• ベストアンサー
  • 困ってます

等速円運動についての関係式2

連日質問して申し訳ないです。 今回は加速度についての質問です。 加速度:ax=-acosθ,ay=-asinθが与えられていて、a=2πv/T=v^2/rを導く 自分なりに考えてしまいましたが、途中で行き詰まってしまいました。 前回の速さのときに与えられていた関係式vx=-vsinθ,vy=vcosθを用いて、 ax=dvx/dθ=-v(sinθ)'-(v)'sinθ =-vcosθ-sinθ ay=dvy/dθ=v(cosθ)'+(v)'cosθ =-vsinθ+cosθ a=√(ax)^2+(ay)^2 =√(-vcosθ-sinθ)^2+(-vsinθ+cosθ)^2 =v+1 こうなってしまったのですが、この先どうすればいいのやら・・・というかそもそもこの方針でいいのかどうかすらよくわかりません。 どなたか助けてください、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数525
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

またお会いしましたね。(笑) まず、 ax = dvx/dθ = -v(sinθ)'-(v)'sinθ = -vcosθ-sinθ という考え方は、2つの意味で、非常にまずいです。 なぜかというと、 axの次元は、長さ/時間^2 -vcosθ の次元は、長さ/時間^2 -sinθ の次元は、無次元。 物理では、次元の違うもの同士の足し算引き算、あるいは、それら同士を等号で結ぶことは厳禁です。 また、 x方向の加速度によって、x方向の速度が決まり、 y方向の加速度によって、y方向の速度が決まる、 というふうに分離できるわけではないです。 この問題は直線運動ではなく円運動ですから、加速度の方向と速度の方向とは、一致しません。(互いに垂直です。) では、本題。 まず、θを時刻tの関数で表すことが必要です。 θがtの一次関数であることが既知であるとして、 θ = ωt と表す。 θが0から2πまで変化する時間が周期Tなので、 2π-0 = ω(T-0) よって、 ω=2π/T ax = -acos(ωt) ay = -asin(ωt) cos(ωt) = -ax/a sin(ωt) = -ay/a 加速度を時刻tで積分すれば速度。 vx = -∫acosθ dt = -a∫cos(ωt) dt = -a/ω・sin(ωt) +積分定数 vy = -∫asinθ dt = -a∫sin(ωt) dt = a/ω・cos(ωt) +積分定数 円運動では、等速直線運動の成分はないので、積分定数はゼロ vx = -a/ω・sin(ωt) = -a/ω・(-ay/a) = ay/ω vy = a/ω・cos(ωt) = a/ω・(-ax/a) = -ax/ω |v| = √(vx^2 + vy^2) = √[ay^2 + (-ax)^2]/ω  = |a|/ω  = |a|/(2π/T)  = |a|T/(2π) よって、 |a| = 2π|v|/T さらに、rも算出されたいのであれば下記。 速度を積分すれば位置。 x = ∫vx dt = -a/ω∫sin(ωt) dt = a/ω^2・cos(ωt) +積分定数 = a/ω^2・(-ax/a) +積分定数 = -ax/ω^2 +積分定数 = -ax/(2π/T)^2 +積分定数 y = ∫vy dt = a/ω∫cos(ωt) dt = a/ω^2・sin(ωt) +積分定数 = a/ω^2・(-ay/a) +積分定数 = -ay/ω^2 +積分定数 = -ay/(2π/T)^2 +積分定数 円の中心を(0,0)とすれば、積分定数はゼロ x = -ax/(2π/T)^2 y = -ay/(2π/T)^2 r = √(x^2 + y^2) = √[(-ax)^2 + (-ay)^2] /(2π/T)^2 = |a|T^2/(4π^2) = 2π|v|/T・T^2/(2π)^2 = |v|T/(2π) よって、 T = 2πr/|v| よって、 |a| = 2π|v|/T = 2π|v|/(2πr/|v|)  = v^2/r

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。いつもありがとうございます。 私の回答のどこがいけないのか、丁寧に教えていただきありがとうございます。たいへん参考になりました。この問題を解いているときには、加速度と速度の方向が一致しないということを認識していなかったので、ここでsanoriさんにコメントしていただいてよかったと思っています。 式も大変細かく書いていただき、かなり理解しやすかったです。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#58790
noname#58790

