• ベストアンサー
  • 困ってます

不可算・可算の両様に使われる名詞のカテゴリー用法

可算・不可算両様に使われる名詞が辞書においてどのように定義されるか、特に、定義文である<X is Y. >においてXの部分に定冠詞がつく場合とつかない場合との違いに注目しています。今回、その代表的な例としてnightを取り上げますが、nightを取り上げた理由は、不可算・可算の両様に使われる名詞が<X is Y. >という形式で定義されている辞典(ただしonline)はCobuildだけだったということと、Xの部分に定冠詞がつく場合とつかない場合を併記していたのがCobuildだけだったということにあります。 Cobuild(online版・CDロム版)によれば、可算用法のnightの定義は次の通りです。 A:The night is the period of time between the end of the afternoon and the time that you go to bed, especially the time when you relax before going to bed.   この定義では、可算名詞かどうかの決定がしづらいと思います。それにeveningの定義と重なり合うので好ましくありません。次に紹介するB(CDロム版における可算名詞用法)の定義の方が明確です。 B: A night is one of these periods of darkness. You usually refer to a particular period as the night. 例文はHe was at the hotel and intended to spend the night there. またCDロム版には不可算用法があります。 C: Night is the period during each 24 hours when it is dark. If something happens regularly during this period, you say that it happens at night. またonline版にこういうのもあります。 D : the period of darkness each 24 hours between sunset and sunrise, as distinct from day. DはCと同内容のものです。無冠詞のdayと対比されています。 Dにおいては無冠詞のnightが<暗い期間>と定義されています。その場合、dayは<明るい期間>です。  (online版・CDロム版)において次のような定義もあります。 E: The night is the part of each day when the sun has set and it is dark outside, especially the time when people are sleeping.  partと言ってるからには、一日を2分割して各部分をそれぞれthe day (昼の時間帯)、the night (夜の時間帯)ととらえたか、あるいは一日がthe day (昼の時間帯)とthe night(夜の時間帯)からなっているととらえたかどちらかだと思われます。不可算用法です。a day (一日)を構成するthe dayとthe nightはワンセットで概念枠組を作っています。  私だったら、Eの代わりに、Dを少し変えて F: The night is the period of darkness each 24 hours between sunset and sunrise, as distinct from the day. と定義したいところです。この定義に当てはまる例文は掲載されていないので、私が作っておきます。  These days we often have rain. Usually it begins to fall in the morning, and stops in the evening. 習慣的意味を明確にするためにin the mornings /in the eveningsとすることもできます。 ただし、注意すべきことがあります。概念枠組が機能するのは一般的・習慣的文脈においてであって、特定の時間を暗示する文脈においては夜間や昼間の意味は出ません。例えばRain began to fall in the night, and stopped (on) the next morning. において、the night はlast night / the previous nightを表します。カテゴリーを表すa nightの成員です。 ここから本題に入ります。本題はC (D)における無冠詞のnightとFにおけるthe nightとでどのような相違点があるのかということです。  CのNight is ----におけるnightは概念であって、ここでは夜というカテゴリーを表しています。成員(外延)はa night, the night, -----その他形容詞をつけると無数に成員が存在します。この場合のnightは我々が思い浮かべる最も普通の(暗い時を表す)夜だと思います。ただし、一般に、我々がある語を思い浮かべる時、その語だけが単独で思い浮かぶことはあり得ません。強く意識されるかあまり意識されないかの違いはあるでしょうが、必ず何らかの語(概念)と共に想起されるはずです。例えばnightであれば、darkness, silence, nightmare, romantic feeling, sleep -など。共に想起されるからと言って強い結びつきがもともと存在するわけではありません。話者のその都度の気分や思惑次第で結びつきの対象や強さが異なります。また、話者の側の情感や関心を伴って結びつくこともあります。この場合のnightは補完的な意味を持つdayとも緩やかなつながりしか持ちません。典型的な使用例はStars are seen at night. です。 注意すべきことがあります。補完的な意味を持つdayにはat dayという言い方はありません。  では、Fのthe nightはどうなのかというと、やはりカテゴリーを表していると思います。本来はnightの外延であるはずのものがなぜカテゴリー表現として使われることになったか考えてみます。これは私の推測ですが、the nightとthe day (通常はthe daytime)はある出来事や状況を描写するための背景装置として使われるものだと思います。それゆえ、通常はin the ----の形で使われるものと思われます。ということは、補完しあう時間要素であるday (昼間)との結びつきが相当に強いものとして設定されているはずです。the nightは{day, night}という概念枠組の片方と考えてよいと思います。the nightという語と共に想起されうるのはthe day(time) だけだと思います。  では、夜間を表すカテゴリーであるthe nightの成員はと言うと、おそらく、一日という全体から区分された夜をさらに下位区分したものだと思います。例えば、the early night, the late nightです。ただし、現代英語では使われない古風な言い方だとのことです(ネイティブのコメント)。これが、eveningだとthe early evening やthe late eveningというふうに普通に使われます。 ついでに、a nightは毎日繰り返してやってくる夜を表すカテゴリーです。成員はa night, the night, the following night, last night, Saturday night, nights --- 補完的な意味を持つa dayも同様に分析できますが、成員として使われている例文を挙げるに留めておきます。Completing the task took 2 days and 3 nights. (まる2日とさらに1夜かかった)  a dayには計測単位として1日の意味もあります。Completing the task took 2 days. だと、2日かかったことを表します。 <概念-カテゴリー-成員>の枠組みを使って整理してみます。 <可算用法>--定義文B  概念(night) -カテゴリー(a night) -成員(a night, a moonless night, nights, the night, the previous night, the night we spent ---) <不可算用法 1>--定義文C 概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night) <不可算用法 2>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the early night, the late night ---ただし現代英語では使わない) いかがでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数72
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8786/10802)

