• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「エッセイ」の定義は?

よく、「エッセイ募集」などと聞きますが、いまいち、「エッセイ」の定義がわかりません。 辞書で調べると、「個人的観点から物事を論じた散文。また,意の趣くままに感想・見聞などをまとめた文章。」 と書いてあります。「個人的観点」ということは、例えば、男性が女性目線で、 「女性の気持ちは多分こうだろうな」と想像して書いただけのストーリー(小説)はエッセイにはならないのでしょうか? また、フィクションの話でも、エッセイと呼べるのでしょうか? また、その文の中に、「自分の意見・考え」が入っていないとエッセイとは呼べないのでしょうか? たとえば「太郎と花子はキスをした」という文はエッセイではないのでしょうか? そこに「太郎と花子はキスをした。キスは本当に好きな人としかしてはいけないと思う」 と、自分の考えを入れれば、それはエッセイと呼べるのでしょうか? 「エッセイ」と、「エッセイではない文」の違いを教えてください。 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%A8%A5%C3%A5%BB%A5%A4&search_history=%BF%EF%C9%AE&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=37&jn.y=19

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数635
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

エッセイとは日本語にすると随筆(ずいひつ)ですね。 goo辞書で「随筆」を引くと「見聞したことや心に浮かんだことなどを、気ままに自由な形式で書いた文章。また、その作品。漫筆。随録。随想。エッセー。」という説明がなされています。 この意味を踏まえ、参考例として、作家・瀬尾まいこさんの作品を例に説明します。(最近その著書である『幸福な食卓』が映画化されたので分かり易いかな、と。) この『幸福な食卓』は小説です。 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9978920862 しかし同じく瀬尾さん著の『見えない誰かと』(という本があります)はエッセイです。 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981459224 この2作品の違いを、ものすご~~~くおおざっぱに言うと、物語かそうでないか、ということでしょうか。 たまたま瀬尾まいこさんで説明しましたが、 他にも、村上春樹さんの『海辺のカフカ』や『ノルウェイの森』は小説、『村上ラジオ』『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』などはエッセイにあたります。 もちろん小説家なら誰でもエッセイを書くというわけでもないですし、逆にエッセイを本業にされている方(エッセイスト)もいらっしゃいます。 日本では毎年「日本エッセイスト・クラブ賞」という優れたエッセイを選び、1冊にまとめられた本が(サブタイトルに『○○年版ベスト・エッセイ集』と付されています)出版されています。 書店や図書館でごらんになってみてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 「かえって」と「逆に」の違い

     日本語を勉強中の中国人です。「かえって」と「逆に」の違いがわからなくて困っています。辞書を調べてもよくわかりません。どなたか説明していただけないでしょうか。次はオンライン辞典の説明です。 ・「かえって」 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AB%A4%A8%A4%C3%A4%C6&search_history=%A4%EF%A4%EA%A4%C8&kind=jn&kwassist=0&mode=0 ・「逆」 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AE%A4%E3%A4%AF&search_history=%B5%D5%A4%CB&kind=jn&kwassist=0&mode=0  また、質問文に不自然な表現がありましたら、ご指摘いただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 「わりと」のニュアンス

     日本語を勉強中の中国人です。「わりと」のニュアンスがわからなくて困っています。オンライン辞典で調べたら、次のような記述がありました。どなたか「わりと」のニュアンスを説明していただけないでしょうか。 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%EF%A4%EA%A4%C8&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&jn.x=44&jn.y=10  また、質問文に不自然な表現がありましたら、ご指摘いただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 「~にくい」と「~づらい」は使い分けしていらっしゃるのでしょうか

     私は中国人で、日本語を勉強しています。    「~にくい」と「~づらい」には、使い分けがあるのでしょうか。辞書で調べましたが、意味がとても近くて、ダブった例もありますし、あまり使い分けがないような気がします。ネイティブの皆様は状況に応じて、使い分けしていらっしゃるのでしょうか。それともどちらを使うのか、単なる個人の好みのようなものでしょうか。 「~にくい」 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CB%A4%AF%A4%A4&kind=jn&mode=0&base=1&row=0 「~づらい」 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&kind=jn&kwassist=0&mode=0  日本語はまだまだ下手です。質問文の添削も併せてお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • w008
  • ベストアンサー率29% (24/82)

都内有名私大の社会学系学部では、一般にいうレポートのことを、エッセイと言っています。他学部では、同じものをレポートと呼んでいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

  • 回答No.1
  • aki_414
  • ベストアンサー率14% (33/235)

図書館学を学んだ人間としては、 エッセイ=自分の考え などを 書き綴った 文章などを指す      (小説などの物語は含まない) ストーリー(小説)となると、エッセイとはならないと思います。 書き手が いろんな人種、種別になって「物語」を書き進めていくものを「小説」としているのではないでしょうか? よって、書き手が自分と違う目線で書いていても、それはエッセイとはならないと思います。 ちなみに、 日本文学の小説の分類=913 日本文学のエッセイの分類=914 日本文学のルポルタージュ=916 となっています。 分かりづらければ、実際に図書館で どういう本が「エッセイ」と呼ばれるのか、エッセイの本を手にとって読んでみたらいいのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 「着服」について

     日本語を勉強中の中国人です。「着服」という単語についてお伺いします。  この単語を見ると、「服を着る」というイメージを思い浮かべたのですが、辞書で調べたら、「他人の物をこっそりと自分の物にしてしまうこと」という意味があると気づきました。ちょっと興味を持っていますが、なぜこのような意味が派生されるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。次はオンライン辞典で調べてきたものです。 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C3%E5%C9%FE&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=1&jn.x=34&jn.y=7  また、質問文に不自然な日本語がありましたら、ご指摘いただければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