黙ってましたぅ。^^ 質問内容からすると、 「単振動式を使って」 「サインカーブを用いて」 この運動方程式を持ちいてVX、VYを使って求めよ。 こうなるのかと思いますが、 途中ぶち込みになってしまい、理解の妨げになります。 #2様のが理解しやすいはずです。 #1様はレベルが高い方のようで、途中ぶち込み、更に積分しています。 #2様は、必ずtについての微分をしていますね。 http://www.nep.chubu.ac.jp/~chikaura/cryst/rikigaku/tansin3.html この形に自分で導くようにしましょう。 なぜ、ここで微分を(積分)を用いたのですか? 何を求めるためですか? こう言う質問が、 貴方をより良い方向に導いてくれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

#1様と#2様の回答について、わかりやすいコメントを残していただきありがとうございました。#1様と#2様の回答についての概要が書かれていて、#1様と#2様の回答を見る前に読むと、回答の式が頭に入ってきやすかったです。 また、ためになるURLを教えていただきありがとうございました。 等速円運動と正弦曲線の結びつきがよくわかり、イメージしやすくなりました。大変ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

前の質問では高校生か大学生か分からなくて簡単に書きました。今回の質問で書かれている内容を見ると大学生のような気がします。微分で考えていこうとしているからです。 微分で考えていくのであれば一度きちんと座標変換のところを勉強し直して頂くのがいいと思います。円運動だけではなく一般的な表現としてです。細切れに質問をしなくてもすむようになるはずです。 ここのところで出てくる表現は(x、y)直角座標から(r、θ)の極座標への変換によって全て出てきます。等速円運動はその中のある条件でのものです。ケプラーの法則の場合は中心力の場での関係式ですが等速円運動ではありません。 書かれている式を拝見すると円運動を考えていながらθが時間を含むということが考慮されていません。運動のイメージが理解できていないようです。 一般的な場合を導いておきます。結果だけ示しますから微分は自分でやってみて下さい。 x=rcosθ、y=rsinθ Vx=dx/dt=dr/dtcosθ-rdθ/dtsinθ Vy=dy/dt=dr/dtsinθ+rdθ/dtcosθ これで(Vx,Vy)→(Vr,Vθ)と変換されました。Vr=dr/dt、Vθ=rdθ/dtです。 Ax=dVx/dt=Arcosθ-Aθsinθ Ay=dVx/dt=Arsinθ+Aθcosθ Ar=d^2r/dt^2-r(dθ/dt)^2 Aθ=2(dr/dt)(dθ/dt)+rd^2θ/dt^2 となります。 等速円運動ではdr/dt=0、d^2r/dt^2=0、dθ/dt=ω、dω/dt=0ですので Ar=-rω^2、Aθ=0となります。 惑星の運動の場合は中心力の働いている場合ですから Ar=F/m、Aθ=0です。 Aθ=2(dr/dt)(dθ/dt)+rd^2θ/dt^2=0 rを掛けると 2r(dr/dt)(dθ/dt)+r^2d^2θ/dt^2=0 d/dt(r^2dθ/dt)=0 r^2dθ/dt=一定 (1/2)r^2dθ/dtは面積速度ですから「面積速度一定」という関係が出てきます。この性質は中心力の場であれば成り立ちますから万有引力の場合だけではありません。 楕円軌道はFが1/r^2という形の時に成り立つものです。 座標変換はたいていの力学の本に載っているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。前回の質問にも今回の質問にも答えていただき、大変ありがたく思っています。 ht1914さんのおっしゃるとおり、私は大学生です。教職をとるために物理をがんばっています。 回答を細かく丁寧に、そしてわかり易く書いていただきありがとうございました。ところどころ式の間に書かれているコメント(たとえば「これで(Vx,Vy)→(Vr,Vθ)と変換されました。)なども助かりました。物理に対してかなりの苦手意識を持っている私でも理解することができました。

関連するQ&A

  • 等速円運動の関係式の誘導

    速度がvx=-vsinθ,vy=vcosθと与えられていて、ここからv=2πr/Tを導きなさいという問題があります。 自力でがんばってみましたが、どうしても解けないので、どなたか教えてくださいませんか?

