• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

名詞を二つ並べるのはOK?

いつもお世話になります。DUO3を使って勉強中です 今回の疑問 名詞を二つ並べて形容詞のように使う用法はOKでしたでしょうか?なんだか違和感があります。 例文230 The massive flood paralyzed the local transportation network. の【transportation network】 例文233 The organization plays a principle role in wildlife conservation. の 【wildlife conservation】 よろしくお願いいたします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数1430
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 このように名詞を二つ並べて,前の名詞が後ろの名詞を修飾するのは普通のことです。 a baseball game a tennis player などを見れば一目瞭然でしょう。  baseball や tennis は明らかに名詞であって,形容詞ではないでしょう?  an English teacher は 「イギリス人の教師」 「英語教師」 のいずれにも解されますが, 前者では English は「イギリス人の」という形容詞, 後者では「英語」という名詞だと考えられます。  ただ,後者の場合,English を「英語」という名詞ととるか,「英語の」という形容詞ととるかは微妙だと思います。  日本語でも,「英語教師」のように,前の二字が後ろの二字を修飾するような表現がたくさんあると思います。  「英語の教師」とも言えるわけですが,逆にこのような「A の B」を英訳する場合,「名詞A+名詞B」「B of A」「形容詞A+名詞B」の3パターンが考えられます。  このような「形容詞的」な名詞を,辞書でも,完全に形容詞として分類する場合と,「名詞」の項に「形容詞的に」とある場合と,「名詞」としかない場合とがあります。  たとえば,city を調べると, 名詞として「市」などとあるなかで 「形容詞的に」「市の」とあることでしょう。  実はこのことは,発音とも関係があり, 「名詞+名詞」は前の名詞を強く, 「形容詞+名詞」は後ろの名詞を強く(あるいは形容詞と同じ強さで) 発音されます。  また,a sleeping car「寝台車」の sleeping は動名詞, a sleeping baby「眠っている赤ん坊」の sleeping は現在分詞 というのも, 動名詞→名詞 現在分詞→形容詞 と考えることが可能です。  この区別ですが, 「~的な」「~の性質を持った」という場合は形容詞, 「~用の」という場合は名詞 というのが一つの目安になるでしょう。  transportation も,wildlife も名詞と考えるのが自然でしょう。 wild life conservaation は tennis player と同じ構造で, play tennis → tennis player conserve wildlife → wildlife conservation

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

wind-sky-wind様 ありがとうございました。良くわかりました♪

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • go_urn
  • ベストアンサー率57% (938/1643)

こんにちは! 名詞A+名詞Bで、前者を形容詞として機能させようというのは 日本語も英語も同じことです。 保存+計画 = conservation + scheme 予算+削減 = budget + reduction 3つくらいも平気でなされる世の中です。 予算+削減+計画 = budget + reduction + program 4つの名詞の羅列すら見たことあるような気がします。 世界の言語のドイツ語化ですかね。(笑) 御質問の、transportation network、wildlife conservationは、まだいいほうで、違和感は、まったくないと感じる人が大部分だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

go_urn様 そうでしたか!NGだったと思い込んでました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • asuncion
  • ベストアンサー率33% (1909/5774)

> 【transportation network】 輸送網、のような和訳であまり違和感はないと思いますけれど、いかがでしょうか。 > 【wildlife conservation】 手元にある「グランドコンサイス英和辞典」では、wildlifeに 名詞と形容詞の2つの品詞がある、と書いてあります。 その例文では、形容詞として使っているのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

asuncion様 たいへん参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 前置詞の用法

    次の前置詞の用法を教えてください。用例を示してくださるととても助かります。 1)attractive to many people (toについて。forではダメなのかなど) 2)room for improvement(forについて) 3)hope for のfor 4)principal role in wildlife conservation (in について)

  • large-scaleの用法について

    ジーニアス英和辞典によりますと、形容詞のlarge-scaleは通例限定用法であるようですが、叙述的用法はできないのでしょうか? 例えば、The view is large-scale.のような使い方は可能でしょうか? この例文は「その眺めはスケールが大きい」という意味で作ってみたのですが、そもそも、large-scaleは「スケールが大きい」「雄大な」といった意味で使えるのでしょうか? 単に「規模が大きい」「大規模な」という意味でしか使われないのでしょうか? また、grand-scaleやbig-scaleも同様の使い方と考えてよいのでしょうか? どなたか、ご説明をいただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • このasは接続詞ですか、関係代名詞ですか?