再々度の「質問者からの補足」を拝見しました。 @<可算用法>において、カテゴリーがa nightの場合とthe nightの場合と2通り存在することになりますから、やはり2つに区別した方がよいと思います。<可算用法(具象的>と<可算用法(総称的-あるいは包括的>とでいいのではないでしょうか。<不可算用法(質)>と<不可算用法(類別)>もカテゴリーがnightとthe nightの2つになるのでこれも区分した方がよいと思います。結局、4つの区分が必要になるような気がします。 ⇒そのような小分けの方便が可能であることは、つとに了解しておりますし、ことここに至って異論を申しあげるまでもありません。ただ、細分化と統合化の間のfeedback、相互関係、体系的構図は常に意識に留めておきたいと思います。 @前回の返信にて私はこのようなことを述べました。<可算用法として私が提示したのは人間や社会や建造物などの個別の時間です。ニュートン物理学で扱う時間ではなく、(時間と関わる)個々の体験です。それゆえ、今回の分析において取り上げるべきではなかったような気がします。Everybody has a past. というふうな使い方をします。もちろん、The past we had was ---という使い方もできます。それゆえ、カテゴリーはa pastだと思います。> 辞書の定義をさらに2つ加えておきます。Merriam-Websterによればpastはsomething that happened or was done in the pastです。Oxfordによればpastはthe history of a person, country, or institution.です。-つまり、不可算用法で扱うpastとはまるで別種のものです。どのように分析しようとも通底不可能だと思います。不可算用法のpastはニュートン物理学で扱われる時間ですが、可算用法のpastはそのようなものではありません。そもそも時間ではありません。 ⇒前便でこの関係のお説に触れなかったのにはわけがあります。a pastを「個々の体験」と言われるのは、一種の転義であって、それだからといって原義である「過去」の意がなくなるわけではないでしょう。Merriam-WebsterやOxfordの説明は、意味論レベルでの説明であって、それはそれで研究の意味はあるかも知れませんが、ここでは関係ないことだと思います。ここでは、あくまでも「過去-現在-未来」の概念やカテゴリーを論題にしている場面なのですから、例えば、こんな例をコーパスにすべきではないでしょうか。An inertia system has a past and another system also has another one; but those two pasts are not necessarily the same. ということで、私は、「可算用法のpastはそのようなもの」、つまり、「ニュートン物理学で扱われる時間」である場合もある、と考えます。 @-in the summerにおけるthe summerは私の考えでは総称表現ではありません。{the spring, the summer, the autumn, the winter}という概念枠組を構成する1要素だと考えます。Nakayさんの言われる類別表現にあたるものと思います。出来事の背景を描写するためのものであって、それゆえin the ---の形で使われるのが通例だと思います。総称表現としてのthe summerは毎年やってくるa summerをsummersというふうに一般的にとらえ、さらにthe summerへと抽象化したものです。この考え方はlionsを一般化してthe lionを取り出すのと同じ発想です。ネイティブの多くは、the summerが一般的・習慣的文脈で使用される時は、the summer = summers in generalというふうにとっさに思いつきます。というのは、以前も紹介しましたが、英語圏で人気のある一般向け文法書に、The rose is a national flower of England. と言うときのthe roseについて、the rose = roses in generalと説明してあります。/この場合のthe roseは当然のことながら他の花と対照的に扱われて、例えばThe rose is more popular for British people than the lily. というふうに使われます。ですから、the nounが一般的・習慣的文脈で使用される時は常にnouns in generalを表すのだと思いこんでいるのだろうと思います。ですから、the summerはsummers in generalであって、I like the summer better than winter. というふうに他の季節と対照的に使うことができるわけです。 ⇒どちらの解釈もあり得ると思います。つまり、(以前の主張と異なるところがあるかも知れません ―すみません、覚えていません!― が)the summerは、時に総称表現として、また時に類別表現として用いられることがあると思います。要は、相補分布や相互補完的な構造的解釈によって全体が閉じればよいわけで、その点が重要でしょう。 @*{the spring, the summer, the autumn, the winter}という概念枠組の場合/the summer is summers in generalと言えるようなものではない、4分割されて取り出された一つだと考えるしかないはずです。 @*Summer comes after spring. やSummer is the hottest season of the year. においては、情感の表出や連想はほとんど行われないと思います。Summerはカテゴリーを表すだけですから。これが、一般性や習慣性を失った文脈だと、例えばSummer has come. / Summer is over. だと、急にリアルな情感がわいてくるように感じます。つまり、情感の発露や連想はカテゴリー文でなく実体を表す文において起きやすいということです。 @*In summer the Browns go to the beach for vacation. は習慣的な意味を持つのでsummerによる情感の発露が感じられないのは納得できるのですが、In summer the Browns are going to go to the beach for vacation. という特定の状況を表す文においても、やはり情感や連想を伴うとは思えないと言う人の方が多いのです。/文の構造を比べると、Summer has come.やSummer is over. においては、summerは主題を担っています。in summerは背景を描写するもので、summerが主題化されることはありません。また、恐らく、in summerを文末に置いた方が文頭に置く場合より後景化しやすいのではないかと思います。 @*in summerとin the summerはどうしても意味的に近接し合うのではないかと思います。/結論として言えることですが、In the summer the Browns go to the sea for vacation. において実感や情感が伴わないのは、カテゴリー的な表現だから考えてよいと思いますが、In the summer the Browns are going to go to the sea for vacation. の場合は、前置詞inの特性により、時間領域を表現しやすい、すなわちin the summerに近くなるからということではないかと思います。それでも、言葉に対して鋭敏な人であれば、後者の文中のin summerに幾ばくかの実感・情感の表出を認めると思います。 ⇒以上の*を付した「語用論・意味論的所説」につきましては、概略お説のとおりとは思いますが、詳細の陳述は控えさせていただきます。実を申しますと、よく分かりません。最初に申しあげましたように、そもそもこの「不可算・可算両様に使われる名詞のカテゴリー用法」について、私は完全な門外漢ですので、私の出る幕はもともとなかったのだと認識しております。そんなわけで、どうぞこの段ご寛恕ください。  そんな私ではありますが、本件の全体を俯瞰するに、申しあげたいことが1つだけありました。前便の最後でも触れたことです。「この種の問題の考察に当っては、常に、小体系と考察テーマ全体との関連づけ、全体と部分の関連づけ、およびその立体的体系化を意識に留めておきたい」ということです。個人的な願望です。以上、不十分極まりないご返信で失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再々度の回答ありがとうございました。 ● <An inertia system has a past and another system also has another one; but those two pasts are not necessarily the same. ということで、私は、「可算用法のpastはそのようなもの」、つまり、「ニュートン物理学で扱われる時間」である場合もある、と考えます> -個別の過去がニュートン物理学で扱われる過去に組み込まれるか否かについては、ネイティブに何度か意見を求めてきました。 例えば、Do you want to wander through the past, the present and the future as a time traveller? において、the past, the present and the futureの代わりにpasts, presents and futuresを使うことができるかという問いに対して、大体同じような回答がかえってきます。the past, the present and the futureは客観的に独立して存在するものであるが、pasts, presents and futuresは人やものが個別に持つものであって、独立して存在するものではない。ただし、SF小説などで想像上の宇宙を設定した場合、空間と時間の設定の仕方次第でpasts, presents and futuresの使用も可能である、とのことでした。 個別の時間は、人やもの(システムも含む)が個別に持つものという体裁を取りますから、通常はhaveやwithや所有格に後続するはずです。An inertia system has a past and another system also has another one; というからには、個別の過去を意味していると思います。 もちろんニュートン物理学の内容とは無関係です。An inertia system という一つの名詞句の働きが問題にされているにすぎません。当然のことながら、Newton's first law やNewton's physicsの後にもa past (a present, a future) が後続可能です。 but those two pasts are not necessarily the same. ということですが。私の考えでは、not necessarily the same.ではなくnever the sameだと思います。 Nakayさんの考えが正しいとすれば、個々の過去の全集合が客観的に想定される過去(the past)と一致するとお考えになった場合だと思います。その件はネイティブに問い合わせても無駄です。これは哲学の問題ですから。私としてはこの考えも一つの考え方として有力なものだと思いますが、ただし、哲学的な裏付けがなされた場合の話です。私にはこれを裏付けることはできませんので、今のところ、ネイティブ達の考えに従っておこうと考えています。  ただ、Nakayさんの考えを全面的に否定できる根拠も持ち合わせていません。ニュートンは個別の過去という発想は持っていなかったと思いますが、そうした考えを「ニュートン物理学で扱われる時間」に組み入れることが可能なのかも知れません。  実は、私自身、一時期その問題を考えていたことがありました。個別の過去・現在・未来が同時に客観的に存在する未来の一部でもあるとする設定が可能かどうかということですが、大変複雑なので考察を停止しました。 Merriam-WebsterやOxfordの説明は、意味論レベルでの説明だとのご指摘ですが、その通りです。 <a pastを「個々の体験」と言われるのは、一種の転義であって、それだからといって原義である「過去」の意がなくなるわけではないでしょう>-とのことですが、これもやはり哲学上の問題だと思います。というわけで、この議論は決着がつかなかったということで、今後の課題としておきたいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。 今回も丁寧な回答ありがとうございました。これまでたくさんの質問に回答をいただいて感謝しております。おかげで私の中でくすぶっていた疑問点が次々にほぐれてきました。同時に、私自身の文法学習における基礎固めも思いのほか進捗しました。大きな疑問点はほぼ片づきましたが、一つ残しておいたことがあります。 以前、<定冠詞は「全体」を表すか>という質問をしましたが、質問の趣旨は、<指し示す対象が全体である>という言い方が<指し示す対象が唯一のものである>という言い方に還元可能なのではないか、つまり、<唯一のものを指す>という言い方で十分ではないかというものでした。 ただし、その質問に対するNakayさんの御意見(定冠詞の全体指示という考えも持っておくべきだという考え)も尊重し、この件は課題とさせて頂くことにしました。確かに、定冠詞の全体指示という考えは説明の手段としては便利ですが、定冠詞が本当にそうした働きを持つのかという疑念もあります。そこで、今回、この件について再度質問することにしました。よろしければ又おつきあい頂ければありがたいです。タイトルは<定冠詞は「全体」を指し示すか>です。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8786/10802)