  • 全微分と偏微分

    ある本で次の式が掲載されています。 (dvx/dy)=(δX/δy)(δvx/δX)+(δY/δy)(δvx/δY) ※vx はx方向の速さvを表しています。(xはvの添字) この式は,δXやδYを消すと (dvx/dy)=(δvx/δy)+(δvx/δy)になると思います。 ここで質問です。 vxをyで微分したものを2つ足すとなぜ全微分が出てくるのでしょうか。 v(x,y)だとしたら (dvx)=(δvx/δx)dx+(δvx/δy)dy (dvy)=(δvy/δx)dx+(δvy/δy)dy ※vxはx方向の速さ vyはy方向の速さ このあたりまでは式ができるのですが,よく分かりません。 どなたか御指導をお願いします。

  • 力学の問題です 解いてほしいです。

    時刻tにおける加速度が、ax(t)=18t ay(t)=-ω^2Asinωt az(t)=4e^-2tで表される場合の時刻tにおける 速度 vx(t) vy(t) vz(t) 座標 x(t) y(t) z(t)を求めなさい。 但し、t=0のときの速度 vx(0)=4 vy(0)=ωA vz(0)=-2 位置 x(0)=2 y(o)=1 z(0)=-1 加速度 ax(0)=2 ay(0)=1 az(0)=-1とする

  • 力学についての問題です   お願いします

    時刻tにおける加速度が、ax(t)=18t ay(t)=-ω^2Asinωt az(t)=4e^-2tで表される場合の時刻tにおける 速度 vx(t) vy(t) vz(t) 座標 x(t) y(t) z(t)を求めなさい。 但し、t=0のときの速度 vx(0)=4 vy(0)=ωA vz(0)=-2 位置 x(0)=2 y(o)=1 z(0)=-1 加速度 ax(0)=2 ay(0)=1 az(0)=-1とする

  • 斜面と斜面を滑り降りる物体の運動

    前に質問されたことのあるとおもう問題ですが、検索ワードが思いつかなかったので、質問します。 床、斜面の摩擦は無視できる。 水平な床の上に質量M、傾きθ、の三角台Qの上に 質量mの小物体Pをのせる。 水平方向にx軸、鉛直方向にy軸をとり、重力加速度をgとする。 運動方程式 小物体のx、y軸方向の加速度=a、b 三角台のx、y軸方向の加速度=A、B PとQの抗力=N、床とQの抗力=S として ma=-Nsinθ mb=Ncosθ-mg MA=Nsinθ MB=S-Mg-Ncosθ B=0 b=(a-A)tanθ 最後の式ですが、これを出すのにベクトルを使って、 Pの変位を(Δx、Δy)、Qの変位をΔXとして Δy=(ΔX-Δx)tanθ・・・☆ 二回tで微分して b=(a-A)tanθ とやるらしいのですが、☆の式が立てられないのですが説明していただけますか? もうふたつ 1、PがL滑り降りたときのQの変位を求める問題。 2、そのときのPとQの運動エネルギーの和を求める問題。 がありまして、1、はまったくわかりません。 2、求めるエネルギーの式は Pの各軸方向の速度をVx、Vy 同様にQの速度をVX、VY (1/2)m(Vx^2 +Vy^2) +(1/2)M(VX^2 +VY^2)=・・・ となるのですが これを出すのに最初の運動方程式をつかって a=dVx/dt、b=dVy/dt、A=dVX/dt、B=dVY/dt なので mVx(dVx/dt)=-Nsinθ・Vx mdVy(Vy/dt)=(Ncosθ-mg)Vy MVX(dVX/dt)=Nsinθ・VX MVY(dVY/dt)=(S-Mg-Ncosθ)VY また Vysinθ=(Vx-VY)cosθ なのでこれらから d/dt{(1/2)m(Vx^2 +Vy^2) +(1/2)M(VX^2 +VY^2)} となるらしいですがこの式のつくり方がわからないんです。 そしてそれから先どうするかわかりません。 長々となりましたがよろしくお願いします。