    Americans are distinctive in the degree to which they believe in the ideal, as stated in their Declaration of Independence, that "all men are created equal." (試し訳) アメリカ人は、「すべての人間は平等に創られている」と、(彼らが)独立宣言 の中で述べたように、(彼らは)この考え方を信じる度合いにおいて、特別である。 *asの解釈   直前の名詞の概念を制限して、形容詞を導く。  例文;The origin of universities as we know them….    我々の知っている大学の起源が~ *asの用法   weblio/as/ 接続詞7より *すみません。よろしくお願いします。

  • 関係代名詞と不定詞形容詞的用法

    関係代名詞と不定詞の形容詞的用法について、下記について教えて下さい。 1. This is the first man to land the moon. The first manとlandがSV関係にあります。 →This is the first man who landed the moonと置き換えられます。 ※ちなみにこの例文はネイティブの文法書を参考にしています。 2.She is the woman who lives next door. The woman とliveがSV関係にあります。 →She is the woman to live next door.と置き換えると少し違和感を感じるのですが、 これもナチュラルな言い方でしょうか。 ご回答よろしくお願いいたします。 ちなみにわたしは、英検1級とTOEIC900点以上のスコアがありますが、 海外留学経験がないので、感覚的なものが足りていません。

  • a planet rich in the materials necessary to support lifeの"rich"と"necessary"は文法的におかしい

    Z会の「英作文のトレーニング・実戦編」の付録の「頻出基本例文」のなかに次のような英文がありました。 The earth is a planet rich in the materials necessary to support life. 上記の英文において、”rich”と”necessary”は形容詞であり、後ろから名詞を修飾するには、分詞構文か、関係代名詞を使わなくてはいけないはずですが、どうなのでしょうか? 教えてください。ちなみに、辞書を見ても両方そういう用法は載っていませんでした。

  • 分詞構文の訳し方を教えて下さい。

    こんにちは。以下は例文です。どちらを応えて下さっても構いません。 1.Hypotheses are often stated as if-then predictions, specifying certain outcomes from specific conditions. 2.The id operates on the pleasure principle,seeking immediate gratification of biological impulses. 分詞構文に出くわすと、「時、理由、条件、譲歩、付帯状況」のどれに当てはまるか考え始めてしまい、訳がそこでとまってしまいます。 本サイトの過去ログを見ると、 ・「用法にこだわっても理解できない、適当にくっつけて訳せ」という旨が書いてありました。 確かに2文の間の接続詞を文脈に沿って当てはめるのは妥当かもしれませんが、 2文に分けても、その間が条件なのか時なのか付帯なのか、 確信を持った判別ができないので、困っています。 改めて、分詞構文とはどのように訳せばいいのか、 訳し方によって異なる構造理解を行うのか、私に教えて下さい。 また、出来れば英語の文字の並びに従って訳していきたいのですが、 分詞構文を前から訳していく方法はありますか?

  • 英字新聞でわからないところがあります(カンマの用法)

     どうか次の3つの文を訳して質問に答えてくれませんか。(熟語、構文などがあれば説明もお願いします。) (1) Tsujimoto Kiyomi, a social Democratic Party lawmaker of the Diet, tendered her resignation to the House of Representatives on March 26, less than a week after being accused of misappropriating the wages of her secretary. 質問 on March 26とless thanの間にはなぜカンマがあるのでしょうか。この文は1つの文としてみなしていいのでしょうか。精訳もお願いします。 (2) Guide dogs are quite common in Britain, which is the birthplace of the Labrador, the most common type of Seeing Eye dog. この文のカンマは挿入節でしょうか。精訳もお願いします。 (3) She was referring to the flood of hate mail she received, including death threats, because of what she wrote for the September 24, 2001, issue of The New Yorker, a highly prestigious magazine in the United States. 精訳をお願いします。 最後に、カンマの用法を(例文を提示して)教えてくだされば幸いです。(because節、関係詞、andなどの接続詞、同格、挿入のときに使うのは理解しているのですが、どうも(1)で質問したような用法がわかりません。日本語の読点(、)と同じようにつければいいのでしょうか。区切りで。(1)も日本語の読点そのような感じなのでしょうか。)