再度の「質問者からの補足」をありがとうございました。 以下、問題点のみお答えします。 @<可算用法(具象的)>におけるカテゴリーはthe nightではなく、a nightだと思います。定義文Bは、B: A night is one of these periods of darkness. You usually refer to a particular period as the night. です。 ⇒私もその点悩みました。しかし、可算で「全体も含む」という意味では、a nightよりthe nightかなと…。ただし、全然固執しません。 @<可算用法(具象的類別)>というのがよくわかりません。「類別」はnightとday(time)の類別のことだと思いますが、その場合はin the night, in the day(time)という使い方がなされます。この時のthe nightとthe dayは一日を分割して区分したもの、または一日を構成するものだととらえられるべきものと考えます。それゆえ可算名詞ではないと思います。<可算用法(総称的)>という枠組みを想定すべきだと思います。その場合、<可算用法(総称的)>におけるカテゴリーはthe nightだと思います。総称的ということはThe lion is a wild animal. と同じタイプの総称文を作るということです。その成員は毎日めぐってくる夜のすべて、つまり(a night, nights)だと思います。 ⇒あまり深く考えずに「類別」としてしまいました。「day(time)からの類別によってnightの全体を示す場合も含む」と言いたかったのですが、舌足らずでした。仰せのとおり、<可算用法(総称的)>という枠組みとし、そのカテゴリーはthe nightとするのがいいと思います。 @<不可算用法(抽象的)2(包括)>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night)。とのことですが、「包括」とはどのような事態を示すものなのでしょうか。the名詞が全体を表しているかに見える事態を指すのでしょうか。The lion is a wild animal. と同タイプのものなのでしょうか。だとしたら<可算用法(総称的)>という枠組みで扱われるべきものと思います。 ⇒はい、そのとおりです。ですから、新しい提案としてはそのように考えたいと思います。 @2つの不可算用法を一括して<Q.「不可算用法(抽象的属性・質):カテゴリー(night) -成員(night)」。>にまとめたらどうかとのことですが、(不可算用法(抽象的)1(質)と不可算用法(抽象的)2(包括))において、カテゴリーと成員がそれぞれ異なるのに、定冠詞つきの方を取り上げずに、無冠詞の方だけを取り上げておられる趣旨がよくわかりません。 ⇒定冠詞つきの方は、「可算用法の全体を意味する総称を含む」に編入できると考えましたので、そうしました。その結果、無冠詞の方だけを取り上げたように見えたのだと思います。 @in summer とin the summerとは成り立ちがはっきり異なるものです。この違いについて、ネイティブと何度も議論してきましたが、違いを認めたネイティブはいませんでした。原理的な違いはあっても実質的な使用上の違いが感じられないのであれば、こちらとしても彼らの言い分を認めるしかないと思います。実際の使用とあいまった理論でなければ意味がないと思うからです。 ⇒ネイティブさんは、in summerの「属性・質」とin the summerの「全体・総称」とを同一視しているだけではないか、と私は類推しています。前者は内包を表象し、後者は外延の全てを含むわけで、しかも内包とは全ての外延の共通項ですので、確かに、この両者の概念的近似性は、通常の言語使用者にとっては、意識されにくいことだと思います。なお、本件は一大争点のようにも思われますので、すぐ後でも大きく触れるつもりです。 @<お説の1. 2.は、個々に見れば、それはそれでごもっともな分析と拝察いたしましたが、総括的に見れば、それぞれ、上のQ" P" の「亜項」ということだと思います。>-ということですが、1は概念枠組(the past, the present, the future)を構成する<不可算名詞用法>です。Q"の「亜項」だとのことですが、カテゴリー、-成員ともにthe pastなのではありませんか。 また、2は枠組(the past, present, the future)を構成するものですが、<不可算名詞用法>です。ですから、P"の可算用法に組み入れられることはないと思います。私の方で「亜項」の意味がよくわかっていないから混乱しているのかも知れません。 もう一度説明していただけるとありがたいです。 ⇒原理論的に考えると、単純に可算用法と不可算用法とをそれぞれ大柱とする2分法が分かりやすいですね。派生的な用法をそれぞれの柱に集約するわけです。不可算名詞用法が、例えばpastによって過去というものの抽象的な属性や質だけを表現する、つまり、概念優勢的な意味を表す用法ですね。これに対し、可算名詞用法では、例えばa pastやthe pastsなどによって部分や全体も表されるし、a gloomy pastやthose pastsなどによって強弱こもごもの限定も表現されますね。また、the past that S V …のような個別表現では部分色・限定色が強まりますが、他方、単にpastsと言えば限定色が弱まり、かつ全体色がやや強められて、いわゆる総称表現につながります。さらに、all the pastsのような言表によっては個別性が極端に弱まって全体性が最大に至ります。そうすると、これは「同一の内包を持つ多数の外延から成る一団」ということで、「ここで暗示される共通性が不可算名詞用法の持つ抽象的な属性や質と通底する」ことに至ります。つまり、この局面で、可算名詞用法の極限にある意味用法(R"とします)が、不可算名詞用法の中核的意味用法と重なる、ということになります。「極右が極左に通じた」わけです。これすなわち、「R"は、P"やQ"と鼎立関係にあるのでなく、P"に付属する特異な一用法にすぎない」、ということであり、自前の一項でなく、二項対立するうちの一項(一方の大柱)の下位に属する「亜項」ということになる、と思うわけです。なお、お説の2は、R"(the past, the future)とQ"(present) のハイブリッド(混在している格好)の姿と拝察しました。以上、勝手ないちゃもんをつけさせていただきましたが、お説の1,2はともに、現実の語法的分析としては大いに意義あるものと拝察し、その詳細の吟味や例示などに至っては私などの力量の及ばないことを認めます。ただ、私が縷々申しあげましたのは、原理論的な考察としての立論においては、1はQ"の、2はP"の補足事項または注記として扱うと具合がよいのではないか、と思いましたので、つい口が滑ったような次第です。確かヘーゲルはこういう状況を「量が質に転換する(分岐点)」と言っていたように記憶しています。  同じ事柄を上ではsummerに関連して述べました。すなわち、こうです。in summerの「属性・質」とin the summerの「全体・総称」との違いは紙一重でしかないことかも知れません。前者は内包を表象し、後者は外延の全てを含むわけで、しかも内包とは全ての外延の共通項ですので、この両者の概念的近似性は、一般的には何ら意識されることなく同一視されて何ら不思議はなく、しかもそれだからといって言語生活には支障もありません。とはいえ、意味論的語用論としては、かなり大きな問題であるに違いありません。ということで、以上の所論はこの問題を何が何でも2本立てで説明し、小項目(亜項)を捨象すべきだなどと主張するものではありません。主張の骨子・本意は、「本件の立体的構図化と、各項間の有機的なつながりや(縦横の)関係を明示すること」にあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

残りです。 Summer comes after spring. やSummer is the hottest season of the year. においては、情感の表出や連想はほとんど行われないと思います。Summerはカテゴリーを表すだけですから。  これが、一般性や習慣性を失った文脈だと、例えばSummer has come. / Summer is over. だと、(summerは今年の夏または来年の夏を表します)急にリアルな情感がわいてくるように感じます。この点に関しては賛同するネイティブもいます。つまり、情感の発露や連想はカテゴリー文でなく実体を表す文において起きやすいということです。この話は以前もやりましたね。  でも、それだけの問題だけではなさそうな気がします。というのは、In summer the Browns go to the beach for vacation. は習慣的な意味を持つなのでsummerによる情感の発露が感じられないのは納得できるのですが、In summer the Browns are going to go to the beach for vacation. という特定の状況を表す文においても、やはり情感や連想を伴うとは思えないと言う人の方が多いのです。in summerが文末におかれると、もっと感じにくくなるのではないかと思います。  この場合のin summerはこれからやってくる夏であって、実感や情感をともなっていいはずです。いくら、わずかであっても実感・情感は伝わるはずの文ですから。ところがそうでないとすれば、どう考えればいいのでしょうか。 Summer has come.やSummer is over. と比べると、情感を喚起しにくい文だと言うしかありません。文の構造を比べると、Summer has come.やSummer is over. においては、summerは主題を担っています。in summerは背景を描写するもので、summerが主題化されることはありません。また、恐らく、in summerを文末に置いた方が文頭に置く場合より後景化しやすいのではないかと思います。  おそらく、これが一応の種明かしなのだろうと思うのですが、問題はここからあらぬ方向に展開・脱線します。  at nightはどうなのかということです。at nightは時を表す副詞句だと見られることが多いようです。では、もっぱら背景に置かれるものなのかということですが、例えばAt night I miss you badly especially when I ---というふうな習慣的な文脈において情感が十分に伝わってきます。それどころか、Stars are seen at night. という一般的な事実を表現する文においても(at nightが文末に置かれて後景化しやすい文においても)、情感が伝わってきます。夜にまつわるさまざまなもの(silence, fear, romantic feelingなど)が連想されます。この意見には賛同するネイティブがそこそこいます。  一方、概念枠組を構成するnightを組み入れたin the nightにおいてはそのようなことは起きません。in the nightは出来事を叙述する際に後景に置かれるからだと思います。  となると、問題は時を表す副詞句中のin とatの違いは何かということになります。inは一般に空間や時間の領域を表すことが多いのではないかと言う気がします(in the nightにおけるinは特にそう言えると思います)。それゆえ、in summerとin the summerはどうしても意味的に近接し合うのではないかと思います。 atについてですが、以前、<前置詞atの働きについて>と題する投稿において論じたことがあります。atに限定詞が後続しない場合は時間や空間の制約がない(短い時を表すわけではない)ということでした。at dawn, at noon, at midnightの場合もそうです。一見、非常に短い時を表しているかの見えて、そうではないわけです。これらの表現においては時間は問題とされていないと思います。時や場所を表す前置詞だという思いこみのもとにat dawn, at noon, at midnightを解釈しようとするから非常に短い時と思いこむわけで、実際は日の出、南中、真夜中(太陽が南中時の位置からもっとも離れた位置にある現象)のそれぞれの現象の内包的な状況を表すものと思われます。当然のことですが、night, dawn, noon, midnightはそれらと結びつきを持ちやすい概念を連想によって想起させるのではないかと思います。 結論として言えることですが、In the summer the Browns go to the sea for vacation. において実感や情感が伴わないのは、カテゴリー的な表現だから考えてよいと思いますが、In the summer the Browns are going to go to the sea for vacation. の場合は、前置詞inの特性により、時間領域を表現しやすい、すなわちin the summerに近くなるからということではないかと思います。それでも、言葉に対して鋭敏な人であれば、後者の文中のin summerに幾ばくかの実感・情感の表出を認めると思います。いかがでしょうか。

