何なものなのでしょうか? (それでも建屋解体業の手伝いをしていた経験上、繊維系断熱材に抵抗があります) 現状は家の最外面全部に透湿防水シートが貼ってあります。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

確かにコンクリートに比べて断熱性能は優れていますが、 断熱材としての性能には及びませんね。 10kのグラスウール以下の断熱性能では無意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

入れないならある程度は覚悟しないといけなさそうですね・・・ ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

何と比較をするかによりますが、 ALCの断熱性能はたいしてありません。 GW10kと同断熱性を求めればALCの厚みは340mm必要になります。 参考までに。 http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-14/K.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答ありがとうございます。 断熱の比較は参考になりました。 ALCの100mmを使っている方は 何割ぐらいの人が断熱材を入れているのでしょうか・・・?

  • 回答No.2
noname#33245

建築家では無いですが工事で出入りしてます、 100のALCは断熱効果有ります、 予算で違いますが GL工法 算木工法 軽量間仕切り 断熱の寸法無いのでは 逆に入れたら通気に問題出ると思います 断熱良すぎて結露でて通気口増設経験あります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

工法でも効果が変わってくるんですね 工務店に確認してみます。 ご返答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#33174

ALCは断熱に優れていてるのでコスト削減としては断熱を入れなくても平気なのではないでしょうか? ビルなどにはよく用いられていますね。 断熱はコストも掛かりますし、断熱を入れると何か利点があるのか? 工務店さんに聞いてみるといいかも知れません。

参考URL:
http://www.alc.gr.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今は高気密、高断熱を売りにした住宅が増えてきているので ちょっと心配になって質問させて頂きました。 ご返答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 断熱材で迷ってます。

    地元の工務店で新築を予定しております セルロースファイバーとフレックスパネルのW断熱にしたいと思っているのですが、工務店では断熱材は「アクアフォーム」の吹きつけをしています。 そこで「アクアフォーム」と「セルロースファイバー」のメリット、デメリットを教えていただきたいのですが 宜しくお願いいたします。

  • 断熱材の入れ方他

    断熱などについて何度かこちらで回答をいただき、大変参考になりました。サッシをアルミ樹脂にしたり、屋根通気層を作って棟換気をつけてもらいました。また新たに疑問ができましたので教えていただければと思います。 外壁の断熱材を高性能GW16k 50mm(耳つき、裏面防湿)にし、外壁下部と床の境目は乾燥木材で気流止めをしてくださいます。 1:外壁の断熱材上部は、桁?(名前がわかりません、横渡しの材木)まで張り上げて、断熱材の上は材木でふさがるので気流止めはしなくて大丈夫と説明を受けました。間仕切り壁は上下に気流止めをするとのことです。外壁上部は不要ですか?小屋裏収納があり屋根断熱です。 2:断熱材がのる材木の寸法が120mmで、断熱材が50mmなので、透湿シートとの間にかなりすき間ができます。外壁→通気層(胴縁?)→透湿シート→すき間→断熱材となりそうです。これは大丈夫ですか? (120mmぴったりのサイズのGWはないので、仮に断熱材をふやしてもすきまはできますとのことです) 3:外壁はパワーボードの予定ですが、調べると外壁材がALCの場合は通気層をとらないとか、透湿防水シートをはらないと書いてあるサイトも見かけました。そうした場合、長年の間にもし塗装にキズが生じて水が入ってきたら、止める部分がないので困るのではと思うのですが…今の工務店さんは、通気層や透湿シートを利用する考えのようです。それで不都合はないですか? 頑張って勉強していますが知識に乏しいため、おかしな事を書いているかもしれません。どうかよろしくお願い致します。