  • 不可算・可算の両様に使われる名詞のカテゴリー用法

    可算・不可算両様に使われる名詞が辞書においてどのように定義されるか、特に、定義文である<X is Y. >においてXの部分に定冠詞がつく場合とつかない場合との違いに注目しています。今回、その代表的な例としてnightを取り上げますが、nightを取り上げた理由は、不可算・可算の両様に使われる名詞が<X is Y. >という形式で定義されている辞典(ただしonline)はCobuildだけだったということと、Xの部分に定冠詞がつく場合とつかない場合を併記していたのがCobuildだけだったということにあります。 Cobuild(online版・CDロム版)によれば、可算用法のnightの定義は次の通りです。 A:The night is the period of time between the end of the afternoon and the time that you go to bed, especially the time when you relax before going to bed.   この定義では、可算名詞かどうかの決定がしづらいと思います。それにeveningの定義と重なり合うので好ましくありません。次に紹介するB(CDロム版における可算名詞用法)の定義の方が明確です。 B: A night is one of these periods of darkness. You usually refer to a particular period as the night. 例文はHe was at the hotel and intended to spend the night there. またCDロム版には不可算用法があります。 C: Night is the period during each 24 hours when it is dark. If something happens regularly during this period, you say that it happens at night. またonline版にこういうのもあります。 D : the period of darkness each 24 hours between sunset and sunrise, as distinct from day. DはCと同内容のものです。無冠詞のdayと対比されています。 Dにおいては無冠詞のnightが<暗い期間>と定義されています。その場合、dayは<明るい期間>です。  (online版・CDロム版)において次のような定義もあります。 E: The night is the part of each day when the sun has set and it is dark outside, especially the time when people are sleeping.  partと言ってるからには、一日を2分割して各部分をそれぞれthe day (昼の時間帯)、the night (夜の時間帯)ととらえたか、あるいは一日がthe day (昼の時間帯)とthe night(夜の時間帯)からなっているととらえたかどちらかだと思われます。不可算用法です。a day (一日)を構成するthe dayとthe nightはワンセットで概念枠組を作っています。  私だったら、Eの代わりに、Dを少し変えて F: The night is the period of darkness each 24 hours between sunset and sunrise, as distinct from the day. と定義したいところです。この定義に当てはまる例文は掲載されていないので、私が作っておきます。  These days we often have rain. Usually it begins to fall in the morning, and stops in the evening. 習慣的意味を明確にするためにin the mornings /in the eveningsとすることもできます。 ただし、注意すべきことがあります。概念枠組が機能するのは一般的・習慣的文脈においてであって、特定の時間を暗示する文脈においては夜間や昼間の意味は出ません。例えばRain began to fall in the night, and stopped (on) the next morning. において、the night はlast night / the previous nightを表します。カテゴリーを表すa nightの成員です。 ここから本題に入ります。本題はC (D)における無冠詞のnightとFにおけるthe nightとでどのような相違点があるのかということです。  CのNight is ----におけるnightは概念であって、ここでは夜というカテゴリーを表しています。成員(外延)はa night, the night, -----その他形容詞をつけると無数に成員が存在します。この場合のnightは我々が思い浮かべる最も普通の(暗い時を表す)夜だと思います。ただし、一般に、我々がある語を思い浮かべる時、その語だけが単独で思い浮かぶことはあり得ません。強く意識されるかあまり意識されないかの違いはあるでしょうが、必ず何らかの語(概念)と共に想起されるはずです。例えばnightであれば、darkness, silence, nightmare, romantic feeling, sleep -など。共に想起されるからと言って強い結びつきがもともと存在するわけではありません。話者のその都度の気分や思惑次第で結びつきの対象や強さが異なります。また、話者の側の情感や関心を伴って結びつくこともあります。この場合のnightは補完的な意味を持つdayとも緩やかなつながりしか持ちません。典型的な使用例はStars are seen at night. です。 注意すべきことがあります。補完的な意味を持つdayにはat dayという言い方はありません。  では、Fのthe nightはどうなのかというと、やはりカテゴリーを表していると思います。本来はnightの外延であるはずのものがなぜカテゴリー表現として使われることになったか考えてみます。これは私の推測ですが、the nightとthe day (通常はthe daytime)はある出来事や状況を描写するための背景装置として使われるものだと思います。それゆえ、通常はin the ----の形で使われるものと思われます。ということは、補完しあう時間要素であるday (昼間)との結びつきが相当に強いものとして設定されているはずです。the nightは{day, night}という概念枠組の片方と考えてよいと思います。the nightという語と共に想起されうるのはthe day(time) だけだと思います。  では、夜間を表すカテゴリーであるthe nightの成員はと言うと、おそらく、一日という全体から区分された夜をさらに下位区分したものだと思います。例えば、the early night, the late nightです。ただし、現代英語では使われない古風な言い方だとのことです(ネイティブのコメント)。これが、eveningだとthe early evening やthe late eveningというふうに普通に使われます。 ついでに、a nightは毎日繰り返してやってくる夜を表すカテゴリーです。成員はa night, the night, the following night, last night, Saturday night, nights --- 補完的な意味を持つa dayも同様に分析できますが、成員として使われている例文を挙げるに留めておきます。Completing the task took 2 days and 3 nights. (まる2日とさらに1夜かかった)  a dayには計測単位として1日の意味もあります。Completing the task took 2 days. だと、2日かかったことを表します。 <概念-カテゴリー-成員>の枠組みを使って整理してみます。 <可算用法>--定義文B  概念(night) -カテゴリー(a night) -成員(a night, a moonless night, nights, the night, the previous night, the night we spent ---) <不可算用法 1>--定義文C 概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night) <不可算用法 2>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the early night, the late night ---ただし現代英語では使わない) いかがでしょうか。