質問者からの補足

再再度の回答ありがとうございました。 ●@<可算用法(具象的)>におけるカテゴリーはthe nightではなく、a nightだと思います。定義文Bは、B: A night is one of these periods of darkness. You usually refer to a particular period as the night. です。 ⇒私もその点悩みました。しかし、可算で「全体も含む」という意味では、a nightよりthe nightかなと…。ただし、全然固執しません。 -辞書の定義文に従って、カテゴリーはa nightだとしておきます。 ● @2つの不可算用法を一括して<Q.「不可算用法(抽象的属性・質):カテゴリー(night) -成員(night)」。>にまとめたらどうかとのことですが、(不可算用法(抽象的)1(質)と不可算用法(抽象的)2(包括))において、カテゴリーと成員がそれぞれ異なるのに、定冠詞つきの方を取り上げずに、無冠詞の方だけを取り上げておられる趣旨がよくわかりません。  ⇒定冠詞つきの方は、「可算用法の全体を意味する総称を含む」に編入できると考えましたので、そうしました。 -そうすると、<可算用法>において、カテゴリーがa nightの場合とthe nightの場合と2通り存在することになりますから、やはり2つに区別した方がよいと思います。 <可算用法(具象的>と<可算用法(総称的-あるいは包括的>とでいいのではないでしょうか。 <不可算用法(質)>と<不可算用法(類別)>もカテゴリーがnightとthe nightの2つになるのでこれも区分した方がよいと思います。結局、4つの区分が必要になるような気がします。 ●<他方、単にpastsと言えば限定色が弱まり、かつ全体色がやや強められて、いわゆる総称表現につながります。さらに、all the pastsのような言表によっては個別性が極端に弱まって全体性が最大に至ります。そうすると、これは「同一の内包を持つ多数の外延から成る一団」ということで、「ここで暗示される共通性が不可算名詞用法の持つ抽象的な属性や質と通底する」ことに至ります。> -とのことですが、前回の返信にて私はこのようなことを述べました。 <可算用法として私が提示したのは人間や社会や建造物などの個別の時間です。ニュートン物理学で扱う時間ではなく、(時間と関わる)個々の体験です。それゆえ、今回の分析において取り上げるべきではなかったような気がします。Everybody has a past. というふうな使い方をします。もちろん、The past we had was ---という使い方もできます。それゆえ、カテゴリーはa pastだと思います。>  辞書の定義をさらに2つ加えておきます。 Merriam-Websterによればpastはsomething that happened or was done in the pastです。 Oxfordによればpastはthe history of a person, country, or institution.です。  -つまり、不可算用法で扱うpastとはまるで別種のものです。どのように分析しようとも通底不可能だと思います。不可算用法のpastはニュートン物理学で扱われる時間ですが、可算用法のpastはそのようなものではありません。そもそも時間ではありません。私の方でこれを可算用法を取り上げたのはmisleadingな行為だったと反省しています。 ●<in summerの「属性・質」とin the summerの「全体・総称」との違いは紙一重でしかないことかも知れません。前者は内包を表象し、後者は外延の全てを含むわけで、しかも内包とは全ての外延の共通項ですので、この両者の概念的近似性は、一般的には何ら意識されることなく同一視されて何ら不思議はなく、しかもそれだからといって言語生活には支障もありません。>  -in the summerにおけるthe summerは私の考えでは総称表現ではありません。{the spring, the summer, the autumn, the winter}という概念枠組を構成する1要素だと考えます。Nakayさんの言われる類別表現にあたるものと思います。出来事の背景を描写するためのものであって、それゆえin the ---の形で使われるのが通例だと思います。(この記述に関してはNakayさんと意見が合わないかも知れません。) 総称表現としてのthe summerは毎年やってくるa summerをsummersというふうに一般的にとらえ、さらにthe summerへと抽象化したものです。この考え方はlionsを一般化してthe lionを取り出すのと同じ発想です。ネイティブの多くは、the summerが一般的・習慣的文脈で使用される時は、the summer = summers in generalというふうにとっさに思いつきます。  というのは、以前も紹介しましたが、英語圏で人気のある一般向け文法書に、The rose is a national flower of England. と言うときのthe roseについて、the rose = roses in generalと説明してあります。恐らく、英米の小・中学校でこういう説明を聞かされるものと思われます。この場合のthe roseは当然のことながら他の花と対照的に扱われて、例えばThe rose is more popular for British people than the lily. というふうに使われます。ですから、the nounが一般的・習慣的文脈で使用される時は常にnouns in generalを表すのだと思いこんでいるのだろうと思います。 ですから、the summerはsummers in generalであって、I like the summer better than winter. というふうに他の季節と対照的に使うことができるわけです。  ここまでは彼らの考えは正しいと思います。 ところが、{the spring, the summer, the autumn, the winter}という概念枠組の場合にもこの考えを(緻密な分析を行わずに)当てはめているようです。ですから、in the summerにおけるthe summerはsummers in generalだと主張するわけです。 でも、この概念枠組の場合はわけが違います。一年を分割して取りだした4つのうちの一つがsummerです。あるいは1年を構成する4つの要素のうちの一つがsummerです。the summer is summers in generalと発想する時のsummerとは全く別のものです。  彼らは、一般的・習慣的文脈で使用される時のthe nounはnouns と常に交換可能だと主張します。実際、文法書や研究書にもそう書いてあります。ところが、in summersという使い方はないと断言します。自家撞着も甚だしいとしか言いようがありませんが、彼らはこの矛盾に対しては鈍感です。論理的に整合させようとすれば、概念枠組の場合はthe summer is summers in generalと言えるようなものではない、4分割されて取り出された一つだと考えるしかないはずです。この議論は、たしか、昨年の<the summerは総称表現か他の季節からの類別表現か>で一応の解決を見た問題だったはずです。 なお、こうした枠組みを意識するネイティブは非常に少ないのですが、たまにそういう人もいます。{the spring, the summer, the autumn, the winter}ではなく、{the morning, the afternoon, the evening} の場合でしたが、各要素になぜtheがつくかという問いに対して、各要素が互いに対立するからだと答えたネイティブがいました。私だったら、その答え以外に、3つの要素を構成するデフォルト要素だからという答えも用意します。 私としてはネイティブが誤った考えを持つことに対して、声高に異論を申し立てたいとは思いません。もっと別の所に問題意識があります。 私の問題意識を持ったのは、in summerにおいて夏の暑さを実感する、あるいは夏の風物を連想することがあって当然なのに、ネイティブ達は、summerは夏の季節のことだとそれだけ言って、夏の暑さや夏の風物は文脈によってのみ喚起されるものだと主張することに対してでした。 では、無冠詞のsummerに対して文脈と関わりなく夏の暑さや夏の風物を実感することはないのかということですが、Summer has come. の場合はネイティブにとっても確かに実感を伴うそうです。私ももちろんそうです。このことを分析してみます。 -字数の制約のためお礼に残りを入れます。

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8786/10802)