  • 住宅エコポイント相当の断熱性能とは

    愛知県にて新築にあたり工務店を検討しています。 特に省エネで快適に暮らせる断熱性能の良い家にしたいと思っていますが、気になっている工務店の施工する住宅の基本スペックは「住宅エコポイントが通るくらい」だそうですが具体的なQ値などがわからずピンときません。 省エネルギー対策等級でいうといくつくらいの性能になるのでしょうか? 標準で使っている断熱材はパーフェクトバリアでサッシはアルミサッシのペアガラスです。 吹き抜けがあっても十分暖かくなりますよと言われますが、施工実績では蓄熱暖房機を入れている家が多いようで、エアコンだけで快適に過ごせる住宅には程遠いのかな・・?という懸念があります。 断熱材の厚み等が分からず申し訳ありませんが宜しく御願いします。

  • 至急; 2×4の壁断熱材を入れる順番

    通常アメリカでは外側の壁に防水紙を貼って、室内への漏水の可能性を完全になくした後、グラスウール、ロックウールなどを入れていくのですが、今回外壁はまだ裸のままなのに断熱材が入ってます。 工務店に、断熱を入れる前にこの手順を確認したのに、もかかわらずです。 今日雨が降ったせいで、少し断熱材がぬれているようなのですが、大丈夫でしょうか? これから4,5日雨が降ったりやんだりらしいのですごく心配です。 しかも窓がまだ一箇所キチンと固定されていなく、そこは完全にもってます(なのに断熱材は入っていて、きちんとぬれてます)。 そこはあとから変更があった個所で、他の窓よりは少し遅れて入ったところですが、普通、窓固定する前に、周りに断熱入れますか? よく乾かせば大丈夫というのは聞いたことがあるのですが、気休めにしか聞こえないし、その上完全に乾いてるかどうかなんて所詮わかりにくいと思います。 又、どうしたら完全に乾かせるのでしょうか? それに、これがたとえば通常の工事過程だとしたら、なんで防水紙貼った後に中を仕上げていかないのでしょうか?

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 断熱材

    新築注文住宅建設を予定してます。 契約はこの1ヶ月でする(したい)予定。 現在1社、木造従来工法で無垢材使用の工務店を話し合いをしております。 たまたま契約前に他社も見てみようと今日完成見学会のようなところに行ったのですが、そこで高気密、高断熱、24時間暖房、換気のファース工法というものに出会いました。実際、家の中は暖かく快適でした。 質問ですが、現在話し合いをしている工務店は断熱材としてグラスウールを使用、今日見てきたファース工法のHMの断熱材は樹脂を内側から外に向ってスプレーするタイプでした。 グラスウール断熱材だと壁内で湿気によってたわみを起こしカビの原因にもなると聞きました。実際、グラスウールだと見えない壁内は湿気が起こりすぎるとこういった問題がおこるものなのですか?それとグラスウールは旧世代断熱材になってきているのでしょうか?

  • 輻射断熱材について

    教えてください。 お気に入りの工務店の断熱材は 「断熱材は基本的にはポリスチレンフォーム系の物(30mm)と表面をアルミ箔でコートした輻射断熱材を併用しています。輻射断熱材は6mmあり外部を全て覆い外断熱を行います。 厚みは薄いですが宇宙服とおなじで輻射熱線を反射するため断熱効果は大きく、また重量が軽い為外断熱を行う際外壁面軸組に与える負担が少ないものと考えています。」 との事。気密測定とかしてなく、どれだけの性能がでるかわかりません。 これとよく似た断熱材を使用されていて住んでいる方の意見などを聞きたいのですが・・ 輻射断熱を使用する工務店は少ないかと思います。 ここは北陸です。北海道ほど寒くないですが、私はとても寒がりです(^^;) もうひとつお気に入りの工務店は水発泡ウレタンで気密性を保ち、2重通気層です。どちらにしようか悩むとこです・・

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 押入れに断熱材

    現在新築中です。ALCの外壁に内側はグラスウールで断熱材を入れています。あるホームページでカビ、結露対策に押入れにも断熱材を入れたほうが良いと書いてありましたが、実際入れてるところは多いのでしょうか。本当に入れるだけの効果があれば至急検討したいと思っています。専門家の意見をお待ちしてます。