• 締切済み
  • すぐに回答を!

仮登記の抹消における利害関係人以外の人間

不動産登記法110条には、仮登記の抹消は、当該登記上の利害関係人も、仮登記名義人の承諾さえ得れば単独申請が可能であるとされています。 そこでこんな事例が出てきました。 Aが所有していた土地に関してBとCが二重譲渡の関係にあります。登記はAのもとにあります。そこで、Cが仮登記を行いました。 その際、Bは110条が定める「利害関係人」にあたるので、Cの承諾を得れば仮登記の抹消を請求することができると思うのですが、Aの方はそれに該当しないと思うので、仮登記の抹消申請はできないと思うのですがいかがでしょうか? またそうしたときに、Aとしては何か手段を講じることはできないでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数991
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

 利害関係人ですら要件を満たせば単独申請できるのに、仮登記名義人がする場合は、仮登記義務者との共同申請を要求するのは合理性に欠きますので、登記実務上、仮登記名義人による単独申請も認めらています。不動産登記法第110条が準用されると解釈できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 仮登記抹消登記の利害関係人

    所有権移転仮登記後、所有権がAからBへ次いでBからCへ移転している場合、仮登記名義人の承諾を得て抹消登記の単独申請ができる利害関係人にBが含まれますか?

  • 地上権仮登記の本登記のさいの利害関係人

    某参考書に「所有権以外の権利の仮登記に基づく本登記においては、申請情報とあわせて利害関係人の承諾を得る必要がない」とあるのですが、例えば地上権仮登記に基づく本登記の際には降順位地上権者の承諾を得る必要はないのですか? よろしくお願いします。

  • 不動産登記「仮登記」について勉強中です。

    不動産登記「仮登記」について勉強中です。 お世話になります。 「仮登記」について、 確信が持てないことがいくつかあって、、、 (1)所有権に関する仮登記の抹消を、  義務者(仮登記名義人)が単独で申請する場合、  登記識別情報(仮登記したときのもの)…いる  印鑑証明書(仮登記名義人自身のもの)…いる (2)所有権ではない権利の仮登記の抹消を、  義務者・権利者が共同で申請する場合、  登記識別情報(仮登記したときのもの)…いる  印鑑証明書 …いらない (3)仮登記の変更・更正・抹消の申請は、  利害関係人の承諾書が得られなければ、  することができない。  (裁判による方法を除けば打つ手なし?) ↑これらは正しいですか? いちばんわからないのが(3)です。 ((1)(2)(3)、ぜんぶ間違っていたら、、、  、、、ショックです )

  • 回答No.1
noname#36947

Bは実体上の利害関係人ではありますが、「登記簿上」の利害関係人ではない(当該不動産に登記を有していない)ので、抹消はできません。 実体ではなく、あくまで登記されている権利間における利害関係(抹消により、登記簿上の自己の権利がが保全される等の事由)に基づき判断します。 Aは仮登記の義務者であり、抹消登記の申請は当然可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 登記上の利害関係人」

    1番抵当権が設定登記され、次に2番抵当権が設定登記されている場合に、1番抵当権を抹消し、その後、抹消回復登記を申請する場合、2番抵当権者は「登記上の利害関係人」になるようですが、もともと設定時点での2番の位置に戻るだけですから不利益はないと考えることができるのではないかと思うのですが。一方、1番抵当権が抹消された後で、2番抵当権が設定登記され、その後に抹消回復登記申請をする場合には、2番抵当権者は設定時に予期しない状況になるので不利益であり「登記上の利害関係人」になると考えるのは自然ですが。この辺の根拠を教えてください。

  • 利害関係人の申出について

    利害関係人の申出について Aが所有し,かつ所有権の登記名義人である甲土地の一部を買い受けたBが, 当該部分にCを抵当権者とする抵当権を設定したときは,Cは,A及びBに代位して, 甲土地から抵当権が設定された部分を分筆する登記を申請することができる。 利害関係人(抵当権者)は平成17年をさかいに申出できなくなった のでは思ったのですが、分筆に限ってできるのでしょうか? 地図訂正も利害関係人は申出できませんよね?