  • 『こころ』の「上六」1

     日本語を勉強中の中国人です。夏目漱石の『こころ』を読んでいます。「上六」の中に理解できないところがありますので、お伺いしたいと思います。 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html 1.こういう感じを先生に対してもっていたものは、多くの人のうちであるいは私だけかも知れない。  ここの「あるいは」は、下記の「(1)もしかすると。ひょっとしたら」という解釈にあたるのでしょうか。このような使い方の「あるいは」が初めてなので、現代でも使われているのかどうか気になりました。もし使われるなら、口語の用例をいただけませんか。 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A2%A4%EB%A4%A4%A4%CF&search_history=%A4%A2%A4%EB%A4%A4%A4%CF&kind=je&kwassist=0&mode=1&jn.x=37&jn.y=5 2.しかしその私だけにはこの直感が後(のち)になって事実の上に証拠立てられたのだから、私は若々しいといわれても、馬鹿(ばか)げていると笑われても、それを見越した自分の直覚をとにかく頼もしくまた嬉(うれ)しく思っている。人間を愛し得(う)る人、愛せずにはいられない人、それでいて自分の懐(ふところ)に入(い)ろうとするものを、手をひろげて抱き締める事のできない人、――これが先生であった。 (1)「だけには」は「だけにとっては」という意味でしょうか。その中の「は」はどんなニュアンスになるのでしょうか。 (2)「その私だけにはこの直感が後(のち)になって事実の上に証拠立てられた」はどういう意味でしょうか。 (3)「それでいて」は辞書で調べました。「そうでありながら。それでいながら。そのくせ」だそうです。でも、まだよく理解できません。文中の意味とあわせて説明していただけませんか。  また、質問文に不自然なところがありましたら、ご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

  • 「まんじりとする」って言う?

    「少しも眠らない」という意味の、「まんじりともしない」という表現があります。 そこで、辞書で「まんじり」を引くと、だいたい以下のような説明があります。 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%DE%A4%F3%A4%B8%A4%EA&kind=jn&kwassist=0&mode=0 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%8A&enc=UTF-8&stype=0&dtype=0&dname=0na http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%8A&enc=UTF-8&stype=0&dtype=0&dname=0ss 紙の辞書も何種類か引いてみましたが、だいたい似たような説明でした。『日国』も『広辞苑』もほぼ同様です。 そこでちょっと疑問です。 ほとんどの辞書には「普通は打消しの語を伴って…」とか「多く、打消しの語を伴って…」などと書かれているとおり、「まんじりともしない」と連語のようにして使うのが一般的だとは思うのですが、「普通は…」「多く…」ということは、べつに打消しの語を必ず伴わなければならないということではなく、たとえば「まんじりとする」(ちょっと眠る)のような使い方も、まれではあるが許容されるということでしょうか? 個人的にはそんな言い方を聞いたことがないし、『日国』の用例にも載っていないので、どうなのかな? と思った次第です。 べつに困ってはいないんですが、ちょっと疑問に思ったので、お暇なときに回答ください。

  • エッセイを書いてみたい

    文章を書くのが好きなので気分転換にエッセイを書いてみたいとおもっているのですが、いまいち書き方がわかりません。自分の思ったことや感想とか日常のこととかを自由に書いていいというようなことは知っているのですが。例えば一冊の本にするとして書くと”第1章「家の猫」”とか”第2章「イタリア旅行」”とか題をつけて内容を書けばいいのですか?長さとか言葉遣いも自由なのですか?1冊の本なのにテーマとかが共通していなくてもいいのでしょうか。 順を追って書き方を教えてくださると助かります。あとエッセイは日記とは違うと思うのですが自分の感情とかもかいていいのかも知りたいです。「そのとき私はこう思った」とか。意見のようなものです。

  • 爽やかなエッセイおしえてください。

    よんでいておもしろいエッセイのようなものがあったらおしえてください。新書ではありませんがさくらももこさんの「あのころ」をよんでいます。趣味についてや生活についてのはなしなど。どちらかといえ日々の生活の雑記などこころが晴れるようなものがよいです。

  • 面白いエッセイ

    面白いエッセイを探しています。 さくらももこさんの「もものかんづめ」は読みました。 笑えた箇所は2ヶ所くらいでした。 みなさんのこれは面白いというエッセイを紹介して下さい。

  • エッセイ

    今度、比較について何かエッセイを書いてこいと言われました。何か二つの物を決めて、その共通点、相違点について書くのですが、今だ決まりません。。何か参考になるようないろいろな物を比較しているサイトがありましたら、教えてください。お願いします。

  • エッセイを読む方へ

    ライブドアブログで「女の価値は自分で決める」というタイトルでエッセイを書いています。私はネット初心者でブログの存在自体も最近知りました。自分の楽しみで書いてるものの、殆どアクセスがありません。人気がある人のものをのぞいても自分の気持ちをズラズラ書いているだけのようで、あまりおもしろいと思えないのですが、エッセイを読む方はブログで読もうと思わないものでしょうか?

  • エッセイ

    英語でのエッセイの上達法を教えてください。 正直、まったく自身がありません。 ある人から、一つの教科書などの同じ文章を何度も繰り返して暗記するくらいやるのが有効だと聞いたのですが、本当にそれでエッセイが上達するのでしょうか?? 宜しくお願いします。

  • エッセイってどう書くの?

     エッセイに書き方ってあるんでしょうか? 書けといわれて、はじめてエッセイって何なのだ? と分からなくなりました。  本屋のエッセイコーナーに行ってみても、「日記じゃん!」みたいなのとか詩みたいなのとかあるし、随筆とは違うのかなとか。    良いエッセイってどんなものですか?  簡単で結構でえすので教えて下さい。お願いします。

専門家に質問してみよう