  • 変数変換と微分

    よろしくお願いします。ある本で次の図と記述があります。 ※vxのxはvの右下に付く添え字です。 Fxx=μ(dvx/dy)+μ(dvy/dx) これを以下の式でxy座標からXY座標に変換 X=(x+y)/√2,Y=(-x+y)/√2 上記の両式をt,x,yで微分すると VX=(dX/dt)=(vx+vy)/√2 VY=(dY/dt)=(-vx+vy)/√2 (∂X/∂x)=1/√2,(∂X/∂y)=1/√2,(∂Y/∂x)=-1/√2,(∂Y/∂x)=1/√2 が得られます。 さらに整理して vx=(VX-VY)/√2,vy=(VX+VY)/√2 これらを使って,一番最初の式に出てくる微分(dvx/dy)と(dvy/dx)を変数X,Yによる微分に変数変換します。 (dvx/dy)=(∂X/∂y)(∂vx/∂X)+(∂Y/∂y)(∂vx/∂Y) (dvy/dx)=(∂X/∂x)(∂vy/∂X)+(∂Y/∂x)(∂vy/∂Y) ここで質問です。  上記の式の最後の2行 つまり, (dvx/dy)=(∂X/∂y)(∂vx/∂X)+(∂Y/∂y)(∂vx/∂Y) (dvy/dx)=(∂X/∂x)(∂vy/∂X)+(∂Y/∂x)(∂vy/∂Y)  この式が出てきた経緯が分かりません。(dvxをdyで微分するとなぜ右辺のようになるのかが分かりません。同様にdvyをdxで微分するとなぜ右辺のようになるのかが分かりません。)  どなたか解説をお願いできないでしょうか。

  • ベクトル積の成分と大きさ

    (1)cos45°で Vx(o,1/√2,1/√2), Vy(0,0,1) (2)sin60°で Vx(0,√3/2,1/2), Vy(0,0,1) (1)と(2)の成分と大きさを教えてください! お願いします!

  • 物理学基礎の問題

    一定半径Rの半円周上をx方向の速度がVx=Vo=一定となる運動をしている質量mの質点がある。質点の速度と加速度のx,y方向成分Vx,Vy,ax,ayをVo,R,θを用いて表せ。 この問題をお願いします。

  • 行列の問題

    行列の問題なのですがどなたか分かる方はいますか? どなたか知恵を貸してください。見づらいのですがよろしくお願いします。 (x'',y'',z'',1)=(x,y,z,1) × 1 0 0 0 0 1 0 0 × 0 0 1 0 a b c 1 cosθ -sinθ 0 0 -sinθ cosθ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 = (x,y,z,1) × cosθ sinθ 0 0 -sinθ cosθ 0 0 0 0 1 0 acosθ-bsinθ asinθ+bcosθ c 1 = xcosθ-ysinθ+acosθ-bsinθ xsinθ+ycosθ+asinθ+bcosθ z+c 1 ここで行った操作(平行移動→回転)を逆にしたときの座標を4次元マトリックスを用いて表すにはどうすればいいのですか? また、両者は一致するのですか?

  • 数III「微分法・数列と極限」

    関数f(x)をf(x)=sin(ax)+cos(ax)と定める。ただし、aは0<a<1を満たす定数とする。 (1) xの方程式f(x)=xは唯一つの実数解αをもつことを示せ。 (2) 任意の実数xに対して、数列{x_n}を   x_1=x    x_(n+1)=f(x_n) (n=1,2,3,…) と定めるとき、極限値lim[n→∞](x_n)を求めよ。 という問題です。 (1)ではg(x)=sin(ax)+cos(ax)-xとおいて、y=g(x)がx軸とただ一つの交点を持つことを示そうとしました。 g(x)=√2sin(ax+π/4)-x g'(x)=(√2)acos(ax+π/4)-1 g''(x)=-(√2)(a^2)sin(ax+π/4) g''(x)=0とすると、x=(1/a)(n-1/4)π(n=0,±1,±2,…) このxに対して、 g'(x)=(√2)acos(nπ)-1 =-(√2)a-1(nが奇数) =(√2)a-1(nが偶数) となり、増減表を書こうとしたのですが、x,g''(x),g'(x)の増減だけで肝心のg(x)が分かりません。方針が違うのでしょうか? (2)では、-√2≦f(x)≦√2から、-√2≦x_i≦√2(i≧2) 平均値の定理を用いて(f(x_n)-f(α))/(x_n-α)=f'(c) などとやってみましたが、f'(x)=(√2)acos(ax+π/4)で -(√2)a≦f'(x)≦(√2)aであり、だいたいcはαとx_nに間にあることが分かっているだけで具体的にどのような値の範囲にあるかが分かりません。 分かれば、-1<f'(c)<1が成り立ちlim[n→∞](x_n)=αになると予想するのですが… どなたか教えてください。