  • 仮登記の抹消について

    (株)A社が設定した抵当権に、B銀行が抵当権移転仮登記及び信託仮登記を設定しているケースで、このたび、抵当権を抹消することになったのですが、その際、この仮登記の抹消登記申請のことでお聞きします。 なお、B銀行の承諾書、印鑑証明書、資格証明書は用意できております。 ■承諾書があるので、仮登記義務者である(株)A社は単独で仮登記の抹消ができると思うのですが、その登記申請の際、登記原因証明情報は添付しなければならないのでしょうか?必要であれば、どのような書式のものがよろしいのでしょうか? ■登記の目的は「抵当権移転仮登記及び信託仮登記抹消」となるのでしょうか?また代理人申請の場合は、抵当権抹消の委任状の他に仮登記抹消の委任状も必要となるのでしょうか? どうかよろしくお願いします。

  • 仮登記の抹消についてお教えください。

    所有権移転仮登記を登記権利者と登記義務者が共同で申請した場合、仮登記された時の登記識別情報は、仮登記権利者に通知されると思いますが、 この仮登記を本登記にするときは、登記義務者(所有権登記名義人)の登記識別情報を添付することで申請できます。 そうすると、仮登記時に仮登記権利者に通知された、仮登記の登記識別情報はどのようになるのですか? また、仮登記を単独で抹消するときは、仮登記時に仮登記権利者に通知された登記別情報を添付して仮登記を抹消できる。いうことですが、共同で抹消するときも、仮登記時に仮登記権利者に通知された登記別情報を添付して抹消することになるのでしょうか?

  • 所有権移転請求権仮登記の本登記

    (1)所有権移転請求権仮登記に(2)付記でその移転請求権が仮登記されている場合、(1)の仮登記に基づく本登記をする時は(2)の登記名義人は利害関係人となり、承諾を証する情報が必要とされますが、これは何故でしょうか?

  • 共同根抵当権の一部抹消時の利害関係人

    共同根抵当権の一部抹消時の利害関係人について、ご教示願います。 共同根抵当権設定登記がされている甲土地と乙土地があり、乙土地の根抵当権を放棄を原因として抹消する時、甲土地についての後順位の抵当権設定登記の名義人Xは、登記上の利害関係人と「ならない」、とあるのですが、なぜ、登記上の利害関係人ではないのでしょうか? 例えば、共同担保の目的不動産の一部だけ抵当権を実行した場合、後順位抵当権者は民法392・2により代位登記でき保護されます。しかし、乙土地の根抵当権を抹消されていれば代位できなくなるので利害関係人となる様な気がするのですが・・・

  • 不動産登記法 仮登記の本登記

    [事例] 次のような登記記録があります。 甲区 (1) 所有権保存 X (2) 所有権移転 A     (3) 所有権移転仮登記 B ≪8月1日受付≫    [     余白     ] 乙区 (1) 抵当権設定 C ≪7月1日受付≫ (2) 抵当権設定 D ≪9月1日受付≫ ここで甲区(3)の仮登記を本登記とする場合には  登記義務者 A  登記権利者 B 登記の受付日付から  利害関係人 D となり、本登記の申請をするにはDの承諾書を添付することが要求されます。 Cは仮登記よりも前に登記を備えておりBに対抗できるため利害関係人とはなりません。   それでは乙区に (3) 1番、2番順位変更  第1 D、第2 C と登記がされている場合には利害関係人はCでよいのですか? 順位変更は絶対的な順位の変更であるから、この場合の利害関係人となる、ならないにおいて影響しますよね?それとも影響はないのですか? これに対して抵当権の順位の譲渡・放棄においては相対的だから影響しないですよね? 基本的な質問ですが、ご回答・ご説明よろしくお願いします。

  • 変更更正の仮登記について疑問

    変更更正の仮登記は、「利害関係人がいるときはその者の承諾書またはこれに代わるべき裁判の謄本を添付しなければ、付記で変更更正の登記は受けられないので、変更更正の仮登記を受ける実益がある」とあるのですが、どう実益があるのですか?実際仮登記を付記で受けるためには利害関係人の承諾書がいるのであれば何の得もないように思うのですが。 どなたか是非教えてください。よろしくお願いします。

  • 真正な登記名義の回復をすれば利害関係人らはどうなるの?

    参考書に、 『抹消についての利害関係人の承諾が得られないときは「真正な登記名義の回復」や「(合意)解除」を原因として所有権移転登記を申請するほかない。』 と、あるのですが例えば 甲→乙→丙と所有権が移転 丙にはAの差押、Bの抵当権が設定されてる。 このとき、「真正な登記名義の回復」や「(合意)解除」を原因として所有権移転登記をした場合、A,Bの権利はどうなるのですか?

  • 共同根抵当権の登記上の利害関係人について、ご教示ねがいます。

    共同根抵当権の登記上の利害関係人について、ご教示ねがいます。 共同根抵当権の設定登記がされている甲土地と乙土地があり、 乙土地の根抵当権を放棄を原因として抹消するとき、 甲土地についての後順位の抵当権設定登記の名義人Xは、登記上の利害関係人と は「ならない」、とあるのですが、 その理由がわかりません。なぜ、登記上の利害関係人ではないのでしょうか? 例えば、競売になったとき等を考えると、Xにとっては、 乙土地があったほうが、いいのでは? (=利害関係がある)と思ってしまうのですが・・・。