「補足」ありがとうございました。 @致命的なミス。the nightの総称用法のことをすっかり忘れてしまっていました。この場合は可算名詞用法だと思います。the nightは毎日繰り返しやってくるnightsをまとめて一般化したものととらえてよいと思います。ネイティブ流に言えば、The night is a generalization of nights, and represents all nights. ですね。 Cobuildにおける可算用法のnightの定義-定義文Aにあたるものだと思います。この用法においてカテゴリーはthe nightで、成員はa night, a night, a night …だと思います。/問題はNight is …という定義文におけるnightとThe night (nightsが一般化されたもの) is -におけるnightの違いが何かということです。 Night is …におけるnightは概念で、その最も内包的な属性は<暗いこと>です。The night is …におけるnightは典型的な属性<暗いこと>によって特色づけられるはずです。だったら、ネイティブが言うように、Night is …もThe night is …も実質的に同じものだとするのはもっともなことだと思います。 ⇒総称用法は、(前便では)「不可算用法2」に含まれると考えていました。ついでですので、一部加除を施しますが、その時の一覧を全部掲げます。 <可算用法(具象的)>--定義文B 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night, a night, nights, the previous night, a moonless night…)。 <不可算用法(抽象的)1(質)>--定義文C 概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night)。 <不可算用法(抽象的)2(包括)>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night)。  さて、nightの「概念-カテ-成員系統」は、次のP Q のように一括できると思います。(簡潔を旨とし、形容詞がつく場合などは記入しません。)そして、仰せのように、総称用法はPの中に含ませることができると思います。 P.「可算用法(具象的類別):概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night, a night, (all) nights)」。 Q.「不可算用法(抽象的属性・質):概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night)」。 @同じことはSummer is the hottest season of the year. とThe summer is the hottest season of the year. や、I like summer better than winter. とI like the summer better than the winter. の関係においても言えます。 ⇒summerの「系統」も、次のP' Q' のように一括できると思います。(P Qの場合同様、簡潔を旨とし、形容詞がつく場合などは記入しません。) P'.「可算用法(具象的類別):概念(summer) -カテゴリー(the summer) -成員(the summer, a summer, summers)」。 Q'.「不可算用法(抽象的属性・質):概念(summer) -カテゴリー(summer) -成員(summer)」。 なお、in summer とin the summerの違いは、仰せの通り「実質的に同じもの」だと言えるかも知れませんが、前者のsummerを「属性・質」を表す不可算用法と考えても支障はないと思います。 @他に、{north, south, east, west} {right, left} {front, back} {past, present, future}などの概念枠組みがありますが、分析結果は、大体似たようなものだと思います。特筆すべきことがあるとしたら、方角と方向を表すカテゴリーはthe east, the right, the frontというふうに定冠詞がつく形しかないことです。{past, present, future}には可算名詞用法があります。人間や社会が個別にもつ時間経験を表します。{north, south, east, west} には可算名詞用法はありません。{right, left} {front, back} の場合は、方向ではなく場所を示す場合は可算名詞用法があります。最後にpastの分析をもって締めたいと思います。 <可算名詞用法>カテゴリーはa past (人間や社会などが個別にもつ過去経験)-成員はa past, a gloomy past, pasts, the past I had… 形容詞を伴う場合は、過去という一つの時間領域の個別の様相が示されていると考えることも可能です。その場合、人間や社会が個別にもつ経験ととらえるのと同じことになります。例文-Everybody has a past, a present and a future. <不可算名詞用法> 1.抽象的な概念枠組(the past, the present, the future)として存在するthe pastの場合 カテゴリーはthe past -成員はthe past, the recent /distant /far past, the not-so-distant /recent /far past など 2.具体的な出来事や状況が表現される枠組(the past, present, the future)として存在するthe pastの場合。文中で使われる際は(in the past, at present, in the future)という枠組を作る。カテゴリーはthe past - 成員はthe past いかがでしょうか。 ⇒pastの「系統」も、次のP" Q" のように一括できると思います。(P Qの場合同様、簡潔を旨とし、形容詞がつく場合などは記入しません。) P".「可算用法(具象的類別):概念(past) -カテゴリー(the past) -成員(the past, a past)」。Q".「不可算用法(抽象的属性・質):概念(past) -カテゴリー(past) -成員(past)」。 お説の1. 2.は、個々に見れば、それはそれでごもっともな分析と拝察いたしましたが、総括的に見れば、それぞれ、上のQ" P" の「亜項」ということだと思います。細密観察の意義はあると思いますが、「系統」分析のためには絶対必要というわけではないと思います。 @時代が下って、{morning, afternoon, evening, night}というふうに枠組みが改変された時、それはすでに農事用のものではなく、市民生活に資するものだったのではないかと思います。この枠組みにおいてはeveningとnightの境目ははっきりしません。{morning, afternoon, evening}においては、日の出、南中、日没というふうに太陽の動きが指標とされました。eveningの終わりを画する指標は太陽の動きと関係なく、人間の活動(就寝)です。eveningはその日の農作業を終えた後の就寝までのくつろぎの時間だと思います。このように就寝時までもが指標の役割を果たすことは、この枠組みを農事暦の枠組みとして見れば納得できます。{sunrise - morning - meridian passage - afternoon - sunset - evening - bed time}という枠組みだと思います。{morning, afternoon, evening, night}という枠組みにおいてeveningとnightの境目がはっきりしない理由は、{morning, afternoon, evening}におけるeveningをさらにeveningとnightに区分したためだと思われます。私は便宜的に、eveningを<日没から夕食時を含むしばらくの間>とし、nightを<就寝前のしばらくの間>としていますが、論理的にきちんと整合する定義は不可能です。区分の仕方は人によってそれぞれ異なるものであってよいと考えます。 ⇒確かに、生活様式、とりわけ文化的なそれの変化に伴って言語生活・習慣も変化するのは当然で、したがって語法の分析やその結果も、後追いの形で変化することは避けて通れないことですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

再度の回答ありがとうございました。懇切丁寧にチェックして頂き、感謝しています ●《⇒総称用法は、(前便では)「不可算用法2」に含まれると考えていました。ついでですので、一部加除を施しますが、その時の一覧を全部掲げます。 <可算用法(具象的)>--定義文B 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night, a night, nights, the previous night, a moonless night…)。 <不可算用法(抽象的)1(質)>--定義文C 概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night)。 <不可算用法(抽象的)2(包括)>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night)。  さて、nightの「概念-カテゴリー成員系統」は、次のP Q のように一括できると思います。(簡潔を旨とし、形容詞がつく場合などは記入しません。)そして、仰せのように、総称用法はPの中に含ませることができると思います。 P.「可算用法(具象的類別):概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night, a night, (all) nights)」。 Q.「不可算用法(抽象的属性・質):概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night)」。》  -<可算用法(具象的)>におけるカテゴリーはthe nightではなく、a nightだと思います。 定義文Bは、B: A night is one of these periods of darkness. You usually refer to a particular period as the night. です。 <可算用法(具象的類別)>というのがよくわかりません。「類別」はnightとday(time)の類別のことだと思いますが、その場合はin the night, in the day(time)という使い方がなされます。この時のthe nightとthe dayは一日を分割して区分したもの、または一日を構成するものだととらえられるべきものと考えます。それゆえ可算名詞ではないと思います。 <可算用法(総称的)>という枠組みを想定すべきだと思います。その場合、<可算用法(総称的)>におけるカテゴリーはthe nightだと思います。総称的ということはThe lion is a wild animal. と同じタイプの総称文を作るということです。その成員は毎日めぐってくる夜のすべて、つまり(a night, nights)だと思います。  <不可算用法(抽象的)2(包括)>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night)。とのことですが、「包括」とはどのような事態を示すものなのでしょうか。the名詞が全体を表しているかに見える事態を指すのでしょうか。The lion is a wild animal. と同タイプのものなのでしょうか。だとしたら<可算用法(総称的)>という枠組みで扱われるべきものと思います。 <カテゴリー(the night) -成員(the night)>という組み合わせだと、実際に使用のおいてはin the nightという使い方になるのでしょうか。だとしたら、概念枠組{the night, the day}の片方ということでしょうか。その場合、私が示した<不可算用法 2>--定義文F-概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the early night, the late night )と同じものなのでしょうか。だとしたら、「包括」ではなく「類別」の方がふさわしいように思います。  以上、4つの論点がありましたがいかがでしょうか。 2つの不可算用法を一括して<Q.「不可算用法(抽象的属性・質):カテゴリー(night) -成員(night)」。>にまとめたらどうかとのことですが、(不可算用法(抽象的)1(質)と不可算用法(抽象的)2(包括))において、カテゴリーと成員がそれぞれ異なるのに、定冠詞つきの方を取り上げずに、無冠詞の方だけを取り上げておられる趣旨がよくわかりません。 私としては、やはり4つの枠組みを設定するしかないように思います。どう思われますか。 summerの「系統」とpastの系統も同様だと思います。 ●<in summer とin the summerの違いは、仰せの通り「実質的に同じもの」だと言えるかも知れませんが、前者のsummerを「属性・質」を表す不可算用法と考えても支障はないと思います。> 私もそのように考えています。こう書いておいたはずです。 -in summerにおけるsummerは概念で、その最も内包的な属性は(暑いこと)です。-と。 in summer とin the summerとは成り立ちがはっきり異なるものです。この違いについて、ネイティブと何度も議論してきましたが、違いを認めたネイティブはいませんでした。原理的な違いはあっても実質的な使用上の違いが感じられないのであれば、こちらとしても彼らの言い分を認めるしかないと思います。実際の使用とあいまった理論でなければ意味がないと思うからです。 ただ、一つだけ譲る気のないことがあります。in summer においては、in the summer と違って概念が使われているので、夏の暑さや風物などが話し手にとっても聞き手にとっても実感として感じられやすいはずです。また、夏を想起する時、夏と関わる様々なものも同時に想起する(ただし、夏が焦点化される)はずです。このようなことをネイティブ相手にしゃべったことがありますが、Wordsworthを読んだことはないのだろうかと思ってしまうことが多かったですね。 ●《⇒pastの「系統」も、次のP" Q" のように一括できると思います。(P Qの場合同様、簡潔を旨とし、形容詞がつく場合などは記入しません。) P".「可算用法(具象的類別):概念(past) -カテゴリー(the past) -成員(the past, a past)」。 Q".「不可算用法(抽象的属性・質):概念(past) -カテゴリー(past) -成員(past)」。 -可算用法として私が提示したのは人間や社会や建造物などの個別の時間です。ニュートン物理学で扱う時間ではなく、(時間と関わる)個々の体験です。それゆえ、今回の分析において取り上げるべきではなかったような気がします。Everybody has a past. というふうな使い方をします。もちろん、The past we had was ---という使い方もできます。それゆえ、カテゴリーはa pastだと思います。 Cambridge Advanced Learner's Dictionaryにおけるa pastの定義を記しておきます。 a part of someone's life in which they did unacceptable or dishonest things: He's a man with a past.  <お説の1. 2.は、個々に見れば、それはそれでごもっともな分析と拝察いたしましたが、総括的に見れば、それぞれ、上のQ" P" の「亜項」ということだと思います。>---  ということですが、1は概念枠組(the past, the present, the future)を構成する<不可算名詞用法>です。Q"の「亜項」だとのことですが、カテゴリー、-成員ともにthe pastなのではありませんか。 また、2は枠組(the past, present, the future)を構成するものですが、<不可算名詞用法>です。ですから、P"の可算用法に組み入れられることはないと思います。私の方で「亜項」の意味がよくわかっていないから混乱しているのかも知れません。 もう一度説明していただけるとありがたいです。 ●⇒確かに、生活様式、とりわけ文化的なそれの変化に伴って言語生活・習慣も変化するのは当然で、したがって語法の分析やその結果も、後追いの形で変化することは避けて通れないことですね。 -同感です。なお、9 o'clock in the morning / 9 o'clock at nightといった時刻標示のやり方がありますが、恐らく占星術とか修道院生活といった、農民や市民の暮らしとはかけ離れた所で始まったのではないかと思います。今回は考察の対象外としました。

