解決済み

プラトンの「教育と無教育」

  • すぐに回答を!
  • 質問No.297542
  • 閲覧数248
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 70% (7/10)

プラトンの「教育と無教育」についてできるだけ詳しく教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (5/24)

 及ばずながら書いてみます。これで良いのかどうか…

 魂と四徳については別に書きましたので、そちらを。
 プラトン中期の最初期に書かれた著述に『パイドン』がありますが、
その中では、魂の不滅とそれに絡めてもう一つ、「想起説」が出てきます。

 魂が永久不滅であるならば、我々の魂は真実をすでに知っていて、肉体
へと落ちた時にそれが忘却されてしまったとプラトンは考えます。しかし、
プラトンの言う対話によってかつて知っていた知識を想い出し、我々は
その善し悪しを答える事ができるとしたものですが、プラトンの「教育」
はこの「想い出し」を指します。

 そして「無教育」とは、真実の想起が正しい仕方(対話)によって齎され
る「想起」とは異なり、真実を「教える」事ができるとした当時の弁論術者を
指して述べられた言葉です。つまり、真実は教えられるものではなく(無教育)
、魂の中に知識されているので、本当の教育とはそれを「想起」させる(教育)
事だと言った訳です。
お礼コメント
daichun

お礼率 70% (7/10)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-07-19 13:42:36
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