  • 現在分詞の後置修飾‐‐過去分詞の後置修飾ではなぜだめか

    以下の例文にある現在分詞(finishing)の後置修飾の使い方についておたずねします。 The Japan leg of the Olympic torch relay has ended under heavy security, with all 80 torchbearers finishing their run in Nagano city. この文の訳は「オリンピック聖火リレーの日本行程は、全員で80名の 聖火ランナーが長野市でそれぞれお自分の担当距離を走り終え、 厳重な警備態勢の下で終了した」となるそうですが、 finishingという現在分詞の後置修飾の使われ方がピンときません。 現在分詞のもつ「今まさに進行している」感が、「走り終え」という 訳につながらないような気がするのです。これはニュースの記事で、 訳は正しいわけですから、英語の方を"finished"とすることはできない のでしょうか。つまり The Japan leg of the Olympic torch relay has ended under heavy security, with all 80 torchbearers finished their run in Nagano city. とできないのでしょうか。過去分詞の後置修飾は受け身のニュアンスが でるということは知っているのですが、完了のニュアンスを出す という意味で、後置修飾できるでしょうか。また、過去分詞の 形容詞用法がこの文で不可能で、現在分詞しかだめならば、 現在分詞でなければ出せないニュアンスとはどういうものでしょうか。 近い未来をあらわす進行形のようなニュアンスでしょうか。 要領を得ない質問のしかたですみません。ご解答よろしくお願いいたします。 出典:NHKラジオニュース (April26, 2008)

  • 英語の得意な方、和訳お願いします(2)

    Langkawi Geopark is Malaysia’s fi rst established geopark located in the far northwestern corner of Peninsular Malaysia. Located in the state of Kedah, the Langkawi Geopark is unique in the sense that it comprises 99 islands that formed the legendary Langkawi archipelago. Langkawi has already been established as Malaysia’s premier tourism destination, jump-started originally by the declaration of Langkawi as a duty-free island in 1987. The establishment of Langkawi Geopark by Kedah State Government, Malaysia in May 2006 and endorsement by the United Nations Educational, Scientifi c and Cultural Organization (UNESCO) under the Global Geoparks Network on 1st June 2007, marked Langkawi’s greatest milestone both in the pursuit of geoheritage conservation as well as the enhancement of nature tourism potential. GETTING TO LANGKAWI Langkawi Geopark is accessible by air from Kuala Lumpur International Airport (KLIA), also Penang and Subang Airport or from Singapore. Malaysia Airlines fl y 5 times a day to Langkawi International Airport through KLIA. The low-fare AirAsia and Firefl y off er direct fl ight to Langkawi through Low Cost Terminal (LCCT) and Subang International Airport while Silk Air offers direct fl ight from Singapore. The International UNESCO Conference on Geoparks (IGC) is an international venue for members of Global Geoparks Network, scientists and practitioners interested in geoheritage conservation to get together biannually to discuss as well as to share experience with regards of geoheritage and geoparks development. The International UNESCO Conference on Geoparks which will be held in Langkawi Global Geopark is the 4th after the fi rst three successful conferences as follows: • First- International UNESCO Conference on Geoparks, Beijing, China, 27 Jun – 7 July 2004 • Second- International UNESCO Conference on Geoparks, Northern Island, 17-21 September 2006 • Third- International UNESCO Conference on Geoparks, Osnabruck, Germany, 22-26 June 2008