  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8786/10802)

「不可算・可算両様に使われる名詞のカテゴリー用法」について 不得手な分野ですので、ほとんど申しあげることがありません。つまり、回答の権利はないと思いましたが、これまでの流れもありますので、1つだけ感じたことを申しあげます。 @Cobuild(online版・CDロム版)による可算用法のnightの定義は次の通り。 A:The night is the period of time between the end of the afternoon and the time that you go to bed, especially the time when you relax before going to bed. B: A night is one of these periods of darkness. You usually refer to a particular period as the night. 例文はHe was at the hotel and intended to spend the night there. またCDロム版には不可算用法がある。 C: Night is the period during each 24 hours when it is dark. If something happens regularly during this period, you say that it happens at night. またonline版にこういうのもある。 D: the period of darkness each 24 hours between sunset and sunrise, as distinct from day. (online版・CDロム版)に次のような定義もある。 E: The night is the part of each day when the sun has set and it is dark outside, especially the time when people are sleeping. 私だったら、Eの代わりに、Dを少し変えて F: The night is the period of darkness each 24 hours between sunset and sunrise, as distinct from the day. と定義したいところ。この定義に当てはまる例文は掲載されていないので、私が作っておきます。These days we often have rain. Usually it begins to fall in the morning, and stops in the evening. 習慣的意味を明確にするためにin the mornings /in the eveningsとすることもできる。ただし、注意すべきことがある。概念枠組が機能するのは一般的・習慣的文脈においてであって、特定の時間を暗示する文脈においては夜間や昼間の意味は出ない。例えばRain began to fall in the night, and stopped (on) the next morning. において、the night はlast night / the previous nightを表す。カテゴリーを表すa nightの成員です。 ⇒検索例をいろいろご提示いただき、参考になりました。中味については何も申しあげることはできせんが、ただ1つ、最後のfeedersさんがお作りになった文に次のようにカッコ内の語句を補うのはいかがでしょう。These days we often have rain (during the night). Usually it begins to fall in the morning, and stops in the evening. @ここから本題。本題はC (D)における無冠詞のnightとFにおけるthe nightとでどのような相違点があるのかということです。CのNight is …におけるnightは概念であって、ここでは夜というカテゴリーを表している。成員(外延)はa night, the night,…その他形容詞をつけると無数に成員が存在する。この場合のnightは我々が思い浮かべる最も普通の(暗い時を表す)夜だと思います。ただし、一般に我々がある語を思い浮かべる時、その語だけが単独で思い浮かぶことはあり得ない。強く意識されるかあまり意識されないかの違いはあるが、必ず何らかの語(概念)と共に想起されるはず。例えばnightであれば、darkness, silence, nightmare, romantic feeling, sleep -など。共に想起されるからと言って強い結びつきがもともと存在するわけではない。話者のその都度の気分や思惑次第で結びつきの対象や強さが異なる。また、話者の側の情感や関心を伴って結びつくこともある。この場合のnightは補完的な意味を持つdayとも緩やかなつながりしか持たない。典型的な使用例は、Stars are seen at night. @注意すべきこと。補完的な意味を持つdayにはat dayという言い方はない。では、Fのthe nightはどうなのかというと、やはりカテゴリーを表していると思う。本来はnightの外延であるはずのものがなぜカテゴリー表現として使われることになったか考えてみる。私の推測では、the nightとthe day (通常はthe daytime)はある出来事や状況を描写するための背景装置として使われる、それゆえ、通常はin the …の形で使われるものと思われる。ということは、補完しあう時間要素であるday (昼間)との結びつきが相当に強いものとして設定されているはず。the nightは{day, night}という概念枠組の片方と考えてよいと思う。the nightという語と共に想起されうるのはthe day(time) だけだと思う。では、夜間を表すカテゴリーであるthe nightの成員はと言うと、おそらく、一日という全体から区分された夜をさらに下位区分したものだと思う。例えば、the early night, the late nightです。ただし、現代英語では使われない古風な言い方だとのこと (ネイティブのコメント)。これが、eveningだとthe early evening やthe late eveningというふうに普通に使われる。ついでに、a nightは毎日繰り返してやってくる夜を表すカテゴリーです。成員はa night, the night, the following night, last night, Saturday night, nights … 補完的な意味を持つa dayも同様に分析できるが、成員として使われている例文を挙げるに留めておく。Completing the task took 2 days and 3 nights. (まる2日とさらに1夜かかった) a dayには計測単位として1日の意味もある。Completing the task took 2 days. だと、2日かかったことを表す。 ⇒「一日という全体から区分された夜をさらに下位区分したもの」の中には、理論上「全体」も含まれると思います。このことが、先にThese days we often have rain (during the night).のカッコ内をご提案した理由でもあります。 @<概念-カテゴリー-成員>の枠組みを使って整理してみる。 <可算用法>--定義文B 概念(night) -カテゴリー(a night) -成員(a night, a moonless night, nights, the night, the previous night, the night we spent ---) <不可算用法 1>--定義文C 概念(night) -カテゴリー(night) -成員(night) <不可算用法 2>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the early night, the late night …ただし現代英語では使わない)。 ⇒なるほど、門外漢なのに横柄な言い方ですが、よくまとめられていると思いました。ただ1つ、上述の事項と関連して考えますと、最後の<不可算用法 2>では、 <不可算用法 2>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night*、the early night, the late night〈ただし後二者は現代英語では使わない)。 のような、追加「成員(the night…)」が可能かと思われますが、いかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

質問者からの補足

回答ありがとうございました。 ● <では、夜間を表すカテゴリーであるthe nightの成員はと言うと、おそらく、一日という全体から区分された夜をさらに下位区分したものだと思う。例えば、the early night, the late nightです。 ---⇒「一日という全体から区分された夜をさらに下位区分したもの」の中には、理論上「全体」も含まれると思います。このことが、先にThese days we often have rain (during the night).のカッコ内をご提案した理由でもあります。> -<理論上「全体」も含まれる>というのは、夜間を表すカテゴリーであるthe nightの成員は the night, the early night, the late night ---だということでしょうか。確かにその通りですね。うっかりしていました。ご指摘ありがとうございました。 ●<不可算用法 2>--定義文F 概念(night) -カテゴリー(the night) -成員(the night, the early night, the late night〈ただし後二者は現代英語では使わない)。 のような、追加「成員(the night…)」が可能かと思われますが、いかがでしょう。 -ご指摘ありがとうございました なお、理論上はthe not-so-early / late night など成員を無限に作れますが、容認されることはないと思います。 -実は、もっと致命的なミス(凡ミスには違いないのですが)をしてしまいました。the nightの(The lion is a wild animal. と同タイプの)総称用法のことをすっかり忘れてしまっていました。恐らく、Cobuildにこだわりすぎたせいでしょうね。この場合は可算名詞用法だと思います。the nightは毎日繰り返しやってくるnightsをまとめて一般化したものととらえてよいと思います。ネイティブ流に言えば、The night is a generalization of nights, and represents all nights. ですね。 Cobuildにおける可算用法のnightの定義-定義文Aにあたるものだと思います。この用法においてカテゴリーはthe nightで、成員はa night, a night, a night ---だと思います。 the day(time) とペアで概念枠組みを構成するthe nightは普通はin [during] the nightの形で使うので、The night is --の文で使われることはまずないと思われます。問題はNight is ----という定義文におけるnightとThe night (nightsが一般化されたもの) is --におけるnightの違いが何かということです。 Night is ---におけるnightは概念で、その最も内包的な属性は<暗いこと>です。The night is ---におけるnightは典型的な属性<暗いこと>によって特色づけられるはずです。だったら、ネイティブが言うように、Night is ---もThe night is ---も実質的に同じものだとするのはもっともなことだと思います。 同じことはSummer is the hottest season of the year. とThe summer is the hottest season of the year. の関係においても、又、I like summer better than winter. とI like the summer better than the winter. の関係においても言えます。  いかがでしょうか。 summerの話が出たついでに、In summer / In the summer, the Browns go to the beach for vacation. において、in summer とin the summerがどう違うのかということも説明しておきます。in summerにおけるsummerは概念で、その最も内包的な属性は<暑いこと>です。ここではinに後続するので期間を表します。<暑い夏の期間>です。  the summerの方は{spring, summer, autumn, winter}という概念枠組みの一つで、1年を4分割して取り出された夏の期間を表します。夏の期間は暑い期間です。よって、ネイティブが主張するとおり実質的に同じものだと言えます。 いかがでしょうか。 他に、{north, south, east, west} {right, left} {front, back} {past, present, future}などの概念枠組みがありますが、分析結果は、大体似たようなものだと思います。 特筆すべきことがあるとしたら、方角と方向を表すカテゴリーはthe east, the right, the frontというふうに定冠詞がつく形しかないことです。 {past, present, future}には可算名詞用法があります。人間や社会が個別にもつ時間経験を表します。{north, south, east, west} には可算名詞用法はありません。{right, left} {front, back} の場合は、方向ではなく場所を示す場合は可算名詞用法があります。 最後にpastの分析をもって締めたいと思います。よろしくお願いします。 <可算名詞用法> カテゴリーはa past (人間や社会などが個別にもつ過去経験)-成員はa past, a gloomy past, pasts, the past I had --- 形容詞を伴う場合は、過去という一つの時間領域の個別の様相が示されていると考えることも可能です。その場合、人間や社会が個別にもつ経験ととらえるのと同じことになります。 例文-Everybody has a past, a present and a future. <不可算名詞用法> 1. 抽象的な概念枠組(the past, the present, the future)として存在するthe pastの場合 カテゴリーはthe past -成員はthe past, the recent /distant /far past, the not-so-distant /recent /far past など 2. 具体的な出来事や状況が表現される枠組(the past, present, the future)として存在するthe pastの場合。文中で使われる際は(in the past, at present, in the future)という枠組を作る。 カテゴリーはthe past - 成員はthe past いかがでしょうか。 ところで、{morning, afternoon, evening}という枠組みがあります。これは{day, night}及び{spring, summer, autumn, winter}と共に古い時代に一日を表す時間区分として、特に農事用に暦として使うために使用されたものではないかと推測しています。この時代には、nightは睡眠のためのものであって農作業と関わりがないので{morning, afternoon, evening}の中に組み入れる必要がなかったのではないかと思います。  時代が下って、{morning, afternoon, evening, night}というふうに枠組みが改変された時、それはすでに農事用のものではなく、市民生活(特に都市生活者)に資するものだったのではないかと思います。この枠組みにおいてはeveningとnightの境目ははっきりしません。  {morning, afternoon, evening}においては、日の出、南中、日没というふうに太陽の動きが指標とされました。eveningの終わりを画する指標は太陽の動きと関係なく、人間の活動(就寝)です。eveningはその日の農作業を終えた後の就寝までのくつろぎの時間だと思います。このように就寝時までもが指標の役割を果たすことは、この枠組みを農事暦の枠組みとして見れば納得できます。{sunrise - morning - meridian passage - afternoon - sunset - evening - bed time}という枠組みだと思います。 {morning, afternoon, evening, night}という枠組みにおいてeveningとnightの境目がはっきりしない理由は、{morning, afternoon, evening}におけるeveningをさらにeveningとnightに区分したためだと思われます。私は便宜的に、eveningを<日没から夕食時を含むしばらくの間>とし、nightを<就寝前のしばらくの間>としていますが、論理的にきちんと整合する定義は不可能です。区分の仕方は人によってそれぞれ異なるものであってよいと考えます。 いかがでしょうか。

関連するQ&A

  • 可算名詞と不可算名詞について

    こんにちは。 高2のflankです。 When you start talking about "East" and "West",you are probably making a kind of stereotype. という英文のstereotypeについて質問があります。 このstereotypeという単語を辞書で調べたところ、 可算名詞で載っていました。 しかしここではなぜ冠詞なしの単数形で使われているのでしょうか。 返信よろしくお願いします。

  • quality(質)は可算名詞?不可算名詞?

    This will lead to a better quality of lile.(これは生活の質の向上につながるだろう) この文章の中ほどにある”a”(不定冠詞)はあってもなくてもよいのでしょうか? あるいは、あってはいけない、なくてはいけないのでしょうか? quality を辞書で調べると”質”という意味では不可算名詞とするものと、不可算・可算名詞とするものがあります。

  • 可算名詞の冠詞について

    ただ今DUOで勉強中ですが、中に以下の文があります。 Delivery service is available to our custmers for a slight extra charge. この時、serviceは可算名詞だと思いますが、なぜ冠詞がないのかがわかりません。 冠詞に詳しい方、教えていただけますでしょうか?

  • probability の可算不可算・冠詞

    probability の可算不可算・冠詞の使い分けについて教えてください。 例えば、Weblio辞書では http://ejje.weblio.jp/content/probability 可算と不可算のどちらにも入っており使い分けがよくわかりません。 見込み(確率)という意味なら不可算、事柄なら可算なのかとも思ったのです、 OALDでみると、 http://oald8.oxfordlearnersdictionaries.com/dictionary/probability There seemed to be a high probability of success. とあり、見込み・確率という意味でもaがついていて可算扱いになっています。 Weblioだとof~の形は不可算になっています。 どのように考えればよいのでしょうか。 また、 (1) There is a probability that ~ (2) There is probability that ~ (3) There is some probability that ~ (4) There is some probabilities that ~ についても説明していただきたいです。 "some probability that"と"some probabilities that"ググッた結果では、 (3)>>(4)なので、この場合は不可算のままが普通なのでしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

  • 不可算名詞のところの英訳です

    中学の英訳の問題です。お願いします。 「これは大変役に立つ情報です」の英訳を This is very usefl information. としたのですが、 模範解答では his is a very usefl piece of information. となっていました。 information は不可算名詞で、訳す日本文が「一つの」と限定していなかったので、a piece of とせずにそのままの状態にしたのですが、この場合 a piece of と「一つの」という意味合いを持たせるのでしょうか。お願いします。それとも自分の考えがどこか根本的なところから間違っているのでしょうか。

  • 可算名詞の用法についてお尋ねします。beach

    A:夏場に海に行くのは嫌ですね。 B;どうしてですか? A;ほとんどのビーチが大抵たくさんの人で混んで、周りでナンパしている若者が多くて、行くたびに泳いだりビーチで楽しめない(ゆっくりできない)からです。 A:I don't like going for a swim in the sea in the summer season. B:Why not? A;Well, every time I go to any beaches,I can’t either swim or enjoy myself on the beach/or relax on the beach because most of beaches are usually crowded by lots of people and many guys try picking up girls around them.That’s why I hate it. 1海に行くのは嫌だという表現は=海水浴に行くのがと捉えなければ単にI don't like to got to any sea.とすれば言葉に沿わないのと考え、また夏場と入れているのはあくまであったかい気候の国の人と話をしている上で敢えて季節を明示しているのですが理解として正しいでしょうか? 2any beachesとしてみたのですが、ここは「どこのビーチも」という意味で使っているのですが、無冠詞複数若しくはthe beachesとすべきでしょうか?またここでmost ofとしていますがここは一般的にという意味でmost beachesとすべきでしょうか? 3I can’t either swim or enjoy myself on the beach/or relax on the beachとon the beachと単数にしているのですがここはこの表現で会っていますでしょうか?というのもここだけが単数なのは特に限定したビーチではないのですが「ビーチでは出来ない」と強調してthe beachとしているのですが正しいでしょうか?ここでの可算名詞beachの用法を説明いただければ幸いです。 4その他いい訳例がありましたら教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 不可算名詞につく不定冠詞

    先日、OXFORD現代英英辞典で不定冠詞のaを調べていたところ、 下記のような説明がありました。 used before uncountable nouns when these have an adjective in front of them, or phrase following them   例文として以下の二つが載っていました。   a good knowledge of French a sadness that won't go away この説明だと、例え不可算名詞でも形容詞か形容詞節などがくれば、aかanが必要だということになります。 しかしこれだと、good water(いい水)や、great care(細心の注意)などでも不定冠詞がつくはずですが、実際にはついていません。 元々は不定冠詞がついていたものが合理化されて抜け落ちたのでしょうか? それとも別の法則から、不定冠詞がついたり、つかなかったりしているのでしょうか? ご存知の方がいたら、ご回答宜しくお願いします。

  • 部位カテゴリー間の限定は弱い限定か

    以前から問題意識を持っている英文で次のようなものがあります。 A: He took me by the arm. B: He patted me on the shoulder. C: He looked me in the eye. A,B,Cのそれぞれにおいて、場所を表す前置詞の後に定冠詞と部位の表現が続いています。ところが、armもshoulderもeyeももともと二つ存在するものなのにaがついていません。また、二つ存在するうちの一方が特定される場面でもないのにtheがついています。これはどういうわけでしょうか。 私の説明を提示します。おかしいと思うことがあればご指摘下さい。説明の際は、話を簡単にするためにAだけを取り上げます。  おそらく暗黙の前提として、armには不可視のof the bodyという限定がかかっていると思います。bodyはmind又はsoulとセットになって枠組みを構成するものですが、文中で使われる時はtheがつきます(枠組みを構成するデフォルト要素だから、あるいはもう一つの要素との対立関係から特定化されるため)。  bodyを上位概念としたときの下位概念として存在するのが部位だと思います。部位は通常はA,B,Cなどのような文において、場所を表す前置詞(in, on, byなど)と共に使われることが多いようです。それ以外の位置でも使われます。 Aにおいてはarmが部位としてとらえられていて、実物(右肩と左肩)の存在は考慮に入れられていません。聞き手にとってどの部位なのかがわかればいいのであって、部位のうちのどちら側かは関心の対象にならないためにAのような構文が使われたとのだと思います。  部位という概念的な言い方を避けてカテゴリーの成員(実物・外延)を文中で表そうとすれば、場所を表す前置詞句以外の語句内で使われるようです。例えば、A: He took me by the arm. はHe took my arm(s). と言えます。 次に定冠詞が使われる理由を挙げます。可視化されないof the bodyは下位概念であるarmというカテゴリーを限定することはあっても、armというカテゴリーの成員(実物)を直接限定することはないと思います。各部位はof the bodyによる限定によって一つに決まるので定冠詞がつきます。 部位は、head, shoulder, arm, hand, neck, foot, leg, など----内蔵器官も含めるとたくさんありますが、部位の集合要素のうちでarmはデフォルト要素として特定のものであるからという理由でtheがつくとも言えそうですが、これは<各部位はof the bodyによる限定によって一つに決まる>を言いかえたものにすぎません。   さて、本題に入ります。Aのthe armは可視化されないof the bodyによって限定されています。この時の限定は、the (right) arm he broke last yearにおける関係詞節による限定より弱いと言えそうな気がしますがどうなのでしょうか。関係詞節による限定は外延(部位というカテゴリーの成員)に対するものです。of the bodyによる限定は部位(カテゴリー)に対するものです。  つまり、限定の強さは、カテゴリーの成員に対する時の方が、カテゴリーそのものに対する時より大きいと言えるのかというのが私が知ろうとしていることです(もしかしたら限定の強さというより、限定の深さあるいは指示対象に対する拘束力の強さと言うべきなのかも知れません)。  もしかすると、部位(カテゴリー)に対するof the bodyによる限定とカテゴリー成員に対する(関係詞節などによる)限定はそもそも位相の異なるものなので、両者の限定力の強さを比べることにそもそも意味がないのでしょうか。ご意見をお聞かせ下さい。

  • (不可算名詞) of A and B

    「(不可算名詞) of A and B」という主部に続く動詞は、単複どちらの扱いになりますか。

  • すべての可算名詞はtheを使った総称表現に使えるか

    the 名詞を使った総称表現についてご意見を聞かせていただければありがたいです。  まず、私の考えを示しますから、それについて賛否なり、修正なりをお願いしたいと思います。 The lion is a wild animal. は総称文です。the lionは個々のa lionが持つ差異を捨象して共通項を取り出した結果得られたもので、典型または代表とも言うべきものです。 では、いかなる可算名詞でも総称表現の文に使えるのかということですが、そのものの上位カテゴリーさえ明示すれば問題なく使えるように思えます。というのは、以前の投稿<in the summerは総称表現か>でも述べましたが、総称表現のthe名詞は特定のカテゴリーを表し、同時に上位カテゴリーの成員でもあることを表します。もっと言うと、獲得した知識の効率的な運用のためにも概念間の階層構造を作るために必要とされたものだと思います。ちなみにthe lionの上位カテゴリーはa wild animalです。 ところで、the+名詞を使った総称表現に使われやすいものと使われにくいものがあります。解説書などには動植物とか発明品とか楽器とか職業などだと使われやすいと書いてあったりします。それ以外の名詞だと使われにくいとのことです。  ネイティブスピーカー達も同じようなことを言います。なぜそうなのかを述べた人が少数ながら日本の研究者の中にいました。動植物とか発明品とか楽器とか職業とかは中身が単純なものではなく、複雑で高度な仕組みや枢要部分を持っているからだと言います。そうしたものは、個々の差異を捨象することが容易なのでカテゴリーの中の典型・代表を表すことができるからだというわけです。たしかに一理あります。 ここで問題が一つあります。 the lionの典型・代表たるゆえんは差異を捨象して後に残った共通点を持つことにあります。だったら、共通点は複雑で高度な仕組みや枢要部分といったような大げさなものだけでなく、速く走れることとか、どう猛であることとか鋭い爪や牙を持っていることなども当てはまります。  The lion is a wild animal. と言う時、この文からイメージされるのは、高度で複雑な機能より野生的な外見だと思います。よって、典型・代表であるための絶対条件として複雑で高度な仕組みや枢要部分が特に言及されることには違和感があります。いかがでしょうか?  次の問題点に移ります。動植物とか発明品とか楽器とか職業のような名詞以外のものは総称表現に使えない、あるいは使いにくいということですが、本当にそうなのでしょうか。 そう言う人たちの一人が、theを使った総称表現に使わない名詞としてbookをあげていました。個別の差異を捨象して共通項を取り出そうにも差異がどこにあるのか判断しにくいと主張しています。  ところがbookの場合でも文脈さえ整えれば、つまり上位概念さえ明示すれば難なく使えます。  例えば、When it comes to tools for developing culture, enlightening people and bringing entertainment to life, the book is more easily accessible one than the play and the cinema. といったふうに、上位カテゴリーをa tool for developing culture, enlightening people and bringing entertainment to lifeだと明示して、おまけにbookと同レベルのカテゴリーの他の要素まで並べてしまえば、この文を容認しない人はいないと思います。 the bookを使った総称表現の文を実際に作ることができたということは、booksが持つ個別の差異が捨象されて共通部分が取り出されたことになります。 総称表現のthe 名詞は特定のカテゴリーを表し、同時に上位カテゴリーの成員でもあることを表すためのものであるとすれば、上位概念さえ明示すれば問題なく総称表現として使えるはずです。非常に単純なアメーバやチリや埃などについても上位概念さえ明示すればOKということになります。この考えでよいのでしょうか? 3つ目の問題点に移ります。 なぜ動植物とか発明品とか楽器とか職業のような名詞以外のものが総称表現に使えないのかということですが、動植物はもともと生物学や分類学などにおいて上位概念と下位概念に区分されやすいものなので、上位概念さえ明示すれば問題ないと思われます。  楽器とか職業はその性質上、特定の具体物と混同されるおそれが少ないのではないかと思います。The doctor must always be patient. と言う文において、特定の医者だと受け取る人はいないでしょう。 ところがthe bookの場合、例えばThe book has enlightened and enriched our life long since. といったような文は総称表現としてはなかなか容認されません。the bookに「その本」の読みがありうるからだと思われます(「その~」の読みが可能な場合はそちらが優先されるものと思われます。その方が総称表現より普通の言い方だからだと思います)。 書物(特に古典)の中には何世紀もあるいは(聖書のように)もっと古くから読み継がれるものがあります。楽器の場合は、よほど名の通ったストラディバリウスでなければまずありえません。 例えば、The violin has been used for about 4 centuries to be used in orchestras, and has shaken people's heart. と言う時、楽器として総称的に述べられているとも言えるし、特定のストラディバリウスの名器なのかも知れません。この世には長い歴史に耐える優秀なものがありますから。おそらく、特定のヴァイオリンの読みが優先されると思います。 というわけで、私の結論は、動植物とか発明品とか楽器とか職業のようなものが総称表現に使われやすいのは、それらが複雑な仕組みや統合的機能を持っているからではなくて、単に、具体的や特定物「その~」と解釈されるおそれが少ないからではないかと思います。いかがでしょうか? 4つ目の問題提起に移ります。 先ほど、可算名詞の場合、上位概念さえ明示すれば問題なく総称表現として使えるはずだと述べましたが、たしかに数えられるものであればどんなものでも、原則的に総称表現として使うことができるはずです。それができないのは、原理的に上位カテゴリーを想定できないものの場合です。例えば、objectやthingやcreatureです。 Objects exist in time and space. はOKでもThe object exists in time and space. とは言えません。実際、様々なobjectやthingやcreatureは漠然としすぎて、個別の差異がどこにあるのかわかりづらいように思います。おそらくそれらのものは全体で一つの統一的なものなので差異に言及することに意味がないのだと思われます。この考えでいいのでしょうか? 5つ目の問題提起に移ります。4つ目と関連しています。 objectやthingやcreatureに上位概念を想定できないということは、これら自らが上位概念であって、これ以上の上位カテゴリーが存在しないということだと思いますが、そもそも最上位の概念は何なのでしょうか。ひとつだけ存在するのでしょうか。それとも複数の基幹上位概念が存在すると考えるべきなのでしょうか。ご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。